水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と。 自由研究にペットボトルに雲を作る実験!仕組みやまとめ方

湿度を下げる一番簡単な方法!ペットボトルと扇風機でエアコンいらず

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

5Lのペットボトル ・線香 ・ライター(マッチなど) ・ぬるま湯 実験では、ペットボトルを強く握って凹ませる作業があります。 ですので、 柔らかく凹ませやすいペットボトルの方がおすすめです。 ペットボトルに少量(1㎝くらい)のぬるま湯を入れる 2. 蓋を閉めて、よく振ります。 蓋はまた開けておきます。 線香に火をつけ、ペットボトルに差し込んで中に煙を入れる (線香の煙は、少しで大丈夫。 5秒くらい差し込んでみてください。 ) 3. ペットボトルに蓋をする 4. ペットボトルを強く握り、凹ませる 5. 気圧が高い地上で詰められた袋は、気圧が低い山の上に行くと、袋の中の方が気圧が高くなります。 外と内との気圧差で袋が膨らむという原理です。 では、雲ができる仕組みをみていきます。 今回の、ペットボトルを使った実験では、ペットボトルにぬるま湯を入れることで水蒸気を発生させています。 そして、 ペットボトルを強く押して凹ませることで、気圧を高くし 一気に戻すことで、 気圧を下げ、中の空気を膨張させました。 ペットボトル内では、温度が下がり、余った水蒸気が固まって、雲ができるという仕組みです。 また、空気中にあるホコリやチリの代わりとして、今回は、線香の煙を使っています。 ・ペットボトルを凹ませたとき、戻した時で、中の様子はどのように変わるか ・入れる線香の量を変えると、雲のでき方に違いはあるか などを観察して、結果をまとめてみましょう。 ペットボトルで雲を作る実験のまとめ 仕組みを理解すれば、雲は簡単に作ることができるのですね。 雲に含まれる水や氷の粒は、お互いにだんだんとくっつき大きな粒になっていきます。 そのうち、浮かんでいられなくなるほど重くなると、地上に雨として降ってくるのですね。 地上が寒ければ、雪となります。 279• 101• 233•

次の

大気圧の説明についてどうしても納得いきません!ペットボトルの中の空気を抜...

