クレジットカード おすすめ ブランド。 クレジットカードの国際ブランド|おすすめの選び方から違いまで徹底解説

VISAブランドのおすすめクレジットカードを8つの目的別にご紹介!

クレジットカード おすすめ ブランド

一度解約してから、新しく申し込まないといけません。 最初に 慎重に選んでおきたいところですね! 楽天カードの国際ブランドは4種類 楽天カードの国際ブランドは4種類から選べます。 ただし、楽天カードの種類によって、選べる国際ブランドが違います。 その違いをご説明します。 楽天カードのグレードによって選べる国際ブランドが違う 楽天カードのグレード・種類によって選べる国際ブランドが違います。 実は一口に楽天カードと言っても、選べる国際ブランドは様々です。 一般カードと楽天プレミアムカードなら4種類とも選ぶことができます。 ですが、楽天銀行カードやヴィッセル神戸オフィシャルサポーターズカードV-styleは、1種類しか選ぶことができません。 もし、「この国際ブランドがいい!」ということであれば、その国際ブランドに合わせて楽天カードの種類も選んでいかないといけません。 楽天カードの国際ブランドはどれがおすすめ? 楽天カードの国際ブランドはどれがおすすめですか?とよく聞かれます。 これは人によって違うので選び方をご紹介します。 1枚目のクレジットカードならVISAがおすすめ もしあなたが、1枚目のクレジットカードを作ろうとしているなら、 国際ブランドは「VISA」がおすすめです。 何と言っても、VISAは加盟店数が世界一です。 日本国内はもちろん、海外旅行のときにも「使えなくて困った」ということはまずないと考えていいです。 使い勝手を考えるとVISAがおすすめです。 逆に 加盟店数が少ないのがJCB。 日本国内では有力ですが、海外に行くと有名な都市でも使えないお店があることも。 なので、JCBは1枚目のクレジットカードではおすすめできません。 2枚目以降のクレジットカードなら持っていない国際ブランドがおすすめ もしあなたが既にクレジットカードを持っていて、2枚目以降のクレジットカードを作ろうとしているなら、 持っていない国際ブランドがおすすめです。 国際ブランドをずらすことで、クレジットカードが使えないというリスクを減らすことができます。 VISAを既に持っているなら、MasterCardやJCBを選ぶといいでしょう。 アメリカン・エキスプレスなんかは基本的に年会費がかかるクレジットカードが多いですから、 年会費無料の楽天カードで選ぶのもありですね。 JCBしか持っていないなら、ぜひVISAを選んでみましょう。 VISAにすることで、世界各国で使えるようになります。 楽天カードの国際ブランドの切替方法 楽天カードの国際ブランドの切替方法をご紹介します。 これは楽天カードの公式ホームページのよくある質問のところに答えがあります。 Q:持っているカードの国際ブランド(JCBなど)を変更したいのですが、どうすればいいですか? A:弊社ではカードのブランド変更はうけたまわっておりません。 現在お持ちの楽天カードを解約のうえ、再度新規にてお申込みいただく必要がございます。 とのことです。 ちょっと面倒ですね。 クレジットカードが使えない期間ができますし、再度審査もされるようです。 新規入会時のキャンペーンも適用外。 なので、もし楽天カードを作る前であれば慎重に国際ブランドを選びましょう。 もし楽天カードを既に持っているなら、新しく別のクレジットカードを作るほうがいいケースもありますね。 まとめ 楽天カードの4種類の国際ブランドについてご紹介してきました。

