井村 屋 あずき バー キャンペーン。 【当選!!】井村屋 あずきバー Many Thanks キャンペーンでオリジナルQUOカードが当たった!

【応募してみた!!】井村屋 あずきバー Many Thanks キャンペーン

井村 屋 あずき バー キャンペーン

井村屋の大人気商品「あずきバー」シリーズ商品を対象としたキャンペーン• 期間中に対象商品の井村屋BOXあずきバーシリーズを購入し、箱についている「アズキキング」マークを応募コース分集めはがきで応募• 抽選で合計3,000名様に、旅行券5万円分やあずきバーオリジナルQUOカード1,000円分などが当たる• ハガキ1枚につき1口、お1人様何口でもご応募いただけます• ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます 概要 井村屋株式会社では、長年愛されている大人気商品「あずきバー」シリーズを対象に、旅行券5万円分など抽選で合計3,000名様に当たるキャンペーン【大事な人とあずきバーキャンペーン】がスタートしてます。 キャンペーン期間中に、対象商品の井村屋BOXあずきバーシリーズを購入し、箱についている「アズキキング」マークを応募コース分集めはがきで応募すると、抽選で合計3,000名様に、旅行券5万円分やあずきバーオリジナルQUOカード1,000円分などが当たります。 井村屋BOXあずきバー• 井村屋BOX宇治金時バー• ご了承ください。 賞品の交換・換金・返品及び当選権利の譲渡等はできません。 「近畿日本ツーリスト 旅行券5万円分」は近畿日本ツーリスト、KNT-CTホールディングスグループ株式会社の指定する店鋪、ならびに店頭でお渡ししている「ご利用のてびき」に掲載している代理業者・特約店でご旅行等のお支払いにご利用いただけます。 なお、旅館・ホテル等宿泊施設でのお支払いにはご利用なれません。 ご応募は下記より応募ハガキをダウンロードして応募いただくか、郵便ハガキか、本キャンペーン告知付きの商品パッケージについているハガキでもご応募いただけます。 ハガキ1枚につき1口、お1人様何口でもご応募いただけます。 当選後にご応募コースの変更はできません。 ハガキには所定の郵便料金の切手をお貼りください。 ご応募いただきましたお客様の個人情報は、本キャンペーンの抽選及び賞品発送に利用する他、個人を特定しないマーケティング活動のための統計処理の目的で利用させていただきます。 お客様の住所、転居先が不明等でご連絡が取れない場合は当選を無効にさせていただく場合がございます。 ご応募いただいたハガキはお客様に返却できませんので、予めご了承ください。 井村屋の社員、及び関係者は応募できません。 ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。 賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。 キャンペーン終了後も、キャンペーン告知の入った商品が店頭に並ぶことがございますが何卒ご容赦いただきますようお願いいたします。 メールでのお問い合わせはをご利用ください。 関連情報• 関連ニュース.

次の

締切2018/9/30 井村屋『大事な人とあずきバーキャンペーン』☆応募券☆

井村 屋 あずき バー キャンペーン

井村屋の大人気商品「あずきバー」シリーズ商品を対象としたキャンペーン• 期間中に対象商品の井村屋BOXあずきバーシリーズを購入し、箱についている「アズキキング」マークを応募コース分集めはがきで応募• 抽選で合計3,000名様に、旅行券5万円分やあずきバーオリジナルQUOカード1,000円分などが当たる• ハガキ1枚につき1口、お1人様何口でもご応募いただけます• ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます 概要 井村屋株式会社では、長年愛されている大人気商品「あずきバー」シリーズを対象に、旅行券5万円分など抽選で合計3,000名様に当たるキャンペーン【大事な人とあずきバーキャンペーン】がスタートしてます。 キャンペーン期間中に、対象商品の井村屋BOXあずきバーシリーズを購入し、箱についている「アズキキング」マークを応募コース分集めはがきで応募すると、抽選で合計3,000名様に、旅行券5万円分やあずきバーオリジナルQUOカード1,000円分などが当たります。 井村屋BOXあずきバー• 井村屋BOX宇治金時バー• ご了承ください。 賞品の交換・換金・返品及び当選権利の譲渡等はできません。 「近畿日本ツーリスト 旅行券5万円分」は近畿日本ツーリスト、KNT-CTホールディングスグループ株式会社の指定する店鋪、ならびに店頭でお渡ししている「ご利用のてびき」に掲載している代理業者・特約店でご旅行等のお支払いにご利用いただけます。 なお、旅館・ホテル等宿泊施設でのお支払いにはご利用なれません。 ご応募は下記より応募ハガキをダウンロードして応募いただくか、郵便ハガキか、本キャンペーン告知付きの商品パッケージについているハガキでもご応募いただけます。 ハガキ1枚につき1口、お1人様何口でもご応募いただけます。 当選後にご応募コースの変更はできません。 ハガキには所定の郵便料金の切手をお貼りください。 ご応募いただきましたお客様の個人情報は、本キャンペーンの抽選及び賞品発送に利用する他、個人を特定しないマーケティング活動のための統計処理の目的で利用させていただきます。 お客様の住所、転居先が不明等でご連絡が取れない場合は当選を無効にさせていただく場合がございます。 ご応募いただいたハガキはお客様に返却できませんので、予めご了承ください。 井村屋の社員、及び関係者は応募できません。 ご応募は日本国内在住の方に限らせていただきます。 賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。 キャンペーン終了後も、キャンペーン告知の入った商品が店頭に並ぶことがございますが何卒ご容赦いただきますようお願いいたします。 メールでのお問い合わせはをご利用ください。 関連情報• 関連ニュース.

