ご 足労 を おかけ しま した。 「ご足労」の意味は?お礼の使い方や、類語、「お手数」との違いも紹介!

ご足労の意味・目上のかたへの使い方・例文4つ

ご 足労 を おかけ しま した

【このページのまとめ】• ・ビジネスシーンで使われる「ご足労」は、クッション言葉としても活用可能 ・「ご足労」は、そのときの状況や場面に合わせて使用しよう ・良い印象を与えるためには、「ご足労」を用いるタイミングに注意する 社会人になると耳にしたり、目にしたりすることが増える「ご足労」という表現。 普段なんとなく使っている人も多いのではないでしょうか。 使い方はイメージしやすいこの言葉ですが、使うタイミングに気をつけないと失礼な印象を与えてしまう恐れがあります。 「ご足労」の意味や正しい使い方を身につけて、ビジネスシーンで活用しましょう。 このコラムでは、「ご足労」の表現について詳しく解説しています。 コンテンツ目次• 「わざわざお越しいただく」という意味があり、「こちらが足を運ばなければならないところ、わざわざ来てもらった」ことに対して感謝の意を表すときに用います。 「ご足労」はクッション言葉としても活用可能です。 クッション言葉とは、ストレートに言うときつく感じる言葉の衝撃をやわらげる言葉のこと。 目上の人に「お願い」や「お断り」といった内容を伝えるときに、クッション言葉として「ご足労」を用いることで、相手側も受け入れやすくなるでしょう。 「ご足労」は直接言うだけではなく、メールでも使用可能です。 来社する前なら「ご足労おかけしますが」「ご足労いただき恐縮ですが」といったような表現ができます。 また、ミーティング後にメールをする際にも「先日はご足労いただきありがとうございました」や「先日はご足労をおかけしてしまい申し訳ありません」などの表現を入れると丁寧な印象になるでしょう。 「ご足労」の具体的な言い回しについては、次の項目で詳しくご紹介します。 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします」という形を基本に、シーンに合わせて利用しましょう。 【来社前】 ・ご足労をおかけいたします ・ご足労をおかけしますが、よろしくお願いいたします 【来社当日】 ・本日はお足元の悪い中、ご足労いただきまして誠にありがとうございます ・本日は遠方よりわざわざご足労いただき、ありがとうございます ・この度はご足労いただきまして恐縮です 【来社後】 ・先日は大変ご足労をおかけいたしました ・遠路はるばるご足労いただき、誠にありがとうございました 先述したように、「ご足労いただきまして」「ご足労おかけしますが」といった表現は、口頭だけではなくビジネスメールのやり取りの最後に用いられることも多く、さまざまな場面で活用できます。 実際に使用するときは、状況に応じて上記のように活用すると良いでしょう。 以下のポイントに注意して使いましょう。 【相手の来社が確定するまで使わない】 相手側の来社が決定する前に「ご足労おかけしますが」と言うのは避けましょう。 来社することが前提となってしまい、押し付けがましい印象を与えてしまいます。 来社を依頼する際には、「弊社までお越しいただけますか」「おいでいただけると幸いです」など、他の表現方法もあります。 「ご足労」という表現は、来社を承諾してもらった後お礼を述べる際に使うと良いでしょう。 【社内向けに使わない】 「ご足労いただき」「ご足労おかけいたしますが」といった表現は、取引先や顧客など社外に向けて使うのが一般的です。 いくら目上の人といっても、上司など社内の人間に対して「ご足労」を使うのは避けましょう。 敬語の使い方次第で、相手に与える印象は変わります。 正しい敬語は、相手に対して配慮や気遣いの気持ちを表現するだけではなく、丁寧な印象や誠実な印象を与えることが可能です。 「ご足労」などビジネスシーンで使用する言葉を中心に、正しい意味や使い方を学んでいきましょう。

次の

「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

ご 足労 を おかけ しま した

足労の本来の意味は足を働かせるというものであり、平たく言えば歩く、来る、行くなどの行為を示すものです。 ご足労とはそれを敬語表現としたものであり、この場に足を向けて来てくれたことを意味します。 その延長線上として、「こちらの要望に応じて、わざわざこの場にまで足を運ぶようにお願いしてしまいますが」という意味を持つのが「ご足労おかけしますが」という表現です。 「ご足労おかけしますが」が必ずしも定型句として頻用されるわけではなく、ご足労を用いる表現は多数あります。 「ご足労いただく」というのは同様に広く用いられる表現であり、例えば「ご足労頂きありがとうございます」のように、「わざわざ足を運んでいただき(ありがとうございます)」のように使います。 「ご足労おかけします」「ご足労頂く」は場面に応じた使い分けが必要になりますが、いずれも相手がわざわざ出向いてくれたことに対して敬意を表するための表現であることに変わりはありません。 広い使い方では相手の行ってくれた行動全般に対する敬意表現として用いる場合もあることは留意しておきましょう。 これからわざわざ来ていただくことに対して敬意を払うために使う表現であるのが基本であり、依頼の際に使用するようにしましょう。 そのため、実際に会って使用するよりはむしろビジネスメールを送る際や、電話などのやり取りのときに用いられることが多い表現です。 ただし、気をつけておきたいのは依頼のどのタイミングで使用するかという点です。 まだ依頼を承諾していない時点から「ご足労おかけしますが」と言ってしまうと、来てもらうことが前提になってしまい押し付けがましい印象を与えます。 タイミングとしては依頼を承諾してもらった後で、その承諾に対するお礼として「ご足労おかけしますが」という表現を使うのが適しているでしょう。 来てもらうことを意味してしまうからこそ、その事実が確定するまでは使用しないのが原則です。 タイミングに応じて同じ言葉であっても表現を変える必要があることは留意して使用していきましょう。 来社してもらいたい場合は、 ・弊社までお越しいただけますか? ・ご来社願えますか? ・お出でいただくことは可能でしょうか。 ・こちらまでいらしていただけませんか。 ・おいでいただけると幸いです。 などのフレーズが使えます。 続いて、「ご足労いただけますか」の使い方を例文で確認してみましょう。

次の

「ご足労いただき」の意味や使い方は?目上の人には使えるの?

