侍 ジャパン チャンス テーマ。 チャンステーマ

侍ジャパンで流れるあの洋楽の曲名は?2017年もWBCと言えばこの曲!

侍 ジャパン チャンス テーマ

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年7月) 野球を始めとしたスポーツ競技の応援でチャンスにマーチ的な音楽を演奏する習慣・文化は、もともとの応援で始まったもの。 チャンステーマという言葉が定着するまでは単にマーチや応援曲などと呼ばれていた。 また、この類の曲を野球応援に取り入れて普及する事に「」(製作のオリジナル曲。 作成・発表。 ただし、発表時は単に「コンバット」)が貢献したことから、一部では十派一絡げにコンバットマーチと呼ばれる事もあるが、これは応援専用のオリジナルマーチ誕生の由来を知らないが故の誤解から生じたもの。 この早稲田大学のコンバットマーチに触発されたリーグのライバル校である応援指導部では、その対抗として「」を作り翌年の応援で披露した。 これらライバル校間での応援強化はリーグ戦応援の雰囲気を盛り上げることに大いに貢献し、内の他校にも次第に波及していった。 さらに後年になって二つ目三つ目の応援マーチや前奏としてのファンファーレ、さらには複数の応援マーチの連続演奏という形態に発展していった。 これらの応援マーチは後に チャンステーマと呼ばれるようになっていった。 また前述のような複数のチャンステーマを曲毎に終了させることなくファンファーレや間奏で繋げてエンドレスにするものを、現在では「チャンスパターン」と呼んでいる。 スポーツを観戦して楽しむ文化は、時代が進むにつれて発生した、学校への進学率向上による大学や大学生の肥大化、他の趣味や価値観の多様化、プロスポーツの充実などに伴い、結果として学生スポーツの相対的な人気や注目度の低下を招く方向で推移してきている。 それでもなお東京六大学野球やその試合の中で繰り広げられる各校間の応援合戦は、スポーツイベント(特にアマチュアスポーツの中では飛びぬけた存在)として花形の一つとして長らく親しまれ報道メディアでの扱いも他のものに比べて大きかった。 その影響が次第に他の大学野球での応援や・ 、さらにはプロ野球の応援などに広まっていった。 関連の記述がにも記述されているのでそちらも参照 プロ野球での例 [ ] においては、いつチャンステーマが導入され始めたかは明確な起源がはっきりとしていない。 各球団とも頃からチャンス時に専用のリズムやコールを使用していた。 にの応援団がテーマ曲を非公式で使用し始めたのが、プロ野球における曲としてのチャンステーマの最初期の導入とされている。 チャンステーマということから得点圏にランナーがいる場面で使われることが多いが、試合序盤では得点圏にランナーがいる場合でも使われない場合が多い。 詳細は「」および「」を参照 近年のスタイルはによるチャンステーマが、はしりとなっている。 現在では12球団全ての球団がチャンステーマを用いているが、過去に在籍していた選手の応援歌をチャンステーマとして使いまわしている例も見られる。 現在の使用曲 [ ] セントラル・リーグ [ ]• ヒッターズテーマ()• 巨人で最初に球場において使用されたチャンステーマ。 大量リード時に使われることが多い。 タオルを頭上で回すスタイル。 当初(1999年頃)は千葉ロッテマリーンズを意識し、白いタオルをファンが振回していたが、現在はチームカラーであるオレンジのタオルを使用している。 「タオル回し」については、2006年5月28日に行われた巨人VSロッテ戦の中継で「ジャイアンツ応援団もオレンジのタオルで取り入れてますが、オリジナルはこのロッテ応援団の白タオルです」との実況者が解説を加えている。 の応援歌• 近年長らく使用されず、応援団作成の歌詞カードからも削除されたが、2012年シーズンから再び行われるようになった。 の楽曲『バタフライ』• 『』に収録。 パターンが2つある。 なお、この曲はロッテMVP時代のの西武ドーム限定応援歌として用いられていたものを利用している。 『ファイター』(旧の応援歌)• 応援コールは当該選手名を4回連呼するというシンプルなもの。 YMOの『』• 広島・九州の応援団、読売巨人軍応援団GLOVEが使用している。 『スパルタンX』(プロレスラー・登場曲。 が使用している)• 『Gフレア』(2009年〜)• 応援コールは「Let's Go! 」を2回繰り返したあと、更に当該選手名を2回繰り返すというもの。 ただし、メロディの一部は西武の既存のチャンステーマ3と似通っているため、一時期、西武戦 では自粛していた。 『サイクロン』(2010年〜)• 相手投手交代時に使用。 『ザ・ヒットパレード』と同様にタオルを頭上で振り回す。 歌詞が存在する• 『勝ち取れ』(2013年〜)• 前述の「サイクロン」同様、歌詞が存在する(ただし、前奏(ファンファーレ)があるが、こちらは歌詞が存在しない)。 のテーマ• チャンステーマだけでなく、デッドボール出塁時や、投手交代時のブリッジや試合終了後にも使用される。 もともと歌詞を用いずにコールで応援する曲(曲の切れ目に「KO! また、「KO! 得点時に演奏されるでも似たような現象が見られるが、あくまでも一部ファンが独自に始めたものであり、応援団はこれら歌詞を支持しない方針を表している。 チャンステーマ1 の『』• チャンステーマ2(2010年〜)• チャンステーマ3『』の『追求〜つきとめたくて』(2012年8月28日から使用)• チャンステーマ4• 2016年〜。 歌詞パートと合いの手パートの交互で構成される。 『』(元・他の応援歌)• 読売、阪神など)倒せ、ぶっ飛ばせ〜」で始まる。 巨人戦(読売倒せコール)で多用される。 の『』(2018年~)• チャンステーマ0(2010年〜)• の『』月面ステージのBGM• チャンステーマ1(2003年〜)• パチスロ・の『アラジンチャンス』のBGM• チャンステーマ2(2002年〜)• パチスロ・の『サバンナチャンス』のBGM• チャンステーマ4(2004年〜)• の『』 元の応援歌• サヨナラのチャンス時がメイン。 その際の応援コールは「勝つぞ! 2012年よりチームが「横浜DeNA」となった後も、応援コールはそのまま「横浜」である。 チャンステーマ3• 「わっしょい」• 満塁時のチャンステーマ。 大洋ホエールズ時代から使用。 なお、オリックスなどのいくつかの他球団も「はよやれコール」などで全く同じ曲を使う場合がある為、横浜オリジナルのチャンステーマではない。 オリジナル曲「」• 劣勢時に使うチャンステーマ。 