尖 圭 コンジローマ。 【医療監修】尖圭コンジローマとは?症状と治療法、妊娠中にかかった場合のリスク [ママリ]

尖圭コンジローマ|厚生労働省

尖 圭 コンジローマ

この病気は治るのでしょうか? また薬があると聞きましたが、どのようなものなのでしょうか。 A:はい。 お答えします。 尖圭コンジローマは、性行為により感染する性感染症の一つです。 性感染症の中でも、クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症に続いて報告が多く、全国で3. 9万人の患者がいるといわれています(2002年日本における性感染症サーベイランスより)。 他の性感染症と同様に、10代後半から30代、特に20代に多く見られます。 ウイルスに感染してからすぐにイボができるわけではなく(平均3ヶ月程度)、感染源を特定することが困難な場合もあるようです。 HPVに感染してすぐにイボができるわけでなく、感染してからおおよそ3週間~8ヶ月ぐらいとウイルスの潜伏期間の後、イボができてきます。 このイボは、性器や肛門のまわりにでき、かゆかったり痛むこともありますが、自覚がほとんど無くあまり何も感じないことが多いようです。 これは尖圭コンジローマではありません。 (区別が難しいようでしたら医師にご相談ください。 ) また、尖圭コンジローマのイボの色は白やピンク、茶褐色、黒っぽいこともあります。 多くは、1~3mm程度の小さなものですが、大きくなることもあります。 そして、形は、乳頭状のものや鶏のトサカ、カリフラワーのような形のものと様々です。 コンドームで予防することは可能ですが、性器の周辺や肛門付近に疾患が見られる場合など、予防できないことがあります。 参考: 尖圭コンジローマの治療法 尖圭コンジローマの治療は、薬または、外科的治療が主になります。 外科治療は、尖圭コンジローマを物理的に取り除く手術による治療で、液体窒素による凍結手術、電気焼灼手術、レーザー光線蒸散手術などがあります。 これらの外科手術は保険適応にもなっておりますが、患部が広いと特に痛みや再発の懸念がありました。 そこで、薬での治療も併用されることがあります。 薬での治療は、DNAの生成を阻害する抗がん剤で使われる塗り薬を使うことがあります(5-FU軟膏(協和発酵)、ブレオS軟膏(日本化薬))。 また、抗ウイルス剤などを使うこともあります(これらは保険適応外)。 また、2007年12月10日には、保険適応の尖圭コンジローマ治療薬としてベセルナクリーム5%(一般名:イミキモド(持田製薬)が発売されました。 なお、患部の範囲や重症度、治療方法、薬によっても異なりますが、治療費の目安は、保険適応の自己負担額として5,000円から8,000円ぐらいだと思います。

