ザイフ 入金。 【2019年最新】ザイフ(zaif)の評判とメリット・デメリット【仮想通貨

Zaif(ザイフ)の使い方を解説!登録や入出金から仮想通貨購入方法や手数料まとめ

ザイフ 入金

Contents• ザイフへの最速入金方法は? 投資の世界では、利益を上げるためには素早い売買取引が必要不可欠ですが、いざ購入しようとしたとき、ザイフの口座に日本円がない場合もあります。 外出不要のリアルタイム入金 住信SBIネット銀行から行う「銀行振込」 ザイフの口座は住信SBIネット銀行なので、ユーザーも同じ住信SBIネット銀行を利用して入金すると、ほぼリアルタイムで入金処理されます。 注意点 振込の時に 名前やIDを間違った場合や、 IDをつけ忘れてしまった場合、入金がザイフの口座に反映されるのは 1営業日以内となります。 振込名義の入力例 「ザイフ タロウ 12345」の場合、苗字の後ろと、名前の後ろにスペース、最後に識別コードを入力します。 これがリアルタイム入金の「形式」となり、 「形式」以外の振込は自動的に処理されないため、時間がかかります。 外出不要の24時間入金対応 ネットバンキングで行う「ペイジー入金」 住信SBIネット銀行の口座を持っていない場合、外出しなくてもインターネットバンキングやモバイルバンキングで入金できるペイジー入金は、リアルタイム入金の次に早い入金方法になります。 ただし、自分が口座を開いている金融機関とインターネットバンキングかモバイルバンキングの契約をしていないと利用できません。 外出が必要な入金対応 コンビニで行う「コンビニ入金」 ATMでの「ペイジー入金」 リアルタイム入金ほどではありませんが、かなり早く入金できるのが「コンビニ入金」と「ペイジー入金」です。 ですが、こちらはコンビニやペイジー入金対応のATMまで足を運ぶ必要があります。 とは言え、 住信SBIネット銀行の口座もない・オンラインでのペイジー入金もできない、そんな方にとっての最速入金方法になります。 私はいつもコンビニ入金を利用していますが、コンビニで支払いを済ませた後20分後に帰宅すると、すでにザイフの口座に入金が完了していますよ。 入金がすぐに反映されない! 狙った暗号資産をすぐにでも購入したいのに、入金がなかなか反映されないと焦りますね。 「形式」通りに振込をしないと、確認作業に時間がかかってしまいます。 それでも基本的には1営業日以内にアカウントに入金されますが、それ以上待っても入金されない場合、振込先などに間違いがないかを確認しましょう。 間違いがない場合は、 ザイフの問い合わせページから問い合わせてください。 振込する時にIDをつけ忘れた! IDをつけ忘れて振込をした場合は入金の反映ができないため、 ザイフの問い合わせページから問い合わせてください。 住信SBIネット銀行はとても便利 に口座を開いておくと、銀行のメンテナンス時間を除いた 24時間365日リアルタイム入金 即時入金 が可能になります。 ザイフ以外にも、日本の大手取引所である コインチェック・ビットフライヤー・GMOコインでも利用できるため、これから暗号資産トレードを行うなら、ぜひとも利用したいおすすめのネット銀行です。 ちなみに、住信SBIネット銀行はSBIホールディングスのグループ企業のひとつですが、他にもSBIリップルアジアやSBIバーチャルカレンシーズもグループ企業に含まれていますね。

次の

Zaif(ザイフ)の入金方法・反映時間・手数料を徹底解説!

ザイフ 入金

Contents• ザイフへの最速入金方法は? 投資の世界では、利益を上げるためには素早い売買取引が必要不可欠ですが、いざ購入しようとしたとき、ザイフの口座に日本円がない場合もあります。 外出不要のリアルタイム入金 住信SBIネット銀行から行う「銀行振込」 ザイフの口座は住信SBIネット銀行なので、ユーザーも同じ住信SBIネット銀行を利用して入金すると、ほぼリアルタイムで入金処理されます。 注意点 振込の時に 名前やIDを間違った場合や、 IDをつけ忘れてしまった場合、入金がザイフの口座に反映されるのは 1営業日以内となります。 振込名義の入力例 「ザイフ タロウ 12345」の場合、苗字の後ろと、名前の後ろにスペース、最後に識別コードを入力します。 これがリアルタイム入金の「形式」となり、 「形式」以外の振込は自動的に処理されないため、時間がかかります。 外出不要の24時間入金対応 ネットバンキングで行う「ペイジー入金」 住信SBIネット銀行の口座を持っていない場合、外出しなくてもインターネットバンキングやモバイルバンキングで入金できるペイジー入金は、リアルタイム入金の次に早い入金方法になります。 ただし、自分が口座を開いている金融機関とインターネットバンキングかモバイルバンキングの契約をしていないと利用できません。 外出が必要な入金対応 コンビニで行う「コンビニ入金」 ATMでの「ペイジー入金」 リアルタイム入金ほどではありませんが、かなり早く入金できるのが「コンビニ入金」と「ペイジー入金」です。 ですが、こちらはコンビニやペイジー入金対応のATMまで足を運ぶ必要があります。 とは言え、 住信SBIネット銀行の口座もない・オンラインでのペイジー入金もできない、そんな方にとっての最速入金方法になります。 私はいつもコンビニ入金を利用していますが、コンビニで支払いを済ませた後20分後に帰宅すると、すでにザイフの口座に入金が完了していますよ。 入金がすぐに反映されない! 狙った暗号資産をすぐにでも購入したいのに、入金がなかなか反映されないと焦りますね。 「形式」通りに振込をしないと、確認作業に時間がかかってしまいます。 それでも基本的には1営業日以内にアカウントに入金されますが、それ以上待っても入金されない場合、振込先などに間違いがないかを確認しましょう。 間違いがない場合は、 ザイフの問い合わせページから問い合わせてください。 振込する時にIDをつけ忘れた! IDをつけ忘れて振込をした場合は入金の反映ができないため、 ザイフの問い合わせページから問い合わせてください。 住信SBIネット銀行はとても便利 に口座を開いておくと、銀行のメンテナンス時間を除いた 24時間365日リアルタイム入金 即時入金 が可能になります。 ザイフ以外にも、日本の大手取引所である コインチェック・ビットフライヤー・GMOコインでも利用できるため、これから暗号資産トレードを行うなら、ぜひとも利用したいおすすめのネット銀行です。 ちなみに、住信SBIネット銀行はSBIホールディングスのグループ企業のひとつですが、他にもSBIリップルアジアやSBIバーチャルカレンシーズもグループ企業に含まれていますね。

