リクルート ライフ スタイル 面接。 リクルートライフスタイルの契約社員ってどうなの?口コミから知るべき企業評判と気になる給与・年収!【面接・志望動機例文あり】

リクルートライフスタイルの面接とは?【面接官にインタビュー】

リクルート ライフ スタイル 面接

回答者 4. 0 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 550万円 30万円 1万円 160万円 15万円 給与制度: 担当エリアにのより大きく異なる。 地方の方が採用が厳しいようだが、相変わらず給与基準が低い、契約社員雇用からのスタートなのが理由。 せめて給与をあげれば良いのにと常々感じている。 正社員、チームリーダー、マネージャーにならないと給料は安い。 基本的には中途入社が多く、契約社員スタートなので正社員を目指すところから始まる。 最近は正社員を積極採用し始めたので正社員になるのは簡単。 マネージャーは枠が少なく中々なれない。 評価制度: 2020年より正社員のハードルが大きく下がり、一定の評価を受けていれば誰でもなれるようになった。 正社員は月の給料は変わらないが賞与が大きくアップしている。 チームリーダーまでは業績重視なので営業として業績を残していればなれる。 表彰やマネージャーの評価が大事。 チームリーダーからは個人の業績とチームの業績が半分で賞与に関わる。 細かく賞与についての基準は決められているが、他の組織との平均を取られるので少し不明瞭な部分はあるが基本的には分かりやすい。 500万円〜600万円がこの役職の給与になる。 昇進の評価制度も他社に比べると分かりやすい実力主義なのでこのステージでは上司に必要以上に媚びる必要は無いので良い。