次の

0から学ぶ!クレジットカードのおすすめ国際ブランドと違いを比較

クレジットカード おすすめ ブランド

多くの人が選んでいるクレジットカードは、それだけ魅力がある、おすすめのクレジットカードということ。 そこで、ザイ・オンラインでのPV数やクリック数などを参考に、みんなが関心を持っているクレジットカードを大調査。 年会費無料+高還元率で有名なクレジットカードのほか、安心して保有できる大手クレジットカード会社が発行する定番クレジットカード、マルイで得する「エポスカード」のように一芸に秀でたクレジットカード、使い方次第で還元率がアップするマイル系クレジットカードなどが注目を集めていることが判明した。 0%の高還元率で、7カ月以降も 通常還元率が1. 0%の高還元カード。 「オリコモール」活用で 「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば 「楽天市場」では還元率2. 5%、 「Yahoo! ショッピング」では還元率3. 0%、サイトによっては 還元率15%以上に達するなど、 ネットショッピングでは最強レベル。 また、 「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。 これらのホテルの 宿泊料金は2万5000円以上なので、年会費は実質6000円以下と格安に。 ポイントは無期限で貯められ、40社以上の航空会社のマイルに自由に交換可能。 通常100円につき3ポイント貯まり、6万ポイント=2万5000マイルに交換できるので 還元率1. 5円換算。 1の国際ブランド「Visa」と日本でもっとも早く契約した「三井住友」の定番カード。 通常還元率は0. 5%だが、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでは 還元率2. 5%と高還元! その 圧倒的な信頼感と、Suicaやnanaco、WAON、NTTドコモポイント、ANAマイルなど、20種類以上のポイントと交換可能な 汎用性の高さも魅力。 「Web明細書サービス」利用で500円割引。 0%の高還元率で、7カ月以降も 通常還元率が1. 0%の高還元クレジットカード。 「オリコモール」活用で 「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば 「楽天市場」では還元率2. 5%、 「Yahoo! ショッピング」では還元率3. 0%、サイトによっては 還元率15%以上に達するなど、 ネットショッピングでは最強レベル。 また、 「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。 ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2020. 17)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16).

次の

クレジットカードのブランドって何が違う?おすすめの選び方とは?!