『』(ライジングテーマ)• 連敗中の試合開始当初や、大差で負けている時など、鼓舞高揚させる時に使用。 元の応援歌(つなげ! 送りバント・ヒットエンドラン時のチャンステーマ。 Fight oh! YOKOHAMA(2013年〜)• オリジナル曲。 チャンステーマ0・1・2と同様の場面で使われる。 攻めまくれ(2013年〜)• 『』 CR花の慶次• 相手チームの投手交代時やイニングの初めなどに使用。 All In one(2017年〜)• オリジナル曲。 マルチテーマとして位置づけられている。 ヨコハマ(2018年〜)• オリジナル曲。 「声とトランペットの融合」をコンセプトに、また、初めて球場に来た人でも声を出せるように、華やかなトランペットとシンプルな掛け声で作られている。 チャンステーマ1(2014年終盤〜)• 原曲はの『』。 大きな声でコールするファンが多いがこれは球団非公式である。 現在の応援団が結団されて初めて作成されたチャンステーマであり、初年度はこの1曲のみであったが、2015年以降は以下のように新たなチャンステーマが作成された為、試合終盤の勝ち越し・逆転・サヨナラ勝ちのチャンスで使用されることが多くなっている。 2015年より、応援団の掛け声によって演奏を始める場合がある。 なお、不適切な表現があるとされ2019年7月1日より当面自粛することになった。 チャンステーマ2(2015年〜)• 前奏がある 前奏を演奏しない場合もある。 チャンステーマ3(2015年〜)• 後半部分の「このスタンドの声が〜」の前に一部の常連客が「そーれ」とコールする。 その後は一部のファンのの指笛に合わせてジャンプする [ ]。 またオオドラゴンソウル見せろが正式な歌詞だがオオが抜け間延びしてしまうことが多い。 前半部分の歌詞に「バットに思い込めて」とあるが、「バットに思い乗せて」と勘違いして歌っているファンが時々いる。 チャンステーマ4(2016年〜)• 主に試合序盤のチャンスや流れを変えるべき場面で使用する。 チャンステーマ『』(関西限定)• 2015年から阪神とのでの開幕戦より使用されていたが現在は使用されていない。 チャンス決めてくれ(2019年〜)• 選手名等の掛け声を中心としたシンプルな曲で、ラストの「決めてくれ~」の部分のみアカペラとなっているのが特徴。 曲が浸透した2019年中盤以降は、掛け声の合間に演奏のメロディに合わせて「オー」と歌うスタイルが非公式ながら定着した。 マルチテーマ(2020年〜) 阪神のみチャンステーマ全ての曲がオリジナル曲である。 チャンスマーチ(2005年〜)• 主要チャンステーマ• チャンスわっしょい(2006年〜)• 同点に追いつくチャンスや、勝ち越し・サヨナラ勝ちのチャンスといった、打てば試合が決まるといった場面で流されることが多い。 親子連れ、友達同士、カップル等が交互にわっしょいコールをするような曲になっている。 チャンス襲来(2010年〜)• 」となる。 T-WAVE(2017年〜)• マルチテーマ 旧チャンステーマ2 『広島GOGOGO!! 2002年〜、2008年は相手投手交代時にのみ演奏。 2010年からは前奏に監督の応援歌がややスローテンポで演奏される。 「怪物マーチ」の原曲はのチャンステーマ「チャンス紅陵」)。 チャンステーマ3『飛ばすチャンス』• 2009年〜。 最初に「広島! 」とコール。 状況に応じてコール部分が変化する。 」(応援コールの最後に「 持ってこ〜い! サヨナラのチャンスや試合を決めそうな場面では、「絶対勝つぞ、カープ! 」などになる(他に「〇〇倒せ」などが存在する)。 終盤で流すことが多かったが、2012年より後述の「極チャンス」使われるようになったため比較的序盤でも流れるようになった。 チャンステーマ4『極チャンス』• 2012年〜、「おまえがきめろ〜」のファンファーレから始まる。 最後に「おっ! ・まっ! ・えっ! ・がっ・きめろ! 」と区切りながらシャウトするのが特徴。 終盤のチャンス限定で流れる。 チャンステーマ5『チャンス・スーパー』• 2016年〜。 原曲は『』• 『コンバットマーチ』• 、など。 ただしは「大阪」とコール)を3回繰り返した後に「かっとばせオー」を2回繰り返す。 2016年現在チャンステーマとしての演奏機会は減少したが、相手投手ノックアウト時に使用することがある(マツダスタジアムでは『燃える赤ヘル僕らのカープ』が流れるため未使用)。 監督の応援歌は『広島GoGoGo』同様ややスローテンポな演奏。 マルチテーマ『攻めろ!』• 2018年~。 原曲は選手入場曲『STARDUST』 パシフィック・リーグ [ ]• の『』(ノンストップ・ハイテンポバージョン)• 応援時に鳴子を使い、軽い振り付けも作られた。 最近では試合終盤の大チャンス時で使われる事が多い。 ワッショイチャンス• 東京ドーム時代から存在していた日本ハムのチャンステーマ第1号。 元々は、、に使用されていた応援歌であり、橋上が退団した翌2000年から使用されている。 現在では主に大差をつけた際のダメ押し時に流れる。 映画「」主題歌• この曲はプロ野球応援歌史上初の、男声パートと女声パートに分かれた部分があり、普段は男性の声にかき消される事が多い女性の声が、女声パートではよく聞こえてくる。 」(男女揃って)となる。 元々は関東限定であったが、現在は全国の球場で使用されるようになった。 なおコボスタ宮城ではトランペットが使用できないため、その演奏部分の歌詞が存在する。 中島光一作詞・作曲の『大きなうた』(限定)• チャンスコール(コボスタ宮城限定)• オリジナルチャンステーマだが、音階はなくコール形式。 上記の「チキ・チキ・バン・バン」と同様に、この曲も男女に分かれたパートが存在する。 」と大声で叫ぶ。 の『それゆけぼくらのファイターズ』(限定)• 東京本拠地時代の球団歌をチャンステーマ用にアレンジしたもの。 北海道に移転した後、2007年より東京ドームでの試合のみ、日本ハムファイターズ時代の応援スタイルに戻し、現在もその応援スタイルを継続している事から2010年より作成された。 クライマックスシリーズなどの重要な試合では他の球場でも使われることがある。 『』(限定)• 札幌ドームの座席列ごとに「打て! 」と叫ぶ回数が分けられており、徐々に声が大きくなるように聞こえる。 の『酔いどれマーチ』(関東限定)• チキ・チキ・バン・バンと同様に、男声パートと女声パートの部分も存在する。 関西限定チャンステーマ(ナゴヤドームを含む)• オリジナルチャンステーマ。 