楽天 ペイ 機種 変更。 スマートフォンの機種変更に伴う楽天ペイ(Rakuten Pay)アプリの移行方法

機種変更・故障の手続き|QUICPay

楽天 ペイ 機種 変更

楽天ペイアプリでは、 ・モバイルSuicaへの会員登録・発行 ・楽天ペイアプリに登録された楽天カードによる入金(チャージ) ・利用履歴の確認 ・残高の確認 ・モバイルSuicaアプリで購入したSuica定期券、Suicaグリーン券の表示 ・楽天ペイアプリを利用している同一端末上で既にモバイルSuicaを発行している場合には、当該モバイルSuicaを楽天ペイアプリと連携 ができます。 「楽天ペイ」アプリで利用できることはいろいろありますが、やはり一番のメリットは楽天ペイアプリに登録された楽天カードによる入金(チャージ)でしょう。 最大のメリットは!「楽天ペイ」の「モバイルSuica(スイカ)」なら「楽天カード」からのチャージでポイント付与あり 「楽天カード」から通常の「モバイルSuica(スイカ)」へチャージしてもポイント付与はありません。 200円ごとに1ポイント=0. 最大のメリットです。 デメリットも メリットもあればデメリット・残念な点もあります。 「楽天カード」があれば、チャージ200円ごとに1ポイント=0. 「楽天カード」は年会費無料なので、これを機会に持つという手もあります。 iPhone(アイフォン)は不可・アンドロイド端末のみ 一番残念な点は、「楽天ペイ」の「モバイルSuica」が利用できるのは、「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid端末のみという点です。 iPhone(アイフォン)ユーザーは対象外です。 ただし、iPhone(アイフォン)ユーザー向けにキャンペーンが実施されています。 iPhoneユーザーも「楽天ペイ」アプリ内のリンクからキャンペーンページへエントリーして、「モバイル Suica」アプリや「Apple Pay(アップルペイ)」にて「楽天カード」を利用してSuicaチャージをすることで、200 円ごとに 1 ポイントの「楽天ポイント」を貯めることが可能です。 まとめ Android端末&「楽天カード」所有なら、利用して損はない「楽天ペイ」の「モバイルSuica(スイカ)」。 モバイルSuicaアプリとの併用も可能なので、不便になることはありません。 Android端末での利用が可能になったことに合わせてiPhone(アイフォン)用にもキャンペーンが実施されています。 いずれにしろ「楽天カード」からの「モバイルSuica(スイカ)」チャージで0. 5%還元率が可能になったことはうれしいニュースですね。 「楽天ペイ」を新規に始める場合は、タイミングによってはキャンペーンが実施されていることもあります。 キャンペーンは上手に利用しないと損ですよ。

次の

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

楽天 ペイ 機種 変更

楽天ペイアプリでは、 ・モバイルSuicaへの会員登録・発行 ・楽天ペイアプリに登録された楽天カードによる入金(チャージ) ・利用履歴の確認 ・残高の確認 ・モバイルSuicaアプリで購入したSuica定期券、Suicaグリーン券の表示 ・楽天ペイアプリを利用している同一端末上で既にモバイルSuicaを発行している場合には、当該モバイルSuicaを楽天ペイアプリと連携 ができます。 「楽天ペイ」アプリで利用できることはいろいろありますが、やはり一番のメリットは楽天ペイアプリに登録された楽天カードによる入金(チャージ)でしょう。 最大のメリットは!「楽天ペイ」の「モバイルSuica(スイカ)」なら「楽天カード」からのチャージでポイント付与あり 「楽天カード」から通常の「モバイルSuica(スイカ)」へチャージしてもポイント付与はありません。 200円ごとに1ポイント=0. 最大のメリットです。 デメリットも メリットもあればデメリット・残念な点もあります。 「楽天カード」があれば、チャージ200円ごとに1ポイント=0. 「楽天カード」は年会費無料なので、これを機会に持つという手もあります。 iPhone(アイフォン)は不可・アンドロイド端末のみ 一番残念な点は、「楽天ペイ」の「モバイルSuica」が利用できるのは、「おサイフケータイ」機能が搭載されたAndroid端末のみという点です。 iPhone(アイフォン)ユーザーは対象外です。 ただし、iPhone(アイフォン)ユーザー向けにキャンペーンが実施されています。 iPhoneユーザーも「楽天ペイ」アプリ内のリンクからキャンペーンページへエントリーして、「モバイル Suica」アプリや「Apple Pay(アップルペイ)」にて「楽天カード」を利用してSuicaチャージをすることで、200 円ごとに 1 ポイントの「楽天ポイント」を貯めることが可能です。 まとめ Android端末&「楽天カード」所有なら、利用して損はない「楽天ペイ」の「モバイルSuica(スイカ)」。 モバイルSuicaアプリとの併用も可能なので、不便になることはありません。 Android端末での利用が可能になったことに合わせてiPhone(アイフォン)用にもキャンペーンが実施されています。 いずれにしろ「楽天カード」からの「モバイルSuica(スイカ)」チャージで0. 5%還元率が可能になったことはうれしいニュースですね。 「楽天ペイ」を新規に始める場合は、タイミングによってはキャンペーンが実施されていることもあります。 キャンペーンは上手に利用しないと損ですよ。

