アンダー ワールド 順番。 アンダーワールドを見る順番《『ブラッド・ウォーズ』まで5作品一覧》

ジュラシック・パーク&ワールドはこの順番で見よう:全6作品の時系列とあらすじ大解説【シリーズ一覧】

アンダー ワールド 順番

その3人の息子のうち、1人はコウモリに噛まれてヴァンパイア族になります。 もう1人はオオカミに噛まれて、狼男ライカン族になりました。 かつてはヴァンパイア族がライカン族を奴隷にしていました。 ところがある時を機に両社は戦い始め、それは現代まで続いています。 セリーンはヴァンパイア族の女処刑人(デス・ディーラー)でした。 ある日ライカン族を追っていたセリーンは、ライカン族が人間の男・マイケルを見張っていることに気づきます。 マイケルの謎を追う過程で、セリーンとマイケルは愛し合うようになりました。 ところがマイケルはライカン族に噛まれて狼男になり、瀕死のセリーンが救おうと血を吸ったため、初のライカン族とヴァンパイア族の混血種(ハイブリッド)になります。 さらにセリーンは、ヴァンパイア族の3人の長老のうちの1人・ビクターが、自分の家族を殺した相手と知って殺しました。 また3人の長老のもう1人・マーカスが偶然ライカン族の血を吸って復活し、ライカン族の弟・ウィリアムを目覚めさせようとしたので、戦って倒します。 こうしてセリーンは、ライカン族だけでなく身内のヴァンパイア族からも追われる身となりました。 愛し合うマイケルと共に逃避行を続けます。 ところがヴァンパイアとライカン族の存在が、とうとう人間の知れるところとなりました。 人間は2つの種族を殲滅しようと動き始めます。 夜にしか活動できない2つの種は圧倒的に不利でした。 セリーンとマイケルは珍しい種ということでアンジェン社に捕らえられます。 セリーンはマイケルの子を宿しており、イヴという娘が生まれましたが、セリーンは眠らされていたので知りません。 イヴは父・マイケルとも母・セリーンとも、視覚を共有できるという能力を持っていました。 イヴは脱走時にセリーンを解凍し、セリーンとイヴはヴァンパイア族の生き残り、デヴィッドと出会います。 インジェン社は「ライカン族がより強くなるための」施設でした。 ライカン族が裏で手を回していたのです。 インジェン社を破壊したセリーンは、マイケルを探して逃避行を続けました…(『アンダーワールド』シリーズ参照)。

次の

ケイト・ベッキンセール、『アンダーワールド』次回作へは「戻らない」 ─ 『ワンダーウーマン』演じる予定もあった

アンダー ワールド 順番

アンダーワールドシリーズはしっかりファンタジーホラーファンや吸血鬼愛好家の間で確立されています。 すでに主役にセレネとケイト・ベッキンセールのために知られていたシリーズの第五の映画、:2003は最初の部分を登場、2016年の終わりには、「ブラッドウォーズアンダーワールド」で走りました。 しかし、「アンダーワールド」の部分6のチャンスは何ですか? 批評家のために、第五の部分は、喜びを誘発しなかったし、ファンが限られた熱意を示しました。 それにもかかわらず、我々はアンダーワールドシリーズの第六さえ一部が表示されますでした希望を持っている必要があります。 それは次のようになりますので、シリーズを継続するインセンティブ。 Sametimeのでは、しかし、ケイト・ベッキンセール映画を学んだアンダーワールドの最後の時間のために、おそらく12年後になりました。 潜在的な続編で先導的な役割のために若い俳優の道を舗装します。 ベッキンセイルサイードは最近のインタビューでは、彼女は黙っていない続編を知っていたが、それはおそらく、負荷の乗客が新しいアンダーワールドムービーが経験したことになるんでしたことになるんでした追加、ウインクを追加しました。 計画された第六フィルムおよびシリーズ 新しい映画のほかしたがって、アンダーワールドが計画シリーズです。 シリーズの実装に関する具体的な情報はまだしかし、存在していません。 ケイト・ベッキンセールテレビの適応で、または新しいヒーローが導入されているかどうか主演するかどう日はおよそ不明です。 ワイズマンは、物語の材料は、適切なシリアル形式で実装するための理想的な場合としなかったと指摘、計画を確認しました。 Sametimeのでは、しかし、彼は、リリース日の予定はありませんthatthere発表しました。 第四及び第五アンダーワールドの間にフィルム5年が経過します。 あなたが続編のためにできるだけ多くの時間を残して、この時点で見れば、アンダーワールドシリーズの一部隊は、第六の部分のための待ち時間を短縮でした。

次の

ケイト・ベッキンセール、『アンダーワールド』次回作へは「戻らない」 ─ 『ワンダーウーマン』演じる予定もあった

アンダー ワールド 順番

アンダーワールドシリーズは全部で5作品• アンダーワールド 2003年• アンダーワールド: エボリューション 2006年• アンダーワールド ビギンズ 2009年• アンダーワールド 覚醒 2012年• アンダーワールド ブラッド・ウォーズ 2017年• 詳細は不明ですが製作中の6作目 この5作品が、これまでに公開されています。 『ビギンズ』というタイトルから察した人もいると思いますが、3作目の『アンダーワールド ビギンズ』は過去編で、時系列的には最初の物語と言えます。 それ以外の方は、単純に公開された順に見ていくのが無難ですが、ベストな選択肢といえるでしょう。 続いては、各タイトルについての簡単なあらすじを紹介していきます。 アンダーワールドのあらすじ 大昔、突然変異のウィルスが原因で、ハンガリーに人類初の不老不死の人間が誕生しました。 その息子たちも不死だったのですが、オオカミや蝙蝠に噛まれたことでさらに体質が変化。 それぞれ吸血鬼 ヴァンパイア と狼男 ライカン として、別種族となりました。 しばらくはヴァンパイアがライカンを従える力関係となっていたのですが、ある日ヴァンパイアのソーニャとライカンのルシアンは掟を破り、恋人となり子を身籠るのです。 しかし、それがアーニャの父ビクターの逆鱗に触れ、ソーニャを処刑してしまいます。 ルシアンは復讐を誓い、他のライカンもこの事件を契機にヴァンパイアに反旗を翻すようになり、1000年にわたる闘いが幕を開けます。 ルシアンは途中で戦死したのを皮切りに他のライカンも逃げ出し、6世紀が過ぎました。 戦いは、吸血鬼が優勢でした。 ある日、ライカンの処刑人の女ヴァンパイアであるセリーンが人間の青年マイケルと出会ったことから、ルシアンの復讐劇に巻き込まれていくことに…… 他のシリーズに比べると予算や技術は手探りの段階ですが、この時点で世界観や主人公の魅力などはバッチリ書けています。 これから先の物語を予見させるラストで幕を閉じます。 アンダーワールド 覚醒のあらすじ ヴァンパイアとライカンだけではなく、ついに人類からも追われる身となってしまったマイケルとセリーン。 人類は、ヴァンパイアとライカンのせん滅を企てていました。 特に新勢力『アンティジェン社』は紫外線が両種族の弱点と気づき、セリーンとマイケルも捕えられてしまいます。 セリーンと資格を共有できる少女・イヴの正体は一体何か? そして、セリーンはマイケルに再開できるのか? 急展開を迎えるシリーズ4作目。 過去の3作品はファンタジーな世界観でしたが、ここから人類の科学文明が発達したことで一気に現実味のある世界観になりました。 人間が本格的に勢力となったため、これまでとは違う三つ巴の戦いが幕を開けます!

次の