次の

尖圭コンジローマ・HPV

尖 圭 コンジローマ

尖圭(せんけい)コンジローマは、STD(性感染症)の一種で、性器とその周辺にイボができる感染症です。 尖圭コンジローマの患者数は、STDの中で最も多い「性器クラミジア感染症、淋菌感染症、性器ヘルペスウイルス感染症」に続いて多いとされています。 厚生労働省による報告数は、2009年には3,190人でしたが、2014年には5,687人が報告され、他の性感染症に比べて患者数の減少率が少ないことが注目されています。 尖圭コンジローマは、セックスの経験がある人なら誰でも感染、発症する可能性があり、主に10代後半~30代の若い世代を中心に見られます。 尖圭コンジローマの患者さんのうち、 男性のピークは25~29歳、女性のピークは20~24歳で、男性より女性の方が少し低年齢で感染する傾向があります。 日本はコンドームの使用率が低い 尖圭コンジローマの患者数が減少しない理由の一つに、コンドームの使用率が低いことがあります。 日本はコンドームの生産大国として知られていますが、使用率はわずか42%で、世界ワースト3位という結果が出ています。 尖圭コンジローマという病名の知名度はあまり高くないのですが、誰にでも発症する可能性があり、発症するとなかなか治りにくく、病気の質も悪化しているといわれています。 発症初期からの治療が大切になる為、尖圭コンジローマの特徴から治療法までを知っておきましょう。 尖圭コンジローマの原因は、ヒトパピローマウイルス:HPV(Human Papilloma Virus)というウイルスによる感染症です。 尖圭(せんけい)とは先がとがっているという意味で、尖圭コンジローマは、性器や肛門の周りに、とがったイボができることが特徴です。 HPV(ヒトパピローマウイルス)には100種類以上の型があり、皮膚に感染する型と、性器や粘膜に感染する型に大別され、尖圭コンジローマは、主に 性器や粘膜に感染する「HPV6型と11型」によって引き起こされます。 HPVは性交歴を持つ女性の60~80%は、 一生のうちに一度は感染するといわれるありふれたウイルスなのです。 尖圭コンジローマの原因ウイルス(HPV)には良性と悪性がある HPVのほとんどの感染は一過性で、免疫力によってウイルスを消滅させますが、尖圭コンジローマを引き起こすHPVには、良性と悪性があります。 また がんの発症までには数年~10数年の長期間かかり、その間は自覚症状がない場合が多いため、気付かないことがあります。 尖圭コンジローマ自体は低リスク型とされていますが、 高リスク型にも同時感染していることもあります。 HPVはありふれたウイルスですが、特に子宮頸がんは、20~30代の女性に最も多いがんのため、感染は軽視できないものです。 子宮頸がん早期発見が重要となるため、定期的に婦人科検診を受けることをおすすめします。 尖圭コンジローマの感染は「あらゆる性行為」 尖圭コンジローマは、 皮膚や粘膜にある小さな傷からウイルスが侵入して感染・発症します。 主な感染経路は、 あらゆる性行為(セックス、アナルセックス、フェラチオ、クンニリングス)とその 類似行為で感染します。 セックスで皮膚や性器が擦れ合う時に、目に見えない小さな傷が付き、ウイルスが侵入してしまうため、外陰部にアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎などがある場合は特に感染しやすいため注意が必要です。 また、口に関してはとても無防備なため、オーラルセックスにより 咽頭(のど)に感染することがあり、悪性HPVだった場合は、 口腔がんを発症させる可能性があります。 このように、尖圭コンジローマの 感染経路はほとんどが性行為による感染ですが、まれに銭湯やサウナなどで感染することもあります。 また 母子感染で新生児への感染もあり、赤ちゃんの咽にイボができる「再発性呼吸器乳頭腫症」を引き起こし、呼吸困難になり命に関わることがあります。 妊娠中の場合は、分娩までには完治させることが必要です。 尖圭コンジローマにいつ感染したか分からない人がほとんど! 尖圭コンジローマはウイルスに感染しても、すぐにイボなどの症状が現れるわけではありません。 尖圭コンジローマが発症するまでの 潜伏期間は3週間~8ヵ月(平均約3ヶ月)とされ、感染から発症まで比較的長くかかるのが特徴です。 その間はかゆみや痛みなど 自覚症状が無いため感染に気づきません。 尖圭コンジローマの患者さんは、いつ感染したか分からない人がほとんどです。 