まだ 結婚 できない 男 視聴 率。 阿部寛主演「まだ結婚できない男」第3話10・0% 2週ぶり2桁視聴率!― スポニチ Sponichi Annex 芸能

『まだ結婚できない男』、高視聴率スタートも視聴者から不満の声? キャストだけでなく“悲壮感”も理由か

まだ 結婚 できない 男 視聴 率

13年ぶりに復活したドラマ『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ系)が、視聴率・満足度ともに上々の支持を得ながら、まもなく最終回を迎える。 タツオ役を演じているのは、田中太郎くん5歳(撮影当時は4歳)。 作中で阿部と対等に渡り合う様からはベテランの風格が漂うが、太郎くんにとっては本作が俳優デビュー。 阿部らとの競演の裏側や太郎くんのプライベートについて、同作プロデューサーの米田孝氏、飼い主のケイコさんらに聞いた。 話題のパグ犬・田中太郎くんのキュートすぎる私生活&シーン写真• 表情豊かな演技が好評、主演・阿部寛と演技で渡り合う 2006年7月期に放送された『結婚できない男』は、偏屈で独善的で皮肉屋だがどこか憎めない40歳独身の主人公・桑野(阿部)が、1人の女性との出会いをきっかけに恋愛・結婚を模索していくコメディドラマ。 続編『まだ結婚〜』では、53歳になってもなお独身の桑野が、女性たちとのひょんな出会いから再び人生を見つめ直していく様子を描き、『コンフィデンス』誌によるドラマ満足度調査「オリコン ドラマバリュー」では、100Pt満点中平均87. 6Ptと続編も高い満足度を獲得している。 そんな本作で、バツグンの存在感を放っているのが太郎くん演じるタツオ。 第1話では、ペットショップで売れられているタツオが、桑野に向け甘い視線で「僕を買って」アピール。 第3話では、飼い主の早紀(深川麻衣)との散歩中に脱走したタツオを桑野が発見し、公園のベンチで一息つくと、両者見つめ合いながら心の声で会話を交わす。 太郎くんの感情表現豊かな演技に、ネット等では「タツオの表情がたまらない」「阿部さんとタツオの絡みが面白い」「タツオがメインのサブストーリーが観てみたい」との声が上がっている。 太郎くんは今回、書類選考と対面でのオーディションを経て、30匹の中から役を射止めた。 『まだ結婚〜』プロデューサーの米田孝氏は、オーディション時を次のように振り返る。 「太郎は本当に人懐っこく、初対面のスタッフにも怖がらずに接してくれたので、撮影も絶対にいけるなと思いました。 実際に撮影をはじめると、 「太郎は本当に賢くて。 中途半端な場所で止まったり、人のセリフや動きとタイミングを合わせて動いたり、歩き去る桑野の方を振り返ったりと、高度なお芝居をたくさんこなしてくれました。 いろいろな表情を持っていて、微妙な心情の機微を表現できる名優だと思います」(米田氏)。 演技指導は、基本的には助監督が担当。 太郎ーーー!!! 」と呼びかけながらの撮影がいつもの光景だったという。 また、時には阿部や深川が指導にあたることもあったそうだ。 太郎くんの名演が際立ったのが、前述にもあった第3話の散歩中の脱走シーン。 あのシーンの撮影は8月の暑い日に行われたそうだが、パグは暑さに弱い。 「熱さに弱いパグにとっては大変な撮影になると予想していたため、なるべく木陰のある公園を探し、スタンバイ中は太郎専用のプールを用意して、涼しく過ごしてもらえるよう気を配っていました。 そのおかげか、ものすごい集中力を発揮し、まるで阿部さん演じる桑野と会話をしているような雰囲気で撮影をすることができました。 パグと対峙した時、桑野はほかの人には決して見せない表情をすることがあります。 桑野信介の普段なかなか見られない一面を引き出す存在という点でも、太郎演じるタツオは重要な役割を担ってくれていると思います」(米田氏)• 『まだ結婚〜』の公式SNSでは、深川や吉田羊、草笛光子らキャスト陣とのオフショットが度々アップされていたが、現場では 「スタジオセットに太郎が来ると、役者のみならずスタッフも自然とそばに集まって、皆で可愛がっていました。 それぞれ抱っこしたり、撮影大会みたいになったり、本当に現場の癒しでしたね。 また、座長の阿部寛さんも小さい頃から犬を飼われていたので、犬との距離感や接し方を十分に理解されてとても可愛がっていました」と米田氏。 なお、持田香織が歌うドラマの主題歌「まだスイミー」のジャケット写真にも、太郎くんが起用されており、このことからも太郎くんがどれだけ作品のアイコンとして浸透しているかが窺い知れるだろう。

次の

【まだ結婚できない男】の視聴率と最終回ネタバレ!桑野(阿部寛)は独身のまま続編へ!?