次の

リクルート人事に聞いた、契約社員(CV)の面接NG例

リクルート ライフ スタイル 面接

リクルートライフスタイルは、リクルートグループの中でも日常消費領域と呼ばれるサービス分野の開発を行っています。 主力メディアはいずれも高い知名度を誇り、「じゃらん」(旅行領域)、「ホットペッパー」(飲食領域)、「ホットペッパービューティ」(美容領域)の月間の総利用ユーザーは月間数千万人とも。 最近ではヘルスケア領域、通販事業積極の新規事業も始めています。 増え続ける莫大なデータと、国内企業最大級の広告予算をかけられる資金力を武器に、WEBマーケティング力・営業力において他社を圧倒し続けています。 リクルートではグループ全体の果たすべき役割を『まだ、ここにない、出会い。 』と表現しています。 同社で創出する出会いは、個人カスタマー(サイト利用者)と法人クライアント(店舗)を引き合わせること。 両者は同社のメディアを媒介して接点を持ち、個人側には豊かなライフスタイルを、法人側には集客効果・売上拡大というベネフィットを提供しています。 法人クライアントに対して、同社は個店毎の課題解決をすることをミッションとしており、近年はITによるコンサルティング強化をはかっています。 集客増の実現に加えて例えば『Airレジ』『Airペイ』のような決済サービスを拡充し、店舗が本業のサービスに集中できるよう経営効率や業務効率をあげる領域まで入り込める、質の高い提案に重きを置いています。 リクルートライフスタイルではマーケティングをはじめとする事業開発や企画職は基本的に正社員が担当し、サービス提案(営業活動)は基幹職種である営業職が担います。 この営業職に就いているのが、新卒・中途入社の契約社員です。 同社は、3年間の限定雇用期間を設定することで個人の成長スピードが最大化になると考えています。 それゆえ、営業未経験者でも意欲とポテンシャル次第で採用し、手厚い研修とマネジメントを独自のノウハウをもって実施しています。 応募者はそれを理解した上でエントリーをしているため、契約社員待遇であることに後ろ向きな姿勢を持つ人はほとんどいません。 むしろ3年という限定期間をチャンスととらえ、肯定的な考えを持つ人たちが集まっています。 入社後はビジネス上のスキルや経験の習得の他に、自身の強みや課題認識、スキル開発計画といった豊富なコンテンツをはじめ、卒業まで様々な支援を受けられる制度が充実しています。 契約社員待遇の中途入社者のうち、6割が異業種からの転職者です。 接客・販売・事務経験者が比較的多い状況ですが、中には工場勤務出身のような顧客折衝経験が全くゼロの異色な経歴の持ち主もいます。 入社者は同社をステップアップする場と捉え、3年の間に徹底的にノウハウを吸収したいと意気込んでおり、非常に活気あふれる職場のようです。 契約社員には正社員制度がもちろん用意されています。 しかしながら、そちらを選択するのは少数派で基本的には契約満期で退職(卒業)するようです。 正社員でも定年まで働く人はかなり珍しく、これまでの成功経験やスキルを他組織で活かしたいと考え、入社後数年で他社に再就職をしたり独立をしていくのが主流。 長期間勤務することを美徳とせず、常にチャレンジングな環境において自己成長を続けていく。 これがリクルートに共通した精神と言えるかもしれません。 このように、流動性が大変高い組織といえますが、口コミサイト上では実際にどのようにコメントされているのでしょうか。 口コミサイトでは、営業職経験者からはやはり「意欲的で優秀な人材が在籍していて、よい刺激をうける」「社内外で通用する高いスキルを得られる」「リクルートで揉まれたことが、自分の価値として評価される」「クライアントの役に立っていると心から実感でき、それが成長実感につながっている」などの声が目立ちます。 企画系経験者からは「日本最大規模のコンテンツだけに、市場に大きなインパクトを与えられる」「ひと月に数個の新規サービスが検討されていてアイディアが形になりやすい」「ボトムアップの社風で仕事がしやすい」「豊富なチャンスが用意されている」とのコメントがありました。 一方で「毎月入社者と退職者がいて、環境があまりに落ち着かなさすぎる」「交流会や達成会のイベントがかなり多くあり、経済的にキツい」「相談できる上司や先輩はいるものの、いかんせん業務量が多すぎ」とのネガティブコメントも存在します。 同社での勤務経験を経ることで市場価値の高い経験を積めるようですが、思っていた以上の仕事量や早すぎる業務スピードにより、1年未満で退職するケースもあるようです。 受け身の志向の人がこの会社に応募するのはミスマッチと言えるでしょう。 主体性を持って学ぶ意欲があること、会社側の求めるスピードで成長していける自信があること、この2点が自分に該当するか再確認をしてからに選考準備を進めることをおすすめします。 リクルートライフスタイルでは、雇用形態により選考スケジュールが異なります。 正社員待遇の募集職種は主に企画職とIT領域における開発分野で、職種は30種類ほどに細分化されています。 