妊娠後期 腹痛。 妊娠後期にお腹の張りが頻繁に起こる、その原因は?

妊娠時の痛み: 腹痛や頭痛など妊娠時の不快症状の原因と対処法

妊娠後期 腹痛

どうして妊娠初期に腹痛が起こるのか、受診したほうがいい腹痛の症状はどんなものか、を解説します。 その症状の現れ方や程度には個人差がありますが、腹痛を感じる人も少なくありません。 妊娠初期の妊婦さんが感じがちな腹痛としては、次のようなものが挙げられます。 早い人では、着床(ちゃくしょう)後に感じる場合もありますし、まったく感じない人もいます。 我慢できない、というほどの腹痛でなければ、生理的ななものと考えていいでしょう。 中でも妊娠初期に多く分泌されるプロゲステロン 黄体ホルモン というホルモンは、腸のぜんどう運動を弱める作用があるため、便秘を引き起こし、下腹部の違和感、下腹部痛として感じる人がいるのです。 また、妊娠初期はつわりで食事が思うようにとれなくなるため、脱水となり便秘になることが考えられます。 それまで便秘に悩まされたことのない人が、便秘傾向になり、腹痛として感じている可能性があります。 子宮が大きくふくらむとき、筋肉が引き伸ばされることによって痛みや違和感が起こる場合があります。 また、周囲の臓器が圧迫されていることも原因のひとつです。 片側だけチクチク痛む、内側から引っ張られるように感じると訴える妊婦さんは多いようです。 とくに妊婦さんが気になるのは、流産の兆候ではないかということでしょう。 下腹部に強い痛みがあったり、出血を伴う場合は流産の兆候である可能性もありますが、診察をしてみないとわからないものでもあります。 また、同様の症状でも、おなかの赤ちゃんの心拍が確認できる切迫流産(せっぱくりゅうざん)の場合もあります。 いずれにせよ、妊娠がわかってから、次のような症状があったらすぐに産婦人科を受診しましょう。 A痛みが継続していて、我慢ができない 痛みの感じ方には個人差がありますが、1時間に何回も痛みが訪れ、しかもそれが継続している場合や、眠れないほど痛い、痛み止めを使いたいほど痛いという場合は、病院に連絡し受診しましょう。 B出血を伴っている 腹痛だけでなく出血もある場合は、切迫流産や受精卵が子宮内膜以外の場所に着床してしまう異所性妊娠などの可能性があります。 茶色のおりもの程度でも出血がある場合には医師に相談し、通常の生理と同じくらいの出血量がある場合には、すぐに受診をしましょう。 異所性妊娠や婦人科のトラブルのサインのことも 下腹部の激しい痛みや出血量が多い場合に考えられるトラブルがいくつかあります。 まずひとつが異所性妊娠。 異所性妊娠は正常な部位以外に着床した妊娠のことをいいますが、通常の妊娠同様に妊娠反応が出るため、自分自身ではどちらかを判別することはできません。 