まだ 結婚 できない 男 視聴 率

「 結婚できない男」が13年を経て「 まだ結婚できない男」として 桑野信介が 帰ってきます! 偏屈でワガママでしかも皮肉たっぷりの言葉を吐くが、どこか憎めない独身の 阿部寛扮する(建築家)桑野が、またもや女性との出会いをきっかけにして 恋愛を意識するようになり、 やがて、結婚を真面目に考えるようになります。 今回の ヒロインも興味津々で 元乃木坂46の 深川麻衣さんが出演します! と放映前に上記のように記事を書きすすめていましたが。。。 期待が高かったドラマでしたが、視聴率は 10%を下回る回もあり 思った成果は出ませんでした。 そこで視聴率の低迷の一因とされてしまった元乃木坂46の深川麻衣さんに ついて見ていこうと思います。 ビデオや配信で見られる方もいらっしゃると思うので ネタバレなしで 書いていきます。 まだ結婚できない男の視聴率低迷は深川麻衣のせい? 深川麻衣演じる 戸波早紀は1話で 桑野の隣の部屋に引っ越してきます。 サングラスに マスク姿という出で立ちで現れる正体不明の女です。 桑野は早紀の荷物をジロジロ見ながら話しかけてきます。 そして、気をひこうとしたのか大音量でクラシックを聴いたりして早紀を困らせます。 早紀は父親と同じくらいの年の桑野のことをどういう風に思っているのでしょうか? なかなか謎の多い女性なのですが、深川さんが少しヒントを教えてくれて 「 話数が進むにつれて早紀の事情が分かってきます」とのことです。 人物像の設定が複雑なのでしょうか? そして回が進むに連れ、 早紀は元アイドルで女優を目指していることが わかります。 どうやら早紀(深川麻衣)のアイドル時代の後輩らしい。 桑野がジロジロ見ているのに気が付いたあすかは、「ご一緒にどうですか?」と(妄想) — ハム・ハンクス乃木坂46伊藤純奈推し hamuhamuking でもー、この設定が良かったのか悪かったのか、 演技が下手くそで 見てられないとか、ドラマの 人気がないのは深川さんのせいとか言われて しまいました。 愛がなんだ。 の深川麻衣はいいのに、まだ結婚できない男の深川麻衣はイマイチなのは何故なのか。 9%で超高視聴率であり、最終回は 夏川結衣さん演じる早坂夏美に告白しハッピーエンドでいい感じだったのに 本作では早坂夏美はキャストになく最初から不満が出ていました。 えぇえええ・・・結婚できない男の続編が出てからまだ続きがあるのかと思って1話見てみたら、1作目のラストを全否定する内容で速攻見るのやめた。 あの素晴らしいラストを台無しにしたらダメだろ・・・。 — yapo yaponishi まー、さすがに13年経ってますので女優さんも相応の年齢ですから 新しいキャストは当然です。 また、前作の 皮肉の応酬が テンポ良く見てて心地よかったのに、今作は それを デフォルメして 攻撃的な会話が多く苛立ちを覚える方が いらっしゃったようです。 まだ結婚できない男 10 前作を越えることはなかったが相変わらずの桑野節が最高 吉田羊は演技もうまいしいい役者だが早坂先生には勝てなかった あえて恋愛要素を減らしたのか まだまだ見たい — はやぼう hayabows 深川麻衣さんを別の作品では高評価されている方も多く、彼女は責められない ですね。 前作(2006年)から13年後の様々なメディアがある中で地上波の10%前後は 十分健闘していると言えるのではないでしょうか。 深川麻衣はどんな人 深川麻衣さんは桑野演じる阿部寛さんとはだいぶ年が離れていますね。 深川さんは静岡県出身の28歳の女優です。 女優の初仕事が舞台『 スキップ』で、演技を基礎から学びます。 セリフひとつ満足にできない自分に不甲斐なく、涙を流しながら芝居を覚えていきます。 代表作は『 まんぷく』(NHK朝ドラ)『 日本ボロ宿紀行』(地上波 初主演)があります。 実は、女優になる前は、25歳まで乃木坂46(1期生)のメンバーでしたよ! では、深川麻衣さんを中学から乃木坂46までを見ていきましょう! 中学生時代にファッション雑誌を読み芸能関係の仕事に興味を持ちます。 芸術家の高校に進学して、デザインを学びながら、静岡県浜松市のダンススクールに 入学しダンスを学びます。 高校卒業後は服飾専門学校に進み、『 kawaii EXPO 2010』のモデルオーディションで グランプリを受賞し専属モデルになります。 専門学校卒業後、悩んだ末、上京して、オーディションを受けながら 芸能界を目指すことに。 