関西地区限定という事もあり、曲の一部にの歌詞が存在する。 西日本限定(関西以西)チャンステーマ• オリジナルチャンステーマ。 2015年より使用されている。 『』(レジェンドシリーズ2016限定)• 本曲のリリースが1974年だったことから、レジェンドシリーズ2016限定で使用された。 仙台ローカルの遊園地『』のCMソング(元はのチャンステーマ。 始まるパターンは以下の2通りある。 なお本拠地ではトランペットが使えないため、パターン2が多いが、稀にパターン1になることもある。 の「」のファンファーレの後(パターン1)• の「」(過去は東北地区限定、現在はマルチテーマ2として使用)• 選手コールは入らない。 また、振り付けがある。 」(過去は関西地区限定、現在はフィーバーテーマとして使用)• チャンステーマ(ここで打て)• 2019年-• チャンステーマ チャンス突撃• 2019年-• チャンステーマ 戦いの時• 2020年-• チャンステーマ1(パチスロの『車BIG』のBGM)• 2010年からの主要チャンステーマ。 他のチャンステーマが作成されてからは、試合終盤の大チャンス時に使用されることが多い。 チャンステーマ2(の『対抗試合』のBGM)• 2010年からの主要チャンステーマ。 チャンステーマ3(の『SG RUSH』優勝戦部分のBGM)• 2011年〜。 チャンステーマ4• 2013年〜。 (地方球場等限定)• 2013年〜。 (地方球場等限定)• 2013年〜。 での応援スタイルを再現している。 TPT(ターニングポイントテーマ)• 2015年〜。 のSkinhead Runnin'• 〜2009年、2016年使用。 時代のチャンステーマ。 2010年〜2015年は使用されていなかったが、2016年に復活。 しかし同年シーズン途中で使用中止となった。 (沖縄限定)• 2017年〜。 の『浦学サンバ』を興南高校が譲り受け、更に沖縄県内の多くの高校が独自のアレンジを加えて演奏し始めた経緯から、沖縄県で開催される試合で使用されるようになった。 チャンステーマ5• 2018年~。 原曲はの「砂の丘〜shadow on the hill〜」。 他のチャンステーマと同様に試合中盤のチャンス時に使用されることが多い。 チャンステーマ1• 『のテーマ』〜『レオのうた』のサビ部分。 チャンステーマ2• 元の応援歌。 のちにの応援歌となる。 清原が巨人に移籍後、まで関東では、関西ではのチャンステーマ。 元ネタはスイス民謡の「ホルディリディア」。 一部の球場を除き、ファンが左右を往復するパフォーマンスがある。 ファンの間ではこの光景を「」と呼んでいる。 チャンステーマ3• 「チャンスだ」と「打ちぬけ」を交互に連呼する。 チャンステーマ4• 2011年〜。 前半は男女でパートが分かれるオリジナル曲、後半は「レオのうた」のメロ部分。 サンバソリャセ• 基本的に他のチャンステーマを演奏している時に得点が入った後の攻撃中に流れるが、例外もある。 演奏に合わせてフラッグを振って応援する。 かっ飛ばせ若獅子• 大量リードの場合に流れる。 元、元、元の応援歌• 外国人選手のチャンス時の打席で流れる。 のテーマ• 背番号7の選手専用のチャンステーマ。 のテーマ• 元秋山幸二の応援歌。 1を引き継ぐと、同姓のの打席で使用される。 元ネタはの。 Flag to Victory• 2017年〜。 サンバソリャセと同様に演奏に合わせてフラッグを振るが、前半は縦振りで後半は横振りとなる。 丑男(COW BOY)• 合併後に作られたもの。 試合終盤の逆転・同点・勝ち越し・サヨナラのチャンスで使用される。 ジャンプ• ブルーウェーブ時代からのチャンステーマで、もともとはブルーウェーブ時代にの応援歌として使用されたもの。 原曲は『』。 タオル• 2000年-。 旧の『チャンステーマ2』。 タオルを持って踊る。 沖縄県出身選手 例:や がチャンスで打席に上がる際は沖縄アレンジで演奏される。 笑牛拳• 合併後に作られたもの。 おもに大量得点のイニングに使われる。 讃丑歌• と大阪私設應援團による合作。 2008年にマルチテーマとして作られ、試合後などに使われることが多い。 2009年には2番の歌詞も作られた。 チャンステーマとして使われることもある。 欲球根性(河内のオッサンの丑)• 2013年に作られた。 歌詞中に河内弁が混ざっている。 2019年途中に発表された。 応援歌としては珍しく3部構成で各フレーズにかつての応援歌の歌詞の一部が使われている。 また、3番のオリックスバファローズが誕生した時の監督や近鉄とブルーウェーブの合併を意識した歌詞になっている。 この他、年に数試合行われる「復刻デー」では阪急・旧ブルーウェーブ・近鉄時代に使用されたテーマが演奏される。 『鷹の道』• 原曲はガガガSPの『』。 関西(静岡以西)開催限定。 トランペット部分とアカペラ部分の交互にて構成される。 元の応援歌(関東開催限定)• 過去の汎用テーマに前奏を付加したもの。 元の応援歌(ワッショイ)• で応援する際、外野席最前列の客は身を乗り出してメガホンでフェンスの内側を叩く。 応援歌「ウィニング」〜元の応援歌(交互演奏)• 「」(前奏)〜元の応援歌(北日本開催限定)• 「すきすきソング」(関西開催限定)• 2012年〜。 『鷹の道』と同様に、トランペット部分とアカペラ部分の交互にて構成される。 鷹の爪• 2013年〜。 原曲「マンボ de 鷹の爪」(NEOエンディングテーマ)(九州開催限定)。 」となる。 2013年は「フラッグテーマ」として、ビクトリーフラッグを振りながら応援するスタイルであった。 2013年シーズンの鷹の祭典in東京から使用(関東開催限定)。 原曲はの「」(関東開催限定)。 2015年にはチームのスローガン『熱男(アツオ)』に合わせ、タイトルと歌詞が一部変更された形で復活した。 オス!チャンス• 2014年シーズンの鷹の祭典チャンステーマ。 原曲はパチスロの『ラコタス・ランデブー』。 オオサカツンデレラ(サードチャンステーマ)• 2014年シーズンの鷹の祭典in大阪から使用開始(関西開催限定)。 原曲はの。 2019年から使用。 関西開催限定。 原曲はの。 ハイサイおじさん• 2018年から使用。 沖縄開催のゲームにて使用。 メロディー部分の歌詞は無く 非公式ながら「アイヤ!」の合いの手が入る 、最後に「かっ飛ばせ! 選手名 !」の掛け声が入る。 原曲は。 ワークマン• 2018年から使用。 青森 など 開催のゲームにて演奏される。 原曲は青森出身の歌手、の「風に吹かれて…」 のテーマソング。 