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

部屋の湿度を下げる方法の前に… 部屋の湿度を下げる方法の前に、少しだけ湿度についてお話しますね。 湿度とは…空気中に含まれる水分の割合で、空気中に含まれる水分が多いほど「湿度が高い」となります。 そして空気中の水分を取る方法ですが、身近なものだと、「 結露」があげられます。 ・寒い冬に部屋で暖められた空気が窓に触れて水滴になるように ・暑い夏に氷水の入ったグラスの周りに水滴がつくように こんな感じで空気は急激に冷やされると、その中に含んでいた水分を失ってしまうので、その事を利用して湿度を下げることができます。 実はエアコンの除湿機能も、空気を急激に冷やして温度差を利用して結露をおこし、空気中の水分を取っているのですよ。 【関連記事】 2018-04-12 22:09 なので、原理がわかれば、エアコンを使わなくても、自分で結露をおこすことで、湿度を下げることができます。 そしてその方法ですがとっても簡単!扇風機とペットボトルだけで出来ちゃいます。 さっそく紹介していきますね。 部屋の湿度を下げる方法 先程も書きましたが、空気は急激な温度差で冷やされると、その中に含まれていた水分を失います。 使うものは扇風機とペットボトルだけ。 やり方は、まずペットボトルに水を入れて凍らせておきます。 一本でも効果がありますが、より高い効果を期待したいのであれば、複数本凍らしておきましょう。 そして、ペットボトルが凍ったのであれば、あとはそれを扇風機の前において、扇風機をスイッチオンするだけ。 そうすると、温かい空気がペットボトルのの周りを通り抜けるときに急激に冷やされることによって、ペットボトルに水滴が付きますよね。 この水滴が湿度の正体なんです。 もちろん扇風機を使わずにそのままでも水滴を発生させて湿度を下げることは出来るのですが、より効果を高めるためには扇風機で風を送ったほうがいいですね。 もちろんペットボトルを通過した風は若干冷やされますが、エアコンほど寒いわけでもなく、また、扇風機の首を調節することで風の向きも調節できますので、その結果あまり寒く感じることはありません。 そしてペットボトルに水滴がついてきたら定期的に拭き取ってやるだけ。 ペットボトルをフローリングなどに直置きするとすぐ濡れてしまいますので、新聞紙やタオルなど、水分が染み込むものをペットボトルの下のおいておくのを忘れずにしておいてくださいね。 これで部屋の湿度を下げることができます。 また、この方法は、梅雨の時期や夏だけでなく、冬にも使うことができますよ~。 冬の場合、暖房をつけるとどうしても温かい空気が上に逃げていきますよね。 そんな中で空気を循環させて温かい空気を再利用するのに扇風機はとても有効ですし、扇風機で室内の空気を循環させるのであれば、凍らせたペットボトルをおいておけば、湿気も取れて一石二鳥ですね。 部屋の湿度を下げる方法、もっとないの? ペットボトルと扇風機を使った簡単な湿気を取る方法を紹介しましたが、湿度を下げる方法を調べたところ、この他にもいくつかありました。 例えば、炭を使って湿度を下げる方法ですが、 炭には小さな穴が空いていて、その穴が空気中の水分や匂いの成分を吸収してくれます。 冷蔵庫や下駄箱の臭い取りに炭を使った商品もありますよね。 その原理を利用するのであれば、部屋の中に炭をおいておくことで室内の湿気を取ることができます。 湿気を含んだ炭は晴れた日に干しておくことで水分が飛んでいきますので、何度も繰り返し使うことができます。 ですが、炭を持つと手が汚れたりしますので、あまりオススメできない方法ですね。 手を汚さない方法であれば、「 新聞紙を丸めて部屋においておく」というのもネットで見かけました。 新聞紙が室内の湿気を吸い込んでくれるから…と。 たしかに新聞紙は室内の湿気をある程度は吸い込んでくれるとは思うのですが…例えば先ほど紹介した扇風機とペットボトルを使ってできた水分を新聞紙で拭き取ったとして、新聞紙はベタベタになってしまいますよね。 でも逆に、「新聞紙を置いておくだけ」ではそんなに高いベタベタになるほどの効果は見込めないのはあきらか。 なので、この方法は効率が悪いと言えるでしょう。 そして、 「塩」や「重曹」を使った方法ですが、あのような粉末のものは湿気を吸い込むと固くなってしまいますよね。 なので湿度を下げる効果はあるのですが、やはりペットボトルに付いた水滴ほどではないと思います。 いろいろと調べてみたのですが、やはり扇風機とペットボトルが一番湿度を下げるのにいいのではないでしょうか? まとめ いかがでしたか? 長くなってしまいましたので、もう一度要点をまとめてみますね。 ペットボトルを凍らせる• 扇風機の前に凍らせたペットボトルを置いておく• 扇風機のスイッチをオン• ペットボトルに水滴がつくので、定期的に拭き取ってやる と、これだけ。 簡単で効果抜群ですので、是非試してみてください! 本日の記事は以上です。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

次の

ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ?

