ネスカフェアンバサダー 無料。 本当に無料で6000円分届いた!ネスレ キャンペーンの応募者全員プレゼント申込方法

ネスカフェ アンバサダーの口コミ・評判 | みん評

ネスカフェアンバサダー 無料

こちらのネスカフェアンバサダー申込者へのプレゼントキャンペーンは現在行われておりません。 個人の家庭で無料レンタルでネスカフェバリスタを利用できるサービスはありますので、個人用で使いたい方は下記の記事を参照してください。 会社や個人事業主などの団体はこちらことが出来るネスカフェアンバサダーですが、 ネスカフェアンバサダーになると申込者個人の自宅用にも、最新モデルのネスカフェバリスタ i[アイ]が1台無料でもらえます! また、ネスカフェアンバサダー以外にも、 家庭でバリスタが無料で使えるサービスもネスレが公式に提供しています。 ここでは、ネスカフェアンバサダーになって自宅用バリスタを無料でもらう方法について紹介していきます。 ネスカフェアンバサダーは職場のオフィスや病院・飲食店・美容室や個人事業主のオフィス等、法人申し込みがメインですが、ネスカフェアンバサダーになると、さらに申込者特典として 応募者は自宅用に無料でバリスタi[アイ]がもう1台プレゼントでもらえます!! マシンの組み合わせ例• バリスタ• バリスタ + ドルチェグスト• バリスタ + ドルチェグスト + スペシャルT• バリスタ + アイスコーヒーサーバー オフィスでのコーヒー周りの管理が面倒というオフィスは少なくないのですが、ネスカフェバリスタなら管理も簡単ですし、オフィスのネスカフェアンバサダーならば簡単に管理ができるので導入するメリットも大幅にアップします。 また、コーヒー代を管理するのが面倒という人もいますが、ネスカフェアンバサダーとしてコーヒーを管理する手間がなくなり、毎月の予算がどのくらいでコーヒー代としてどのくらい集めればいいかという予算も立てやすくなります。 特に最近はコーヒー代を節約したいという意見も多いでしょうから、 コーヒー代を節約したいというオフィスでは、間違いなくネスカフェアンバサダーになるのがお得です。 ネスカフェアンバサダーの申し込み条件は「ラク楽お届け便」 ネスカフェアンバサダーになる条件は、定期便の「ラク楽お届け便」に加入するだけです。 ラク楽お届け便とは、市場最安値級の値段で詰め替え用のコーヒーを買うことができて、 2週間、1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月ごとの好きなペースで配送してくれる定期便のことです。 定期的に自動で発送してくれるのでわざわざ毎回注文する手間もいりません。 もし飲みきらなかった場合は、配送日を自由に後ろ倒しにすることも可能です! もちろん前倒しも可能で、在庫調整がWebや電話で簡単に行えます。 また、 いつでもコーヒーマシン(ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ、ネスカフェ ドルチェ グスト、ネスレ スペシャル. Tなど)の無料修理が受けられます。 こちら 自宅用に貰えるバリスタはさらにプレゼントしてもOK! ネスレのコーヒーマシンの中でも一番人気があるのがバリスタのプレゼントで、特に何かお祝いごとがあった時にプレゼントとして贈る人が増えています。 この ネスカフェアンバサダーになって貰えるバリスタは自分で自宅で使ってもOKですが、もちろん誰かへのプレゼントとして使ってもOKです!! コーヒーにこだわりのある人、コーヒーが好きなあの人にとってコーヒーのある生活は欠かせないでしょう。 そんな時バリスタで美味しいコーヒーを飲んでもらうと、ますます幸せになるのではないでしょうか。 特に最近のコーヒーブームは強く、自宅でも簡単に美味しいコーヒーが飲みたいという人が増えているため、コーヒーをたくさん飲む人、毎日朝のコーヒーが習慣になっている人、コーヒーメニューが豊富でよくいろいろ楽しんでいる人など、たくさんの人がいます。 そのような人にとってネスカフェバリスタのようにボタン一つで美味しいコーヒーがいつも飲めるというのはとても嬉しい話で、特にコーヒーの流行に関してはしっかり抑えている人ほどこの傾向が強いです。

