田中 久重。 田中整形外科医院|静岡県浜松市中区板屋町(浜松駅・アクトシティ前)の整形外科・リハビリテーション科

田中久重

田中 久重

田中久重の太鼓時計をモチーフにした「からくり太鼓時計」 JR久留米駅前に「からくり太鼓時計」とよばれる大きな時計が設置されています。 正時には文字盤が回転し、なかから老人が登場、自分が考案した作品の一部を紹介してくれます。 この老人は、久留米出身の発明家・田中久重。 後に「からくり儀右衛門」として名をなす人物です。 今回は、この「からくり儀右衛門」を中心に、日本のカラクリ技術が産業化するまでを追っかけます。 日本のからくりの起源は不明ですが、一般に最古の記録は『日本書紀』658年に出てくる「指南車」だとされています。 これは車につけると、常に南を指す木造の装置で、中国から伝来したものです。 カラクリだと思われる最古の図版は、1090年頃に書かれた大江匡房(まさふさ)の『傀儡子記(かいらいしき)』で、ここに人形を使う芸人が登場しています。 国会図書館『傀儡子記』より 12世紀前半に成立した『今昔物語』巻24には、カラクリ細工に関する話が2つ記録されています。 《今は昔、桓武天皇の子供に、細工に巧みな高陽親王(かやのみこ)という方がいた。 ある年、干ばつがひどく、自分が建立した京極寺の田んぼも、苗がみな赤茶けて枯れそうになった。 そこで、高陽親王は、両手に器を持っている高さ4尺(1. 2m)ばかりの子供の人形を作り、田んぼの中に立てた。 人形の器に水を入れると、手が動いて顔にその水をかける仕組みで、人々は面白がり、ついに京中の人々が列をなすようになった。 こうして、田んぼに水が一杯になり、その田はまったく干ばつの被害に遭わなかったという》 《今は昔、飛騨の工(たくみ)という比類なき大工がいた。 あるとき、飛騨の工は友人の百済川成という絵師を自宅に招いた。 家には一間四方のお堂があり、東西南北4面の戸がすべて開いている。 川成が南側の戸から入ろうとすると、戸がバタンと閉まってしまった。 驚いて西側の戸から入ろうとすると、その戸も閉まり、さっきの南の戸が開いた。 今度は北側から入ろうとすると、やはり戸は閉まって、西の戸が開く。 こうして、堂の縁をぐるぐる回って何度も入ろうとしたが、どうしても入ることができなかった》 江戸時代になると、からくりは大きく発展しました。 オランダ人に好評を博した「竹田のからくり」 (国会図書館『摂津名所図会』より) その後、芝居小屋で山本飛騨掾(ひだのじょう)、伊藤出羽掾(でわのじょう)などの「手妻人形」が大ブームとなりました。 これは糸を引いて、表情を変化させたり、早替わりさせたりできる人形のことで、人形浄瑠璃の元祖です。 なお、カラクリとは「糸を引っ張って動かす」という意味の「からくる」が語源だとされています。 からくり技術が発展したことで、からくりに関する本も誕生します。 有名なのが2つあり、1つは1730年に刊行された『璣訓蒙鑑草(からくりきんもうかがみぐさ)』で、「錦竜水」「陸船車」「異竜竹」「唐人笛吹き」など、当時の代表的な仕掛け約30種類が紹介されています。 そして、たとえばとんぼ返りを3回行う「三段がへり(返り)かるはざ(軽業)人形」については、腰の部分に入っている水銀の移動によって実現できる、などと書かれています。 とんぼ返りする人形の構造 (国会図書館『拾珎御伽璣訓蒙鑑草』より) もう1つは、1796年に細川頼直が刊行した『機巧図彙(からくりずい)』です。 9種類に及ぶからくり人形の構造が図解されています。 『機巧図彙』には、西洋渡来の機械時計から発展させたの機構も記されています。 実は和時計の歴史は古く、1551年、フランシスコ・ザビエルが大内義隆に「自鳴鐘(じめいしょう)」を献上したというのが最初の記録です(『大内義隆記』)。 また現存する最古の伝来品としては、1611年、スペイン国王フェリペ3世から徳川家康に贈られたゼンマイ時計(1581年製作)が久能山東照宮に伝わっています。 さて、こうした日本のカラクリ史を集大成したような人物が、幕末に登場します。 それが田中久重、いわゆる「からくり儀右衛門」です。 田中久重は、1799年、久留米のべっこう細工師の息子として生まれました。 1807年、数え9歳のとき、自分にしか開けられない硯箱を作ります。 カギを使った仕組みだと想定されますが、田中以外は誰一人ふたを開けることができず、評判となりました。 15歳で久留米絣の模様作成機を作るなど、子供のときから発明家として名が知られていました。 1837年には、圧縮空気で灯油を補給する灯明「無尽灯」を考案しています。 無尽灯(右)と消防ポンプ(国立科学博物館) 20代の頃から、田中は江戸や京都でカラクリ興行を行いました。 1859年、このカラクリ興行を実際に見た人物の証言が残されています。 「私が13歳のとき、加藤清正公の大祭が行われていた熊本・本妙寺で、儀右衛門さんのカラクリ興行を見ました。 八つ橋の上でコマがたくさん回転しているもの、タバコの煙(蒸気)の上で大きなコマが回っているものなど珍しいのばかりでしたが、一番人気は『茶酌人形』でした。 人形は2尺あまりの娘姿で、手に茶盆を持って登場してくる。 盆の上には2、3の茶碗が載っていて、見物人がお茶を飲んで戻すと、人形はしずしずと元へ帰って行くので大変驚きました。 楽屋裏を見たら、蒸気、ゼンマイ、水などを使っていました。 蒸気は、風呂桶のようなものから管を通して送っていて、この風呂釜を、大の男が一生懸命にウチワであおいでいました。 ゼンマイは、十文字に組んだ木を2人の男が汗を流しながら回していました」(与子田治子さん、『田中近江大掾』による) この茶運び人形は、最も有名なカラクリで、『機巧図彙』に構造が紹介されています。 制作:2015年11月2日 <おまけ> 『機巧図彙』の序文には「夫(それ)奇器を製するの要は、多く見て心に記憶し、物にふれて機転を用ゆるを尊ぶ」とあり、発明には絶えざる注意と機転が必要と説かれています。 田中久重は、弟子入り希望者が来ると、まずは円と四角の2図を描かせ、そのできばえによって採否を決定したそうです。 そして、弟子が失敗すると、最初は丁寧に教えましたが、2度めは見込みなしとして見放すのが常でした。 田中は後にこう語っています。 「私は常に工事のことしか考えていない。 夜は工事の工夫を考え、昼はその工夫を試し、食事時や飲酒時もひたすら考え続ける。

