モンハンワールド 受付嬢 変更。 受付嬢が狩り中に「こっそり」やってる行為がかわいすぎた!wコスプレ方法!双眼鏡の新しい使い道で受付嬢のかわいい一面が明らかに!【モンハンワールド】

【MHWアイスボーン】キャラメイクの変更・やり直し方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハンワールド 受付嬢 変更

概要 CV. 『モンスターハンター:ワールド』に登場するキャラクターの一人。 のようなバイザーマスクを持ったそばかすが魅力的な女の子。 本作におけるギルドガールことの立ち位置にいるキャラクター。 しかし設定としては受付嬢とは微妙に立場が違っており、実際の彼女の役職は 「編纂者」。 「編纂者」は本作の舞台である新大陸という未開の地を調査するために「モンスターの狩猟等による調査地の拡大を担うハンター」と「各地域の情報収集、まとめあげによる生態解明を担う編纂者」というバディ制によってできた役職である。 たくさん付箋がついた大きな本を携帯しており、収集した情報を逐一書き込んでいる。 彼女がこの編纂者を目指した理由は「 一期団に所属していたがその後帰郷した祖父の夢を代わりに叶える為」であり、様々な内情を持ったうえでそれでも編纂者になった他のNPC組と比較しても特殊な理由を持って新大陸に来ている。 そのため、ギルドへの調査報告書とは別にハンターや自分の活躍報告書を作成しているらしい。 アステラではずっと食事場から離れず飯を食い続けているほど食欲旺盛で、好きなものはドキドキノコ。 祖父の 「迷ったら食ってみろ」という信条を胸に、今日もどこかで食材を探している。 序盤からオトモアイルーとは、主人である主人公よりも先に受付嬢の元に向かってくるほどの信頼関係を築いている。 観察眼が優れており、波の音の変化で陸地が近い事に気づき、生態系の成り立ちやモンスターの特質を見抜くなど、かなり優秀。 活躍 ギルド推薦組であり、バディとして主人公であるハンターが内定していた。 しかし当のハンターが出航ギリギリまで任務についていた為に事前の顔合わせが出来ず、初めて対面したのは新大陸へと向かう船の中となった。 なおギルド推薦を受けるより前に、調査団入りに手を挙げていたとのこと。 新大陸をバイザーにつけられた拡大レンズ越しに眺め、主人公であるハンターと共に新しい世界への期待を寄せる。 船がの襲撃(とはいえ、状況的には完全に事故)によって座礁、その中でハンターと共に翼竜の力を借りてマグダラオスの背から飛び立つ。 こうして「空から」新大陸に足を踏み入れ、ハンターとのバディ関係が改めて確立した。 その後はハンターと共にマグダラオスの痕跡探しに奮闘。 捕獲作戦が失敗後、彼が刻んだ新しい道を先に進み、陸珊瑚の台地の到達者としては4期団以降の調査団の中では一番手となった。 の強襲にハンター共々遭遇するが、これまで行方不明だった3期団及び1期団のフィールドマスターと合流。 新大陸で営まれている生命の廻りを識り、理解する。 その後、瘴気の谷を含めた新大陸の構造を見て「」の真相に辿り着き、ある事情からマグダラオスが引き起こそうとしている問題を解決するために誘導作戦を立案。 