書類選考の後、面接が2~3回実施され、途中でSPI検査を実施。 内定まで3~4週間程度を要します。 契約社員の募集職種は主に営業職と付随するアシスタント職です。 以前は2回の面接を必ず行っており、雇用場所が地方であっても最終面接は東京で実施されていましたが、今は必ずしもその方法をとっておらず2種類の選考フローの中から選択できるようになっています。 Uターン・Iターン転職を考えている人は応募しやすくなったと言えるでしょう。 なお、0. 5次選考とは転職理由や経歴について簡易的な質問が3、4つされるぐらいの短時間スタイルの面接のことです。 対面の場合はグループ面接形式で0. 5次面接を行うこともあるようです。 リクルートライフスタイルでは年間休日が130日前後あり、仕事のオンとオフの境界がはっきりしています。 しかしその分、ウィークデーの働き方は「モーレツ」と評されているほどで、仕事量は多め、残業も多めと口コミ上での記載が目立ちます。 面接でも「うちは仕事がキツめで、辛くて辞めていく人が多いが大丈夫か?」「(掲載効果が出ないときに)顧客から厳しい罵声を浴びることもあるが耐えられるか?」といった表現で、仕事の大変さを伝えられます。 面接内で聞かれれば当然「大丈夫です」「耐えられます」と答えざるをえませんが、その後の面接では具体的に「困難にぶち当たったときどのように乗り越えてきたか」「一番つらかったことは何か」というエピソードを求められるケースが多いようです。 営業職(契約社員)の面接の傾向としては、やはり3年満期の契約社員という形式をとっていることに関する質問が多いようです。 具体的には「当社を卒業後は何をしたいか?」「契約期間満了後の進路を今から考えているか」「人生のライフプランを教えてほしい」が代表的質問です。 飲食、美容、旅行など複数のサービス領域を抱えていること、また地域密着という観点によりエリアも細分化されていることから、「どのサービス担当を希望か?第二希望まで教えてほしい」「担当エリアの希望順位はあるか」意向確認の質問も頻出です。 第一希望は用意していたが、第二・第三まで聞かれると思っていなかったので咄嗟に出てこなかったという例もあるので、複数の希望を準備していきましょう。 企画系職種の場合は、経営者視点が求められます。 やりたいアイディアをどこまで具体化しているか、想定されるリスクや、収支分析までするどい突っ込みが入りますので、構想をしっかり固めておきましょう。 エンジニアの場合は、過去の経歴について詳しくきかれた後、将来的にどのようなサービスに携わりたいか、最先端の技術に興味はあるかといった内容が主になるようです。 ここから読み取れることは、リクルートライフスタイルは近い将来、現在の広告企業という立ち位置からIT企業に移動するであろうということです。 今後はエンジニアの存在感が増して、エンジニア主導でプロダクトが開発されていく可能性が高いでしょう。 同社はテクノロジーを駆使して、販促領域でアジアNo. 1をとりにいく図を描いています。 同時に、自ら構想するその計画をグループやチーム単位でどのようにすすめていくか、どう回りを巻き込んでいくかまで表現できた方がよいでしょう。 同社では、複数名でプロジェクトを組んで管理していくため、チームで協働できるかについても重視しています。 過去のエピソードを出しながら、調整力やリーダーシップ力があることをPRしていきましょう。 課題解決はリクルートグループの重要なキーワードであり、答えのない・前例のない課題に取り組む覚悟を持ち合わせているかが面接では問われます。 「顧客の声に常に敏感であり続け、仮説を持ちながら新規の商材を提案していけるレベルまで成長したい」というポジティブな未来像を語れると評価を得やすいでしょう。 「顧客のためにどんな価値発揮をしたいか」のような抽象的な質問がくることも多いので、この中期計画と絡めて話せる準備をしておきましょう。 リクルートライフスタイルの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜリクルートライフスタイルに応募したか」というものがあります。 面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面もあわせて見ています。 そのためには、競合となりやすい企業の他社研究を行うことが有効です。 具体的には、類似するサービスを展開する企業について調べておくことがおすすめです。 個人ユーザー側と店舗側のメリット・デメリットも比較しておく必要があります。 リクルートライフスタイルの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。 面接対策として準備しておきたいのは、以下の3つです。 差別化ポイントを理解し「そんな貴社で自分はこんな成長したい」と具体的な志望動機を言えるようにしておく。 これらについてしっかり準備して、面接当日はオリジナリティのある自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