最終月経から6週間後までに産婦人科を受診しておくことが大切ですが、妊娠に気づかず、腹痛の症状が出てわかる場合もあるため、激しい腹痛や出血が止まらない場合は早急に受診しましょう。 次に子宮筋腫や卵巣嚢腫など婦人科の病気と妊娠が重なり、腹痛を引き起こす場合があります。 妊娠前から発見されていたケースと妊娠をきっかけに発見されるケースとがありますが、通常はそれ自体が赤ちゃんの発育に影響することはありません。 ただし、出産に影響する可能性もあるため、医師が注意深く観察します。 妊娠初期の腹痛はどう対処すればいい? 痛み止めなどを飲む前に確認する 妊娠の可能性があったり、妊娠が判明している場合、自己判断で市販薬を飲むのは控えましょう。 とくに妊娠4~12週はおなかの赤ちゃんの重要な臓器が作られるため、薬の影響が心配な時期でもあります。 赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分が含まれた薬の種類はごくわずかで、ほとんどのケースは問題ありませんが、余計な心配をしないためにも細心の注意を払いましょう。 無理をせず、安静にする 腹痛を感じたら、いすに座ったり、横になるなどして、無理をせず安静にしましょう。 おなかに力が入るような動きや姿勢、重いものを持つ、長時間立つなどの行為は控えて。 仕事などでどうしても動かなくてはならない場合は、作業量を減らし、ゆっくりとしたペースで、負担をかけない工夫をしましょう。 体を冷やさないようにする 血行が悪くなることで、腹痛が引き起こされることもあります。 汗をかいたり、のぼせるほど体を温める必要はありませんが、寒さや冷えを感じるときは、1枚多く肌着を着たり、ストールをはおるなどの工夫を。 どちらも痛み方は似ているため、違いを区別することは難しいかもしれません。 熱っぽい、眠けが強くなる、気分が悪くなる、においに敏感になる、胸が張るなど、妊娠すると起こりがちな症状があるかも合わせてみるといいでしょう。 ただし、症状の現れ方は個人差があります。 Q腹痛があったら、夜間でも受診したほうがいいの? A安静にして痛みが落ち着けば、すぐに受診する必要はありません。 ただし、激しい痛みが続いたり、生理の2日目のような出血量が伴う場合には夜間であっても受診しましょう。 Q腹痛で受診したら切迫流産と診断されたけど、どういう状態? A切迫流産は出血や腹痛、おなかの張りといった流産と同じ症状があるものの、おなかの赤ちゃんの心拍が確認できる状態のこと。 心拍が確認でき、子宮頸管(しきゅうけいかん)が閉じているならば、妊娠が継続する可能性が高いので、心配し過ぎず、医師の指示を守りましょう。 腹痛は体調がわかるひとつの症状です。 妊娠をしたからといって、慎重になり過ぎる必要はありませんが、妊娠前とまったく同じ生活をするのではなく、自分の体に気を使ったり、少し体を休めて、ゆっくりしたペースにしては?と教えてくれているのかもしれません。