過去の使用曲 [ ]• (1980年代中頃)• 相手投手交代時に使用。 東京ドームに本拠地が移転後も1990年代前半まで使用された。 『チャンスのテーマ』 1997-99年の応援歌CDに収録、球場では未使用• の『』(2001年頃まで)• の『』(2002年シーズンのみ)• 映画『』のテーマ(2002年シーズンのみ)• 『レッツゴー三重』(の応援歌、原曲は『Let's Go Blue』)(限定・2001年〜2003年)• 『デューク』(元の二軍での応援歌)• 使用当初は大量リード時に使われていたが、現在は主催試合勝利時の二次会のみでしか使われていない。 ヤクルト• チャンステーマ(オリジナル・2008年のみ)• テーマ曲イントロ〰闘牛士のマンボ• 元はの応援歌で、2005年のみのチャンステーマ。 2010年より専用のチャンステーマとなり5年ぶりに復活したが、2011年オフに青木がメジャーリーグへ移籍したため、再びお蔵入りとなった(青木は2018年に復帰したが、このテーマの使用は再開されていない)。 元以降の外国人打者(一部を除く)の応援歌であるの『』(が応援曲として使用、でも多用されるソング)• パウエルの応援歌は上記の物に変わる前は狙いうちであった。 ゲーリー、パウエルらの応援歌として使用されたのは前半部分のみ。 最後に「狙い撃ち〜!! 」とコールする。 主に試合終盤の「ここで打てば試合が決まる」場面で使用される。 余談だが、「お前が打たなきゃ誰が打つ!! 」や「決めてくれ〜!! 」といった、通常の歌詞には入っていないコールが取り入れられている。 チャンステーマ2• 元の応援歌(『Get Get Victory』もしくは『パウエル』)序盤に先制のチャンスが出たときに使われることが多い。 チャンステーマ3• 元の応援歌• 当初でのビジター戦専用とされたが、シーズン途中よりを始め他球場でも使用されるようになった。 原曲はテーマソングの『』。 応援コールは「打て! 」を4回連呼した後、「打って打って打ちまくれ! 」と続く。 また、近年では歌詞の途中で選手名を2回程叫ぶ形の合いの手が取り入れられている。 中日がリードしていて、さらに追加点のチャンスがある場合に使用されることが多い。 チャンステーマ4• 2012年〜。 元の応援歌。 原曲は『』。 以上のチャンステーマは、2014年にが活動禁止になった為、使用されなくなった。 (1999年頃-2004年、かつてはの応援歌として使用された。 『チャンス2000』(2000年)• 原曲はBGMのややチャンステーマ• 祭(2007年)• 広島猛虎会が使用していた。 ところがメロディがチャンスにそぐわないと選手やコーチの批判が噴出 したこともあり、数試合でお蔵入りとなった。 ショートチャンスマーチ(2006年〜2009年)• 実戦ではあまり使用されなかったややチャンスマーチ• チャンス牙(2015年〜2016年)• の応援歌(関西地区限定・2002年〜2006年)• 『チャンステーマ1』(2001年〜2007年)• 元の応援歌〜三菱ふそう川崎・のダッシュ三菱。 後に元ブラウンの応援歌のワンフレーズに変更。 の『』(2007年、元ブラウンの東京ドーム限定テーマ)• 『打ちまくれ』(2007年〜2008年)• 『Let's Go チャンテ』(関西地区限定)• 曲名は「マメチャンス」(元の応援歌)。 原曲はの名曲「」で、コメディアン・ が漫談で使用する曲『やんなっちゃった節』の元にもなった(「マメ」はこの曲をの豆スナック「ジャック」のCMに使用していたことから)。 2013年に(出身)の応援歌として復活したが、2014年シーズン終了後に戦力外になったため、再びお蔵入りとなった。 の応援歌(2011年以降〜2015年以前)• 曲名は「グローイングテーマ」。 喜田の退団後使われていなかった応援歌を流用し、一時期盛んに使われたがまもなく自然消滅した。 日本ハム• 2019年現在、使われなくなったチャンステーマは無い。 チャンステーマ(我らの願い)• 2019年のみ使用• 山形の「大鍋宣隊イモニレンジャー」のテーマ• こちらは、楽天生命パークでも前奏から歌う。 『山親爺』のCMソング(北海道地区限定)• の「」(同上)• オリジナル曲(北海道地区限定)• のチャンステーマ(同上)• の「」(東北地区限定)• の「メトロノーム」(東北地区限定)• オリジナル曲(関東地区限定)• 極稀に、楽天生命パークでも歌われることがある。 「」(関西地区限定)• の「」(同上)• 宮永英一の「琉球三国志」(九州地区限定)• (同上)• ロッテ• の『What happened to you? 千葉ロッテマリーンズ応援の元祖チャンステーマ。 通称は「Let's GO」。 以前は通常のチャンステーマだったが、後述の『ロッテ・ファイティン』が登場した頃から、「大チャンステーマ」として、試合終盤の一打サヨナラのような「ここが真のチャンス・勝負所」という場面でのみ演奏されるようになった。 の『純情』(タオル回しのテーマ)• 大量得点をした場合などで演奏される。 の『SHY BOY』• 過去の主要チャンステーマ。 『ロッテ・ファイティン』と呼ばれる。 2000年頃から使用。 ヒット後の盛り上げに使われる。 の『Justice Calling 69』(過去の主要チャンステーマ)• の『愛しておくれ』(2003年から2006年まではの応援歌として使用された)• スキンヘッドランニング 前述の通り2016に復活するも途中で使用中止になる。 オリックス• の応援歌• 主に関東地区で使用された。 高橋智の応援歌をスーパーチャンステーマとして使用した時期もある。 チャンステーマ1テーマ曲• 1995年-2004年。 元々はの応援歌として使用されたが、その後チャンステーマとして利用されるようになった。 チャンステーマ2ができてからはスーパーチャンステーマとして利用され、チャンステーマ2のタオルに対して、扇で踊る振り付けが作られた。 チャンステーマ3(踊る牛、笑う牛)• 2001年-2004年。 オリジナルの楽曲。 主にチャンステーマ2使用後に得点が入った時に使われた。 チャンステーマ4(紅の丑)• 2002年-2004年。 オリジナルの楽曲。 主に9回裏で負けている状況の時に使われた。 チャンステーマと言っているがランナーがいなくても使われていたため、ファンとしてはピンチ時のテーマとして認識されている。 チャンステーマ5(パニ牛)• 2003年-2004年。 オリジナルの楽曲。 チャンスが続いているとチャンステーマ2ばかりではタオルによる踊りでファンが疲れてしまう事から、新たに作られた曲。 