水 が 入っ た ペット ボトル 中 の 気圧 を 下げる と

化学の実験で使う物質だって別に自然に存在するといっても何の問題もないと思うので。 密閉状態で、温度変化が完全を完全に無視してい状態(普通に放置していたらこの状態ではありませんが)で考えるなら、2つ考えつきます。 一つは、気体が液体に溶解した場合です。 水が少し入ったペットボトルに二酸化炭素を入れてペットボトルにふたをして振ると、一気にへこみますよね。 あれと同じことが起こった場合です。 ただ、空気が入っていた場合はそのようなことはまず起きないでしょう。 空気の主成分は窒素と酸素で、その二つとも溶けにくいですから。 二つ目は、気体が液体と反応した場合です。 例を思いつきませんが、反応して気体の物質量が減る場合、減圧が起き、ペットボトルはへこみます。 あと考えられるのはほかの回答者と同じで、温度一定が成り立っておらず、温度変化による減圧でしょうか。 ところで、なぜ液体が何かを書かなかったのでしょう。 それがわかればもっと詳しい回答も得られるかもしれないのに。 Q 私はよく同一の商店で「KIRIN 午後の紅茶 THE Pungency」の冷蔵状態のものを買って飲んでいます(アナと雪の女王のキャラクタが配されたデザインのものです)。 これまでの経験では、この商品は必ず内部が負圧になっており、冷蔵棚に置いてある状態でも小さなへこみのあるものが多く、キャップを開けると必ず空気を吸い込みます。 他のペットボトル飲料で、ここまでへこむものは、今のところ見たことがありません。 これが不満だというわけではありません。 多少興味深いという程度です。 私の手に取る商品が偏っているだけかも知れず、その場合はちょっと恥ずかしいなぁと思いつつ・・・質問に入りますが、 ・缶の場合はつぶれないよう圧力を高くしているものがあると聞きます。 この商品の内部が負圧になっている理由は何でしょうか。 ・そもそも皆さんが手に取るこの商品は負圧になっていますか。 ・ペットボトル飲料で、このように負圧をかけるのはよくあることでしょうか。 同様の他商品をご存じであれば教えてください。 A ベストアンサー 温度・圧力一定のままで保管すれば、凹んだままでしょう。 温度を上げたり圧を下げるとCO2は出やすくなるのですが、同時に水蒸気も出てきますのでご質問の意図とはちょっとずれた現象になると思います。 塩や砂糖を水に沢山入れて掻き混ぜると、溶け後でまた再結晶して出てくる分が僅かにあっても、基本的に水は「砂糖水」の状態のままですよね。 それと同じようなもの。 CO2が水に溶解する反応は「振り混ぜる事」が必須ではない反応であり、振り混ぜずともいずれCO2は平衡状態まで溶解が進みます。 従って水量が満水状態よりも相当に低い場合、つまり当初のボトル中にCO2の体積がある程度あれば、ペットボトルの凹み分の容積に相当するだけのCO2が水に溶解したままの状態で、ボトル内の系は安定することでしょう。 A ベストアンサー 簡単に説明しますと、もともと水の中には水素イオンと水酸化物イオンの両方が存在していてその偏りによって、つまり水素イオンの割合が多くなると酸性に、水酸化物イオンの割合が増えるとアルカリ性になる、ということです。 ここで、二酸化炭素を溶かすと水の中で炭酸イオン[ HCO3 -]というものになります。 イオン式を見ての通り、これは二酸化炭素に水酸化イオンを加えたものですね。 つまり水の中の水酸化物イオンが使われたということです。 そうなると水素イオンの割合が水溶液中で増えるので、酸性になるということです。 質問を見ると、おそらくburukunnさんは中学生だと思います。 高校になるとこの辺のことを詳しく習うと思うので。 あと、小さなことでも疑問をもつことはいいことですよ。 だから恥ずかしがることはないと思います。 ではでは。 A ベストアンサー gaoshiさん、こんにちは。 このCaCO3が、白色沈殿となります。 炭酸水素カルシウムは、可溶性です。 ですから、再び通すと、透明になるんですね。 さらに、透明になった水溶液に、熱を加えると、 再び沈殿が生じます。 その反応式も書いておきますね。 