ご 足労 を おかけ しま した

ご足労の意味とは? 読み方は「ごそくろう」 「ご足労」の読み方は「ごそくろう」です。 「御足労」と書くこともあります。 わざわざお越しいただく 基本的には、(相手を敬って)わざわざ足を運ばせることを言う言葉です。 「足労」とは、足を使って移動する労力という意味であり、それに「御」をつけて丁寧にしたものが「御足労」ですので、「わざわざお越しいただく」という意味になります。 来ていただいた感謝、お礼の言葉 「ご足労」とは、本来ならこちらから足を運ばなければならないところを、相手にわざわざ来ていただいたことに対して、感謝の気持ちを表すためのお礼の言葉です。 ですので、この意味をきちんと理解したうえで、相手を敬い、ねぎらいの気持ちを直接伝えるか、メールなどで伝えるようにしましょう。 ご足労の使い方・例文は? ご足労いただきありがとうございます 「ご足労いただき~」は、挨拶として、相手がお見えになった時に使うのが良いタイミングです。 また、相手がお帰りになる時などにねぎらいの気持ちとして伝えるのも良い使い方です。 あとから連絡を取る際にも、メールなどにひと言付け加えると良いでしょう。 例) 「この度は、ご足労いただき誠にありがとうございます。 」 「先日は弊社までご足労いただきまして、ありがとうございました。 」 ご足労おかけしますが、よろしくお願いします 「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします。 」は、相手に来ていただく前に使う言葉です。 また、「ご足労おかけしますが~」は、「ご足労いただき~」とは少し違ったニュアンスになりますので、注意が必要です。 「おかけする」は、「(迷惑を)かける」「(面倒を)かける」など、相手にとって、不都合や、差し支えることがある場合に使います。 つまり、感謝やお礼の気持ちではなく、恐縮や、申し訳ないというお詫びの意味を含んだ表現となります。 例) 「この度はご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 使い方のタイミング、注意点は? 来ていただく前やその後日 例えば、相手に来ていただく前に、「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします」と伝えておくと印象が良くなります。 どのような時に使っても間違いではありませんので、来ていただく前に相手に伝えることも問題はありませんが、より良い使い方は、来ていただいた後に、お礼として感謝の気持ちを伝えることです。 また、相手に来ていただいた後日、再びコンタクトをとる場合には、「先日は、ご足労いただき誠にありがとうございました」などと、ひと言添えるのがマナーとして適切です。 目上でも社内の人には使わない 相手を敬う言葉ですから、自分の上司に使っても問題はありません。 例えば、自分で解決しなければならない案件に一人では対応できず、上司にわざわざ来てもらった時などに使います。 ただし、取引先の人との打ち合わせや、来客時など、その場に同席した自分の上司に対して使うのは、誤用です。 社外の人間である自分たちよりも、社内の上司を敬っている印象を与えかねません。 ご足労くださいなど強要はNG 「ご足労」には、「(ご足労)いただく」「(ご足労)おかけする」を組み合わせて使います。 そのため、「ご足労ください」「ご足労お願いします」など、来ていただくことを相手に強要する使い方は誤用ですので、注意が必要です。 ご足労の類語と違いは? お手数をおかけする 「お手数をおかけする」の手数には、「ご足労」のように相手がわざわざ足を運んでくるという意味合いは含まれていません。 しかし、「ご足労をおかけする」と「お手数をおかけする」は、どちらも相手に時間や労力をかけさせるという意味では同じです。 そのため、わざわざ来ていただくこと(=時間や労力をかけさせること)に対して、「ご足労おかけする」という言葉の代わりに、「お手数をおかけしますが~」と使うこともできます。 手間をとらせる 「ご足労をおかけする」「お手数をおかけする」と同様、相手に時間や労力をかけさせるという意味の言葉です。 「手間をとらせる」と「お手数をおかけする」は、似たような言葉ですが、対象者が異なります。 そのため、使い方には注意が必要です。 「手間」とは、対象者に他人だけでなく、自分自身も含まれます。 一方、「手数」の対象者は他人です。 「手数」は、自分が行った作業や労力には用いません。 また、「お手間をおかけする」という表現は、「お手数をおかけする」と混同した、誤った使い方です。 「お手間」を用いる場合は、「お手間をとらせる」とするのが正しい表現となります。 まとめ 普段から使うことの多い馴染みのある言葉だからこそ、正しい言葉遣いを意識することは、社会人として、ビジネスシーンでは大切にしたいところです。 使うタイミングを良く見極めて、相手を敬う感謝の気持ちを、スマートに伝えられたら印象も良くなりますね。 類義語や違いなども、合わせて覚えておくと、言葉のバリエーションがより深まります。

次の