近鉄バファローズの歌(球団歌)• 2004年限定。 元々はの応援歌であったが、鈴木がコーチ在籍中に急逝したため、追悼の意味と天に昇った鈴木のパワーをもらうと言う意味でチャンステーマとして利用された。 日本代表 侍ジャパン チャンステーマ [ ] に開催された第3回 WBC において、日本代表のチャンステーマが作成され、プロ野球12球団のが協同で演奏した。 また、同年のにおいても演奏された。 スーパースター(NPB公認曲)• 原曲はの「スーパースター」のサビ部分。 当初予定されていたチャンステーマ2曲を急遽変更し、この曲を正式なチャンステーマとした。 チャンス侍• 2017年に「侍ジャパン応援団」が常設化されたことに合わせて、新たに作成されたチャンステーマ。 その他の関連事項 [ ] 近鉄応援団はに「チャンステーマ2」のタイトルで新たなチャンステーマを発表、赤いタオルマフラーをファンが頭上に掲げて曲の終盤に右回りに一周するという斬新なものであった。 この応援スタイルは、既にロッテ応援団により行われていた「タオル回し」を見た球団から応援団へタオル回しをしてほしいと要望があるも「あれはかっこいいけど、タオルを回したらパクリになるから」という理由で確立された。 その後毎年のようにチャンステーマを作り続け、の「チャンステーマ5」まで作った(その後、オリックスと合併して「新チャンステーマ1」が作られ、以前の「チャンステーマ1」と「チャンステーマ3」が使われなくなっている) チャンステーマの中にはチームが終盤負けている時にかかる曲もあり、結果としてはそのまま負ける場合が多いので「敗北のテーマ曲」と揶揄される事もある(近鉄のチャンステーマIVなど)。 また曲によっては全然打てない場合もあり、ファン・応援団同士で曲が流れた際の打率を検証し真剣に議論(打てないから流すな、等)がされたこともある。 また、巨人はに球団史上の3度の大連敗を喫した頃に、連敗の原因が全く打てない打線という事もあって、チャンスでないにも関わらず、チャンステーマを流した事もあった(結果としては貧打解消にはならなかった)。 日本ハムはが在籍していた2014年まで、チャンスの場面で稲葉が打席に立つと、ファンファーレとともにファンが飛び跳ねる「稲葉ジャンプ」をチャンステーマとして取り入れていた。 また、日本ハムのコボスタ宮城を除く地域限定のチャンステーマは、では該当地域外でも全て演奏される。 西武は、主催試合でチャンスになると、チャンステーマ1、またはチャンステーマ3のイントロがアナウンスで流れる事があり、そのアナウンスのイントロに続く形で応援団がチャンステーマを流す事がある。 これはチャンス時に、観客をより一層盛り上げるという演出効果のメリットがある。 しかし一方で、たまに応援団が意図した曲と違う曲のイントロが流れる事があり、応援団を中心に不満が飛び交うといったデメリットもある。 その為、1人の選手の攻撃の最中にも関わらず、応援団がアナウンスで流れた曲から違う曲に途中で変える事もしばしばある。 特に、チャンステーマ4が作成された以降、この傾向がより顕著になる。 中日は、最終戦や優勝が掛かった試合、ポストシーズンなどの最終回でチャンステーマメドレーが流れることがある。 (実際には「サウスポー」が2019年シーズン途中で使用自粛となったため、「決めてくれ」が使用開始された2019年以降の最終戦におけるチャンステーマメドレーではサウスポーの演奏は省略され全曲演奏されない状態になっているが、使用自粛前の2019年4月30日(平成最後の日)の読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)勝利後の外野応援席での応援団主導による二次会で、「平成最後のチャンステーマメドレー」という形で一度だけ5曲全曲によるメドレーが実現している。 ) 社会人野球での例 [ ] の応援形態の多く(特に全国大会常連のチーム)は大学野球の応援の模倣から始まっているため、プロ野球に多くみられるような選手別のヒッティングマーチという形態ではなく、タイミングやイニングに応じた同じ曲を繰り返し演奏する形態が主流となっている。 また学生野球の場合と比べてより当該関係者以外の一般客を取り込んで雰囲気を盛り上げる必要性を考慮しているため、既存曲で有名な曲やなじみ深い曲を採用する場合が多い。 ただし、全国大会常連チームの中には例外的に学生野球にみられるようなオリジナルのチャンステーマを作っているチームもある(例を以下に示す)。 現在の使用曲 [ ]• (ホンダグループ(、、))• ボンバー君津()• Let's Go TDK(。 元々はのチャンステーマだったが、同部廃部に伴い、TDKの応援団に譲渡された)• ファイター(、。 の応援歌だったが、休部後は三菱系の応援団が使用している)• チャンス〜スパート(NTTグループ(、)。 「チャンス」がコール部分、「スパート」が曲部分)• ダイナミック・ファイターズ()• 輝彦(• ヒットコール( 過去の使用曲 [ ]• ファイヤー(セガサミー。 得点圏にランナーがいるときにランダムに演奏された。 ラテン系の打楽器を使う激しい曲調)• 新日鐵マーチ(各部のうち旧新日鐵系各部及び旧室蘭を事実上継承している。 新日鐵各部で用いていたが、スポーツ支援体制の変更により一時のみが使用していた。 大学野球・高校野球での例 [ ] 及びの記事を参照のこと。 脚注 [ ] [] 注釈• 社会人野球応援への大学野球、中でも東京六大学野球応援の影響は、見よう見真似での影響波及というより、社会人野球チームが全国大会に出場する際の応援リーダーを東京六大学各校の応援団・応援部に丸投げ依頼する慣習があったことからの効果が強い。 開催時のみ。 特に当時の打撃コーチだったに至っては、自身の公式HPで公然と応援団を批判する事態にも至った。 2013年4月に他界。 ジャンプによる振動を伴うため、2011年はの被災者に配慮して自粛した。 ただし鈴鹿チームはより上位のチャンステーマがあることから本曲は通常の応援曲とすることが多い。 新日本製鐵君津硬式野球部時代に作曲されたオリジナル曲。 日本選手権ではボンバーかずさとなる。 一時期は三菱重工横浜(現:)も使用していた。 元々はのチャンステーマだったが、廃部に伴いが移籍したため。 当初は坂田の個人テーマとして演奏された後、2009年までチャンステーマとして使用された。 過去には同社野球部からプロ入りした選手に選手別応援歌として用いられた。 (ex. (広畑-阪急)、(堺-ヤクルト)など) 出典.

