インド 語。 インド旅行でそのまま使えるヒンディー語(インド語)あいさつ20選

【地図で見る】インドの言語の種類と分布!あなたの行く地域は何語?|BHARAT MEMO

インド 語

名称 [ ] インドにはインド・ヨーロッパ語族の言語のほかにも、、などの言語が話されている。 インド語群(: Indic)という名前では「インドの言語」という意味だと誤解される可能性があるため、インド・アーリア語群(: Indo-Aryan)と呼ぶことも多い。 歴史 [ ] インド語群のうち最も古いものは、で用いられているである。 ヴェーダ語の中でも最古の部分はなどの古代イラン語ときわめてよく似ている。 ほかに紀元前14世紀のにあった王国の王名や神名、およびミタンニ人の文書の中にインド・アーリア語と思われる語彙が出現する。 続いて紀元前5世紀頃に、が文法家のの手で標準化・成文化された。 これが後の紀元前2世紀頃にとして完成する。 しかし、パーニニの時代、既にヴェーダ語からの変化が目立っている。 また、パーニニが確立したサンスクリットは古いヴェーダに回帰したわけではなく、同時代に既に分化していたインド諸語にも影響を受けている。 古い時代に現れるサンスクリット以外の俗語的な言語を総称して 中期インド・アーリア語またはと呼ぶ。 プラークリットの最も早い刻文は紀元前3世紀のに現れている。 プラークリットは全体的にサンスクリットよりも新しい語形・文法を持つが、語彙によっては古典サンスクリットやヴェーダ語よりも古い起源を持つものもある。 10世紀以降になると現代につながる 新インド・アーリア語の文献が出現する。 デーヴァセーナのスラーヴァカチャール(930年頃)がでは最古の書物とされる。 そして13世紀から16世紀にかけての勢力の拡大がインド語派に大きな影響を与えた。 の繁栄のもとで、イスラーム宮廷の権威によりが支配的になったのである。 しかしそのの地位は、現地語文法をもとにと語彙を大量に導入したに取って代わられた。 現代の(特に口語)でも語彙の多くは・由来のものになっている。 この言語状況が変化したのは1947年の時である。 ヒンドゥー教徒の用いるはとしてのに採用され、より「インド的」な言語を目指してサンスクリット化、つまり時代への回帰とでもいうべきものが行われた。 ウルドゥー語とも共通するペルシア語・アラビア語由来の専門用語はサンスクリット語のそれに、時に大規模に、また複合語も用いて置き換えられたのである。 一方ムスリムのそれはとしての公用語となり、更なる、の語彙の追加が行われた。 現在ウルドゥー語はアラブ=ペルシア化を、ヒンディー語はサンスクリット化を受けている。 しかし文法は依然一様であるため連続体といってよいだろう。 一方口語では大多数の住民が2言語の混交したものを話しており、それはとよばれている。 この語派には以外にもや、比較的近縁の言語であるの影響を強く受けた言語が多く、同時に南方のへ大きな影響を与えた語派でもある。 やの影響も インド語派を通じてに伝播された。 下位分類 [ ] インド・アーリア語の分類は困難が大きい。 また、どこまでを方言差とし、どこまでを言語差とするかも決定するのが難しい。 これは、ほかの言語と異なり、インドの大部分の言語が孤立して発展したわけではなく、たがいに交流を持ちながら発展してきたこと、および多くの話者が多言語使用者であることによる。 インド・アーリア語全体をひとつの巨大なとみることもできる。 通常は、のインド言語調査による分類を基本的に踏襲しているが、学者によってや西パハール語群を北西語群に、を中央語群に、を南部語群に含めるなどの違いがある。 古代語 [ ]• の言語に見られるインド語派からの借用語• 中央語群 [ ] ()とも。 グジャラート語• カーンデーシュ語• パンジャーブ語• (東パンジャーブ語)• (、系)• 西ヒンディー語• 東ヒンディー語• 東部語群 [ ] とも。 ベンガル・アッサム語• (、、)• ビハール語• オリヤー語• 北部語群 [ ] とも。 中央パハール語群• 東パハール語群• ガルワーリー語群• 西パハール語群 北西語群 [ ]• シンド語群• -()• 南部語群 [ ]• シンハラ・モルジブ諸語(Insular Indic)• [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• 「梵語」『世界言語概説』1、、1952年、65頁。 ただし辻の用語では「インド・アリアン語派」。 Masica 1993 p. Masica 1993 pp. 446-456 にさまざまな分類を載せる 参考文献 [ ]• 1979. Sociolinguistic attitudes in India: An historical reconstruction. Ann Arbor: Karoma Publishers. , pbk. Erdosy, George. 1995. The Indo-Aryans of ancient South Asia: Language, material culture and ethnicity. Berlin: Walter de Gruyter. The Indo-Aryan languages. London: Routledge.. Kobayashi, Masato. Historical phonology of old Indo-Aryan consonants. Tokyo: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies. Masica, Colin P. 1993 [1991]. The Indo-Aryan languages. Cambridge: Cambridge University Press. Misra, Satya Swarup. 1980. Fresh light on Indo-European classification and chronology. Varanasi: Ashutosh Prakashan Sansthan. Misra, Satya Swarup. 1991-1993. 1-2. Varanasi: Ashutosh Prakashan Sansthan. Sen, Sukumar. 1995. Syntactic studies of Indo-Aryan languages. Tokyo: Institute for the Study of Languages and Foreign Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies. Vacek, Jaroslav. 1976. The sibilants in Old Indo-Aryan: A contribution to the history of a linguistic area. Prague: Charles University. 『』作。 岩波文庫(1977年)•

