ゆるミニマリスト。 「ゆる」ミニマリスト〜汚部屋の片付けられない人間からミニマリストへ、そしてその先へ〜|みよし@みよゆーチャンネル|note

ゆるミニマリスト生活3年目で感じたこと【メリット・デメリット】|ほどよい暮らしのはじめかた。

ゆるミニマリスト

(クローゼットで断捨離したもの)• 靴下・タイツなどたくさん(くたびれたものや履かないもの)• トップス5枚(くたびれている)• バッグ2点(3年以上使っていない)• 靴(5年以上履いていない)• 救急箱(存在していたことすら認識していなかった)• 雑誌の付録の鏡、ハンガー、バレッタなどの雑貨類 靴下の捨てどきがよくわからず、履いていない靴下やタイツがたくさんありました。 チラッと見えて恥ずかしくなるような靴下は、ゴッソリ捨てました。 犬の散歩とか近所のスーパーに行くとか「ワンマイルウェア」になら使えるかも・・・と捨てずにいた微妙なトップスも、断捨離です。 エルベ・シャプリエのトートバッグも断捨離。 丈夫で軽くてシンプルで、ジムとかヨガとか旅行とか愛用してきたけど、これを買ったのはいつだったかと記憶をたどれば、20代前半とかそれくらい。 ということは20年以上前か。 かなりくたびれているので、これも断捨離。 あとは、頂き物の救急箱とか、雑誌の付録の鏡とか、こまごまとしたものもいくつか。 状態がいいけれど、しっくりこなくなってしまったモノは、宅配買取に出しました。 こちらはまた改めて、ブログに書きたいと思います。 今着る冬服だけをクローゼットに吊るす (断捨離後のクローゼット) 断捨離を終えた現在のクローゼットの写真です。 ウォークインクローゼットになっていて、左右にバーがついた吊り棚があります。 女子っぽい雰囲気ゼロ。 なんとも女子力に欠けるクローゼットですが、私は若い頃からずっと、シンプルカジュアルな(地味な)服が好きです。 クローゼット左側に「今の時期に着る服だけ」を吊るしています。 左側の吊り棚にはシーズンオフの羽毛布団を置くので、冬場はガラガラです。 置いているカゴの中もほとんど空っぽです。 吊るした洋服の下に写っている茶色のカラーボックスは、断捨離迷い中のモノの一時置き場です。 ウォークインクローゼット右側には、を二つ並べています。 チェストの天板は、身支度時などの一時置き場など重宝しています。 以前はこの二つともに服を収納していましたが、今は左側のチェストだけで収まるようになりました(インナーやTシャツなどが入っています)。 右側チェストは、手袋、帽子、アクセサリー、その他の雑貨などが入っています。 吊り棚の上は、無印良品のパルプボードボックスを置いてバッグなどを置いています(ここは使い方を見直したい)。 ようやく、私が目指したいスッキリクローゼットの「ゼロ地点」にたどりつくことができたような気がしています。 ここからは、モノが少ないだけでなく、「私に似合って、ちゃんと着る洋服」がある、美しくて機能的なクローゼットを目指していきたいです。 そしてそのために、本当に必要な服をちゃんと選び取ることのできる「審美眼」を磨いていきたいなと思っています。 追記:パーソナルカラー&骨格タイプ診断を受けました 大丸松坂屋のファッションナビで「パーソナルカラー&骨格タイプ診断」を受けました。 かなり参考になり、受けてよかったです。 こんにちは。 このブログを書いている hana です。 大阪と京都の間あたりでミニマリスト夫とトイプードルとゆるりと暮らしています。 整理整頓やモノを捨てることが苦手な性分でしたが、いつも身の回りがスッキリしているミニマリスト夫を見ていると、空間も思考もサッパリと風通しがよくていいなあと思うようになり、夫の影響でシンプルミニマルな暮らしを心がけるようになりました。 長年染み付いた生活習慣はそう簡単に変わるものではありませんが、ちょっとずつでも、シンプルミニマルライフに近づいていきたいなと思っています。 仕事は、フリーランスでWEB関係のことをちょこちょこやっています。 IT業界と広告業界のはしっこあたりで長らく働いてきましたが、腱鞘炎や眼精疲労など、長時間パソコンとにらめっこするような働き方は、もうできなくなってしまったなと、30代とは違うんだなあと痛感します。 これからどんな風に働いていこうかな?と、これからの「大人の働き方」を模索中です。 好きなことは、写真、旅行、読書。 文章を書くのは好きでもあるし、苦手なことでもありますが、書くことで広がっていく世界があるのではないかと思っています。 未来への種を蒔いて、いつか大きな「花」を咲かせますように。 そんなことを綴っていければとの思いを込めて「hana-diary」と名付けました。 どうぞよろしくお願いします^^•