次の

【最新】侍ジャパン 2020年 応援歌まとめ【プレミア12】

侍 ジャパン チャンス テーマ

このページは、侍ジャパンの応援歌「チャンス」(2017年版)についてお伝えしています。 動画もありますので、侍ジャパンファンのあなたは是非お楽しみくださいね。 WBCでも一緒に歌うと楽しいですよ。 応援歌はファンが盛り上がるのはもちろんですが、選手も盛り上がります。 打席で自分の応援歌を口ずさんで気分よく試合に入っている選手もいます。 打席での応援歌は基本的には、自チームの応援歌をそのまま使っている選手がほとんどです。 各チームの応援団が集まって侍ジャパン応援団を結成しているのだと思います。 選手ごとの応援歌の中でとくに好きなのは、日本ハムの応援歌です。 2017年のWBCには日本ハムからは、大谷翔平、大野奨太、中田翔などです。 特に、リズムがいいですね。 大谷翔平の応援歌 Sponsored Link 大谷翔平の応援歌は、「迷わず駆け抜けろ 伝説の幕が開ける さあ気持ち込めて 進め 狙い定め跳べ!大谷! 夢の向こう側へ」です。 大谷翔平という球史に残るスーパースターをさらに引き立ててくれる曲ではないでしょうか。 伝説の幕は開けました。 日本ハムでプレーするのはあと一年になるかもしれません。 そんなメジャー予備軍の大谷が世界の強打者、豪腕との対決を制するかも見所である2017年のWBCです。 普段でもふとした瞬間にこの曲を口ずさんだりします。 WBCでこの応援歌が流れている時は特に注目して見ていきましょう。 次に大野奨太の応援歌は、「守りの要 夢見たこの場所でチームを背負い 更なる高みを目指せ」です。 日本一に輝いた日本ハムの正捕手です。 2017年のWBCでも正捕手としての活躍が期待されるでしょう そうなるとこの応援歌は的を得た事をいってますね。 その堅実な守備と強肩で日本のキャッチャーはすごいぞと世界中に知らしめて欲しいですね。 中田翔の応援歌は、「勝負決める一振り 血と汗の勲章その手で夢掴め さぁ翔け中田」です。 日本の四番です。 高校の時は、もう誰もが知っているスラッガーとして活躍をしていました。 しかしプロにはいってからは打てない日々が続き、プロの壁というものにぶつかっていました。 高校でスター級の活躍を見せた中田でも簡単には、活躍できないプロの世界はものすごい世界なのだと思いました。 そんな中田だからこそ、この血と汗の勲章という歌詞は合ってますね。 紆余曲折がないと人間としての厚みが出ませんからね。 他に気になる曲とすれば、ヤクルト山田哲人の応援歌です。 Sponsored Link 山田哲人の応援歌もいい 「山田哲人!山田哲人!夢へと続く道スタンド越えて打球は 遥かな夢へと続く行け山田 新たな時代を」思わず口ずさみたくなる曲です。 二年連続でトリプルスリーを達成した山田哲人。 圧倒的なスイングスピードでホームランも量産します。 ゴリゴリのスラッガーという体型ではなくスマートな体型がスター選手という感じを漂わせます。 感性というのは体型とは別の要素なのでね。 メジャーから注目を集めている野手の1人です。 坂本勇人も山田と並んで注目されています。 坂本の応援歌は、オー燃えろ(坂本!)「誰よりも強く勇ましく オオオオオオお前が立つその場所は 熱気の渦が巻く 坂本 炎となれです。 」この曲も耳慣れた曲ですね。 早い内に2000本安打を達成する事が期待されている選手です。 坂本という選手は実力もさることながら、運も兼ね備えている選手です。 二岡のけががあって、そこからレギュラーポジションを掴んだ経緯もあります。 侍ジャパンがチャンスの時の応援歌 プロ野球は、レギュラー選手のけがもポジションを奪うチャンスなのです。 そして、最後に日本のチャンステーマはスーパースターという曲です。 」です。 〇〇は選手の名前が入ります。 賛否両論ある曲ですが、みんなで名曲に育てましょう!世界の人を虜にする応援歌が理想です。 ちなみに侍ジャパンのチャンステーマはコチラです。 あなたにおススメのページ.

次の

チャンステーマとは (チャンステーマとは) [単語記事]

侍 ジャパン チャンス テーマ

チャンステーマとは、(特に)の活動で、得点機()にされる曲のことである。 は「チャンテ」。 概要 には、私設というものが存在し、からされる形でや、呼子を用いての活動すなわち鳴り物が行われている。 通常、選手が打席に立っている際にされるは、その選手個々人専用のが、まだ実績のない若手などの選手には汎用と呼ばれるがされる。 しかし、試合の終盤、通常6回から後のイニングで、得点圏(二塁や三塁)に走者を進めた際には、は打席にが立っているかを問わず、同じ曲をし続けることが多くなる。 これが、いわゆる「 チャンステーマ」である。 チャンステーマの始祖については諸説あるが、にの私設が、「の」をチャンステーマとしてし始めたのがその始まりと言われている。 としては通常の「かっとばせ」の他に、「(相手球団名)倒せ」などがある。 対戦の場合、11球団のはの正式である「」をする。 なお、では終盤になると常時チャンステーマをするのが恒例となっている。 特にセンルは打者の所属球団に関係なくチャンステーマがされるため、の選手に対しのチャンステーマがされることもある。 各球団のチャンステーマ の各球団の要チャンステーマを、前年度のペ順位順に記す。 セントラル・リーグ 広島東洋カープ• チャンステーマ2:から。 がからに交代してからはのみ。 :の後『』、その後「かっ飛ばせ!倒せオー!」。 元々汎用の選手だったがまでチャンステーマとして使用されていた。 もたまに使用されている。 :にビの展開で使用されていた。 もとはの「ワイ」をにした食品の「」ので、二のに用いられていたものの流用。 と同じく以降使用されていないが、後にを変更、出身のの個人として流用された。 飛ばす:から。 3(「」「」)の後「!」とする。 後のも前述のように「」や「」、一打時には「絶対勝つぞ、!」などに変化する。 極:から。 「おまえがきめろ〜」のから始まる。 最後に「おっ! ・まっ! ・えっ! ・がっ・きめろ!! 」と区切りながらするのが特徴。 特に終盤の決定的なにて使用される。 :より開始。 元々は部の曲。 最近では試合中でされることが減り、時に「さん」に続いてされることが増えている。 ・:から。 はの「をからだに吹き込んで」。 頃からはこちらがのチャンステーマとなりつつある。 は選手入場曲「」。 時の他に、相手交代時、イニング頭等、とにかく攻めたい時、打ちまくりたい時、外野席の一体感での雰囲気を変えたい時に使用される。 阪神タイガース 全て。 