次の

【地図で見る】インドの言語の種類と分布!あなたの行く地域は何語?|BHARAT MEMO

インド 語

名称 [ ] インドにはインド・ヨーロッパ語族の言語のほかにも、、などの言語が話されている。 インド語群(: Indic)という名前では「インドの言語」という意味だと誤解される可能性があるため、インド・アーリア語群(: Indo-Aryan)と呼ぶことも多い。 歴史 [ ] インド語群のうち最も古いものは、で用いられているである。 ヴェーダ語の中でも最古の部分はなどの古代イラン語ときわめてよく似ている。 ほかに紀元前14世紀のにあった王国の王名や神名、およびミタンニ人の文書の中にインド・アーリア語と思われる語彙が出現する。 続いて紀元前5世紀頃に、が文法家のの手で標準化・成文化された。 これが後の紀元前2世紀頃にとして完成する。 しかし、パーニニの時代、既にヴェーダ語からの変化が目立っている。 また、パーニニが確立したサンスクリットは古いヴェーダに回帰したわけではなく、同時代に既に分化していたインド諸語にも影響を受けている。 古い時代に現れるサンスクリット以外の俗語的な言語を総称して 中期インド・アーリア語またはと呼ぶ。 プラークリットの最も早い刻文は紀元前3世紀のに現れている。 プラークリットは全体的にサンスクリットよりも新しい語形・文法を持つが、語彙によっては古典サンスクリットやヴェーダ語よりも古い起源を持つものもある。 10世紀以降になると現代につながる 新インド・アーリア語の文献が出現する。 デーヴァセーナのスラーヴァカチャール(930年頃)がでは最古の書物とされる。 そして13世紀から16世紀にかけての勢力の拡大がインド語派に大きな影響を与えた。 の繁栄のもとで、イスラーム宮廷の権威によりが支配的になったのである。 しかしそのの地位は、現地語文法をもとにと語彙を大量に導入したに取って代わられた。 現代の(特に口語)でも語彙の多くは・由来のものになっている。 この言語状況が変化したのは1947年の時である。 ヒンドゥー教徒の用いるはとしてのに採用され、より「インド的」な言語を目指してサンスクリット化、つまり時代への回帰とでもいうべきものが行われた。 ウルドゥー語とも共通するペルシア語・アラビア語由来の専門用語はサンスクリット語のそれに、時に大規模に、また複合語も用いて置き換えられたのである。 一方ムスリムのそれはとしての公用語となり、更なる、の語彙の追加が行われた。 現在ウルドゥー語はアラブ=ペルシア化を、ヒンディー語はサンスクリット化を受けている。 しかし文法は依然一様であるため連続体といってよいだろう。 一方口語では大多数の住民が2言語の混交したものを話しており、それはとよばれている。 この語派には以外にもや、比較的近縁の言語であるの影響を強く受けた言語が多く、同時に南方のへ大きな影響を与えた語派でもある。 やの影響も インド語派を通じてに伝播された。 下位分類 [ ] インド・アーリア語の分類は困難が大きい。 また、どこまでを方言差とし、どこまでを言語差とするかも決定するのが難しい。 これは、ほかの言語と異なり、インドの大部分の言語が孤立して発展したわけではなく、たがいに交流を持ちながら発展してきたこと、および多くの話者が多言語使用者であることによる。 インド・アーリア語全体をひとつの巨大なとみることもできる。 通常は、のインド言語調査による分類を基本的に踏襲しているが、学者によってや西パハール語群を北西語群に、を中央語群に、を南部語群に含めるなどの違いがある。 古代語 [ ]• の言語に見られるインド語派からの借用語• 中央語群 [ ] ()とも。 グジャラート語• カーンデーシュ語• パンジャーブ語• (東パンジャーブ語)• (、系)• 西ヒンディー語• 東ヒンディー語• 東部語群 [ ] とも。 ベンガル・アッサム語• (、、)• ビハール語• オリヤー語• 北部語群 [ ] とも。 中央パハール語群• 東パハール語群• ガルワーリー語群• 西パハール語群 北西語群 [ ]• シンド語群• -()• 南部語群 [ ]• シンハラ・モルジブ諸語(Insular Indic)• [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• 「梵語」『世界言語概説』1、、1952年、65頁。 ただし辻の用語では「インド・アリアン語派」。 Masica 1993 p. Masica 1993 pp. 446-456 にさまざまな分類を載せる 参考文献 [ ]• 1979. Sociolinguistic attitudes in India: An historical reconstruction. Ann Arbor: Karoma Publishers. , pbk. Erdosy, George. 1995. The Indo-Aryans of ancient South Asia: Language, material culture and ethnicity. Berlin: Walter de Gruyter. The Indo-Aryan languages. London: Routledge.. Kobayashi, Masato. Historical phonology of old Indo-Aryan consonants. Tokyo: Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies. Masica, Colin P. 1993 [1991]. The Indo-Aryan languages. Cambridge: Cambridge University Press. Misra, Satya Swarup. 1980. Fresh light on Indo-European classification and chronology. Varanasi: Ashutosh Prakashan Sansthan. Misra, Satya Swarup. 1991-1993. 1-2. Varanasi: Ashutosh Prakashan Sansthan. Sen, Sukumar. 1995. Syntactic studies of Indo-Aryan languages. Tokyo: Institute for the Study of Languages and Foreign Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies. Vacek, Jaroslav. 1976. The sibilants in Old Indo-Aryan: A contribution to the history of a linguistic area. Prague: Charles University. 『』作。 岩波文庫(1977年)•