作戦成功後、死出の旅へと向かう老いた古龍を相棒と共に見送り、「新たな命」である陸珊瑚の台地の植物を、手向けのように捧げた。 更には「龍結晶の地」の調査において、生体エネルギーが満ちる原因がある事に気づく。 また最奥である「収束の地」の存在を知らない状態でありながら 「 新大陸は パイ包み焼きのような状態」と、言い得て妙な表現をしてに本能的に気付く等、本編における「あと一押し」の一押しをする柔軟な思考をもって調査団を導いた。 本編終了後は「新大陸の食材大全」を作成する事に情熱を燃やしており、ハンターのクエストの編纂のついでに、新大陸の食べられそうなものを探しては記録している。 ゲーム中では 拠点アステラでは3Fの食事場において食事している彼女に話しかける事でクエストの受注とオンラインの集会場移動が可能(各階に設置されているクエストボードおよび集会エリアからでも行える)。 3期団の研究基地では彼女との会話だけがクエストへの移動手段である。 クエストや探索中はベースキャンプに常駐しており、探索の場合は彼女に話しかける事で探索を切り上げたり、クエストを新たに受注する事が可能。 たまにアイテムBOXを漁っており、ハンターがファストトラベルなどで帰って来た時には慌てて定位置に戻るという可愛い姿が見れる。 また、アステラでしていない場合や食事効果が切れた時、テーブルに座ることで彼女に料理を作ってもらえる。 大きな調理台も無いベースキャンプで、料理長顔負けの豪華な料理を作ってふるまう彼女の料理スキルは、ただの大食いに終わらない彼女の魅力である。 ちなみにこの時、アステラでの給仕アイルー同様、スキル全発動に成功した場合と普通に食事が終わった場合とで喜び方がちょっと違ったりする。 かわいい また、 「かまど焼き」で携帯食料を作成してくれる唯一のキャラが彼女。 かまど焼きにぶちこむ素材次第では 増強剤や漢方薬、秘薬もついでの様に焼いて作るという神業をやってくれるため、素材に余裕があるなら積極的に使っていくといいだろう。 ベースキャンプからちょっと離れてファストトラベルして、別のベースキャンプにいても どうやったのか一瞬で追いついて定位置にいるという不思議な力を持っている。 彼女だけの知る最短ルートがあるのだろうか(あるいは現実とゲーム内の時差で実際には追い着ける程度に余裕があるとか)。 プレイヤーからの扱い 残念ながら プレイヤーからの評価は最悪で、発売直後からアンチスレが乱立する大惨事となった。 理由を列挙するならば ・そばかすや日に焼けたような赤い肌など、愛嬌はあるが 美人とは言い難いビジュアル ・主人公をなれなれしく「相棒」と呼ぶわりに、 相棒らしい仕事は何一つしない ・その割に 右側に出てくるポップで色々と指示してくるので五月蠅い。 「応援だけかよ」と思うプレイヤーのほうが多いだろうが ・相棒としてキャラメイクしたアイルーが、なぜか序盤の再会時 主人公より先に飛びつくなど懐いてしまう ・他のメンバーが忙しく働いている拠点においても、 一日中食堂でメシを食っている ・食べ方が汚らしく、 素手で肉を食い散らかし、そのギトギトの汚れた手で本を捲っている。 ・ と揶揄される程警戒心と学習能力が皆無 ・そのため無鉄砲に飛び出してはピンチになり、主人公や仲間に助けられる、というシーンが 多すぎる ・何度も周りを巻き込んで迷惑をかけるが、 一度も謝らないし感謝もしない ・一挙手一投足のことごとくが ワザとらしくウザったいと感じられるほどオーバー ・ついでにクエストボードに関しても五月蠅いと不評 狩猟の手伝いはオトモアイルーという頼もしすぎる真の相棒がいるため、そのお株を奪われているという事情もあるにせよ酷い。 続編のアイスボーンでも、無鉄砲に飛び出し周りに迷惑をかける行動は治っておらず、やはりお礼も言わないし謝る事も無い。 特にと初めて対峙した際、無策で狩場に急に表れて「相棒!いったん引きましょう!」と駆け寄ってきて格好の標的にされてしまい、攻撃からかばったハンターが後頭部を強打し気絶してしまうと言う大惨事に。 イヴェルカーナの気まぐれにより何とか逃げ延びたものの、総司令に得意げに調査報告をする姿はかなりトサカに来る。 「狩りでの活躍が無い」と言うのは、彼女に限らず他のNPCも全くプレイヤーを援護しないのだが、それにした所で、他にいくらでも活躍させたり好感度を上げたりする事は出来た筈である(実際ゾラ・マグダラオス戦では大砲に弾を込めるモブNPC達が登場しており、彼女に限らず彼等の手伝いをさせてもよかったはず)。 それがどうしても無理であるなら、 そもそも相棒と言うキャラにせず他の役割で登場させればよかっただけであり、擁護するのは難しい。 一応捕捉すると上記のように「編纂」という仕事があり、しかもかなり重要な内容なのだがゲーム内描写では気づきにくい。 また「ハンターとは最初からバディを組む予定だった」事も同様にゲーム内描写では気づきにくく、そのあたりで誤解をしているプレイヤーも少なくない。 ちなみに容姿に関しては「好みが分かれるところ」であり、テンプレ美人ではなく若干イモ臭いところを評価する向きもある。 また外見については公式DLCで配布されているスキン(歴代受付嬢モチーフの正統派な物からびっくりするほど濃いメイクにゴシック衣装、果てはアイルーの着ぐるみに まである)や、PC版ならプレイヤーのキャラ共々でいくらか変更が可能。 ウケツケ・ジョー 無料大型アップデート第1弾にて暴食の悪魔である「」が登場、追加ストーリーにて食料探しをしていた所を に襲撃された上に、更にそれを狙ったイビルジョーに襲撃されるというとんでもない目に遭うも、そこから上手く イビルジョーの背中に乗るという離れ業を披露したりと、早速大食いの大先輩に大接近している。 そのあと主人公がイビルジョーを転ばせて助け出すのだが、 逃げる時の動きの良さがまた腹立たしいと感じるユーザーもいた。 イビルジョーはシリーズの人気モンスターで、その強さと存在感を表現したムービーを期待したユーザーも多かった。 しかし上記のように実際は 受付嬢が主体となっていたため、(特に彼女を嫌うユーザーからは) 邪魔者扱いされてしまっており、落胆の声も多く挙げられた。