そして、天に願いが届き、 乃木坂46の1期生オーディションに合格します。 深川さんは、デビューシングルでは選抜から外れてしまいますが、くさらずに努力を続け 3rdシングルで 選抜に、9thシングルで 福神(前の方の立ち位置)に選ばれます。 愛称は「 まいまい」ですが、もう一つ「 聖母」があり、冠番組出演中にメンバーの川後陽菜さん がつけてくれています。 キャッチコピーは「 まいまい毎日マイペース」でゆったりした印象です。 「聖母」の名の通りいつも優しくメンバーみんなから慕われる人でした。 卒業シングルは「 ハルジオンが咲く頃」で初センターはもちろん「まいまい」でした。 まだ結婚できない男のキャスト 13年ぶりに帰ってきた50歳を過ぎても相変わらず独り身を謳歌する桑野を恋愛に巻き込む のはどんな女性陣なのか気になりますね。 前回は、総合病院の内科医の 早坂夏美と知り合い、「 結婚できない女」と「結婚できない男」 が結ばれかけ、最終回のシーンでは、2人の住む家の模型を作って番組が終わりました。 これを見て視聴者は、 てっきり桑野と夏美が結婚したのではと思ったようです。 前作の続編が決まりキャストが発表された時に「 なぜ、早坂夏美がいないの?」という 声が多数あったそうです。 夏美を演じた夏川結衣さんも現在は 51歳で 母親役もこなしているため熟女の印象があり 出演は見送られたようです。 どこかの回で ゲストでも顔を出してほしいですね! 今回も恋の相手は 40代の方かもしれません。 そうなると、 吉田羊さんと 稲森いずみさんが有力ですね。 実は、 28歳の二まわり違う親子ほど年の差がある深川麻衣さんとの関係も気になります!! (深川麻衣さんは元乃木坂46で「 まいまい」と呼ばれてました。 ) そんな恋の相手をイメージしながらキャラクターを見ていきましょう! 引用元:映画・ドラマ『ココモス』 桑野信介 役 阿部寛 相変わらずの性格で40歳の前回から13年たった53歳でも独身を楽しんでいます。 「結婚できないのではなく結婚しない」「百害あって一利なし」の持論は相変わらずです。 偏屈で独善的で皮肉屋な建築家。 建築家としての腕はよく仕事も早いが、高すぎるプライドと強いこだわりのためによく周囲 と衝突する敵をつくりやすいタイプです。 協調性や社交性に乏しく人付き合いが苦手です! 一方、料理・洗濯・掃除が長い独身生活のせいかとても得意です。 趣味はクラシック音楽を大音量で部屋で聴くことで、時々指揮者の身振りをします。 吉山まどか 役 吉田羊 弁護士。 桑野の家の近くに住んでおり、たまたま桑野からくだらない仕事依頼をされて 無視すると、まどか代理をする離婚裁判の傍聴人として顔を出し驚かせます。 やがて、桑野とぶつかり合いながらも関係を深めていきます。 戸波早紀 役 深川麻衣 桑野の部屋の隣に引っ越してくるサングラスにマスク姿という謎の女です。 桑野とはだいぶ年が離れていますね。 乃木坂46ファンは「まいまい」の出世ぶりを喜んでいるのではないでしょうか? 村上英治 役 塚本高史 建築士。 前回は桑野の設計事務所のアシスタントでしたが、現在は桑野と共同経営者に なっています。 桑野とは対象的に女にモテる英治ですが、実は13年間結婚できていません。 彼が結婚できるのかという点も、楽しみにしましょう! 岡野有希江 役 稲森いずみ カフェの店長。 有希江は夫からの離婚の申し出に同意しない妻でまどかに弁護を依頼 しています。 有希江は大人の優しい女性で、最初に桑野の良さに気付きます。 まとめ 前作「結婚できない男」が平均視聴率16. 9% 最終話22. 0%に対して 今作「まだ結婚できない男」は平均視聴率は10%前後 最終話9. 7% と苦戦しました。 原因の一旦は、キャストの一人の深川麻衣さんにもわずかにあるかも しれません。 しかし、前作が良いコンテンツ過ぎてさまざまな点で追いつけなかったのが 正直なところでしょう。 まだご覧いただいていない方へ 桑野と戸波早紀(深川麻衣)はだいぶ年が離れていますが 乃木坂46ファンは「 まいまい」の出世ぶりを喜んでいるのではないでしょうか? 二人が 恋人同士になる可能性は低いかもですが、桑野は 謎の隣人に興味がありそうです。 もしかすると ツーショットでいい雰囲気の画が見られるかもしれません! 「 まだ結婚できない男」の恋の展開がどうなるのかワクワクしますね!.

