アンドロメダ 立ち回り。 【無課金】宇宙編 第2章 アンドロメダの攻略【にゃんこ大戦争】

アンドロメダ学園高校の野手おすすめデッキは??経験点大量獲得のコツ。アプリモ

アンドロメダ 立ち回り

欠損対策としても使える陣枠ではありますが、基本は相手の盤面ロックによる変換の妨害・自分の盤面ロックによる送り付け対策の2パターンとして使うことになります。 特に今シーズンにおいて「バステト」以外のリーダーは必要ドロップが多く、大戦中ほぼ確実に変換や陣を発動してきます。 そこでイルシックスを使うことで相手の変換・陣を妨害、欠損させることでリードを奪うこともできるのです。 また、イルシックスは同対面も想定できる1体で、水送り付けを受けても安定してリーダースキルを発動できるという最大のメリットがあります。 バインドの刺さりやすい環境ではありますが「」ではできない技になるため、こちらを優先したいところです。 モンスター「」 このアンドロメダを「コントロール型」と呼ぶキーモンスター。 相手のスキルターンを下げることで、相手のスキル発動タイミングを絞り込むことが可能です。 相手がどのタイミングでスキルを使用してくるかの情報はパズバトにおいては非常に大きなアドバンテージであり、戦いの分岐点となります。 このザパンでその情報アドを稼ぎ、他モンスターで妨害を打つことで確実な勝利へとつなげていきましょう。 調整ポイント 相手の動きをコントロールした上で妨害をかける、という編成上、調整できる枠は『1枠』と非常に少なくなっています。 エンハンスは無くても良し 今回同対面や長期戦をより強く見るために「カイゼルジークフリート」を採用していますが、編成しなくとも少し立ち回りに注意すれば勝利へつなげることは可能です。 相手の盤面・スキルを読みつつ、確実に攻撃を通せないのであればドロップを残し次のターンに持ち込む。 逆に相手の攻めが少しでも緩まったら容赦なく攻撃や妨害を叩き込む。 やや立ち回りに苦労はしますが、十分同対面や長期戦であっても太刀打ちできるでしょう。 立ち回りでどうにかする、というのであれば、この枠は環境上位のリーダーをごっそり対策できる「」やギミック対策をより強めることができる「」、送り付けをさらに確実にしてくれる「」などを採用するのもあり。 同対面や長期戦にはやや頭を使いますが、それさえ超えれば他の編成に対してはより強く出れるため、この編成に慣れてきたら入れ替えてみましょう。 一応「ザパン」も調整枠 「ザパン」はあくまで相手の動きを絞り込むための1枚です。 裏を返せば、いなくとも相手の動きさえ予想できれば、妨害札の多さで相手を抑え込むことも可能です。 ただし、上の「カイゼルジークフリート」同様、立ち回りにはより注意しなければいけない点には要注意です。 調整の候補としては、より相手に対して妨害でアドの取れる「」や「」、「」などがオススメ。 この枠をこだわりすぎなければ、より幅広い動きを取れるため、パズバトの読みあいに慣れてきたのであれば挑戦してみましょう。 大まかな立ち回り ザパンは打ち得 アンドロメダは自身のリーダースキルで軽減・高防御を対策できるため、ひたすら自分の動きを押し付けていけば問題ありません。 その上で役立つのが「ザパン」。 相手のスキルを遅らせることができる「ザパン」は、変換も同時に行ってくれるため、変換枠としても活用できます。 また、ある程度パズバトをプレイしているプレイヤーであれば、スキルを遅らせてくることが分かっているため、先に妨害を打ってくる、というパターンも考えられます。 もしそう動いてきた場合にはこちらも「イルシックス」や「アンドロメダ」「ニライカナイ」で対策、次のターンには変換として「ザパン」を発動という流れができます。 つまり、「ザパン」は相手のスキルを前倒しさせるプレッシャーとして、いるだけでも十分な働きをしてくれます。 変換枠としても活躍できる以上、この「ザパン」は打ち得な1体というわけですね。 L字はどの色でも発動可能 L字消しでのリーダースキルは「ドロップの5個L字消し」となっているので、編成しているモンスターの属性によらず発動可能です。 そのため、水の2コンボをL字以外で組んで、L字は違うドロップで組むのがオススメです。 イルシックスはあくまで妨害・妨害対策 上でも説明した通り、「イルシックス」は相手の盤面ロックによる変換の妨害・自分の盤面ロックによる送り付け対策の2パターンとして使うことが基本となります。 そのため、ドロップ確保としての使用は極力しないように注意しておきましょう。

