コロナ ウイルス 禍。 コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説

コロナ禍の今だから知りたい、ウイルスの謎。生物学者が語る「生命体としてのウイルス」

コロナ ウイルス 禍

それを問うべく、日刊SPA!上にて「コロナ禍で気づいた、良かったこと・悪かったこと」と題したアンケートを募集したところ、多くの回答が寄せられた。 まず注目すべきは、コロナ禍で気づいた「良かったこと・悪かったこと」の得票数。 当然「悪かったこと」に票が集中するかと思いきや、結果は意外にも Q コロナ禍で気づいた、良かったこと・悪かったことを教えてください。 ・良かったこと 75% ・悪かったこと 25% と、「良かったこと」に気づきを得た、という声が多く集まった。 外出できない、ストレスがたまる、仕事がない、給料が減った、目に見えないウイルスへの恐怖。 そして大局的には経済や治安の悪化など、コロナ禍において、平時と比べて悪いのは当たり前。 早速、その中身を覗いていこう。 外出自粛やテレワーク、そして保育園・学童の休園等で家族全員が家にいることが増えたことから、「家族の大切さに気づいた」とする人が多かった。 「家にいつもいるが、家族がいるのであまり孤独にもならず、退屈もしない。 料理は妻が作ってくれていつも出てくるし、子供ともゲームしたりしてよく話すようになった」(47歳・男性・大学職員) 「仕事が休業となって不安はあるが、子供と一緒にいられる時間がめっちゃ増えて最高な日々」(49歳・女性・飲食) 「夫の仕事量が減って一緒にいる時間が増えたこと。 長く続いたらよくないけど今まで忙しすぎたので、外出も出来ず家で一緒に過ごせることが嬉しいです。 一緒にお酒を飲んだり映画を観たりしてます」(30代・女性・専業主婦) 個人主義が蔓延する現代社会では、家族ですらも個人の集合という概念にすぎない。 俺の時間、俺の仕事、俺の場所、俺の成功…。 「日々の日常の大切さ」(38歳・男性・自営業)、「今までなんにもない普通の日常を退屈だと思っていたのに、それが一番幸せな事だったんだと気づいた」(39歳・女性・専業主婦)という端的な意見もあったが、まさにこういうことなのだろう。 「アウトドア派だったが、流石に警戒して外出せず 買い物、散歩等はする に、無理くりインドア派に変えただけで…金が溜まった。 具体的には一か月で5万円くらい余った。 今後も、インドア派になりそう…」(40代半ば・男性・サービス業) 「車やバイクでの通勤なのでガソリンの値段が下がって少しコストが下がった」(38歳・男性・公務員) 「ロレックスが安い」(35歳・男性・公務員) 「出掛けれないので、趣味のコレクションをオークションで捌くペースが順調」(35歳・男性・会社員) 散財しなくなった、外食しない分節約ができたといった話だけではない。 テレワークで通勤や会食の時間が圧縮されたのを機に「課金プラットフォーム型の英会話セミナー」を開設、すでに会員を獲得するなど、コロナ禍を副業チャンスに結び付ける動きも筆者の周辺で耳にする。 他にも「咳エチケットが取り上げられた」(45歳・男性・医療関係)、「日頃からの手洗い、うがい、手の消毒の大事さ」など、衛生面の強化を前向きに捉える声も目立った。 そして、「コロナ禍で良かったこと」の最後に取り上げるのは、環境、地球視点に立ったこんなメッセージ。 「イタリアの運河が見たこともないほどキレイになって、マニラの空がかつてないほど澄み渡り遠くまで見れるようになった。 パンダがストレスなく夫婦生活を送れた」(49歳・女性・会社員) 「空がきれい、空気がきれい、目やにと鼻水が少なくなった」(55歳) 「大気中のCO2が減った」(40歳・男性・会社員) 漫画『寄生獣』のメッセージではないが、未知のウイルスの蔓延に対して、人類への警告めいたものを感じてしまうから不思議なものだ。 <取材・文/日刊SPA!編集部>.