クレジットカード おすすめ ブランド

クレジットカードの会社選びで迷っていませんか。 クレジットカードは発行している会社によってもそれぞれ特色があります。 そのため、持つカードを発行会社で決めるというのは有効な手段ですがクレジットカード会社も日本だけで100社以上あるので自力で調べるのは困難です。 そこでこの記事では大手カード会社に3社勤務した経験のある私が、クレジットカードの発行会社について以下の流れで紹介をしていきます。 この記事を読むことでクレジットカードの仕組みから、どのようなクレジットカード会社を選べば良いのかまで全てがわかります。 2月3日更新 三井住友カードの名称と券面を最新情報に更新しました。 クレジットカードの発行会社の仕組み 現在、クレジットカードは9,000枚近く発行されており、その特色も様々です。 しかし、そのカードの特色を主に決定づけているのはそのカードの発行会社といっても過言ではありません。 この章ではそのクレジットカードの発行会社の仕組みについて紹介していきたいとも思います。 1-1. 発行会社と国際ブランドの違い クレジットカードの発行会社の仕組みについて解説する前に、クレジットカードの発行会社と国際ブランドの違いについて解説したいと思います。 なぜなら、発行会社と国際ブランドは提携関係にあるものの全くの別物なのですが、それを知らない方も多いからです。 発行会社 発行会社というのはそのクレジットカードを発行している会社のことです。 例えば、「三井住友カード」や「三菱UFJニコス」がそれに該当します。 一般的にはカードの裏面に会社名の記載があります。 発行会社はサービス、サポート、利用者の管理など、クレジットカードに関する全ての業務を担当しています。 そのため、カードを紛失したり、限度額を上げたかったりなど、何かトラブルや要望がある場合、サポートデスクの電話番号も会社名とともに裏面に記載されているのでそちらに問い合わせましょう。 国際ブランド 国際ブランドは世界中でのお店での決済を可能にする機構のことです。 以下の代表的な国際ブランドを7大国際ブランドと言います。 どんなに大手のクレジットカード会社でも自身で、利用者が不自由なく利用できるくらいの加盟店を開拓することは実質不可能です。 そのため、国際ブランドと提携することで決済性を高めています。 一般的にほとんどのクレジットカードの表面には下記のようにいずれかの国際ブランドのロゴマークがついています。 よくお店の入り口やレジの前でこういったロゴを見かけることがあると思いますが、カードに記載された国際ブランドと同じマークがあれば、そのカードは利用可能です。 1-2. 国際ブランドによる違い 上記で説明したように、クレジットカードの発行会社だけではクレジットカードは利用ができず、国際ブランドと提携することで決済が可能になります。 提携する国際ブランドによって以下のような違いがあります。 基本的に日本国内のみの利用ならばJCBのカードが最も利用しやすく、海外でも利用する場合はVISAかMastercardがおすすめです。 しかし、その他のクレジットカードの特色を主に決めるのは、やはり発行会社になります。 次章以降はクレジットカードの発行会社の違いについて説明していきます。 おすすめのクレジットカード発行会社10選 上述の通り、クレジットカードの特色を決めるのはカードの発行会社です。 この章ではクレジットカード会社について以下の流れで紹介していきます。 大手会社と準大手会社の違い• おすすめ大手カード発行会社• おすすめ準大手カード発行会社 この章を読むことでどの会社で発行しているカードが主に自分に合っているのかがわかります。 2-1. 大手会社と準大手会社の違い クレジットカード会社は日本だけでも100社以上の会社が存在します。 まずは大手カード会社と準大手カード会社の違いについて説明します。 セキュリティや緊急時の対応などは大手カード会社の方だと安心感がありますが、普段の利用では準大手カード会社の方が満足感が得られます。 2-2. おすすめ大手カード発行会社5選 ここではおすすめの大手発行会社について紹介したいと思います。 大手というだけあって、CMなどで聞いたことのある会社も多いかと思います。 ジェーシービー(JCB)• 三井住友カード• 三菱UFJニコス• クレディセゾン• 楽天カード 上記のカード会社はいずれも日本を代表する大手カード発行会社です。 アメックスことアメリカン・エキスプレスは業界を代表するカード会社です。 ただし、日本での取扱高や会員数などの実績を公表していないため、他社と正確な比較ができないのでこの記事では紹介をしていません。 また、大手カード会社の中からカードを選ぶ際に迷った場合は世界中で使える『』がおすすめです。 以下にそれぞれの詳細を載せていきます。 株式会社ジェーシービー(JCB) 株式会社ジェーシービー(JCB)は日本唯一の国際ブランドとして世界的に知名度のあるJCBの管理や発行を行っている大手クレジットカード会社です。 