次の

妊娠超初期~妊娠初期の腹痛で知っておきたいこと

妊娠後期 腹痛

妊娠後期とは こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子()です。 妊娠後期とは、最後の3か月の 妊娠8か月、9か月、10か月を言います。 妊娠後期は、お腹も徐々に大きくなってきます。 布団やベッドからの起き上がり動作などに時間がかかったりします。 寝返りなど身体の向きを変えるのもゆっくりになったりします。 妊娠後期は、身動きがゆっくりになります。 妊娠後期は胎児・母体の安全のためにもゆっくり動きましょう! もうすぐで赤ちゃんに会える嬉しさから、出産準備、その後の出産や育児に対する不安まで忙しい時期でもある妊娠後期。 仕事を続けている人は、産休に入る頃でもありますね。 もうすでにお休みに入っている人も多いと思います。 里帰り出産をする人も、ちょうどこの妊娠後期の時期に、帰る人が多いようです。 今は、妊娠9か月! 私には、現在、妊娠後期です。 今は、妊娠9か月に入っています。 妊娠8か月くらいから、急にお腹が重く感じるようになりました。 子宮も胎児も大きく成長しているんだと思います。 もちろん、動作もゆっくりになりました。 もともと運動が好きなせいか、もっと動きたいのですが、そうは行きません。 ちょっと無理をした次の日は、少し出血が見られたりして、あ〜無理は出来ないなと実感しています。 先輩ママに話すと、「ベッドに寝転がって手の運動でもしておきなさい。 今は歩くだけで十分運動よ!」と言ってくれました。 確かに・・・立ちっぱなしで動きすぎは妊娠後期、この時期には良くないですね。 その日から、反省してなるべく安静を心がけています。 腹痛に始まり下痢に冷や汗・・・ たいてい下痢をする時って、決まってその前に腹痛があります。 たまにの下痢ならまだ良いのですが、続く下痢には困ります。 胃腸はストレスも大きく関係しています。 現代は、ストレス社会とも呼ばれているほど、私たちは普段の生活をするだけでストレスにさらされています。 そのためもあり、過敏性超症候群など、下痢や便秘の消化器症状に悩む人が年々増えています。 下痢も、水のような下痢から、キリキリ・シクシク・ズキズキといったような腹痛を伴い下痢から様々です。 1回の下痢で終わってくれれば良いのに、何回もトイレに通うような下痢であったり、トイレから出てこれないような下痢もあります。 どれも腹痛を伴っているので、ドッと疲れます。 さらに下痢は無理に腹圧をかけて息むことになりかねません。 妊娠後期は、便秘に悩む妊婦さんが多いようですが、下痢も侮ってはいけません。 妊娠後期に、下痢で悩んでいる人は、すぐに医療機関、助産師さんに相談しましょう。 下痢と冷や汗、考えたくもない経験 腹痛+下痢とくると、冷や汗も出てきます。 この冷や汗を伴う腹痛+下痢はもう最悪ですね。 あなたも1度や2度の経験があるかもしれません。 冷や汗の下痢は経験しなくても良いと思います。 私は、妊娠期間中ではありませんが、 このトリプルパンチ、腹痛+下痢+冷や汗を何度か経験しました。 もう二度と経験したくないですね。 数年前に日本に住んでいた頃、病院の歓迎会のあとの電車の中から腹痛が始まりました。 家まで大丈夫だろう、我慢しようと思っていた矢先に、もう耐えられないくらいの腹痛になり、すぐに電車を降りて、駅のトイレに駆け込みました。 そして、下痢、冷や汗、さらには悪寒・・・ 4月上旬の夜で、まだ寒い日が続いていました。 そのため、この冷や汗と悪寒で私の体力をみるみる間に奪われていきました。 トイレにかれこれ30分以上はこもっていました。 身動きが取れず、バッグから携帯電話を取り出す余裕もなく、腹痛が収まるのを、ただただ時間が経つのを待つのみでした。 妊娠後期の、腹痛、下痢、冷や汗は胎児にも母体にも良い影響は見られません。 食中毒?過度なストレス?冷え性?など何かしらの原因が隠れているはずです。 1回で治ればまだしも、続く場合は、すぐに受診しましょう。 妊娠後期は穏やかに過ごしましょう! 妊娠後期は、腹痛や下痢、冷や汗などのトラブルとは無縁の生活が理想的ですね。 さらに、余計なストレスもなく、便秘やむくみなどもなく、ゆっくり穏やかに過ごしたいものです。 しかし、上の子の子育てや仕事、人間関係、気候などから、そうも言ってられません。 その現実を抱えながらは大変だと思いますが、妊娠後期は無理をせず、安静を心がけて過ごすことが出来るようにしましょう。 そのためには、周囲のサポートも欠かせませんね。 サポートしてくれる人がいれば、存分に甘えましょう。 赤ちゃんに会えるまで、もう少しの妊娠後期。

