食べ過ぎ。 【ダイエット中の方は必見】ダイエット中に食べ過ぎたらどうする?2つのパターン!

玉ねぎの食べ過ぎは逆効果!身体に起こる7つの不調と対策とは?

食べ過ぎ

くるみの食べ過ぎと認知症の関係 「くるみの食べ過ぎは認知症になりやすい?」 結論から先に述べますと、違います、 そのようなことはありません。 むしろ、くるみは認知症の予防、緩和、抑制の可能性があるということが言われているのです。 くるみには脳の健康に良いとされる成分や脳の機能を正常化させたり向上させたりする成分が含まれています。 では、どの成分が何に効果的なのかを見ていきましょう。 皆さんもよく知っている ビタミンE、 ポリフェノール類、 カロテノイド類の他に トリプトファンというアミノ酸が抗酸化作用を発揮します。 メラトニンの働きが認知症の予防と症状の進行を遅らせるということに期待ができます。 コレステロールを減少させて認知症を予防 アルツハイマー型認知症の他にも 血管性認知症というものがあり、 脳の血管が詰まる・出血するなどの異常が原因で脳細胞が傷付けられると言われています。 脳や体の血管が詰まる・出血するなどの症状が起きるのは 悪玉コレステロールが原因です。 DHA・EPAが認知症を予防 脳に良いとされる DHA(ドコサヘキサエン酸)、 EPA(エイコサペンタエン酸)は積極的に摂りたい成分です。 DHAは脳のニューロンというところで神経細胞を活性化し、学習能力・記憶力が向上すると言われています。 現在、まだ研究段階で傷付いた脳細胞を修復すると断言はできないのですが、研究は進められていて傷付いた脳細胞を修復し、脳細胞の発育を促進することが期待されています。 DHAとEPAは共に悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加し血流を改善、中性脂肪も低下させることから血管性認知症を予防に期待ができます。 また、脳神経細胞膜の機能を高める効果があり、脳への情報伝達成分がスムーズになることからアルツハイマー型認知症の予防にも期待されています。 くるみの食べ過ぎで起こる悪影響 脳への良い効果が期待できることはわかりましたが、くるみを食べ過ぎると体にどのような影響があるかをみていきましょう。 先程も触れましたが、くるみには食物繊維(不溶性食物繊維)が多く含まれています。 また脂質も多く含まれていることから便の排泄がスムーズに行える効果があります。 ぜん動運動が活発になることから便秘解消に期待ができます。 くるみの食べ過ぎに関するまとめ 冒頭での「くるみの食べ過ぎは認知症になりやすい」ということに関しては、全く逆の結果が得られました。 くるみは食べると含まれる成分から脳を活性化し、血流改善が得られることから「認知症の予防に期待ができる」ということがわかりました。 認知症に有効とされる成分• DHA• EPA 一日の適量7~8個(40g程)を守って食べれば抗酸化作用、生活習慣病の予防、冷え性の改善、便秘解消、などの効果も得られます。 カロリー過多など体に悪影響が出ないように食べ過ぎには十分注意したいものですね。

次の

食べ過ぎ・飲み過ぎには18時間の“プチ断食”が効く! (3ページ目):年末年始の食べ過ぎ・飲み過ぎ 即効リセット術!:日経Gooday(グッデイ)

食べ過ぎ

時々、食べ過ぎてしまうことがありませんか? とくに、女性は生理前になるとイライラが続き、そうなることが多いかもしれません。 いったい、食べ過ぎてしまうのはどうしてなのでしょうか? メンタルレスキューシニアインストラクターの下園壮太さんは日経ヘルスの記事で、ストレス時は脳がエネルギーを多く消費するため、甘いものが食べたくなったり、食べてストレスを発散させたくなったりすると述べています。 また、日本コーピング・ダイエット協会代表理事である城ノ石ゆかりさんの著書「コーピング・ダイエット(きずな出版)」(PHP研究所刊)によると、食べ過ぎてしまうのは3つの理由があるのだとか。 一つは、食べ過ぎていても周りからは「食欲があることはよいことで健康だ」と心配されないこと、そして24時間食べたいものが手に入ること、満腹になると満足した気になることなんだそうですよ。 城ノ石さんの著書では、ふっくらした人ほど周りの希望に敏感で、NOと言えないとされています。 つまり、ストレスもたまりやすいのかもしれません。 精神的なことが、食べ過ぎ、ひいては太ることにも影響しているといえそうです。 ストレスを発散するために、ついつい食べ過ぎてしまうことはよくあります。 しかし、ストレスや不安、怒りなどの問題は食べても解決はしません。 これに気づくことが食べ過ぎを解消するポイントといえそうですね。

次の

山芋の食べ過ぎで体に起こることは?1日に食べて良い量や安全な食べ方

食べ過ぎ

体重が増えるのはなぜ? 豊永:「いつもより食べ過ぎたな」と感じた翌日、体重の数値が増えていたら罪悪感を覚えてしまう人も多いでしょう。 しかし、体重の数値は1日の中でも変動し、女性であれば月経周期=ホルモンバランスにも大きな影響を受けます。 体重の変化の原因は主に「水分」。 食べすぎた翌日に体重が増えてしまうのも、水分の影響です。 体重の内訳は筋肉、体脂肪、水分、そのほかの内臓や骨ですが、体重の数値が変化した場合は、「何が変化したのか」を見極めることが重要です。 増えた体重の主な内訳 豊永:食べ過ぎによって体重が増えた場合、増加した分はほぼ「水分」です。 前日食べすぎた(飲みすぎた)分のカロリーが翌朝体脂肪に変換され、体重の数値をアップさせてしまうほど、体脂肪の蓄積スピードは速くありません。 何を食べ過ぎたかによっても差はありますが、「食べ過ぎ=糖質と塩分の過剰摂取」です。 糖分と塩分は水分を溜め込む性質(糖分=保水性/塩分=ナトリウムとミネラルバランスのコントロール があるので、体内の水分量が増えて身体がむくみ、見た目が「ぽっちゃり」するという変化が現れます。 私たちの身体は、体温を始めとして「一定のバランスが保てるようなメカニズム」が整っています。

次の