みっちゃん いっちゃん。 【閉店】ご当地スイーツ!?自宅工房で作る『いっちゃんのプリン』メッセージ付きのプリンも【加古川】

【閉店】ご当地スイーツ!?自宅工房で作る『いっちゃんのプリン』メッセージ付きのプリンも【加古川】

みっちゃん いっちゃん

久しぶりに、光町の「いっちゃん」に行ってきました。 このお店は、当サイトで一番最初にご紹介したお好み焼き屋さんでもあります。 (ちなみに、それよりも前の日付の記事も今はありますが、あとから追加した記事です。 ) いっちゃんのご主人は、みっちゃん総本店の息子さんだということでも有名です。 そのご主人は、現在広島駅ビルASSEの、以前第二麗ちゃんがあった場所ですが、そこにおられて光町店は別の方が切り盛りされておられます。 いっちゃん光町店は、ミシュランガイド広島のビブグルマン(手軽な価格でおいしい料理を食べることが出来る店)にも掲載されています。 あまり大きい店でもなく、そんなに入りやすいお店とも言えない感じなので、最初はどうしてミシュランガイドの目に止まったのか興味がありました。 店内には鉄板カウンターと、10人位座ることができる大テーブルがあります。 このお好み焼きは、特にキャベツがおいしいんですね。 広島のお好み焼きというのは、主に麺と野菜でできています。 普通は、麺の弾力やパリパリさの中に野菜が埋もれているような感じなんですね。 いっちゃんのお好み焼きは、食べた瞬間に「これ、キャベツの味」ってことを感じます。 素材がそのまま柔らかく蒸されていて、まさにキャベツの味を楽しめるお好み焼きです。 わたしは、かなりの数のお好み焼き屋さんに行っていますが、こんな風に野菜の味が引き立っているお好み焼きが食べられるのは、5軒に満たないです。 ミシュランが、こういったところに目をつけたのだとしたら、恐れいりましたという感じです。 この切れ目から見えているキャベツの色も、鮮やかですね。 もう、とろとろという感じまで蒸されていて、それでいて全く焦げ味がありません。 さらには、調味料と言えるのは生地の上にほんの少しだけ乗せる魚粉と、ラード、ソース、青のり。 これだけです。 だから、キャベツの甘さとうまみを直に感じることができるんですね。 よく、お好み焼きに唐辛子やマヨネーズをかけるなんて邪道、なーんてことを言う方もいらっしゃいます。 私はそうは思いません。 おいしいお好み焼きって、何をかけてもうまいんですよ。 ピリッと辛い唐辛子はお好みソースとよく合うし、マヨとキャベツは言うまでもない組み合わせです。 お店の場所は、広島駅新幹線口から歩いて10分くらいのところです。 広島駅ビルにも、いっちゃんはありますが、ずらりと行列ができることも多いので、結果的にここまで歩いたほうが早ということも、多々あります。

次の

郡上での鶏ちゃん文化調査(鶏CIA)活動を行いました!(26.2.24)