次の

【無課金】宇宙編 第2章 アンドロメダの攻略【にゃんこ大戦争】

アンドロメダ 立ち回り

タッグセル編成時の複数人タッグは VR空間やセルの基礎ボーナスの種類に関わらず大量の経験点が稼げ非常に強力。 ゴールドセルは不足経験点セルとセットで ゴールドセルを組み込む際は金特取得のために必ず超特訓を発動させる。 ゴールドセルと共に編成するセルをサクセスで不足している経験点にし、超特訓で爆発的な経験点を得ることで経験点バランスを整えやすくなる。 VR空間の効果的な生成方法解説 基本的なVR空間生成のコツ 基本はセルを8つ積んでから生成 VR空間の継続ターン数は構成するセルの個数で決まっており、セルを 8つ積んだときのみMAXの4ターン継続できる。 VR空間の効果を最大限発揮するためにも基本はセル8つでVR空間を生成したい。 ただし サクセス中でVR空間の総継続ターンは減ってしまい練習効率は落ちるため多用は厳禁。 不足している経験点のボーナスを狙う 生成したVR空間ごとにボーナス効果を受けられるため、サクセスで不足している経験点ボーナスを持つVR空間を生成しよう。 VR空間生成時の注意点 体力に余裕のあるタイミングで生成 VR空間継続の4ターンを最大限利用するため、VR空間生成時の体力はMAX付近にし練習可能ターンを増やそう。 ゲージに余裕のあるときに生成 VR空間生成中はセルの押し出しによるオーバーフローゲージの回収ができずゲージが溜まりにくい。 超特訓に必要なゲージがないままVR空間を生成してしまうと超特訓が打てず、金特を取り逃す危険もあるため注意したい。 ゴールドセルは各セクション内に消化 超特訓で金特が取得できるのは各セクション1回まで。 例えばゴールドセルを2セクで取得しVR空間を生成しても超特訓を3セクで発動させた場合、3セクではゴールドセルを回収できない。 取得金特数を減らしてしまうため注意。 ゴールドセルは不足経験点セルと積む ゴールドセルを編成してVR練習をしているときは超特訓に必要なオーバーフローゲージ量が上昇する。 ゴールドセルを含んだVRを生成するときはオーバーフローゲージを多めに所持した状態で生成しよう。 超特訓を受けることによるデメリットはほとんどなく、サクセスでの体力回復の機会が増えるため受ける1択。 5月2週は潜入で取得経験点がやや増えるが、微差の範囲なので潜入しないがおすすめ。 固定体力増減イベは把握しておく VR生成や超特訓など体力の残量が重要なコマンドが多いため、体力の増減イベントの把握は非常に大切。 クリスマスやバレンタインなどはもちろんアンドロメダ学園の固定イベントのタイミングも頭に入れておきたい。 そのため イベントで経験点を稼ぐよりも、回復を選択し練習回数を増やすほうが経験点が伸びやすい。 彼女キャラとの初詣も基本的には"元気になりたい"を選択して体力を回復しておこう。 開眼コマンド使用のコツ 最優先は経験点バランスを整えること 開眼コマンドでの金特取得は、 開眼発動に使用する500点の経験点まで含めると非常に査定効率が悪い。 まずは上限突破や査定効率の良い特能を取り切れるようにバランス良く経験点を稼ぐことを意識しよう。 すでに十分に稼いだ経験点であっても1ターンの練習で開眼に必要な経験点の大半を稼げるのは強力なので、開眼コマンドの使用は念頭に入れつつサクセスを進めよう。 強力なタッグを逃さないため、ケガのリスクはなるべく早く減らそう。 デートや親交イベは7月以降にまとめて 7月1週の前イベでVRコマンドが終了すると練習効率はガクッと落ちる。 彼女や相棒キャラ編成時はデートや親交イベを7月にまとめて消化するのが良い。 ただし空デートのある彼女は金特未取得になるリスクが有るため1ターンは余裕をもたせたい。

次の

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園のPG野手テンプレデッキ

アンドロメダ 立ち回り

カテゴリー• 351• 17,500• 5,731• 106• 1,840• 104• 133• 157• 199• 718• 3,565• 207• 142• 209• 695• 236• 131• 208• 172• 250• 122• 383• 102• 261• 173• 152• 123 Twitter パワプロ速報.

次の