次の

ネスカフェアンバサダーでコーヒーバリスタ無料って怪しい・・・?いや、ネスレの販売戦略に心地良く乗ればいいと思う。

ネスカフェアンバサダー 無料

基本的な内容• 自宅で最新モデルのバリスタi [アイ]が無料で使える。 コーヒーは一杯約20円。 詰め替えパックを定期便で職場へお届け。 定期便の解約時にマシンを返却。 一言でいうと、 『職場向けのコーヒーマシンレンタルサービス』ですね。 本体のレンタル料金は無料なので、コーヒーの料金だけでバリスタを使うことができます。 テレビCMなどでざっくりと内容を把握されている方は多いかも知れませんね。 はたしてこのお得なサービスを個人で利用することはできるのでしょうか・・・? 個人でネスカフェアンバサダーは利用できるの? 結論からいうと・・・ 利用できません。 ・・・・・が! 内容がほとんど同じサービスなら個人でも利用できます! つまり、 『ネスカフェアンバサダー』という名称のサービスは利用できませんが、 『バリスタの無料レンタル』というほとんど内容が同じサービスは利用できるんですね。 ネスカフェアンバサダーの場合は 2週間〜3ヵ月ごと• 無料レンタルサービスの場合は 1ヵ月〜3ヵ月ごと と、決められています。 コーヒーの詰め替えパックは1つでコーヒー約35杯分なので、人が多い職場ではその期間を特別に短く設定できるということですね。 この点についてはたくさんコーヒーを飲まれる方でも1回のお届け量を増やせば良いだけなので、デメリットではありません。 ちなみに1回のお届け量は、どちらも詰め替えパック1個〜お好みで選択可能です。 合計で3回以上の詰め替えパックお届けが条件 さきほど紹介した定期便サービスですが、ネスカフェアンバサダーではその最低お届け回数が決まっていないのに対し、レンタルプランでは3回以上のお届けが条件になっています。 といってもバリスタでコーヒーを飲むなら詰め替えパックを用意する必要があるので、こちらもあまり気にすることはないですね。 マシンのお試しができない ネスカフェアンバサダーの場合は、お試しを希望するとネスカフェの人がマシンを持って職場まで来てくれて、試飲させてくれるサービスがありますが、そのサービスが利用できません。 お試しできることに越したことはないですが、これは仕方ありませんね。 ドルチェグストをレンタルできない こんな方にはレンタルプランをおすすめします!• 毎朝コーヒーを飲んでいる方 僕も以前は毎朝ドリップコーヒーを作って飲んでいましたが、ボタンひとつで手軽に淹れられてフワフワのクレマ(泡)が楽しめるバリスタに慣れると、 もう自分で作る気が起きません。 毎日のように缶コーヒーを買ってる方 缶コーヒーは 1缶120円ぐらいしますが、バリスタは 1杯約20円です。 朝のコーヒーをバリスタに変えるだけでも確実に節約効果はありますよ! 僕は毎日水筒に入れて持っていくので、お昼のコーヒー代も節約できています。 バリスタの設置コストを節約したい方 バリスタi [アイ]はまともに買うと 7980円もするので、大幅に設置コストを抑えることができます。 アフターサービスを手厚く受けたい方 通常、購入したモデルは無料修理保証が1年間しかついていないのに対し、レンタルの場合は借りている期間中、マシンの故障などのトラブルは 常に無料で対応してくれます。 これらに複数当てはまる方にはバリスタのレンタルプランがピッタリなので、是非ご利用を検討してみてください。