なおでは途中にを従来していたが関与等により既にから排除されていた「中虎連合会」が絡みのを起こしたためが一斉に変更されたが、この出来事以前はの(はの)として用いられていた曲がチャンステーマとして用いられていた。 :から。 盛り上がりに欠けるせいか、近年はもっぱら押せ押せの展開でしかされない。 チャンステーマ(わっしょい):06年から。 ここ好機で使用。 ビジターでも席まで一体となった「ワッショイワッショイ」のは猛な迫。 襲来:から。 05年に作られたチャンステーマより、こちらをよく聞くようになった。 牙:から。 読売ジャイアンツ• ザ・パレード:「ひっぱれーひっぱれー」のが印的。 のを得点時の時のように振り回す。 :に収録されているの楽曲。 2:上記の別で、かつては交互に歌っていたが使われることは稀。 に久しぶりに使用された。 :休部したのであった。 ・のが使用。 :、故・の入場。 のが使用。 G:から使用。 の一部がのチャンステーマ3と似通っているため、戦ではしている。 :夫の元。 長らくチャンステーマとしては使われていなかったが、から再び使用。 勝ち取れ:から使用。。 のチャンステーマとしてはしくしっかりとしたがある。 横浜DeNAベイスターズ• :通称「面()」。 「」のから流用。 1:通称「アラ」。 「」の「」から流用。 2:通称「」。 「王」の「」から流用。 3:短いに「ワッショイワッショイ」とを入れる。 旋はの「はよやれ」と同一。 4:通称「」。 一打などの絶好機にされる。 は「勝つぞ!!倒せ!!」。 のに大きく貢献した、の。 元曲は「」OP「わぴこ元気予報」。 の同とは当然ながら関係。 はがから消滅しており、封印されたと思われる。 つなげ!:等によりを広げて欲しい時に使用する。 旧義之。 こちらもがからされているため、封印されたと思われる。 ライグ:の楽曲「 系「村大介」 」。 劣勢時にされ、そのなどから「」とも呼ばれる。 YOA:から。 で「開港!」と聞こえることから、「開港」と呼ばれてるとか。 攻めまくれ:から。 の「ノ」から流用。 相手交代、攻撃イニングの始まり、得点後の時など、用途多数。 掛けの「絶対勝つぞ、!」が「でっかい」に聞こえることから、「でっかい」の通称がある。 個人専用(過去使用含む)• 専用で・ッグスのが曲中に挿入された。 にも専用があった。 中日ドラゴンズ 竜心会(全国竜心連合)時代(~2014途中)• チャンステーマ1:ゲーリー・レーのであった「」。 のとしても著名なのである。 「が打たなきゃが打つ!」の合いの手が入る。 試合終盤、勝負どころでかかるで、他球団からもが高い。 チャンステーマ2:前奏の後ンゾ・パの。 通称「Get Get 」。 チャンステーマ3:又利のであった「ぎりの 場 」。 「打って打って打ちまくれ!」の合いの手が入る。 チャンステーマ4:から登場。 のであった「の」が。 なお、がかかった際などに、このチャンステーマ1~3を続けて形式ですることがあった。 中日ドラゴンズ応援団時代(2014途中~)• チャンステーマ1:新発足時から使用。 はでも有名なの曲「サウスポー」。 「が打たなきゃが打つんだ!」という、心会「狙い撃ち」を彷彿とさせるがある。 しかし以降、与田から「」というがの上不適切という摘を受け、使用を中。 チャンステーマ2:から。 以降に作成されたチャンステーマでは一、前奏がある。 チャンステーマ3:から。 チャンステーマ4:から。 に試合序盤のや流れを変えるべき場面で使用する。 決めてくれ:から。 を決めて欲しい時に使用。 :から。 の同より。 時代のの限定として使用されていたが、の厚意により使用可になった。 個人専用(過去使用含む)• に通常のを移調した専用がある。 その勇ましい曲調からからのも高い。 には専用として時代に用いられていた「かっせー!」をにしたがある。 東京ヤクルトスワローズ• チャンステーマ1():の楽曲、後にが。 ここ一番の好機で使用され、「ワッショイワッショイ!」の合いの手が入る。 この曲の際、はを持ってすることが多い。 のにも伝播。 チャンステーマ2():から。 こちらは逆にのからされたのか使用が始まる。 にべると、序盤・中盤からかかることも多い。 チャンステーマ3:後半戦から。 は「」の「~つきとめたくて」。 チャンステーマ4:から。 A(錨を上げて):幸雄・の元。 で走者が出た場合などにされる。 冒頭の「倒せ、ぶっとばせ」時には通常の数倍が大きくなる(特に戦:倒せ、ぶっとばせ)• B:は「の」。 通称「」。 C:は「」の。 相手の交代時や、得点「」の後などにされる。 共通(e on):のの流用。 出塁時、得点後などに代わりにされるようになった。 例によって「倒せ!」部分のが異様に大きい。 共通:は、の「」。 共通:は「」ので、「」でお染みの曲である。 の時にの名前をしていたことから「ハタケヤマ」と呼ばれる。 なお、 同曲のでの流行が採用のきっかけと思いがちだが、元々は・のチャンステーマである。 個人専用(過去使用含む)• 専用チャンステーマとして、の楽曲(の「悲しみなんて笑い飛ばせ」)が挿入される。 :は「」の、それ以降は「闘士のマンボ」を繰り返しする。 の元で、は専用として使用されている。 パシフィック・リーグ 福岡ソフトバンクホークス• チャンステーマ1:の元。 では最前列の客がフェンスをながら「ワッショイワッショイ」のをするが散見される。 が特徴的なため「若井」の通称がある。 限定チャンステーマ1:は、「弱男」。 通称「」で、も高い。 限定チャンステーマ2:から。 は、「すきすき」。 限定チャンステーマ3:「オオサンラ」。 はの「」。 限定チャンステーマ4:途中から。 はの「」。 限定チャンステーマ:の元。 北限定チャンステーマ:前奏「」~良栄元。 :から使用しており、同年のみ「」ので、ビクトラッグを振るだった。 は「の」。 アッ:は、の「の男 ~ビバ・~」。 元々はので「」というでされていただが、それとの球団ガン「(アツオ)」を組み合わせ、を一部変更して「アッ」として復活した。 オス!:から。 は「」の「ラコタス・ランー」。 埼玉西武ライオンズ• チャンステーマ1:「」のED、「のうた」のA部分。 部分は後述のチャンステーマ4として使用される。 チャンステーマ2:旧の(8番打者)。 りく~でのとして定番となっていたである。 の移籍後は()・専用のチャンステーマとなる。 時、客がを左右に移動し「」と喩されるが見られる。 でのものが特に有名。 チャンステーマ3:「だ!(選手名)」と「打ちぬけ!」を交互に連呼する。 サンバソーリャセ:得点したあと押せ押せの展開時に使われる。 