次の

【MHWアイスボーン】受付嬢チェンジされてクソワロタww推薦組の受付嬢めっちゃ可愛いやん・・・

モンハンワールド 受付嬢 変更

15,982• 3,761• 7,694• 2,043• 218• 1,700• 501• 620• 169• 119• 11,599• 107• 1,515• 1,593• 545• 288• 374• 544• 132• 277• 394• 198• 300• 228• 334• 451• 214• 128• 106• 446• 240• 117• 139• 2,248• 804• 402• 116• 272• 171• 151• 131•

次の

【MHWアイスボーン】受付嬢のウザさはアイスボーンでさらに強調されたな!ガチで苦痛なレベル【モンハンワールドアイスボーン】

モンハンワールド 受付嬢 変更

「モンスターハンターワールド MHW 」内で 世界で嫌われるキャラクターと言えば、皆さんご存知「受付嬢」です。 モンハンワールドが大ヒットしたことで、DLCの「アイスボーン」に加え「MHW2」の発売もまず間違いないと言われる昨今ですが、 この嫌われ者を放置するわけにはいかないので、次回作に向けて受付嬢の改善案を考えてみました。 まずはこれを見て欲しい これは、ツールを使って解析を行った MHWの「受付嬢」に関して、世の中のモンハンプレイヤーがよく検索している単語の数々である。 海外の人からはジャージャービンクスと揶揄されているため、日本以外からもだいぶ嫌われているのがわかりますね。 何故こんなに嫌われたのか 「火のない所に煙は立たぬ」という言葉がある通り、 受付嬢が嫌われるのにはそれ相応の理由があります。 ということで、受付嬢が 嫌われる理由になった不評な要素を色々と挙げてみたいと思います。 思慮の浅い身勝手な行動を繰り返し、主人公やフィールドマスターを危険に晒すなどトラブルを起こします。 また、不測の事態で危険な状態にも関わらず、新たな身勝手な行動で問題を大きくするような行動を取ろうとする節も...。 謝らない 自分が身勝手な行動を起こして周りを危険に晒しても、場当たり的な行動でさらに仲間に迷惑をかけようとするだけで、 謝るシーンはありません。 問題が収束した後も謝ることは無く、後日その件に触れることもないまま、彼女は元気にハンターさんの支給品を漁っています。 反省しない 謝らないうえに反省もしません。 もはや期待もしてないですが 自分の問題行動を反省し、次に活かして成長する様子もないまま、彼女は今日も元気にハンターさんの支給品を漁っています。 問題原因を理解していない 自分の 興味本位で、非戦闘員が歩いてはいけないような危険な「瘴気の谷」をハンターさんの制止を振り切って丸腰でズカズカと勝手に進み、オドガロンに遭遇した受付嬢。 それを助けたフィールドマスターが死ぬか生きるかの場面に陥っている時も、 落ち込む様子もなければ悪びれる様子もなく「助けなきゃ!」などと言って、1人で勝手に丸腰で助けに 足手まといに 行こうとします。 そもそも 自分のせいでこうなっていると理解していたら到底できない行動であり、反省や謝罪がないのも納得です。 唐突の「相棒」呼びなど距離の詰め方がウザい これもプレイヤーの誰しもが思ったであろう部分ですね。 仲が深まる描写や打ち解けていく様子、相棒と呼ぶに至った経緯など、何も無しで数クエストこなした途端いきなり「相棒!」と言ってきます。 プレイヤーが全然ついていけない中「相棒」という単語を至る所でゴリ押ししてくるうえに、イチイチ溜めて言ったり強調して喋るため耳にも煩わしく「ぅ、ウザい... 前述の「瘴気の谷」での振る舞いなどのヘイトが解消されないままこのポイントに来ることになり、素直にストーリーを進めていても何度も聞かされる羽目になるうえ、装備作成のためにクエストを周回していた人などは、相当な回数聞かされるセリフになります。 ここに関しては システム上の欠陥なので受付嬢のせいではありませんが、ヘイトがたまりにたまったうえで永遠受付嬢のセリフを聞くことになるので、プレイヤーにはストレスがかかりやすいポイントであり、受付嬢もまた余計なヘイトを買うことになるポイントだと言えますね。 支給品を勝手に漁る 受付嬢は食べ物が大好きで、拠点でも常に食べ物を食べながら本を読んでいます。 好奇心が旺盛で食べ物に目が無い性格なので、ハンターに支給された支給品も、1人になると思わず美味しいものがないか物色してしまうわけです。 「失敗する、周りを巻き込む、謝らない、反省しない、馴れ馴れしい、うるさい」+ 「命懸けの仕事している人の支給品を物色する」。 というか、 そもそもストーリーの描写が薄すぎて受付嬢に全然相棒感もなく助け合ってる感がないのも悪いと思います。 