そのため病院で定期的に性病検査を受けることがベストですが、病院へ行く時間が無い方や抵抗がある方は、自宅で検査できる性病検査キットもありおすすめです。 パートナーが多いほどリスクが上がる 尖圭コンジローマは感染してもほとんど無症状の期間が長いため、 セックスパートナーが多い場合は、誰から感染したかも特定が難しい場合があります。 パートナーが増えるほど感染・発症のリスクが上がり、また自分が感染源になることも知っておく必要があります。 また尖圭コンジローマは、イボが現れるまで感染に気付かないため、知らずにウイルスを送り込み、 パートナーと同時に感染してしまうことが多い病気です。 尖圭コンジローマは「 パートナーの3人に2人は9か月以内には感染する」といわれています。 尖圭コンジローマは、イボに特徴があり、男性も女性も以下のような症状が出ます。 大きさは1~3ミリ前後~数センチまで様々• 先がとがって固く、ザラザラしている• 白、ピンク、褐色(黒っぽい茶色)など色も様々• イボは単発からどんどん増えてかたまりになることがある• いぼが増殖すると鶏のトサカやカリフラワーのような状態になることもある• 痛みやかゆみは無いケースがほとんど パートナーの症状も知っておこう 自分の症状と共に、パートナーの症状も知っておくことが大切です。 自分が尖圭コンジローマかもしれない時や、相手の症状に気づいた場合、言いにくいことかもしれませんが、どちらも悪化する前に、隠さず話して早期に対処することが大切です。 女性の症状が出る場所 女性の場合は、大小陰唇や腟前庭といった性器の外側、腟や子宮頸部など性器の内側にできます。 肛門周辺、肛門内、尿道口にできることもあります。 女性の場合は、たまたまお風呂で洗っている時にイボを発見したり、歩くときに違和感を感じて気づく人が多いようです。 特に女性は見つけにくいことがあり、放置してしまうケースがあります。 男性の症状が出る場所 男性の場合は、亀頭、冠状溝、包皮の内側・外側、陰のう、会陰(陰のうと肛門の間)にできます。 肛門周辺、肛門内、尿道口にもできることもあります。 男性の場合は、尖圭コンジローマと似た症状で「フォアダイス」というものもあり、小さなイボやブツブツができますが、フォアダイスは性感染症ではありません。 いずれにしても自己判断は難しいため、症状がある場合は医師に診てもらいましょう。 二次感染に注意 イボは肛門周囲、肛門内や尿道口にもでき、まれに、HPVが外尿道口から逆行して、膀胱内や直腸内にも発生することがあります。 またイボは接触によって出血しやすく、ただれや壊死を起こしたり、悪臭を放つこともあるため、イボの増殖には注意が必要です。 HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染しても、免疫力が高い場合は、イボが全くできず、1~2年でウイルスが自然に消えていくことがあります。 また、まれに男性でも女性でも、イボができても自然に消えていくことがあります。 ただしこのような自然治癒に期待してしまうのは大変危険です。 ウイルスはイボの周りの皮膚にも潜在しているため、 治療をしない限りイボはどんどん増え続けます。 イボが増殖すると治療が難しくなり、特に原因ウイルスが、 がんを誘発する 悪性HPVに感染している場合、放置すると大変危険です。 イボは 自然治癒を待つなど放置しないことが大切です。 尖圭コンジローマの治療法には、「 塗り薬による治療法」と「外科的(手術)な治療法」があります。 症状によって治療法は医師とよく相談しましょう。 塗り薬の治療は特有の用法を守る 尖圭コンジローマの治療薬として、世界中で使用されている「 ベセルナクリーム(免疫賦活剤:イミキモド)」という塗り薬を、直接イボに塗って治療します。 ベセルナクリームはウイルスの増殖を抑えて免疫を作り、ウイルスに感染した細胞を消失する作用をもっています。 ・1日1回、就寝前に塗ります ・塗った後は6~10時間を目安にそのまま維持 ・起床後に石鹸を使い洗い流します ・週3日、1日おきに塗ります(毎日続けて塗らない) ・8週間程度続けます(最長16週まで) このように、ベセルナクリームは使用回数や時間帯などの注意事項を守ることが大切です。 使用は自己判断でやめないようにしましょう。 ただし副作用として、患部の赤み、ただれ、腫れ、表皮のはがれ、痛み、色素沈着などが見られることがあるため、その際はすぐに医師に相談しましょう。 外科的治療(手術)はイボの状態により選択 外科的治療(手術)は以下のように、いくつかの方法があります。 