薬物 芸能人 俳優。 【覚醒剤】ネットで話題の近日逮捕されそうな芸能人【山田孝之・永井大・中井貴一など】

ピエール瀧に続く「薬物芸能人」の“名前”リストを一挙公開する!

薬物 芸能人 俳優

現在、大物俳優Xが逮捕されるのでは、という噂でもちきりですが、新たに浮上した 超有名女優Aや、組対5課が 内偵しているという5人について書いていきたいと思います。 仮想通貨(暗号通貨)のトレードならココ!!無料で試せるうえにSkypeグループで管理人さんや会員同士の情報交換もできます。 マトリが狙っているのは超有名女優A? 警視庁組織犯罪対策第5課と厚生労働省が管轄する麻薬取締部はいわばライバルだそうで、情報を共有する可能性は低いようです。 なので、今回の高知容疑者の逮捕は、清原が暴露したわけではないようです。 そんな麻薬取締部(マトリ)の捜査線上に浮上したのが、 超有名女優Aだと言われています。 薬物疑惑がある芸能人のなかに、一度も名前があがったことがないそうで、完全にノーマークだったんだそうです。 しかも、夫婦で薬物に手を染めているのではないかと言われています。 超有名女優Aの夫は日本を代表する芸能人だそうで、ある芸能人御用達バーで、合成麻薬のMDMAを摂取していたという情報まであるんだとか。 それと、この超有名女優Aですが、名前があがった理由として、別の情報もありました。 同じ人物かは定かではないのですが、元カレと高知容疑者が親しかったから、というものです。 その元カレは、裏社会ともそれなりのパイプがあって、過去に薬物事案で逮捕されたこともあるそうです。 こちらの情報では、実際に超有名女優Aに対して捜査が行われているのかというと、そういうことはなく、現行犯逮捕できるほどの動きは見せていないそうです。 逮捕されれば、日本中が激震するほどの人物だそうですが、今のところ逮捕される可能性は低そうです。 その5人とは一体誰なのでしょうか。 まず一人目は、やはり以前から噂されている、 ミュージシャンN。 清原にクスリの調達を頼んだこともあるというNは、組対5課が事情を聴きたいと任意で呼び出したそうですが、「俺は関係ない」と断ったそうです。 捜査に非協力的だったNの身辺や、愛人と噂されたモデルの自宅までマークしているそうです。 これは長渕剛と、モデルの冨永愛だと言われています。 二人目は、 元プロ野球選手H。 PL学園の先輩・後輩で、清原にはずいぶんかわいがってもらったようです。 以前は清原と同じく、夜の銀座を肩で風を切って飲み歩いていたそうですが、清原の逮捕後は銀座から姿を消したそうです。 日サロ通いをして肌も黒いので、 橋本清だと言われています。 ミュージシャンNと元プロ野球選手Hは、清原から押収した携帯電話に、通話履歴が頻繁に残っていたんだそうです。 三人目は、 銀座のクラブのママ。 5年前に清原との不倫が噂され、常習者とみられているようです。 清原の逮捕後はお店を休んでいるそうです。 四人目と五人目は、 関東連合の関係者。 覚せい剤の密売人とみられているようです。 六本木襲撃事件以降、警視庁が準暴力団と認定し、事実上壊滅したとの情報もあるそうですが、関係者らの薬物密売が後を絶たないんだとか。 さらに、未解決の殺人事件も何件か残っているそうで、捜査1課(殺人)と組対5課(薬物関連)が情報交換をしながら、異例の合同捜査を続けているそうです。 殺人事件と違法ドラッグの捜査線上にNの関係者が浮上したからだそうで、Nへの疑惑はさらに深まったのでしょうか。 さすがにこの5人は、清原の逮捕で警戒しているのか、なかなかシッポを出さないようです。 清原以上に時間がかかっても、この5人の中から逮捕者がでるのか、続報を待ちたいと思います。 スポンサーリンク.