次の

リクルートライフスタイルの「年収・給与制度」 OpenWork(旧:Vorkers)

リクルート ライフ スタイル 面接

リクルートに転職する方法は? リクルートに転職するためには、 面接対策をしっかりとしておくことをおすすめします。 リクルートという会社は 書類選考よりも面接を重視する会社として有名です。 リクルートの面接は非常に難易度が高いというか、言葉を選ばずに表現するのであれば、面倒くさい面接をする会社です。 「なんでなんで?」と人生の価値観レベルに深掘りしてきたり、腹を割って本音を話せるかなど、人物レベルに対して求めるレベルが非常に高いですし、他の会社の面接とは大きく異る視点でジャッジ・評価をしているのです。 ですので、どんなに優秀な方であっても、舐めてかかって自分でエントリー・選考を受けると意外にサクッとお見送りという結果になってしまいます。 書類選考を含めてですが、1度お見送りなると基本的には1年以内は再度応募・エントリーはできません。 リクルートの採用対象になる人とは? リクルートではどんな人が求められるのでしょうか? 内定が得られる人はどんな人なのかを、以下の2点から説明します。 採用平均年齢は24〜32歳 リクルートの採用平均年齢は、大体24〜32歳が多いです。 もちろん上場企業ですから、募集において年齢制限はしておりませんが、実質書類選考が通過していたり、内定が出ている人の年齢は若いです。 リクルートでは、27〜28歳で課長(ゼネラルマネージャー)になる人もおり、30代で部長や役員というのも珍しくないです。 実際に、リクルートライフスタイルの前の社長は、38歳でした。 私の友人でも、執行役員や事業部長が何名かいますが平均32歳くらいです。 とはいえ年齢が上がれば上がっただけ、リクルートの職務と関連する一定の専門的な経験・実績を求められがちです。 リクルートが求める人物像 リクルートが求める人物像としては、全体に共通して求められるポイントと、職種によって異なるポイントがあります。 共通で求められることは、以下のような要素です。 明るくガッツがあり、エネルギーレベルが高い人• 当事者意識が高い人、他責や環境依存的ではなく自責性が強い人• ロジカル・論理的・合理的な人、わかりやすく、論理的なコミュニケーションがとれる人• 自分の根源欲求を言語化できていたり、自分を正当に客観評価できる人、メタ認知力の高い人• 自分のありたい姿が明確な人• 本気度の高い人、口だけでなく自らアクションできる人• 素直で柔軟な人、本音で腹を割って話せる人• チームワークを大事にする人 上記のそれぞれのポイントが、高いレベルで求められます。 ︎ リクルートの面接・SPIなど選考難易度 リクルートでは経験やスキルはそこまで重視しておらず、人物面を非常に高い目線で選考しています。 リクルートへ転職する上での中途採用の選考フローは、以下の通りです。 リクルートの平均年収 リクルートは給与水準(年収)が高い会社としても知られています。 実際新卒の年収が450万円程度(賞与含)と、 一般的な給与相場と比べて高いです。 2〜3年目で500〜600万円程度、3〜5年目でリーダーになると750万円程度、5年目以上でマネージャー(課長)以上になる方もいますが、この段階で年収で1000万円を超えてくる人もいます。 しかし、20代後半くらいだと、年収が同じ年次の市場相場よりも、100〜200万程高い場合が多く、転職する際に現収維持での転職が難しい場合があり、年収を維持しながらの転職活動に苦労しがちです。 リクルートは転職をすること前提に入社する人が多いですが、マネージャー(GM・課長)に昇格する前に転職してしまった方が、変に給与レンジを落とさずに転職できるかと思います。 リクルートの年収についてぶっちゃけた記事がありますので、気になる人はぜひ読んでみてください!• 法人向け営業 リクルートといえば、営業が強い会社として有名ですが、この職種は事業者向けの企画営業を担当しています。 「ホットペッパー」で言えば、飲食店の店長やオーナーに対して広告掲載を提案することになります。 メディアプロデュース・編集職種 リクルートが運営するメディアのコンテンツ企画・編集などを行なう職種です。 「ゼクシィ」で言えば、クライアントの広告部分ではなく巻頭の特集記事の企画や、広告枠を開発したりといったイメージです。 コーポレートスタッフ系職種 どの業界・会社でも存在する管理部門です。 人事・経理・財務・総務・マーケティング・システム開発など、最近は事業自体がインターネットを中心に展開する業態となっていることから、マーケやシステム的な役割がメディアプロデュース職種に入ってきています。 リクルートのグループ会社 リクルートには求人系以外にもたくさんのグループ会社があり、以下でまとめてみました。 それぞれのグループ会社について書いた記事に飛ぶことができます。 各業界の大手事業会社の営業や人事採用担当・マネージャー• 中堅人材会社の役員・営業マネジメント• ベンチャー企業の役員やマネジメント・新規事業開発担当• 電通や博報堂など大手広告代理店のアカウントプランナー• Google・Amazon・facebookジャパンなどの外資ネット大手企業• DeNA、楽天、サイバーエージェント、Yahooなどのネット業界のメガベンチャー• プルデンシャル生命・SONY生命などの保険会社の営業• スポーツチームやリーグ運営会社など、特殊な組織のマネジメント• クックパッドやアイスタイルなどインターネットメディア企業の広告営業• 独立・起業 キャリアパスは主に営業系・人事採用担当・事業開発・ネット系・広告系・ベンチャー起業系に分類される感じです。 リクルートは大手企業でベンチャー的な社風なので、どこの企業へ行っても社風に馴染みやすく、様々な事業を経験しているため活躍できる人が多いです。 そのため、将来のキャリアパスに困らないと思います。 リクルートで特徴的なCV職種について リクルートで特殊なのが、キャリアビュー(CV職種)という、リクルートならではの雇用形態です。 平たく言えば、3年限定の契約社員採用で 契約期間満了時に100万円の退職金をお渡しするという制度です。 仕事内容としては総合職とほぼ変わらず、転勤や職種チェンジがないので、3年間集中して1つの配属場所で1つの職種に打ち込める、といったメリットがあります。 中途でも経験を問わず、やる気や人柄だけでチャレンジができるという点も、一定の対象の方にとっては魅力的なオファーです。 しかし、CV職種採用は 一般企業の正社員採用求人よりも、面接通過の難易度が高いです。 そのため、3年間リクルートで職務を全うされて、実績を上げてこられた方への転職市場の評価は高く、CV職種出身者で名だたる大手企業に転職・ステップアップされていく方も多くいます。 CV職に興味のある人は、以下の記事を参考にしてください。

次の