麻酔はせず、液体窒素でイボを凍らせて除去する治療法。 局所麻酔をして、電気メスでイボを焼く治療法。 局所あるいは腰椎麻酔をして、炭酸ガスレーザーで蒸散させる治療法。 これらの外科的治療法は、 1度の治療では完治せず、数回の治療が必要となることもあります。 また痛みを伴ったり、方法によっては傷痕が残る場合もあるため、イボの状態により最適な方法を医師とよく相談しましょう。 尖圭コンジローマの患者の4人に1人は3ヶ月以内に再発?! 尖圭コンジローマは、患者の「4人に1人は3ヶ月以内に再発する」という再発率の非常に高い病気です。 最も再発の高い期間は3ヶ月以内で、治療を受けた人の25%が再発しています。 1度治療を受けて、6か月間で1度も再発が無ければ、ほぼ90%は完治と考えて良いとされていますが、まれに半年経過しても再発することがあります。 100%完治といえるのは、1年間で1度も再発がない状態になった場合と考えるのがよいでしょう。 再発防止のためには、 治癒後も3ヶ月は通院し、経過観察が必要です。 Q:病院はどこへ行けばいい? A: 女性は婦人科がオススメです。 婦人科であれば、膣や子宮頚部なども詳しく診てもらえます。 男性は泌尿器科、皮膚科へ相談しましょう。 性病科ではなくてもいいので、自分の行きやすい病院へ早めに受診することがポイントです。 また、尖圭コンジローマは、パートナーと一緒に感染している場合が多いため、 パートナーにも必ず受診してもらうことが重要です。 迷ったり放置したりすると悪化することがあるため、早めに医師に相談しましょう。 Q:治療期間はどれくらい? A:塗り薬や外科的治療など、 最初の治療期間はおよそ1~3ヶ月が目安です。 ただし尖圭コンジローマは、イボを取り除いたとしても周りの皮膚にウイルスが潜在していることがあるため、治癒してからもまた尖圭コンジローマを形成することがあります。 そのため、治療後も 最低3ヶ月は経過観察が必要です。 イボが目に見えなくても、再発防止のために病院に通うことが必要なため、 治療期間は最低でも6ヶ月は必要といえます。 自己判断で勝手に治療を中止することは、絶対にしないようにしましょう。 Q:コンドームで予防できる? A:コンドームの使用は効果的です。 セックスの際に必ず コンドームを正しく使用することが不可欠です。 ただし残念ながらイボが現れてひどくなり、肛門周囲まで広がっている場合は、 コンドームでカバーできない部分に接触して感染してしまう可能性があります。 感染している場合は、治療が完了するまでセックスは控えるべきでしょう。 その他、できるだけ不特定の相手との性行為を持たないことが大切です。 Q:ワクチンはあるの? A:女性の場合は、尖圭コンジローマや子宮頸がんを予防する「HPVワクチン」があり、定期接種の対象となっていましたが、ワクチン接種後に全身の痛みや運動障害などの健康被害が報告されており、厚生労働相は2013年から「 積極的な接種勧奨の差し控え」を通達し、2015年現在も引き続きとなっています。 Q:イボができていなければ検査しなくてもいい? A:パートナーのどちらかが発症したことに気づいた場合、自分だけこっそり治療しても、相手も感染している場合が多いため、 またセックスをすれば再感染してしまいます。 男性も女性も、セックスは相手があることのため、イボが発症していなくても パートナーと一緒に検査することが、予防にはとても大切です。 Q:日頃注意することは? A:性器にかゆみや痛み、ただれ、イボがないか、お風呂の時などに鏡を使って確認しましょう。 特に女性はイボができても見えにくいため、日頃から セルフチェックをしましょう。 尖圭コンジローマのウイルスは、免疫力が低下したときに活動が活発になるため、 免疫力を高めれば発症しにくくなるといわれています。 日頃から、過度なストレスや疲労をためないようにし、バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動など、健康的な生活を送るように心がけましょう。 さいごに 尖圭コンジローマは、なかなか気づかないことが多い病気ですが、症状が出た時に早めに治療を開始するか、そのまま放置してしまうかが大きなポイントです。 性感染症は、日頃からの感染予防が重要ですが、もしも症状が出た時には、ひとりで悩まないことが大切です。 性病科などには行きにくいこともあるため、女性は婦人科、男性は皮膚科や泌尿器科など、行きやすい病院へ早めに受診し、悪化しないためにしっかりと治療をすることが最も大切です。