みっちゃん いっちゃん

広島にある、お好み焼きの「みっちゃん総本店」。 言うまでもなく広島のお好み焼きを最初に焼いたお店です。 そういうことから、このお店のお好み焼きは広島のお好み焼きの中でも、最もクラッシックでスタンダードだと思うんですね。 でもご紹介しているとおり、広島のお好み焼き店は、みっちゃんによく似た焼き方ではじめられ、ここからアレンジして独特の焼き方をされたりしているお店が多いんです。 ちなみに、この「みっちゃん」ですが、整理すると5系統になるようです。 「総本店」系(5店舗)、新天地みっちゃん(単独店)、みっちゃんいせや系(3店舗)、橋本町みっちゃん大田屋、それと、「みっちゃん横川」系ですね。 これらの「みっちゃん」は、創業者の暖簾分けだったり、ご家族の方が嫁ぎ先で始められたお店なんですね。 それだけ、「みっちゃん」は、広島のお好み焼きに大きな影響を与えたお店でもあります。 このほかに、広島にはみっちゃん総本店の創業者まで遡っても、まったく関係のない「みっちゃん」という名前のお店もあるんですね。 「みっちゃん」の文字の形(ロゴ)も違うので、見ればすぐに分かります。 ある方法で調べましたところ、総本店とは全く関係のない「みっちゃん」というお好み焼き店は、広島市内に2~3軒、県内では6~7軒みつかりました。 みっちゃんのお好み焼きを食べる 観光客の方がよく、広島にはたくさんのお好み焼き屋があるんだけど、結局どこに行けばいいかという質問をされることがあります。 まぁ、はあるのですが、それは別にして、 広島のお好み焼きの事をよく知りたい方には、みっちゃんか、またはそのお弟子さんなどが経営されているお好み焼き店に行かれることをオススメします。 最近は、みっちゃんにならんで人気のある「八昌」というお店や、新しい焼き方を研究されている「電光石火」というお店もあります。 けれども、広島のお好み焼きがどんなものか知るためには、この、クラッシックでスタンダード、またはそれに近い広島のお好み焼きを食べるのが良いと思うんですね。 ところで、「みっちゃん」はが有名です。 しかし、わたしが具体的にどこかのお店をオススメする場合、この八丁堀の総本店ではなく、総本店ならか地蔵通り店、または新天地みっちゃんをオススメします。 その理由は、はあまりにも有名なために、お店のキャパに対してお客さんが完全にオーバーフローしているんですね。 入店できるまでの待ち時間が、すごく長いいんです。 それに加え、このお店は鉄板ではなくお皿でお好み焼きを提供しているので、広島の人から見ると物足りないお好み焼きなんですね。 その点で、地蔵通り店と新天地みっちゃんは大きな鉄板があって、原則として鉄板での食事が可能な造りになっています。 雅店はそごう内にあるテナント店なので待ち時間がある場合でもその間に色々なことができたり予約することも可能です。 食事は、鉄板または鉄板皿で可能です。 また、歴史あるみっちゃんですから、過去にこのお店で修行されていたりするお弟子さんも多くいらっしゃいます。 そんなお好み焼き店では多少の違いはあれ、みっちゃんのお好み焼きとよく似た焼き方をされています。 その中でも、さん、さん、さん、さんなどはオススメです。 中には広島に2泊以上して、お好み焼き店に数店舗行きたいから、何軒か教えてくれと言われるような方もいらっしゃるんですね。 そういう気合の入った方こそ、まず最初に行ってほしいのが、このみっちゃん系です。 その上で、最近流行の八昌系や電光石火などに行けば、広島に昔からあるクラッシックなお好み焼きとの違いや、広島のお好み焼きの進化のようなものを感じることができると思います。

次の

『「みっちゃん」から飛び出したお好み焼き@ 「いっちゃん」(光町)』by beerboz : いっちゃん (【旧店名】みっちゃん)

みっちゃん いっちゃん

「みっちゃん」といえば、広島お好み焼きの基礎を作ったと言われる歴史を持つ名店。 その惣領の系譜である「」の息子さん、つまり「みっちゃん」本家三代目が なぜだか店を飛び出して新たなブランドを立ち上げたようです。 食べログの『広島市のお好み焼き点数順ランキング』第55位。 同じく『広島市のお好み焼き人気ランキング』第48位と、 評価はいまひとつですが、行っときましょう。 JR広島駅から徒歩10分。 東消防署のお向かいに、その店はありました。 「いっちゃん」という名前になる前は「みっちゃん光町店」だったらしく、店のテントにはうっすらと「みっちゃん」のロゴが残ってますね。 店内はナチュラルシンプルといいましょうか。 白い壁と、メープルウッド調の家具。 店の中央にでんと鎮座する大きなテーブル席と、壁向きのカウンター席と、それから正面奥に鉄板カウンター席。 ランチタイムで混雑する中、運よく鉄板カウンター席を確保。 ・採取地: いっちゃん(光町) ・品書き: そば(肉・玉子は全てのメニューに標準装備) 682円 「みっちゃん総本店」より若干お安いですね。 「みっちゃん総本店」ほど丁寧に真ん丸に整形されてはいませんが、キャベツの量は総本店よりも多めなんじゃないかな? 喰ってみましょう。 そばが太麺ですね。 もちもちと喰いでがあります。 キャベツは、キャベツを美味しく食わせるのがモットー(勝手に解釈)の「みっちゃん」系らしくほこほこ甘く蒸し上げられています。 味も内装同様にシンプル。 オタフクソースの甘めな味と、キャベツの甘さ、この2つが目立ちます。 「みっちゃん」系列では化学調味料のエグみを感じることが多いですが、 ここのはオーガニックで優しい「」の味に近いかも。 夜のビールのお供にするには少々心もとないですが、食事としてはこれはこれでアリな美味しさです。

次の