Q 炭酸飲料を振ったらどうして二酸化炭素があんなに出てくるんでしょうか? 学校の先生に聞いたら「・・・(すみません。 名前忘れました)の法則を考えたらすぐわかる」って言われたんですが、いまいちよくつかめません。 その法則というのが、気体は温度が低く、気圧が高いほどよく液体に溶ける、という内容のものでした。 そこで、考えてみたんですが・・・ 1.炭酸飲料を入れたペットボトルを用意する。 こんな感じでいいんでしょうか? でも、よくわからないのは、2のところです。 ちょっと振ったくらいで、そんなに温度があがるものなのでしょうか? とりあえず、そこで考えがつまってしまい、 どうしようもなくなってしまいました。 ちょっと振っただけではペットボトル内の気圧を 外気圧との差がたくさんできるほどあげることはできないのではないでしょうか? 分子どうしがぶつかって、どうにかなってるものなのでしょうか? それと、学校の先生が言ってたのですが、高分子有機化合物が高速で動く際に 何かと衝突してその結合が離れることがあるらしい、ということです。 よくわからないのですが、それが何か関係あるのでしょうか? よくわかりません。 高校2年生くらいのレベルで理解できる内容で、詳しく説明をお願いいたします。 炭酸飲料を振ったらどうして二酸化炭素があんなに出てくるんでしょうか? 学校の先生に聞いたら「・・・(すみません。 名前忘れました)の法則を考えたらすぐわかる」って言われたんですが、いまいちよくつかめません。 その法則というのが、気体は温度が低く、気圧が高いほどよく液体に溶ける、という内容のものでした。 そこで、考えてみたんですが・・・ 1.炭酸飲料を入れたペットボトルを用意する。 んー、すぐにはわからんのでは。 以前の方の回答を参考にして、私の考えを述べます。 まず、ふたを開けると泡が出るのを説明します。 高い圧力ではたくさん二酸化炭素が溶けることが出来ていたのが、 ふたを開けると、入れ物の中の圧力が下がり、あまり二酸化炭素が 溶けることが出来なくなったからですね。 これはヘンリーの法則(というのかな?)です。 しかしこれだけでは振った方が振らないよりたくさん泡が出ることは 説明できません。 そこで、泡の出方を考えてみましょう。 これは、前の回答にもありますように、泡がよく出るためには 核というものが必要になります。 核がないと泡はできにくいです。 コップに炭酸飲料を注いだとしましょう。 このとき、そっと注ぐと泡はあまり出ませんね。 このときの炭酸飲料の中の二酸化炭素は本当はぶくぶくと外に 出たいのですが、核があまりないため(つまりコップが綺麗なため)、 出にくくなっています。 でも、コップに少しだけ汚れがあると、 そこからしばらく泡が出続けるのを見たことがありませんか。 ここでもしたくさんの汚れがあればたくさん泡が出ることが期待され ますね。 ここで問題の、振るとどうなるかですが、振ると容器の中で小さな 泡がたくさん出来ますね。 よく振れば泡が細かくなり、細かい泡は なかなか上にあがってこず、いつまでも液の中に漂っていますね。 これが核になるのでしょう。 非常にたくさん核があることにな ります。 そこで、ふたを開けるとたくさんの核から二酸化炭素 が出てきて結果としてたくさんの泡が出来ることになります。 んー、すぐにはわからんのでは。 以前の方の回答を参考にして、私の考えを述べます。 まず、ふたを開けると泡が出るのを説明します。 高い圧力ではたくさん二酸化炭素が溶けることが出来ていたのが、 ふたを開けると、入れ物の中の圧力が下がり、あまり二酸化炭素が 溶けることが出来なくなったからですね。 これはヘンリーの法則(というのかな... A ベストアンサー アフターサービス万全のkyouichi-7再度登場です。 笑 >何かの成分が溶けてでたりはしないですか? たしかに、不安感は否めませんよね? で,調べました所、 「耐熱ペットボトル」と言うものがあるようです。 また、ペットボトルは、安全性の高いプラスチックとして、 業界では認められているようです。 ner. htm ペットボトル太陽熱温水器の制作 (耐熱ペットボトルの見分け方も載っていました。 cwo. zaq. htm.

次の