次の

妊娠後期に腹痛に始まり下痢に冷や汗・・・大変です。

妊娠後期 腹痛

どうして妊娠初期に腹痛が起こるのか、受診したほうがいい腹痛の症状はどんなものか、を解説します。 その症状の現れ方や程度には個人差がありますが、腹痛を感じる人も少なくありません。 妊娠初期の妊婦さんが感じがちな腹痛としては、次のようなものが挙げられます。 早い人では、着床(ちゃくしょう)後に感じる場合もありますし、まったく感じない人もいます。 我慢できない、というほどの腹痛でなければ、生理的ななものと考えていいでしょう。 中でも妊娠初期に多く分泌されるプロゲステロン 黄体ホルモン というホルモンは、腸のぜんどう運動を弱める作用があるため、便秘を引き起こし、下腹部の違和感、下腹部痛として感じる人がいるのです。 また、妊娠初期はつわりで食事が思うようにとれなくなるため、脱水となり便秘になることが考えられます。 それまで便秘に悩まされたことのない人が、便秘傾向になり、腹痛として感じている可能性があります。 子宮が大きくふくらむとき、筋肉が引き伸ばされることによって痛みや違和感が起こる場合があります。 また、周囲の臓器が圧迫されていることも原因のひとつです。 片側だけチクチク痛む、内側から引っ張られるように感じると訴える妊婦さんは多いようです。 とくに妊婦さんが気になるのは、流産の兆候ではないかということでしょう。 下腹部に強い痛みがあったり、出血を伴う場合は流産の兆候である可能性もありますが、診察をしてみないとわからないものでもあります。 また、同様の症状でも、おなかの赤ちゃんの心拍が確認できる切迫流産(せっぱくりゅうざん)の場合もあります。 いずれにせよ、妊娠がわかってから、次のような症状があったらすぐに産婦人科を受診しましょう。 A痛みが継続していて、我慢ができない 痛みの感じ方には個人差がありますが、1時間に何回も痛みが訪れ、しかもそれが継続している場合や、眠れないほど痛い、痛み止めを使いたいほど痛いという場合は、病院に連絡し受診しましょう。 B出血を伴っている 腹痛だけでなく出血もある場合は、切迫流産や受精卵が子宮内膜以外の場所に着床してしまう異所性妊娠などの可能性があります。 茶色のおりもの程度でも出血がある場合には医師に相談し、通常の生理と同じくらいの出血量がある場合には、すぐに受診をしましょう。 異所性妊娠や婦人科のトラブルのサインのことも 下腹部の激しい痛みや出血量が多い場合に考えられるトラブルがいくつかあります。 まずひとつが異所性妊娠。 異所性妊娠は正常な部位以外に着床した妊娠のことをいいますが、通常の妊娠同様に妊娠反応が出るため、自分自身ではどちらかを判別することはできません。 最終月経から6週間後までに産婦人科を受診しておくことが大切ですが、妊娠に気づかず、腹痛の症状が出てわかる場合もあるため、激しい腹痛や出血が止まらない場合は早急に受診しましょう。 次に子宮筋腫や卵巣嚢腫など婦人科の病気と妊娠が重なり、腹痛を引き起こす場合があります。 妊娠前から発見されていたケースと妊娠をきっかけに発見されるケースとがありますが、通常はそれ自体が赤ちゃんの発育に影響することはありません。 ただし、出産に影響する可能性もあるため、医師が注意深く観察します。 妊娠初期の腹痛はどう対処すればいい? 痛み止めなどを飲む前に確認する 妊娠の可能性があったり、妊娠が判明している場合、自己判断で市販薬を飲むのは控えましょう。 とくに妊娠4~12週はおなかの赤ちゃんの重要な臓器が作られるため、薬の影響が心配な時期でもあります。 赤ちゃんに悪影響を及ぼす成分が含まれた薬の種類はごくわずかで、ほとんどのケースは問題ありませんが、余計な心配をしないためにも細心の注意を払いましょう。 無理をせず、安静にする 腹痛を感じたら、いすに座ったり、横になるなどして、無理をせず安静にしましょう。 おなかに力が入るような動きや姿勢、重いものを持つ、長時間立つなどの行為は控えて。 仕事などでどうしても動かなくてはならない場合は、作業量を減らし、ゆっくりとしたペースで、負担をかけない工夫をしましょう。 体を冷やさないようにする 血行が悪くなることで、腹痛が引き起こされることもあります。 汗をかいたり、のぼせるほど体を温める必要はありませんが、寒さや冷えを感じるときは、1枚多く肌着を着たり、ストールをはおるなどの工夫を。 どちらも痛み方は似ているため、違いを区別することは難しいかもしれません。 熱っぽい、眠けが強くなる、気分が悪くなる、においに敏感になる、胸が張るなど、妊娠すると起こりがちな症状があるかも合わせてみるといいでしょう。 ただし、症状の現れ方は個人差があります。 Q腹痛があったら、夜間でも受診したほうがいいの? A安静にして痛みが落ち着けば、すぐに受診する必要はありません。 ただし、激しい痛みが続いたり、生理の2日目のような出血量が伴う場合には夜間であっても受診しましょう。 Q腹痛で受診したら切迫流産と診断されたけど、どういう状態? A切迫流産は出血や腹痛、おなかの張りといった流産と同じ症状があるものの、おなかの赤ちゃんの心拍が確認できる状態のこと。 心拍が確認でき、子宮頸管(しきゅうけいかん)が閉じているならば、妊娠が継続する可能性が高いので、心配し過ぎず、医師の指示を守りましょう。 腹痛は体調がわかるひとつの症状です。 妊娠をしたからといって、慎重になり過ぎる必要はありませんが、妊娠前とまったく同じ生活をするのではなく、自分の体に気を使ったり、少し体を休めて、ゆっくりしたペースにしては?と教えてくれているのかもしれません。

次の