次の

田中久重(たなかひさしげ)はどんな人?Weblio辞書

田中 久重

へ移動します。 大江戸からくり人形 江戸、からくりの時代 からくり人形の指南書ともいえる細川半蔵作の機巧図彙には、「茶運び人形」はじめ9種の設計図、製作の手順が載っています。 多くの図を駆使し、微に入り細に入り丁寧に解説しているこのような本は、当時、世界的に例がありませんでした。 日本人の機械工学における先進性を証明しているとも言えます。 江戸時代は、機巧図彙に登場する人形のほか、「酒買い人形」や「人力飛行機」、「弓曳き童子」といった様々なからくり人形も製作されました。 こういったことから江戸時代は日本人にとっての機械工学の発祥の時代「からくりの時代」と言うことができるでしょう。 細川半蔵をはじめ、江戸時代からくり人形に関わったとされている人々が以下の地図のように全国にいました。 彼らは創意工夫を重ね、日々奮闘していたようです。 江戸からくりの最高峰・弓曳童子の制作者「田中久重」 のちに弓曳人形の制作者となる田中久重は、江戸時代末期に筑後国のべっこう細工を家業とする家の長男として生まれました。 べっこう細工は、そのほとんどに金属細工がほどこしてあり、べっこう細工職人=金属細工にも長けた職人でもありました。 後の精密機械の製作にも通じる金属細工の技術に、久重が幼い頃から接することができた点が、少なからず彼の進む道に影響を与えたと言えるでしょう。 久重の子どもの頃のエピソードとして、硯箱に容易に開かない鍵を細工したという話が伝えられています。 既にこの頃から、後に彼が「からくり儀右衛門」と呼ばれる資質を表していたのではないでしょうか。 久重と「からくり人形」との出会いは、自宅近くの五穀神社の例祭だったと言われています。 からくりの仕組みに魅せられた久重は、自らのからくりを考案・作成し、いつしかそのことが町人に知られるようになりました。 彼が「からくり儀右衛門」と呼ばれるようになったのはこの頃からのようです。 また庶民の娯楽として、からくり興行師が町々を渡り歩いている時期でもあります。 このような日本独自のからくり人形に触れる機会が多い時代に久重が育ったことも、彼が後に「弓曳童子」などの高度なからくり人形を産み出すきっかけの1つとなったのでしょう。 からくり人形の虜となった久重は、本来長男として継ぐべき家業のべっこう細工から遠のいてしまい、家業は久重の弟が継ぐことになりました。 家業を弟に任せた久重は、技術修行のため筑後を去り、からくり人形の技術の他、無尽灯や万年時計、後の蒸気船の開発にも関連する気砲といった技術を身に付けることとなりました。 晩年の久重は、日本初の蒸気船などの数々の開発に携わり、明治期に入ると、現在の「東芝」の前身となる田中製造所を設立しました。 からくり人形に魅せられた「からくり儀右衛門」は、からくりの技術を追求するにつれ、様々な興味惹かれる技術と出会うことになりました。 その結果、元来の探究心に豊富な技術力が加わり、からくり師としての才のみならず、日本の近代科学技術の発展に大きく貢献した人物になったと言えるのではないでしょうか。 参考文献:「からくり儀右衛門~東芝創立者田中久重とその時代~」(ダイヤモンド社) 現代のからくり師「九代玉屋庄兵衛」 江戸時代の職人の技を今に伝える現代のからくり師が、今作の監修者でもある九代玉屋庄兵衛氏です。 田中久重作の「弓曳童子」は、動力に真鍮製のぜんまいを用い、人形の動きは数枚のカムに連動する糸によって巧みに制御されているとても複雑なものです。 この機巧をそのまま使うと、一般の方には作成が困難な高レベル高価格のキットになってしまいます。 一般の方に作っていただける範囲で再現するために、からくり人形を知り尽くしている九代玉屋庄兵衛氏に監修をお願いしました。 本物のもつ複雑な機巧や動きを残しつつ簡単な機構や調整にするには、単に素材を代えたり簡略化するだけでは再現できません。 現存するからくり人形の修理や新作の開発に常に携わる九代玉屋庄兵衛氏の技術が、現代にからくり人形の素晴らしさを伝えていると言えるでしょう。 意外に古い「からくり人形」の歴史 「からくり人形」は、江戸時代のものというイメージが強いですが、歴史は意外に古く、すでに平安時代末期の「今昔物語」に記述を見ることができます。 また、日本には古くから木偶師(傀儡師)と呼ばれるあやつり人形師がおり、大道芸の一種、時によっては神事として人形を使う技と技術がありました。 これに、 16世紀に入ってきた西洋の時計技術から生まれた和時計の技術が組み込まれ、「からくり人形(自動人形)」として、江戸時代に昇華したと考えられています。 「機巧図彙(からくりずい)」とは 現存する唯一のからくり人形指南書にして日本最古の機械工学書「機巧図彙」。 作者は土佐にこの人ありと言われた「からくり半蔵」こと細川半蔵頼直でした。 機巧図彙には,当時秘伝とも言えるからくり製作のノウハウが詳細に記述されています。 「茶運び人形」以外にもいろいろなからくりの設計図、製作の手順が載っており、多くの図を駆使し、丁寧に解説しています。 このような本は、当時は世界的にも例がなく、日本人の機械工学における先進性を証明しているとも言えます。 「機巧図彙(からくりずい)」の精神 「機巧図彙」の序文には以下のように記されています。 「夫奇器を製するの要は 多く見て 心に記憶し 物に触て機転を用ゆるを学ぶ。 (中略)此書の如き 実に児戯に等しけれども 見る人の斟酌に依ては 起見生心の一助とも成なんかし。 (機械を作り出すために大事な点は、多くの物を見て心にとどめ、また実際に物を触って確かめ、ヒントを得ることだ。 この本にのっていることは、子供の遊びにすぎないかもしれないが、見る人の心構えによっては、そこから何かを得、発明のきっかけにもなるはずだ。 )」 江戸時代、科学技術者としての名声を上げながら、あえて玩具のごときからくりの技術に着目した精神はこの一文に要約されているといえるでしょう。 例え玩具であっても、技術者として何か学びとろうとする意欲と目があれば、偉大な発見、発明につながることを、半蔵は喝破していました。 その技術者としての確かな目は、時代を越えて、「モノ作り」の本質を見通しているといえるのではないでしょうか。