次の

人気スタイリストが違法薬物で逮捕!捜査線に浮上した人気俳優の素性とは?(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

薬物 芸能人 俳優

3月12日、テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧容疑者が法律違反の薬物を使用した容疑で厚生労働省の捜査当局、いわゆる「マトリ」によって逮捕され、いまだに、その様々な波紋がニュースとして取り上げられている。 瀧容疑者の逮捕によって、ルートが明かされ、芋づる式の逮捕はあるのだろうか。 違法薬物に手を染める芸能人たちは戦々恐々としていることだろう。 そんな中、関係者たちが口をそろえて「危ない」と名前を上げているのが、多分野でマルチに活躍する性格俳優Hである。 「未確認ながら、実は瀧の逮捕と前後して、Hの運転手が瀧容疑者の逮捕容疑となったのと同じ種類の薬物の使用で逮捕されたとの情報が流れているんです。 Hはすぐに運転手をクビにし、みずからに火の粉が降りかからないよう焦っていたとも聞いています」(飲食店関係者) バラエティでも活躍し、数多くの作品に出演するベテラン俳優Sについて、芸能プロ関係者はこう話す。 「現場をドタキャンするなど、奇行が目立ちますが、シャブ常用の噂が根強いです。 いつも目がギラついていますよね。 実は業界にも顔が利く妻がドラッグの回し役だと言われ、16年に高知東生(54)が捕まった際には供給源として疑われたことがあったほどです」 一方、あの超有名人が夫婦そろって瀧容疑者の逮捕容疑となったものと同じ種類の、植物由来の薬物をキメているというとんでもない情報がもたらされた。 なんと情報源は現役のヤクザ関係者だ。 「ヤクザの間じゃ有名な話だよ。 歌も歌って女に支持されてる俳優のHだ。 女優の妻は結婚後、あまり表舞台に立っていないけど、一緒に手を出してるって。 同じルート上には、夫婦ともにミュージシャンのT夫妻の名前も挙がってる。 パクられたら大騒ぎだろうな」 このほかにも、4月2日発売の週刊アサヒ芸能4月11日号では、捜査員が追う薬物芸能人のイニシャルが乱れ飛ぶ。

次の

人気スタイリストが違法薬物で逮捕!捜査線に浮上した人気俳優の素性とは?(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

薬物 芸能人 俳優

紅白出場経験のある女性歌手Aにも薬物使用疑惑が浮上しているという。 加えて、違法薬物の取り締まりを行う組織マトリ(厚生労働省地方厚生局麻薬取締部)や組対5課(警視庁組織犯罪対策5課)はさらなる大物をマークしているとの情報もある。 その中でも捜査当局が注目しているのが、「NHK紅白歌合戦」に出場経験のある歌手「A」だ。 Aは過去に薬物使用の噂がたったことはなく、女性を中心に幅広い支持を集める人気歌手。 切々とした歌い方でヒット曲も多く、代表曲はカラオケランキングで上位に入っている。 捜査関係者はこう語る。 「槇原の逮捕を受けて、複数の芸能人が芋づる式に逮捕される可能性が出てきています。 組対5課の捜査関係者の間で具体的に名前が挙がっているのは、大御所バラエティータレントのB、大物男性歌手のC、オネエタレントのD。 しかも薬物を仕入れているのはBで、Cは自宅を薬物パーティーの会場として提供することもあるそうです」(捜査関係者) マトリが追うのは、人気ハーフタレントのEだ。 「六本木を中心に、幅広く飲食店を展開する男性経営者をマークしている。 彼は飲み会と称してドラッグパーティーを開催しているようで、そこに頻繁に出入りしているのがE。 テンションが一瞬でぶち上がるコカインを好み、トイレで使用するからか、テレビ番組の収録前は、トイレが長いことでも有名です」 逮捕間近といわれているのは芸能人だけではない。 有名大学のミスコン出身者で、フリーアナウンサーに転身し、現在もレギュラー番組を持つ人気女子アナウンサーのFもその1人だ。 「その人物が薬物の売人だったため、組対5課は携帯電話の履歴や無料通信アプリなどを解析。 Fがその売人と頻繁にやり取りしていたことが判明したそうです。 その後も徹底的にマークを続けていて、タイミングを見計らって逮捕に踏み切るはず」(前出・捜査関係者) テレビ関係者の間でも、Fは生放送の前日に、夜遅くまで繁華街で遊んでいると有名なのだとか。 ただ、所持(保管)するのを徹底的に嫌うんです。 必要なときに、吸いきれる分だけを届けてもらうスタイル。 何度も届けにいったけど、玄関先に受け取りにくるのはいつもGだった。 大麻を自宅に隠しているわけじゃないから、逮捕はされないとタカをくくっている感じだった」 逮捕されるケースは氷山の一角。

次の