次の

シーン別!インド語とあいさつや日常会話フレーズ30選。日常生活にも便利で簡単

インド 語

言語名 [ ] 原語においては「 ヒンディー(Hindi)」のみで言語を表すため、「語」を付する必要はないとも言えるが、カテゴリを明示するの慣習にしたがって「ヒンディー語」と呼んでいる。 でも、 Hindi languageと呼ぶことがあり、でも、この表現は使われている。 なお、を表す「ヒンドゥー」を用いた「 ヒンドゥー語」は不適切である。 なお、「ヒンディー」は ヒンドゥ(Hindu)の形容詞形である。 本来「ヒンドゥ」とは(Sindhu)に由来し、でインドを意味する語であった。 インドを統治したイスラーム系の王朝がペルシア語を公用語としたために、ペルシア語に対して「インドの言語」の意味で「ヒンディー」と呼んだ。 歴史的に「ヒンディー語」という名称は、デリーを中心とした北インドの言葉を指す語のひとつであり、この言語の呼称としては「ヒンディー語」、「」、「」、「ヒンダヴィー語」、「デフラヴィー語」などの語が同義語として用いられてきた。 19世紀になると、ヒンドゥー教徒の標準語を作ろうとする政治的・社会的な動きがで生まれ、19世紀末には「ヒンディー語」という呼称は、イスラム教徒の言語とは異なるヒンドゥー教徒の言語を意味するようになった(一方で「」はイスラム教徒の言語を、「」は両者の混合体または両者の総称を意味するようになった)。 現在「ヒンディー語」と呼ぶものは、インドの公用語である標準ヒンディー語をさすのが普通である。 ただし、ウルドゥー語や両者の混合体を含めて「ヒンディー語」と呼ぶ場合もある。 系統と歴史 [ ] ヒンディー語はに分類され、隣国で話されるなどとも近縁関係にある。 とは基本的な語彙や文法がほぼ共通しており、言語学的には同一の言語の二種類の標準化である。 歴史的には一帯の言語をもとに、・からの強い影響を受けてがまず成立し、南アジア全体に広がった。 その後に ヒンディー語が、系の高級語彙をサンスクリット由来の高級語彙で置換させることによって成立した。 なお、ヒンディー語にも基本語彙中には、の語彙がかなり多く存在している。 日常生活では両言語の中間的な言語を使用しており、両者を総称して と呼ぶこともある。 現代 ヒンディー語はとも影響し合って変化を続けている。 インドでは、憲法の351条でヒンディー語の普及を連邦の義務としており 、連邦の公用語をヒンディー語に統一する運動を進めているが、とくに南部の圏で反対が強く、反対運動にともない死者を出す騒動も発生した。 このため 1963年の公用語法で、英語も公用語として使われ続けることになった。 音声 [ ] Ohala 1999 によるヒンディー語の母音体系。 ヒンディー語では鼻母音が発達している。 子音は以下のとおり。 が発達していることと、を等しくする破裂音に無声無気音・無声帯気音・有声無気音・有声帯気音(を持つ有声子音)の4種類があることは、以来変わらない特徴である。 文法 [ ] SOV 型で、形容詞や名詞が修飾する名詞に前置され、を持つなど、基本的な語順が日本語に似ている。 名詞は男性名詞と女性名詞から成る。 に単数と複数があり、は直格・(主に後置詞とともに用いる)・(人間のみ)がある。 同様に形容詞も修飾する名詞と性・数・格の一致を行うが、不変化の形容詞もある。 ヒンディー語の動詞はインド・ヨーロッパ語族のほかの語派の言語と異なり、のみが・・数による変化を行う。 通常の動詞は(・)形のみを持ち、これとコピュラを組み合わせることでさまざまな時制・を表す。 