次の

スマートフォンの機種変更に伴うペイペイ(PayPay)アプリの移行方法

楽天 ペイ 機種 変更

PayPay ペイペイ の機種変更について スマートフォンの機種変更でPayPayのアカウントを引き継ぐと、 残高やクレジットカードなどの情報もそのまま引き継げます。 ただし、正しい手順でアカウントを引き継ぐことが大切です。 例えば携帯電話番号が変わる場合は、前の機種で引き継ぎをおこなわずに新しい機種でアカウントを作ってしまうと、新しい機種では以前のアカウントが利用できなくなってしまいます。 事前にしっかりと機種変更の方法を確認しておくことが大切です。 PayPay ペイペイ での機種変更の方法 携帯電話番号が変わる場合と変わらない場合では、PayPayの引き継ぎ方法が違います。 携帯電話番号が変わらない場合 携帯電話番号に変更がない場合は、スムーズにアカウントを引き継げます。 新しい機種でPayPayのアプリをダウンロードし、前の機種で使用していた携帯電話番号とパスワードでログインできます。 具体的なログイン方法は下記のとおり。 携帯電話番号が変わらない場合のログイン方法• 新しい機種にPayPayアプリをダウンロード• PayPayアプリを起動新規登録画面の下部にある「ログイン」をタップ• 携帯電話番号とパスワードを入力、または「Yahoo! JAPAN IDでログイン」をタップ• SMS ショートメッセージ に送られてきた認証コードを入力 Yahoo! JAPAN IDでログインする場合は、IDか携帯電話番号、またはメールアドレスを入力することで、新しい機種宛てに確認コードが届きます。 確認コードを入力して「ログイン」をタップすればOKです。 Yahoo! JAPAN IDでログインした場合も携帯電話番号でログインした場合と同様、アカウントの情報は前の機種と同じになっているので、 機種変更後すぐにPayPayが使えます。 注意したいのは機種変更で携帯電話番号が変わる場合です。 携帯電話番号が変わる場合 携帯電話番号が変わる場合は正しく引き継ぎをおこなわないと、残高などのアカウント情報を新しい機種に移行できなくなる恐れがあります。 前の機種と新しい機種の両方での操作が必要なので、間違っても新しいアカウントを作ったり、解約したりしないように注意しましょう。 それでは前の機種と新しい機種、それぞれの手続き方法を見ていきます。 前の機種での手続き方法 前の機種で新しい携帯電話番号を登録する必要があります。 前の機種での手続きは次のとおり。 PayPay ペイペイ の機種変更での注意点 ここではPayPayでの機種変更の際の注意点について見ていきます。 複数のアカウントは統合できない PayPayでは 複数のアカウントは統合できません。 特に携帯電話番号が変更になった方は注意が必要です。 前の機種でPayPayアカウントの移行手続きをおこなわずに新しい機種 新しい携帯電話番号 でアカウントを作成してしまうと、新しい機種ではこれまで利用していたPayPayアカウントが使えなくなります。 過去に利用していたアカウントが消えることはありませんが、同じスマホで複数のアカウントを利用することはできません。 異なるアカウントで同じ携帯電話番号を重複して使うこともできないので、注意しましょう。 解約したアカウントの携帯電話番号は再登録できない 解約したアカウントの携帯電話番号は、180日間は再登録できません アカウントが作れない。 機種変更しても継続してPayPayを利用したい方は、 くれぐれも解約しないように注意しましょう。 携帯電話番号を変更した方がPayPayの移行手続きをする場合は、まずは機種変更前のスマホでPayPayにログインする必要があります。 引き継ぎ作業が上手くいかない場合は、PayPayの公式サイトからカスタマーサポート窓口に質問することもできるので、覚えておきましょう。 アカウント情報が重複するとポイントが付与されない場合がある PayPayのアカウント情報が重複すると、キャンペーンポイントが付与されなかったり、付与日が遅くなったりする場合があります。 次の場合はアカウントの重複とみなされるので注意が必要です。 アカウントの重複とみなされる例• 同一端末で、異なる2つ以上のPayPayアカウントでPayPayアプリを利用した場合• 同一のPayPayアカウントで、異なる2つ以上の端末へログインしてサービスを利用した場合• 同じクレジットカードを異なる2つ以上のPayPayアカウントに登録してPayPayアプリを利用した場合 PayPayの利用規約では、 個人で複数のアカウントを持つことは禁止されています。 機種変更をした方は、前の機種でPayPayアカウントからログアウトしておきましょう。 アカウントの移行が完了したら、前の機種でPayPayアプリを削除しておくと、間違いがありません。 アカウントを新規登録する場合は、前のアカウントの支払い方法を削除しておく PayPayのアカウントを移行する方法はこれまで見てきたとおりです。 しかしスマホの機種変更をした際に 「新しいアカウントを作りたい」という場合は、以前利用していたPayPayのアカウント情報を削除しておく必要があります。 前のアカウントと新しいアカウントの両方に同じクレジットカード情報が登録されていたりすると、 本来は付与されるはずのポイントがもらえなくなる場合があるのです。 前述 過去に利用していた アカウント自体は削除不可なので、 アカウント内のクレジットカードの情報を削除し、 Yahoo! JAPAN IDとの連携も解除しておきましょう。 クレジットカード情報を削除する方法 PayPayアカウントのクレジットカード情報を削除する方法は次のとおり。 Yahoo! JAPAN IDとの連携を解除する方法• PayPayアプリでアカウント画面を表示させる• 「詳細を見る」をタップ• 下部にある「Yahoo! JAPAN IDの連携を解除する」をタップ• 「連携を解除する」をタップ クレジットカードの情報を削除し、Yahoo! JAPAN IDとの連携を解除した後は、 アカウントからのログアウトを忘れずにおこないましょう。 PayPay ペイペイ の機種変更まとめ 機種変更でのPayPayアカウントの引き継ぎは、番号が変わる場合と変わらない場合ではやり方が異なります。 正しく引き継ぎをおこないましょう。 アカウントの引き継ぎ後は、クレジットカードなどの情報が複数のアカウントで重複しないよう、削除しておくことも忘れずに。 正しく機種変更をおこなって、快適にPayPayを利用しましょう!.

次の