次の

尖圭コンジローマは自然治癒する?症状・原因・治療法・薬について

尖 圭 コンジローマ

尖圭コンジローマはこんな病気 陰茎など性器の周辺に尖った形の小さないぼがみられるウイルス性の性感染症です。 一般的に初期の場合には、痛みやかゆみなどの症状がほとんどありません。 そのため、感染に気づかないことも少なくありません。 主にヒトパピローマウイルス HPV の6型と11型に感染することで生じます。 いぼの中にウイルスが存在し、感染者との性交の際に病変部と接触した皮膚や粘膜に感染します。 ウイルスの潜伏期間は人によってさまざまですが、感染の機会があってから数週間から数カ月といわれています。 尖圭コンジローマの症状 乳頭状、カリフラワー状、あるいは鶏冠 けいかん:鶏のとさか のような特徴的ないぼが、性器 陰茎の亀頭、冠状溝、包皮、膣など や肛門周囲などに認められます。 はじめのうちは、自覚症状はさほどありませんが、徐々に大きくなると痛みやかゆみ、時に出血などもみられます。 一般的には、上記の特徴的ないぼを確認するための診察が重要となります。 または、いぼを詳しく調べるPCR検査という遺伝子検査などが行なわれることもあります。 尖圭コンジローマの治療法 大きく分けて2通りの治療法があります。 1 クリームによる治療 イミキモド5%クリームという薬品を用います。 性器や肛門周囲のいぼの治療に適応があります。 一般的に、まずこの治療が可能かどうかを検討します。 なお、このクリームを実際に使用する際には、「塗った状態で性交を行なわない」などいくつかの守るべきポイントがあるので注意が必要です。 医師や薬剤師の説明を受けてから使用開始するのが大事です。 2 外科的治療 いぼが大きい場合などには、メスによる切除、レーザーによる焼灼・蒸散、液体窒素を用いた凍結療法などが行なわれます。 なお、治療方法は、いぼの大きさや数、場所、そしてこれまでの治療の有無、回数などにより選択されます。 いぼが大きく、また多発するような場合には、悪性化の可能性もあるため、採取した組織を病理検査に提出するなどの配慮が必要となります。 治療によりいぼがすべてなくなったように見えても、再発する例が少なからずあるので、数カ月程度は通院を継続して、経過を見ていくことがとても大事です。 早期発見のポイント 特徴的ないぼを見つけ出すことが最大のポイントです。 主に陰茎包皮のいわゆる内側の部分や陰茎冠状溝というくびれの部分などでよくみられます。 区別するべきものとしては、真珠様陰茎小丘疹 しんじゅよういんけいしょうきゅうしん というものがあります。 これは尖圭コンジローマと同じく陰茎冠状溝にみられます。 大きさはほぼ均一で、ほぼ等間隔に球形を呈して並んでいます。 思春期の頃からだんだんと目立つようになりますが、全く問題はありません。 正常な真珠様陰茎小丘疹と異なり、大小不ぞろいのカリフラワー様のいぼ、すなわち尖圭コンジローマが認められた場合には、陰茎などの外陰部のほかに、口の中や肛門周囲などにも認められることがあります。 特に、いぼが小さい場合には、皮膚のしわなどに隠れて見逃しやすいこともあるので、注意深く確認しましょう。

次の