JCBのカードは日本国内での加盟店は最も多く、非常に使いやすいですが海外ではアジア圏内や日本人観光客が多い地域、北米以外の地域では加盟店が少なく利用が難しいです。 また、JCBはディズニーリゾートとの提携に力を入れており、他のカード発行会社から発行されているカードではあり得ないようなディズニー関連のサービスを取り扱っています。 代表カード:『』 『』は日本で唯一の国際ブランドJCBが自社で発行するカードです。 そのため、知名度も非常に高く日本で最も会員数の多いカードです。 このカードは初年度年会費無料ですが次年度以降は年会費1,250円(税抜)かかるJCBの一般カードです。 また、ポイントの還元率は0. 年会費無料のカードでもポイント還元率が1. そのため、このカードはゴールドカードなどのステップアップを狙ってる方以外はおすすめできません。 『JCB一般カード』公式ページ: 三井住友カード 三井住友VISAカードはテレビのCMなどでもおなじみのカードなので知ってる方も多いはずです。 三井住友カードの特徴としては日本におけるVISAカードの代名詞的な存在で、自社だけでなく様々な企業と提携して非常に多くのカードを発行しています。 そのため、海外に行く方に特におすすめです。 また、銀行系のカードになるので一種のステータスとしてみることもできます。 代表カード:『』 『』はCMでおなじみの三井住友カードが発行するカードです。 知名度も高く非常に人気です。 このカードは初年度年会費は無料ですが次年度以降は年会費が1,250円(税抜)かかります(条件付きで無料) このカードも『JCB一般カード』同様、年会費無料カードでより条件の多いカードがあり、『』のようなステータスカードを目指している方以外にはおすすめできません。 『三井住友カード』公式ページ: 三菱UFJニコス 三菱UFJニコスが管理や発行を行っているクレジットカードは、ニコスカード、DCカード、MUFGカードといった有名なカードばかりです。 このように多くの方が利用しているカードを複数発行している会社なので初めてカードを作る際などでも安心してカードを作れます。 代表カード:『』 『』は三菱UFJニコスが発行するカードで年会費無料の一般カードですが非常に保険内容の充実したカードです。 さらにインターネット上の不正利用に対して全額を補償してくれる保険も付帯していて安心してネットショッピングが楽しめます。 『VIASOカード』公式ページ: クレディセゾン 株式会社クレディセゾンはセゾンカードやUCカードなどを管理、発行している会社です。 ポイントの名称が永久不滅ポイントと個性的で、名前のとおり有効期限がありません。 また、申込から発行までのスピードも早いことが多く、いくつかのカードでは最短即日で受け取ることもできます。 ただし、ネットから申し込んでセゾンカウンターにて即日で受け取る場合は ICチップなしカードの発行となるので注意してください(IC付カードが必要な場合は郵送となります) 出典: 代表カード:『』 『』は基本的なポイント還元率が0. このカードはアメリカン・エキスプレスのデザインですが審査などは発行会社であるクレディセゾンが行っています。 そのため、一般的ににアメリカンエキスプレスのカードは年会費が非常に高いイメージがありますが、このカードに関しては実質年会費無料です。 『セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード』公式ページ: 楽天カード ECサイトで大手の楽天のグループ会社である楽天カード株式会社が発行する『楽天カード』は1,500万枚以上発行されており、新興のカード会社ながら現在では大手カード発行会社の一角となりました。 『楽天カード』という名の通り、楽天市場でお得に使えるカードを発行しています。 代表カード:『』 『』は年会費無料カードの中でも良い条件の海外旅行保険が付いている貴重なカードです。 海外旅行保険の内容は以下のようになっています。 利用条件 利用付帯 海外旅行代金の一部を支払うことで補償が受けられます。 『楽天カード』公式ページ: 2-3. おすすめ準大手カード発行会社5選 ここではおすすめの準大手カード発行会社について紹介したいと思います。 主にサービスの良さを兼ね備えたカード発行会社が多いです。 イオンクレジットサービス• セディナ• オリエントコーポレーション(オリコ)• ビューカード• エポスカード 準大手カード発行会社の中でどのカードを選ぶべきか迷った際は全国10,000店舗以上で優待を受けられて、条件の良い海外旅行保険が付き年会費も無料な『』が最もおすすめです。 以下にそれぞれのカードの詳細を載せていきます。 イオンクレジットサービス スーパーの大手イオンもグループ会社でカードを発行していますが、こちらも非常に多くの方が利用しているカードになります。 イオンでお得に利用できるカードを発行しており、主婦層の方に非常に人気です。 代表カード:『』 『』は年会費無料、ポイント還元率は0. 