次の

ゆるミニマリストの食器の断捨離と入替。お気に入りの食器だけを使い始めて実感した効果

ゆるミニマリスト

こんにちは。 ゆるミニマリスト主婦のとりだいこんです。 今回は、ミニマリストになってから断捨離、厳選した バッグの事情まとめです。 なぜ女性ミニマリストはバッグの数を厳選するのか バッグの数を厳選したメリット• 一つ当たりにかけられる 予算が増える• 質重視で本当のお気に入りを選択できる• 収納スペースが空く• ギチギチに仕舞わないので 鞄が痛まない• バッグの傷みにすぐ気が付ける• 少量の方がメンテナンスの手間がかからない• 迷う時間がなくなる かなりメリットがあります。 収納スペースがあいて、 ギチギチに仕舞わなくなるというのは 結構大きかったです。 ミニマリストになる以前は、 洋服に合わせて色んなジャンルのバッグを持っていました。 収納BOXいっぱいにバッグを 持っていたので、 恐らく15個位大小様々 あのバッグを使いたい! と思っても、 ギチギチ過ぎて取りづらいし 探してる間 他のバッグを引っ張ったり乱暴に扱ったりして 全然大事に出来てなかったなと今になっては思います。 量を望む分、1つにかけられる金額も限られましたし 質も 1000円〜3000円のプチプラ品なので 尚更ボロボロになるのも早かったです。 そんな可哀想なバッグ達でしたが、 引っ越しを機に減らさなければいけなくなり どれも お気に入りだから! と思いながら厳選していくと 意外と 使用時は汚れや傷みを見ていなくて どれもこれも 客観的に見ると捨て時だったので 感謝をしてお別れしました。 女性ミニマリストのバッグ選び基準• 用途に合わせた 使いやすさ• 見た目が可愛い、素敵• 持ってて テンションが上がる• 何度使っても 惚れ直す• 大事にしたい• 部屋に置いても 不快じゃない• 使ってて 不快じゃない 以上の基準で試行錯誤を繰り返し 現在のバッグの数は4つに落ち着きました。 普段おでかけ用は• 左上茶色いボディバッグ ブランド不明• 赤いボディバッグ ブランド不明 義実家との外食やちょっとおめかし用は• 左下ショルダーバッグ ヴィンテージグッチ スーパー買い物や2泊3日等の荷物が多い日用は• 黒の2wayバッグ パタゴニア というように、使う用途によって 変えて使っています。 バッグの中身• お財布• 折りたたみ傘• スマホ カードケース付き中身はICOCA、鍵• ハンカチ• 常備薬 ロキソニン、正露丸 を、持って出かけることが多いです。 時と場合により 足したり 引いたりしてます。 基本的には、 うちに帰ってきたらバッグの中から 荷物をすべて出し、指定の位置に置いて バッグを休ませるようにしています。 実際使ってるバッグ 上から順に、 本革 ボディバッグ ブランド不明 赤のボディバッグより荷物が少ない時用に 街の本革バッグ屋さんで購入しました。 本体が 軽い• 必要最小限の荷物が入る• 厚みがないから 嵩張らない• ベルトも革で 安っぽくない• 作りが丁寧• 色や質感が好み 以上が決め手で購入しました。 中は黒の布地で、チャックポケットと サイドポケットが付いてます。 ともかく手ぶらで出かけたい時使ってます。 合皮 ボディバッグ ブランド不明 赤の可愛いボディバッグが欲しくて 楽天で購入しました。 見た目が赤で可愛い• 合皮なので雨の日も気を使わず使える• 見た目より 荷物が入る• 荷物の有無に関わらず 型崩れしない この4点が決め手でした。 外側は前部分にチャックポケットが付いてます 中はサイドポケットが付いています。 飲み物を入れて持ち歩いたり、 旦那さんとお出かけするときは、 このバッグに 2人分の折りたたみ傘を 入れて持ち歩きます。 1泊旅行なら、このバッグに最小限の荷物を 詰めて 手ぶら旅行します。 ヴィンテージグッチ 本革 ショルダーバッグ 長く使えるキチンとしたおめかし用のバッグが欲しくて メルカリで購入しました。 見た目が可愛いくてタイプ• 丈夫そう• ブランド感を前面に出してない この3点が決め手でした。 さりげないブランドロゴが可愛い 中は、 前ポケット、後ろポケット、さらにチャックポケットと 収納場所が沢山あり使いやすいです。 少し重いので、 ちょっといい所にお出かけする位しか 使っていませんが、 無くてはならない存在です。 リュックにもなる• 大容量入る• 背面に クッション付き• 撥水加工• 使用しない時は リュック部分収納可• 折りたためば小さくなる• とにかく 丈夫• 本体が 軽い• 黒なので、 夫婦兼用できる 上記の決め手で購入しました。 折りたためばこんなにコンパクトになります 後ろはこんな感じでリュックになってますが 使わないときは背面ポケットに収納できます 仕舞うとスッキリ 前にチャックポケット付き サイドポケットもあり、 収納も十分です 以上、 女性ミニマリストのバッグ事情まとめでした。 バッグが増えすぎて断捨離したい方の 厳選に役立てたら嬉しいです。 次回は、ファッション関係繋がりで 増えがちな アクセサリー厳選法、 選び方をまとめます。 ポチっとして頂くと励みになります! toridaikon.