次の

Zaif(ザイフ)への入金方法。銀行振込/ペイジー決済/コンビニ決済の手数料・反映時間について

ザイフ 入金

メリット:リアルタイムでの入金が可能• デメリット1:ペイジーに対応していない銀行が一部ある• デメリット2:手数料がかかる• デメリット3:入金後7日間は資金の移動が制限される ペイジー入金のメリット・デメリット メリット:リアルタイムでの入金が可能 ペイジー入金を利用することで、24時間365日いつでもリアルタイムで入金をZaifに反映させることができます。 デメリット1:ペイジーに対応していない銀行が一部ある ペイジーを利用する際には先に確認しておきたいのですが、ペイジーに対応していない銀行が一部あります。 ペイジー入金の利用が可能な銀行一覧はこちらからご確認ください。 デメリット2:手数料がかかる ペイジー入金を利用する場合は手数料がかかります。 ペイジー入金にかかる手数料は以下のとおりです。 入金金額 手数料 3万円未満 486円 3万円以上 594円 デメリット3:入金後7日間は資金の移動が制限される ペイジー入金で入金すると、7日間は入金した金額分の資産の移動が制限されます。 つまり、入金後7日間は送金したり出金したりできないということです。 Zaifトップページから「取引所」をクリックします。 画面上部の「入出金」をクリックします。 入出金画面が開くので、下にスクロールします。 最初は「銀行振込による入金」が選択されているので、「ペイジー入金」を選択しましょう。 入金したい金額を「入金金額」の欄に入力し「ペイジーによる入金手続きを開始する」をクリックします。 あとは、その後の指示に従って入金を済ませましょう。 入金方法3. コンビニ決済入金 コンビニ決済入金は、リアルタイムでの入金が可能です。 ただし、コンビニまで行かないといけません。 そのため、 ペイジー入金は利用できないけど、いち早く入金を反映させたい場合はコンビニ決済入金を選択するのが賢い選択です。 コンビニ決済入金のメリット・デメリットは以下のとおりです。 メリット:リアルタイムでの入金が可能• デメリット1:コンビニに行く必要がある• デメリット2:手数料がかかる• デメリット3:振込上限額がある コンビニ決済入金のメリット・デメリット メリット:リアルタイムでの入金が可能 コンビニ決済入金を利用することで、24時間365日いつでもリアルタイムで入金をZaifに反映させることができます。 コンビニに出向く必要はありますが、もしペイジー入金が使えないときにいち早く入金を反映させたい場合には良いですね。 デメリット1:コンビニに行く必要がある 銀行振込、ペイジー入金では自宅にいながら行えますが、コンビニ決済入金はコンビニに出向かなくてはなりません。 これがちょっと面倒ですね。 デメリット2:手数料が少々高い ペイジー入金と同じように手数料がかかります。 コンビニ決済入金にかかる手数料は以下のとおりです。 デメリット3:振込上限額がある コンビニ決済入金では、一度に最大299,400円までしか入金できません。 もしそれ以上の金額を入金したい場合は、複数回にわけて入金する必要があります。 もちろん、手間もかかりますし、その分手数料もかかります。 そのため、一度に多額の入金をしたい場合にはコンビニ決済入金はおすすめできません。 コンビニ決済入金での入金方法 Zaifトップページから「取引所」をクリックします。 画面上部の「入出金」をクリックします。 入出金画面が開くので、下にスクロールします。 最初は「銀行振込による入金」が選択されているので、「コンビニ決済入金」を選択しましょう。 入金したい金額を「入金金額」の欄に入力し「コンビニ決済による入金手続きを開始する」をクリックします。 あとは、その後の指示に従って入金を済ませましょう。 おまけ. クレジットカードで買う クレジットカードで買うというのは、Zaifに入金するという一手間を省いて仮想通貨を直接購入するということです。 いつでもリアルタイムで購入でき、面倒な手間もかからない手段ですが、上記3つの手段よりも手数料が高いです。 また、購入できる通貨は「BTC」または「MONA」に限られています。 クレジットカードで仮想通貨を購入する場合は、手数料が決められておらず、購入時のレートや売り注文量をもとに算出しているようです。 クレジットカードの手数料も上乗せさせられているので、どうしても高くなってしまうのです。 つまり、 クレジットカードを利用する場合は、非常に簡単に仮想通貨を買える代わりに手数料が高くなるので、余程のことがない限り利用しないほうが良いでしょう。 念のためクレジットカードでの仮想通貨の買い方も説明しておきます。

次の