次の

【絶品!】レンジでチンした「あずきバー」に、雪見だいふくを入れると・・・

井村 屋 あずき バー キャンペーン

井村屋の代表的な商品のひとつ、ゆであずき。 昭和37年 1962年 の発売から50年以上に渡り、お客様にご好評をいただくロングセラー商品です。 井村屋の強みである「あずき」商品であり、発売以来、スタンダードな商品でありながら、特色・有意差を出してこだわりの商品を今までご提供してきた結果、皆様にご愛顧いただき、おかげさまで業界でトップシェアのご評価をいただいております。 長年培ってきたあずき加工技術をベースに、製法にもこだわって、じっくり丁寧に炊き上げ、あんを出しながらも粒感たっぷりのゆであずきに仕上げています。 あずきの美味しさ、風味、旨みを大事にしながら、適度な粘性を出して、様々な用途にご利用いただけるような性状にしております。 ぜんざいをはじめ、かき氷やホットケーキ、お菓子作りなど様々な用途にご利用いただけます。 もちろん、そのままお召し上がりいただいても美味しいゆであずきです。 発売から40年以上ものお客様にご愛顧をいただき続ける「あずきバー」。 井村屋独自の製法でじっくり丁寧に炊き上げたあずきで、アイスながらもまろやかな風味と独特の粒感が引き立ち、お客様より高い評価をいただいています。 1960年代、井村屋は数々の試行錯誤を繰り返しながら持ち前のアイデアでヒット商品を誕生させていました。 そして満を持して登場したのが「あずきバー」です。 1973年当時、アイスキャンディは1本10円が主流だったところ、あずきバーの値段は30円と高めでしたが、あずきを贅沢に使った大人向けアイスとして人気を博しました。 その後、家庭用冷蔵庫の進化や冷凍売り場の充実等によって買い置きが可能になり、1979年にはBOX入りのマルチパックが登場。 いつでも味わっていただけるようになり、あずきバーは広くご家庭に浸透していきました。 1990年代に入ると、健康志向とともに添加物への意識も高まり、成分を見直す動きが活発化します。 もともと基本的に添加物は使っていませんでしたが、着色料だけは使用していたため、1993年にこれを廃止。 安定剤、着色料、香料を一切使用しない規格となり、より安心して食べていただけるアイスとして定着していきました。 その後、2000年代には氷温凍結製法による食べやすさの向上、パッケージのユニバーサルデザイン化などにも積極的に取り組み、あずきバーの進化が加速。 2008年には日本記念日協会から7月1日を「井村屋あずきバーの日」として認定され、また、2013年には、お客様の長年に渡るご愛顧のおかげをもちまして、「あずきバー」が井村屋の商標として特許庁より認められました。 昔ながらのさっぱりとした飽きのこない味を守り続けてきた、井村屋あずきバー。 これからも変わらないおいしさをお客様のもとへお届けしていきます。 1964年に販売を開始した、井村屋を代表する商品の一つの「肉まん・あんまん」。 井村屋では昔から「肉まん・あんまん」を「中華まん」とは呼んでいません。 当時あんまんといえば、こしあんに油を加えた中華あんでしたが、井村屋は中華あんの代わりに、井村屋ぜんざいで人気のあった粒あんを採用。 そして、当時辛子しょうゆをつけて食べるのが一般的だった肉まんは、最初から具材に味を付け、日本風の味で販売を始めました。 そのため、井村屋では今も「中華まん」ではなく、「肉まん・あんまん」と呼んでいます。 このように中華風なものにこだわらず、和風やイタリア風、インド風など様々な特色ある商品を提供し続け、多くのお客様に支持いただくことで、「肉まん・あんまん」は、井村屋を代表するロングセラー商品へと成長してきました。 発売から約50年が経過した現在も、コンビニエンスストアなどの店頭の蒸し器で販売している業務用商品や、ご家庭で温めて食べていただく冷凍や冷蔵の商品など、様々なシーンで、お客様に喜んでいただける商品を提供し続けています。

次の