次の

まだ結婚できない男【阿部寛主演ドラマ】視聴率一覧表&グラフ推移

まだ 結婚 できない 男 視聴 率

桑野はまどかの事務所へ 桑野信介(阿部寛)は隣の部屋の戸波早紀(深川麻衣)が青酸カリを飲ませて殺せばいいのね?と言っている声を聞いてしまう。 次の日の朝、部屋を出ると早紀も出てきて「おはようございます」と声を掛けられた桑野は何も言わず去ってしまう。 桑野が吉山まどか(吉田羊)の元へ行き、やっくんについて聞くと、海外のサーバーを共有していることが分かり、もう少し費用が掛かるが桑野はまだ探すように依頼した。 桑野は隣の部屋の女性が殺人計画を立てて今日計画を実行するという話を聞いてしまったとまどかに伝える。 まどかはほっておけないと言い、ちょうど電話が掛かってきた刑事に相談した。 田中有希江(稲森いずみ)がいるカフェで話を聞くことになり、桑野の前に現れた刑事に対して、桑野はただ台本を読んでいただけだけだと思うと伝えると、刑事は帰って行く。 からかわれたまどかは怒ってしまうが有希江は悪意があった訳ではないと桑野に聞き、なだめるのだった。 桑野と犬の再会 まどかが桑野を送ってくれている途中、桑野は早紀が困っている姿を見つける。 早紀が散歩しようとしていたところ、犬のタツオがいなくなってしまったというのだ。 桑野とまどかも一緒にタツオを探すと、桑野の前に現れた犬にタツオと呼びかけるが振り返らない。 桑野はケンと呼びかけると振り向いたため、ケンの生まれ変わりだと思う桑野だった。 早紀は動物を飼ったのが初めてだと言い出したが、一度だけ弟の金魚の世話をしたことがあるという。 しかし、いつの間にか全部死んでしまったと聞いた桑野とまどかは、心配そうにタツオを見た。 村上に事件発生 桑野が会社に行くと、まどかをからかって怒らせたことをみんな知っていた。 桑野の隣に住む女性が女優だと知った村上英治(塚本高史)は、女優の名前を聞いてみんなで検索したところ、昔ちょっとしたファンだったと言い出す村上だった。 みんなで早紀の写真を見ていると、森山桜子(咲妃みゆ)がやってきて、依頼した内容と違うから返金してほしいと山田さんが言ってきたというのだ。 桑野は村上に自分で考えろと言い、村上はまどかに相談しようと言い出した。 桑野と早紀にスクープ 桑野は帰り道、早紀がタツオと散歩しているところに遭遇した。 一緒に帰りながらなぜ女優になったのかを聞くと、お芝居がしたいからと言う。 早紀がマンションに住んでいる理由は、父親が持っているマンションだと聞き、納得した桑野だった。 そこへ早紀の元カレが現れて、早紀と一緒にいる桑野と付き合っているのかと聞いてきた。 あまりにもしつこいため、桑野が機転を利かせて付き合っていると嘘をつくが、別れたくないと早紀に迫ってくる。 桑野は諦めた方がいいと言い、早紀と一緒に帰って行くのだった。 後日、横田詩織(奈緒)は野村信吾(平田雄也)と早紀が痴話げんかしている隣に写っている新恋人と書かれた桑野の姿がスクープされ、週刊誌に載っていたのを見つける。 事務所で目を隠されているから自分だとばれないと思った桑野だが、妹の中川圭子(三浦理恵子)から電話がきてすぐにばれてしまった。 仕事場でもいじられてしまった桑野はまどかに相談に行くが泣き寝入りしろという結果になってしまう。 桑野が早紀のお手伝い 桑野は中川良雄(尾美としのり)に相談して帰ると早紀が週刊誌について謝ってきた。 早紀は桑野にお願いがあると言い出し、台本の読み合わせをしてほしいという。 一度は断った桑野だが、有希江のカフェで読み合わせを行うことになる。 そこへまどかと村上、森山がやって来て山田さんについて話し合うことになった。 