『イオンカード』と『イオンカードセレクト』からカードを選択することができます。 このカードにはイオンが発行しているからこそ付帯できる以下のような特典があるため、イオンで普段から買い物をする専業主婦の方にとっては非常にお得です。 『 イオンカード』 公式ホームページ: セディナ SMBCファイナンスサービス株式会社は、OMCカード、セントラルファイナンス、クオークといったカード会社が統合した会社です。 そのため、セディナカードやOMCカードなど様々なカードを持ちます。 会社名はあまり知られていないかもしれませんが、三井住友フィナンシャルグループの1つなので安心して使えます。 セブン-イレブン、イオン、イトーヨーカードーなどでお得に使えるカードが多いです。 代表カード:『』 『』は セブン-イレブン、ダイエー、イオンでお得になる、年会費が1,000円(税抜)、ポイント還元率が0. セブン-イレブン、ダイエー、イオンでのカード利用でポイント還元率が普段の3倍の1. 正しい詳細に関してはSMBCファイナンスサービス株式会社の公式ページをご確認ください 『 セディナカード クラシック』 公式ホームページ: オリエントコーポレーション オリエントコーポレーションと書いたらわからない方もいるかもしれませんが、発行しているカードがオリコカードと言えばわかる方も多いのではないでしょうか。 この会社はみずほフィナンシャルグループが筆頭株主となっているので安心面も充実しており、さらにポイント面や電子マネーで特徴のあるカードを多く発行しているのでお得さを追求したい方にもおすすめです。 さらにオリコモールを経由することでネットショッピングで非常にお得でAmazonや楽天、Yahoo! などの大手通販サイトでは2%以上のポイント還元率になるお得なカードです。 以上のような特典のあるカードなのでネットショッピングの多い方におすすめのカードです。 『Orico Card THE POINT』公式ページ: ビューカード ビューカードという名前は関東以外に住んでいる方にはあまり馴染みがないでしょうが、JR東日本の子会社が発行している鉄道をお得に利用できるクレジットカードの名称です。 今では全国で利用可能になった交通系電子マネーSuicaをお得に利用できるカードで、オートチャージ機能はビューカード発行のカードでなければできないので、定期を始め電車利用が多い方にもおすすめです。 代表カード:『』 『』は初年度年会費無料、2年目以降も477円(税抜)と最も安い年会費負担で定期券機能が付いているビューカードです。 アトレやアトレヴィ・ペリエといった「JRE CARD優待店」の駅ビルを使う人はポイント還元率3. 5%となり、Suicaへのチャージや定期券を購入時はポイント還元率が3倍の1. たまるポイントはJR東日本グループの新しいポイントであるJRE POINTで、有効期限が実質無期限で1ポイントからSuicaに交換ができるようになったなど、非常に使い勝手が良くなっているのも便利でおすすめできる理由の一つです。 『JRE CARD』公式ページ: エポスカード 首都圏を中心にファッションビルなどの商業施設を経営している丸井グループの子会社の一つで、マルイでお得に利用できるカードを中心に色々な会社と提携してカードを発行しています。 代表カード:『』 『』は年会費無料カードの中で、マルイでの買い物がお得になるだけでなく、海外保険が付帯している数少ないカードです。 海外旅行保険の内容は以下の通りです。 利用条件 自動付帯 持っているだけで補償が受けられます。 海外旅行保険で疾病治療保険が年会費無料カード最高額の270万円など実用的な内容• 最短即日での発行が可能(先にネットで申し込んで審査に通ってから受け取りに行った方が無駄足しなくて済みます)• ファミレス・カラオケ・映画など全国10,000店舗以上で割引やポイント優遇などの特典を受けられます 『エポスカード』公式ページ: 3. まとめ 現在、クレジットカードは9,000枚近く発行されており、その特色も様々です。 しかし、そのカードの特色を主に決定づけているのはそのカードの発行会社といっても過言ではありません。 大手カード会社と準大手カード会社の違いについては以下の通りです。 セキュリティや緊急時の対応などは大手カード会社の方だと安心感がありますが、普段の利用では準大手カード会社の方が満足感が得られます。 おすすめ大手カード発行会社• ジェーシービー…代表カード:『』• 三井住友カード…代表カード:『』• 三菱UFJニコス…代表カード:『』• クレディセゾン…代表カード:『』• 楽天カード…代表カード:『』 おすすめ準大手カード発行会社• イオンクレジットサービス…代表カード:『』• セディナ…代表カード:『』• オリエントコーポレーション…代表カード:『』• ビューカード…代表カード:『』• エポスカード…代表カード:『』 あなたが優先する項目に合わせて発行会社の規模などもカード選びの判断に入れ、良いカードを使えることを祈っています。

次の