次の

2019新型コロナウイルス

コロナ ウイルス 禍

コロナ関連情報の次にユーザーが求めたものは? コロナ禍前後で、若者のSNSの使い方は変わったのだろうか。 若者たちの利用実態と変化について見ていきたい。 アライドアーキテクツの「」(2020年4月)によると、新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう外出自粛要請が行われる中、SNSを利用する時間について34. 多くの人が会社や学校に行かず自宅にこもっていたため、SNSの利用時間が増えた人が多かったようだ。 利用目的は、Twitter、LINE、Facebookは「新型コロナウイルス感染症に関するニュース等の情報収集」がトップで、それに「友人・知人等とのコミュニケーション」や「趣味/好きなことに関する情報収集やコミュニケーション」が続いた。 一方、Instagramは「趣味/好きなことに関する情報収集やコミュニケーション」目的での利用が最多だった。 新型コロナウイルス感染症に関する情報は不明なことも多く、日々の報道に翻弄された人も多かったのではないか。 そんな中、友人・知人との交流や、趣味や好きなことに関する情報は癒やされる時間となっただろう。 「なかなか直接会えないから」と、LINEのビデオ通話も増えたそうだ。 退屈なのでせめて好きなものや楽しいものを見たいと、SNSを見たり、動画を見たりして過ごしたという。 ご存知の通り、もともとInstagramは「インスタ映え」に代表されるキラキラ・リア充・おしゃれ写真が多く投稿される場だ。 ストーリーズは主にそれ以外の、リアルタイム性が高いこと、コミュニケーション目的なことが投稿される傾向にある。 コロナ禍で緊急事態宣言が発令された状況の中、外出やおしゃれもままならず、インスタ映えから遠い生活をしていた人は多かっただろう。 インスタ映えではなく、つながりや好きなものの情報を求めてストーリーズを使った人が多かったと考えられるのだ。 さらに、臨時休校やリモート勤務化の中、ユーザーのためになるノウハウを発信する「学習コンテンツ」関連のストーリーズ投稿の平均表示回数が上昇。 「アパレル」や「雑貨」関連のストーリーズ投稿の平均表示回数も、外出自粛が呼びかけられた3月上旬から上昇。 「観光」「自治体」関連のストーリーズ投稿の平均表示回数も、外出自粛要請が出されて大型テーマパークの休園延長が発表された3月下旬以降伸びていた。 全体に、その時の生活で不足しているもの、好きだけれど手に入れられないものを見て癒されたり、情報を得たりしていたようだ。 インスタライブや「#リレー」も大流行 つながりを求めたのは、友だちとだけではない。 Instagramのライブ配信、インスタライブも急増した。 行動が制限されたスポーツ選手、ミュージシャン、タレント、インフルエンサーから一般人まで幅広い人が配信したのだ。 「同じ会社の同僚や友だちとも会えず、実家に帰ることもできない。 孤独だったので、インスタライブには癒やされた」と、一人暮らしをする30代女性会社員は言う。 「ライブが中止になったミュージシャンとかが日替わりで配信してくれていたから、一人の時間も楽しかったし、癒やされた」。 過去の映像を期間限定で配信したり、自宅から生配信していた例も多く、Superflyや坂本龍一、SHISHAMO、宇多田ヒカル、小曽根真など様々なミュージシャンがYouTubeやInstagram、Facebookなどで配信している。 あくまでつながりや、「Stay Home」時間を楽しんでもらおうという純粋な気持ちで発信されたものが多かった。 タレントやインフルエンサーも、撮影やイベントなどがなくなり、このときばかりはキラキラ・リア充投稿は減少傾向に。 代わりに、ファンからの質問を受け付けたり、自宅から料理動画を投稿するなど、つながり寄りのコンテンツが増えていた。 Zoomなどのテレビ会議サービスを使ったオンライン飲み会も、会いに行けなくても交流できるものとして広く流行した。 大学生の間でもオンライン飲み会が行われたり、中高校生同士がビデオ通話やゲームのボイスチャットなどで交流したりしていた。 「バトン」や「リレー」とは、特定のお題に対してSNSなどで回答していくことを指す。 次の回答者を指定したり、見た人は回答しなければならない内容になっていることも多いのだ。 コロナ禍では、新型コロナウイルス終息と人と人との縁を結ぶ意味を込めておにぎり写真を投稿する「#祈るおむすびバトン」、読書文化の普及に貢献するため、好きな本の表紙画像のみを1日1冊公開し、7日間続けるという「#7日間ブックカバーチャレンジ」など、多くのバトンやリレーが投稿され、タイムラインが埋め尽くされる勢いだった。 左から「#祈るおむすびバトン」「#おうちおやつ」 若者たちの間では、「#プランクチャレンジ」や「#休校チャレンジ」などのチャレンジ系投稿はもちろん、「#おうち時間」(465万件)、「#おうちおやつ」(30万3000件)などのも増えた。 「時間が有り余っていたからチャレンジ系動画を初投稿した」という子も。 彼女は、スイーツを作っては「#おうちおやつ」をつけて写真を投稿していたそうだ。 SNSはトラブルのもとにもなるが、もともと人とつながって交流したり、情報を交換するためのものだ。 災害時には特にその機能を発揮することで知られている。 コロナ禍にSNSを通じて、日常の大切さや人とのつながりの価値を身にしみて感じた人は多かったのではないだろうか。