次の

ネスカフェアンバサダーとは?職場にコーヒーマシンを無料レンタルできるサービス | 家カフェ♪街カフェ♪コーヒー生活

ネスカフェアンバサダー 無料

マシンを条件付きで無料で貸してもらえる。 解約時などは返却。 条件:定期便でコーヒー豆を買うこと。 定期便は1ヶ月ごと、2ヶ月ごと、3ヶ月ごとの定期便が選べる。 3ヶ月ごとにする場合には1000円以上のお買い物にする必要あり。 一回4000円以上の買い物なら送料無料。 一言で言えば、「マシンは無料で使っていいから豆買ってよね。 」ってことです。 ここで気になるのって結局いくらくらい買わされるんだ?って話ですよね。 バリスタ用に売ってるネスレの普通のコーヒー豆は一杯20円程度 例えば普通の豆でバリューパックみたいなものについてはこんなものが通販にあります。 これが定期便だとさらに安くて、600円程度です。 コーヒーを1日1杯飲む人ならこれを毎月頼むだけでOKですね。 せっかくだからちょっと別味も試してみたいって場合もだいたい一杯30円程度も出せば色々試せます。 そう考えると「定期便を頼む」という、マシンを無料に使うためのハードルは高くないんですよね。 うちは二人暮らしで二人ともそこそこコーヒーを飲むので3ヶ月定期便にして色んな商品を合わせて送料も無料になっています。 実際に使っているバリスタマシン「バリスタi」 我が家愛用のバリスタマシンです。 まあまあスタイリッシュ。 ボタンがいくつかあるのは、コーヒーを淹れるモードがいくつかあって、カプチーノモード、エスプレッソモード等分かれています。 豆は上部に入れる感じです。 バリスタ用の缶を買えばこれ用に作られてるので補充はとても簡単。 水は背面。 お湯じゃなくて水を入れて置くだけでいいのがとても楽。 淹れるとこ。 はい、美味しい。 ちなみに専用携帯アプリを使えば遠隔で淹れることもできます。 ただ、結局コップを置かないといけないので、コップをセットすると同時に直接押しちゃうんですけどね。。。 笑 夜セットしといて、朝起きたらベッドから指令を出すって感じなのかな。 また、お手入れは部品が簡単に外せるようになっていて、時々洗い流す程度です。 色んな淹れ方がボタンワンプッシュでできるのは楽だし、見栄えも良い。 ただ、例えばコーヒー豆を砕くミルが入っているわけではないし、本質的にはドリップコーヒーを手動で淹れるところを自動化しているだけでもあります。 実際、研究室時代の10万円くらいするコーヒーマシンで、その都度豆を挽いていたのと比べても美味しいかと言われると、そういうわけではない。 今となっては比べられないですけどね。 しかも最終的に使用をやめるタイミングではバリスタを返却するシステムなので、そのまま使い回せないにしても部品は使いまわせますよね。 つまり、実は見かけほどネスレはマシンにコストをかけていなくて、十分コーヒー豆等の収益で取り戻せるようになっているのではという推測です。 利用者に高級感を与える点でネスレのブランド名が成せる業かもしれません。 ハードでは利益を求めず、ソフトで長期的に利益を取る・・・よくできた消耗品ビジネスですね。 例えばコピー機のビジネスとかがモデルとしては類似じゃないでしょうか。 こういうのって、よっぽどの理由がない限り、辞める!といって辞めるのめんどくさいですしね。 手続きとって送り返さないといけない。 ついついコーヒー豆以外のも買っちゃう これは完全に個人の意思次第なんですけどね・・・。 こういうの買っちゃう。 これは、スティックタイプになっていて、カップに入れてカフェラテモードにしてコーヒーを入れると美味しいラテになるものです。 最初のキャンペーンで買ったのですが、これがめっちゃ美味しい。 たぶん知らなければ永遠に買わないんだけど、知ってしまった・・・。 一杯一杯の値段は安いんですけど、こういうのもネスレからしたら一杯あたりの利益を上げますよね。 もちろん、純粋にコーヒーを飲むだけだったら上述したようにドリップコーヒーと同じ費用で飲めるんですが、上位のドリンクを飲めてしまうもんだからその分は一杯あたりの単価が上がっています。 スポンサーリンク 結論:別に怪しいリスクは無い。 Win-Winになるネスレのビジネス。 顧客は便利なドリップマシンで淹れたコーヒーをこれまでと比べコストを上げることなく飲める。 ネスレは消耗品を買ってもらえる機会が激増する。 元々コーヒーにしか需要を感じていなかった客にもコーヒー以外を買ってもらえる機会がある。 結局、コーヒー以外を買う客にとっても、損をするということがあるのではなく、これまで商品として視界に入っていなかったものが購入候補に視界に入った、ということなんですよね。 買うとなっても妥当な対価を払うだけです。 ネスレにとってはその販売チャンスの増大が、マシン代を上回っているってことなんでしょう。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の