を振ってする。 かっとばせ若獅子:同上。 こちらのはで押せ押せの展開が長続きしないと使われない。 :から。 後述の「バン」にされたのか、がある。 は「」ED「のうた」の部分。 to :から。 を使う第3のチャンステーマ。 限定:限定。 の「レ」。 限定:から。 西限定:から。 Oi-LL ESの「NU 」。 限定:の「オジー自慢の」。 「かっとばせ!(選手名)」の後に「飲ませろ」と続ける。 専用:の元。 個人専用(過去使用含む)• に専用がある。 理由は7だから。 在籍時は専用でのが使用されていた。 東北楽天ゴールデンイーグルス 2019年以降• チャンステーマ(ここで打て):から。 一新時に作られたチャンステーマ。 チャンステーマ(らの願い):から。 こちらも一新時に作られたチャンステーマ。 突撃:途中から。 どことなくのような曲。 チャンステーマ ベニー :旧「チャンステーマ1」。 宗幸「唄」~「ベニー」の。 元々は二高の。 決して「」ではない。 の一新以降も、このチャンステーマは使用されている。 2018年以前• チャンステーマ2:の「大宣隊イモニャー」の。 限定1:「」。 一時期使用停止されていたがにを加えられて復活した。 限定2:から使用。 のでの「 」。 「針生チャンテ」という別名があるが由来は一切不明。 限定3:から。 限定1:「山親爺」の。 限定2:から。 のでの「」。 限定1:ので中之(子)の「出町から」。 限定2:から。 の「 」。 限定1:宮永英一「」。 限定2:から使用。 の「」。 限定:。 個人専用(過去使用含む)• の営開催試合で、同県出身のの専用として「」の曲がされた。 オリックス・バファローズ• 男(COW ):合併後に作成。 合併後初めてが作った曲で、「泣けるチャンステーマ」として知られる。 「」が。 :元「チャンステーマ2」。 が特徴。 これの前奏がに鳴りき、が掲げられると、相手のは「打たれる気しかしない」。 笑拳:合併後に作成。 旧3「踊る(笑う)」に相当する。 欲球根性~のの~:から。 通称「チャンテ」「お上品チャンテ」。 王:から。 に使われてきた・ののを取り込んでいる。 個人専用(過去使用含む)• に専用チャンステーマが存在する。 そのは以外からも好評であるので必聴。 にも専用があったが、から通常時にもするよう統一された。 にも「地ver. 」と題された専用チャンステーマが存在する。 には出身選手用に音階に変奏した「のちゃん」と呼ばれる別がある。 途中に作成され、それ以来実質専用のチャンステーマとして使用されている。 在籍時に時代の、在籍時に時代のがそれぞれ前奏をつけされていた。 大阪近鉄バファローズのチャンステーマ 特記ない限りの球団消滅まで。 なお、合併後も復刻を実施する際は使用される。 チャンステーマ1():記事冒頭の「にのをし始めた」まさにその曲であり、のチャンステーマの実質的始祖に当たる曲である。 もともとはオジー・セコのとしてに作成された曲で、いくらかの流用を経てチャンステーマとしてされた。 を用いた踊りが特徴。 チャンステーマ2():から。 先述した通り、合併後もに至るまで使用。 チャンステーマ3(踊る):から。 得点後の押せ押せ展開で使用されるが、得点を定めていなかったの実質的な得点としても使用される場面があった。 の会では「笑う」ので使用。 前述の通り合併後は笑拳が近いで使用されている。 チャンステーマ4(の):から。 試合終盤の大で用いられることが多かったチャンステーマ史上でもかなりのだが、この曲がビで流れると大抵負けていたことから「の」と揶揄されたことも。 合併後も年に数回終盤の大で用いられることがある。 チャンステーマ5(パニ):から。 北海道日本ハムファイターズ• チャンステーマ1:「」。 など最大の時に。 の場面でされたことから「福盛処刑の」の異名がある。 チャンステーマ2:「わっしょい」。 ので、移転前の時代から使用されている。 はにダメ押し時の。 チャンステーマ3:「バンバン」。 史上始めてが設定された。 元々は限定だったが、を経て全でされるようになった。 :の同名の。 限定で、「打て! 」の4ールを入れるが観客席の列ごとに決められている。 それゆけ:が歌った時代の球団歌。 催試合限定。 限定:の曲「酔いどれ」より。 限定:より。 など、でもされることがある。 西限定:から。 限定1:コボでは鳴り物が使えないため、援のみ。 通称「大きな」。 限定2:こちらは太鼓のに合わせて「行け行け行け行け行け」と「打て打て打て打て打て」による別。 個人使用(過去使用含む)• には専用の前奏付きが存在した。 飛び跳ねるのは「」との異名がある。 からは前奏をしたものがに受け継がれている。 千葉ロッテマリーンズ Marines Victory Productions時代(~2009年)• Let's go:はの「Wh hd to? 元々は通常のチャンステーマだったが、後述の「・ン」が登場したことにより、試合終盤の勝負所でのみされることになり「大チャンステーマ」と呼ばれた。 「」でされたことでも有名。 :通称回し。 はの「純情」。 の時の祝勝会ではをはじめ選手本人達が行ったことでも知られる。 ・ン:はの「S 」。 頃から使われていたチャンステーマ。 :はOi-LL ESの「 69」。 頃から。 SKIEAD RU: 通称「頭疾走」。 Oi-LL ESの同からで、までの要チャンステーマ。 以降は使用されていない。 ただし、新でも専用曲として1度だけ使用されたり、は一時的に復活したりした。 千葉ロッテマリーンズ応援団時代(2010年~)• チャンステーマ1:騒動後、一新されたによってから使用。 「の鷲」の「B」。 最近では、ののか分からないが、のに使用しているもある。 チャンステーマ2:から。 「対抗試合」。 使用される頻度は、他曲にべ極端に少ない。 チャンステーマ3:から。 「」の「 戦」。 曲調が勇ましいことから、近年ではこちらもので聞くことが多い。 チャンステーマ4:から。 チャンステーマ5:から。 限定だが、以降は本拠地で使用されたこともある。 TPT():途中から。 発表して数かで一部が変更された。 個人専用(過去使用含む)• 専用で、福の校であるの「」がされている。 には時専用のが存在した。 はことの「S E ALHT」。 「打て」が「」に聞こえるとか言ってはいけない。 野球日本代表チャンステーマ ()の常設化に伴い、の第3回より、専用のチャンステーマが作成・された。 また、同年のにおいてもされた。 チャンステーマ:から。 は、認でタケカキの「」。 :から。 関連動画 関連項目•

次の