みんなの前で台本を読み合わせをしていると、桑野は早紀の演技と脚本に口出しをしてきた。 桑野の意見に涙を流す早紀は、女優を辞めた方がいいのではと思っていることを言い出す。 そんな早紀に簡単に辞めたいと思うなら辞めた方がいい、でもそこで踏みとどめられたらそれこそ本当の第一歩だと言ったため、いいことを言った桑野にみんな驚いていた。 村上はもう一度山田さんと話すと決め、早紀ももう一度女優を頑張ろうと決めたのだった。 またケンカした桑野とまどか 出て行った桑野を追いかけたまどかは、桑野が建築業を辞めようと思ったと聞き、まどかも弁護士を辞めようと思ったことがあると言うと、まどかに対して桑野は辞めようと思ったのは嘘だと言ってきてまどかをバカにしてきたため、まどかはデリカシーがない桑野に怒ってしまう。 桑野がベランダにいると、タツオが隙間から覗いていたため、桑野は「死ぬなよ」と声を掛けた。 「まだ結婚できない男」3話ネタバレのポイント は まさかの女優とスキャンダル 今夜は9時から始まりますので!! テレビの前でお待ち下さい。 秋の夜長を、桑野とともに。 公式サイトの相関図にタツオが登場しています。 — 尾崎将也 ozakimasaya 桑野はペットショップでケンとよく似たパグを見ていましたね。 ペットショップに寄ってはパグを見つめて帰る桑野でしたが、第2話でパグが他の人が飼ったと聞いて寂しそうにしていました。 しかし、隣に住んでいる早紀が、パグのタツオを飼っていると分かり、すごく嬉しそうな桑野がおもしろかったですね。 桑野が「タツオ」と呼んでも振り返らなかったが、「ケン」と呼んだら振り向いて近づいてきたため、桑野はケンの生まれ変わりだと思いました。 ペットショップに見に行っていた犬が、隣の部屋に住んでいたと分かってとても嬉しかったでしょうね。 最後のシーンでタツオがベランダの隙間から桑野を見ていたのがかわいかったですね。 桑野は隣に住んでいる女性が女優だと分かって台本を読んでいたと知っていながらまどかに相談して刑事まで読んでしまう大事になってしまいましたね。 まどかは桑野にからかわれたことに対してすごく怒っていたのですが、桑野が平然としていたのでさらにイライラしていたまどかでした。 早紀が女優を辞めようと考えていると言ったときに、自分も建設業を辞めようと思ったことがあると言い、踏みとどめることができれば第一歩だと伝えたときは、みんなが静まり返るほどいいことを言った桑野でした。 しかし、建設業を辞めようと思ったことは今までにないと言い出し、まどかが弁護士を辞めようと思ったことがあると聞いて辞めていれば結婚できたかもしれないのにと皮肉なことを言い出したため、まどかがまた怒ってしまって言い争いが始まってしまいました。 まどかはストレス発散にもぐら叩きをしているのがかわいかったですね。 言い争ってばかりの桑野とまどかですが、なんだかんだ一緒にいる二人なので、第4話はどんな言い争いをしてしまうのか、気になりますね。 感想 「まだ結婚できない男」3話は、桑野と早紀に進展があったのがおもしろかったですね。 今までお隣さん通しだけど話してこなかった二人ですが、桑野と早紀が話す機会が増えたのが良かったです。 早紀が女優だと知った桑野が、台本の読み合わせを手伝うことになったのがおかしかったです。 桑野は早紀の演技を見て、脚本家が悪いと言い出して脚本を直し出す姿がおもしろかったところでした。 早紀は桑野にいろいろ言われてしまったけど、桑野に言われたからこそ女優を諦めずにもう一度頑張ろうと決めたので良かったと感じました。 みんなの反応.

次の