次の

ゆるミニマリスト「ていないさん」のお宅探訪。好きなものしか置かない生活

ゆるミニマリスト

ミニマリストの持ち物例• 寝具/マットレス、寝袋、タオルケット• 家具/テーブル• 家電/エアコン、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ• 服/10着以内• 靴/女性の場合3~5足 ご自身と比べていかがですか?一般的な人よりも、 圧倒的に持ち物が少ないことがわかります。 まるで引っ越す前のように部屋は広々としていて、持ち物はキャリーバックひとつに収まりきるだけのミニマリストライフを送っている人もいます。 「ゆるミニマリスト」とは、不要な物を省いてスッキリ快適な生活を目指しつつ、究極のミニマリストのように物を最小限にまでは抑えません。 「プチミニマリスト」とも呼ばれます。 生活が不便になるほど無理もすることなく、好きな物は残しながら限られたスペースでスッキリ暮らしている人のことです。 思い出の品だろうと何だろうと徹底的に捨てるのではなく、 スタンスは「必要な物を選び、不要なものを捨てる」こと。 「ミニマリスト」も同じスタンスなのですが、「ゆるミニマリスト」は 取捨選択の幅が広く、「趣味に使うもの・好きなもの・大切なもの・たまに使うもの」等は残しているのが特徴です。 ゆるミニマリスト生活のメリット 究極のミニマリストであれば、「年に一度しか使わないワインのコルク抜き」は処分の対象です。 しかし、緩いミニマリスト生活をおくる人の中には「残す」こともあります。 「必要・不要」でキッチリ対処を分けるミニマリストよりも、気楽で精神的にも生活そのものにも負担が少ない「ゆるミニマリスト生活」のメリットを確認しましょう。 リラックスできる 物で溢れた部屋にいると目から入る情報が多すぎて脳が疲れ、落ち着かなかったり気分が重たくなったりします。 さらに、心は部屋の状態に影響されるので、部屋が雑然としているとイライラしやすくなり、親子喧嘩や夫婦げんかを引き起こすこともあります。 プチミニマリスト生活にすると部屋がスッキリするので心も穏やかになる以外にも、 ある程度の生活用品が手元に残っている安心感も得られます。 掃除が楽になりスッキリ状態を維持できる 部屋が物で溢れていると、掃除や片付けが大変です。 そのため、片付けや掃除が面倒になり、やらなきゃいけないと思っていても後回しにしがち。 その「あとで」がいつになってもこないので、部屋は狭くなったり汚くなることも珍しくありません。 ゆるミニマリスト生活にシフトすると、 持ち物が減るので片付いた状態をキープできます。 部屋が片付いていると掃除も楽になるので、 後回しにする悪習慣の改善にも繋がりパパっと行動できるようになってきます。 また、究極のミニマリストは物を処分しすぎて、殺伐とした空間になりがちなのに対し、好きなインテリアなどは残しておけるので、お洒落を楽しめるのも「ゆるミニマリスト」の大きなメリット。 無駄遣いが減る 物が多いと必要な物を探すのに時間が掛かったり、結局、見つからずに同じ物を買ってしまうなど無駄遣いに繋がります。 ゆるミニマリスト生活を送っていると、 物を収納している場所を把握しやすいので、既にある物を買うリスクが減ります。 次第に「今、持っているもの」で満足できるようになったり、物の価値を見極める力もついてきたりするので、 衝動買いが減って本当に必要なものだけを購入するようになり、さらに無駄な出費がなくなります。 ゆるミニマリスト生活をはじめる方法 筋金入りのミニマリストを目指すのは簡単ではありません。 