次の

明治の発明家、田中久重(東芝創業者)の作品がスゴイ!子孫や東芝未来科学館の場所は?【先人たちの底力】

田中 久重

仕事で悩んだり、壁にぶつかったり。 そんな皆さんに大きなヒントをくれるのが、歴史上の人物の様々な知恵です。 苦手な上司への対処法から、部下を上手に指導するコツ、そして新規プロジェクト成功の秘訣まで。 当店「知恵泉」では、明日からの人生に役立つ知恵をたっぷりとご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。 今回のテーマ・人は、 田中久重 日本で脈々と受け継がれてきたものづくりの系譜をたどると、 江戸時代に原点となる人物を見出すことができる。 それが、鎖国制度の厳しい江戸時代に西洋の機械を巧みに応用した発明家、田中久重だ。 彼には、時代が求めるものに積極的に応えるという技術者としての意地があった。 伝統的な技術を生かしながらも、最先端の技術を取り入れ、からくり人形から時計や灯具、蒸気機関に至るまで、あらゆる有用品を考案し、生み出した。 こうした先駆者の努力があったからこそ、明治以来の日本の技術の近代化が驚くべき早さで進展した。 創意工夫によって時代の要求に応えた天才技術者の姿勢は、急速に進化する現代の技術との付き合い方をも教えてくれる。 【放送日時】12月25日(火)22:00~22:45/再放送 1月8日(火)昼12:00~12:45 【出 演】麻木久仁子 鈴木一義(国立科学博物館産業技術資料情報センター長) 浜野慶一(浜野製作所 代表取締役) 【司 会】新井 秀和(NHKアナウンサー) 再放送のお知らせ 2019年8月27日(火)22:00~22:45/9月3日(火)昼12:00~12:45 NHK Eテレ 2020年3月31日(日)22:00~22:45/4月7日(火)昼12:00~12:45 NHK Eテレ.

次の