次の

【新型コロナウイルス】コロナ禍(しめすへんに渦・鍋)の読み方・意味は? │ 防災の種

コロナ ウイルス 禍

新型コロナウイルスの感染拡大は社会に大きな影響を及ぼし、国内外で、多くの方々が亡くなられたり、病気と闘っておられます。 立命館学園は、亡くなられた方々に心からの弔意を表すとともに、感染された皆様の一日も早い回復を願っています。 また、非常に困難な状況下で医療や社会生活を支えてくださっている皆様のご努力ご尽力に、心から敬意を表します。 学生・生徒・児童の皆さん。 立命館学園は今、緊急事態宣言を受けて入構禁止措置を取っています。 キャンパスにおいて通常の学園生活を送れない状況が続いている中で、何よりも、夢を持って本学園に入学された学生・生徒・児童の皆さんが今、どのような思いで毎日を過ごされているかを心配しています。 夢や目標から遠ざかっていくように感じられ、不安になっているかもしれません。 ただ、今この状況だからこそしておくべきこと、この状況でもできることはあるかもしれません。 改めて、皆さんそれぞれが学校において何を成し遂げたいのかを問い、自らの問題意識を高めてほしいと思います。 また、学校や皆さん自身が世界や社会に対してどのような貢献ができるのかについて考える機会としてください。 緊急事態宣言が継続される場合であっても、立命館学園は学園全体として、5月7日からWeb授業を実施することを決定しました。 インターネットを介した形式であっても、授業の質を維持し、学生・生徒・児童の皆さんがそれぞれの学びの到達目標を達成できるよう、全力を尽くしていきます。 Web授業の実施にあたり、学園全体として、総額25億円の緊急支援策を取りまとめました。 今後も、状況の変化に応じて、必要な施策を検討し実施していきます。 また同時に、政府に対しても、効果的な支援策の検討と実施を強く訴えていきたいと思います。 保護者の皆様。 教育研究機関は、世界全体に感染が及び、地球規模で取り組むべきこの危機を乗り越えていくために、生命、安全、健康を守ることを第一とした上で、教育と研究を継続するという社会的責任を果たさなければなりません。 立命館学園は、教職員が一丸となって、校友と父母の皆様のご協力のもと、学生・生徒・児童の学習、研究、課外自主活動、進路・就職を支えていく所存です。 何卒、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 対象:学校法人立命館が設置する大学・学校で学ぶ学生・生徒・児童全員(2019年5月1日現在:48,580人) ・立命館大学 ・立命館アジア太平洋大学 ・立命館中学校・高等学校 ・立命館宇治中学校・高等学校 ・立命館慶祥中学校・高等学校 ・立命館守山中学校・高等学校 ・立命館小学校• 総額:25億円• 支援概要: (1)Web授業のための受講環境整備支援策:16億円程度 ・本学園で学ぶすべての学生・生徒・児童の全員に対して、一律3万円を支給します。 ・緊急的にWebを活用した授業実施となることに伴う学生・生徒・児童の各家庭における学習・通信環境整備への負担軽減のための支援策です。 ・必要な方に対してPC、ルーター等を無償で貸し出します。 なお、数には限りがあります。 外国籍の学生の方については、メールで同様の案内を送ります。 登録いただいた口座情報の点検作業を行い、確認できたものから順次速やかに振り込みを行います。 ・公的支援に加えて実施する、家計急変等に対応する経済支援策です。 ・既存の家計急変に対応する制度の対象拡大を進めます。

次の