プレイヤーが受付嬢に対して感情移入できるだけの演出をしていこなかったのに、いきなりこういう演出は開発側とプレイヤーの温度差を感じた人も多いのではないでしょうか。 演出の疎さは開発も大いに反省して欲しい。 描かれないだけで色々サポートはしてくれてるんでしょうが...。 このセリフを言わせるならもっと受付嬢の活躍にフォーカスしたシーンがあった方が良かったと思いますね。 そもそも、 個人の好みはあれど発売前の発表の時点では受付嬢はそこまで不評な存在ではなく、比較的受け入れられていた存在でした。 つまり見た目などではなく中身や演出の問題ということですね。 それを踏まえた改善案達です。 それに比べ、 ウィッチャーコラボはライターがコラボ先の担当者なのか、ストーリーやキャラの掘り下げが好評で受付嬢も叩かれることなく終わりました。 このことからも、キャラクターの個性やストーリーの大筋が悪いわけではなく、セリフ回しに大いに問題があると思って良いと思います。 セリフを考えてる人が勝手に盛り上がって「これ面白いだろ!」と書いている節があり、聞かされてる方は冷めている状態ですね。 開発チーム内で指摘できる人がいないのか、これがMHW上では頻発しています。 旧モンハンシリーズのように声が無かったり、そもそもキャラの掘り下げやストーリーがあってないようなものだったから成り立っていたMH独特のセリフ回しを、声付きで映画のようなスケールのストーリーを作るとなった今作でもそのまま使っては駄目だった、というのが問題の本質でしょうか。 セリフ回しを全体的に改善すれば、それだけで違うと思います。 改善案2:役にたっている描写を入れる 描写不足ははセリフ回しと同じくらいMHW全体の大きな問題だと思いますが、これは受付嬢個人に焦点を絞っても同じことが言えます。 やや極端な話ですが、お互いの協力のもと死地を抜け出したり、「相棒」と呼び始めるだけの働きをしてくれている描写があったうえで「相棒」と言い始めるなら、プレイヤーだって「は?」とはならないわけです。 MAPへの情報の書き込みなどの作業を受付嬢が担当してくているのは勿論知っていますが、明らかに描写不足です。 相棒やヒロインのような扱いをするわりにはトラブル起こす描写以外はその他NPCと同程度しか活躍しません、相対的にトラブルのシーンばかりが記憶に残り、そのうえでヒロインのようなセリフを言ってくるため、プレイヤーから反感を買うのも当然です。 完全にセリフと演出を考えるチームの連携不足ですね。 改善案3:出しゃばりを抑える 「瘴気の谷」でのイベントシーンなどは置いておいても、 色んな場面に顔を出し過ぎている感もあります。 いわゆる開発からのゴリ押しです。 実際の人気はそこまで無いのに、 事務所にゴリ押しされまくって歌にCMにドラマにバラエティに出まくっている女優やアイドルが嫌われるのは皆さんご存知かと思いますが、つまりその状態ですね。 主人公と同格のようにここまでゴリ押すなら、前述の通り役に立っている場面や有能さが伝わる描写をもっと追加するべきでしょう。 改善案4:悪いことをしたら謝る こんなことをゲームのキャラに言うのも嫌なんですが... プレイヤーの趣味嗜好を無視して選択の余地なく主人公と勝手にペアとしてずっとゲーム内でついて回る存在なわけですよね、今回の受付嬢 編纂者 は。 ここまでゴリ押すなら成長していく姿は必須だと思います。 総合改善案:開発はセリフや演出周りを見直すべき 嫌われるキャラクターにするつもりで作ったわけじゃないものが、世の中に出したら超嫌われたというのは、非常に大きな問題だと思います。 開発はプレイヤーの心情や世の中の感覚とずれているということですからね。 こういった部分の見直しが行われないでいると、どんどんズレは大きくなってゲームシステムにも波及して最終的にはシリーズが終わるのも良くある話です。 まだ「モンハンのストーリーをまともに作ったのは初めて」という言い訳が通じる間に素直に失敗を認め、 開発体制や担当の変更、テストプレイヤーからの意見に素直に耳を傾けるなどの企業努力をしていかないとダメだと思いますよ。 終わりに 個人的な話をすると、私の中では受付嬢は「ちょっと嫌い」くらいの存在です。 わかってくれる人も多いのではないでしょうか 笑。 受付嬢がこうも嫌われたのは、色々な要因が絡み合って掛け算のようにヘイトが拡大したためです。 実は「瘴気の谷」での一件以外はたいした問題行動は起こしていない受付嬢なので、このまま嫌われ役というのはちょっと可哀想な気もします。 せっかく素材は良いキャラクターなので、描写の追加や言い回しの変更、ゴリ押しを抑えるなどして改善していってほしいですね。 Potonoi.

次の