仮に家中の物を思い切って処分したとしても、最小限の物しかない環境で暮らしていくのは大変なことで、よほどの覚悟がなければ無理があります。 でも、ゆるミニマリスト生活なら、意外とすんなりシンプルライフを送れます。 では、具体的にプチミニマリストになる方法を確認しましょう。 必要なものを見極める ゆるミニマリスト生活への移行は、 心身に負担をかけずに無理なく進めるのが成功ポイント。 まずは、処分してから「やっぱり捨てなければよかった」と後悔することがないように、「 必要なもの」「不要な物」をしっかりと見極めます。 好きなものに囲まれていると湧いてくる 「幸せな気分」を大切にしながら、使わない物を捨てるのではなく、 本当に必要で残すものを「選ぶ」作業から始めて下さい。 さらに、「写真」をデータ化すれば、 「プリントした写真」も「不要な物」として残す必要がなくなります。 収納スペースに2~3割の余裕をつくる 究極のミニマム生活よりも、手元に残す物の量が増える「ゆるミニマリスト」を目指す人が陥りやすい 失敗ポイントはボックスや引き出しがギュウギュウになるまで詰め込むこと。 クローゼットやチェストなど、収納スペースには限りがあります。 許容範囲をオーバーするほど持ち物を増やすから、部屋が物で溢れてしまうのです。 しかし、新しいタンスを買うなどをして、安易に収納スペースを増やせば部屋は狭くなるので本末転倒。 現在の 収納スペースに余裕で収まりきる分だけ「残すものを選ぶこと」がプチミニマム生活にシフトする成功の鍵。 6カ月使わなかった物は? その後も出番がない不要品 それでも捨てる決心がつかない場合は、さらに3ヶ月~半年ほど様子を見ます。 ゆるミニマリストになるために、 数年単位で決断を先延ばしにしないことを条件に、自分だけの「ゆるいルール」を決めると精神的な負担が減ります。 買い物の仕方を見直す ゆるミニマリスト生活は継続させることも大切です。 以前と同じように物を買っていると、あっという間にプチミニマリスト生活のペースが崩れてしまうので、自分の買い物の仕方を根本からチェックして見直しましょう。 プチミニマリストライフを続けるコツは、長く使えそうなものを選び、無駄に物を増やさないこと! 多少、値段が高めになっても機能性が良くて、同じものを何度も買い替えるよりも、 長い目で見ると、断然、経済的に得する物もあるので見極める目を養いましょう。 ひとつ手離してから「ひとつ」買う 好きなものにお金を費やしながらでも、ゆるミニマリストライフは確率できます。 しかし、「ひとつ品物を購入すれば、持ち物がひとつ増える」のは当然の原理で、「買う」行為だけ続けていると、すぐに物が溢れた生活に逆戻りします。 新たに何か増やしたいときは、ひとつ手離してから一品買うことを意識して 所有物の数を調整しましょう。 ゆるく無理なく快適な暮らしが手に入る 物がたくさんあると便利なようで、実は使いこなせていない「あるのに、無いのと同じような物」も多いのです。 究極のミニマリストのように必要最小限の生活用品で暮らすとなると、どこか不便さを感じます。 また、一人暮らしならライフスタイルも自由に設計できますが、家族や恋人など同居人がいると「無駄を省いた生活」に共感してもらい、さらに、協力してもらうのも大変です。 生活空間の中からスパッと潔く物を省いていくミニマリスト精神を取り入れてはいますが、ゆるミニマリストは、あくまで「緩い姿勢がベース」なので、不便さを感じるほど無理をすることはありません。

次の