完了時制では他動詞の主語が助詞をとる()。 方言 [ ] 自然言語としては、ヒンディー語はインド・アーリア語派の中央語群に属するが、どこまでをヒンディー語に含めるかは、さまざまな立場がある。 もっとも広義にはで話される多様なインド・アーリア語派の諸言語を指し、やを含むが、これは言語学的な分類とは言いがたい。 インド・アーリア語派の中央語群をヒンディー語群とも呼ぶ。 これはさらに2つの地域に大別される。 東ヒンディー語:を中心に話者人口も多い。 ・・など。 西ヒンディー語:東ヒンディー語よりも話者人口は少ないが、首都を含む地域で話されているため、その影響力は小さくない。 のほかに、・・・がある。 デーヴァナーガリー文字による「ヒンディー」 インド憲法ではを用いることを規定している。 インド国内の公共表示に見られるの表記はと呼ばれる。 これは系ので表記されるの話者と文書で意思疎通する際などにも多く用いられる。 これらの文字は既存の文字の下に点(ヌクター)を打つことによって作られている。 デーヴァナーガリーでは、単独の子音字には母音 a がついているので、子音連結は特殊な結合文字形で表し、語末に子音が来るときはハル()記号を加えることになっている(詳細はを参照)。 しかし、ヒンディー語では、歴史的に脱落した母音 a を、つづりの上では脱落する前の形で書くため、最近は語末のハル記号を使わない傾向がある。 子音結合でも結合文字を使わずに書ける場合があり、とくに外来語の表記にはゆれが生じている。 サンスクリットからの借用語では、通常サンスクリットのつづりがそのまま用いられるが、じっさいの発音と少し異なっていることも多い。 脚注 [ ]• India Code. 2015年9月3日閲覧。 (英語)• 2019年5月25日. 2019年5月26日閲覧。 Masica 1993 pp. 429-430• Shapiro 2007 第5節• Kachru 1987 p. 472• 町田 1999 p. 102• 町田 1999 p. 町田 1999 p. 町田 1999 p. 町田 1999 p. 94 参考文献 [ ]• 『書いて覚えるヒンディー語の文字』、1999年。 Kachru, Yamuna 1987. In Bernard Comrie. The World's Major Languages. Croom Helm. 470-489. Masica, Colin P 1993 [1991]. The Indo-Aryan languages. Cambridge University Press. Ohala, Manjari 1999. Handbook of the International Phonetic Association. Cambridge University Press. 100—103. Shapiro, Michael C 2007 [2003]. In George Cardona; Dhanesh Jain. Indo-Aryan Languages. Routledge. 250-285. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] のがあります。 ウィクショナリーに に関するカテゴリがあります。 ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 大阪大学 外国語学部. 2015年9月15日閲覧。 (英語) -•

次の