プリコネ 役割。 【プリコネR】最強キャラランキング/役割別でおすすめのキャラを徹底解説!【プリンセスコネクト】

『プリコネR』初心者攻略Q&A。おすすめキャラは? 序盤にやるべきことは?

プリコネ 役割

『プリコネR』は、『プリコネ』からストーリーがつながっていますが、『プリコネ』を知らない方でも楽しめるように作っています。 第1部には『プリコネ』を遊んでいない人に世界観を知ってもらう役割もあったので、キャラクター紹介的なシーンも多くなりました。 それによってシナリオのつなぎが変わったりもしましたね。 ストーリーに深く関わってくる新キャラクターがたくさん登場して、さらに大掛かりな展開が待っています。 第1話のアニメに登場したキャラクターの多くはご覧の通り敵キャラクターですが、もちろん味方になるキャラクターも登場します。 新しく登場したドラゴン族の少女・シェフィがどんなキャラクターなのか、という点でしょうか。 第1部で解き明かされなかった謎にも注目してもらいたいですね。 既存キャラクターに関しては、活躍が増えるキャラクターが多くなって、美食殿以外のキャラクターが活躍するところをたくさん見られると思います。 公開が11月になったのは、あのタイミングが『プリコネ』と『プリコネR』、両方のストーリーを楽しめるベストなタイミングだったためです。 『プリコネ』の最終ストーリーが更新される頃には企画が動き出していました。 前作は、サイバーエージェントと共同開発で、サイゲームスはキャラクターを作っていました。 そして、そのキャラクターで続編を作りたいと思い、許可が降りて動き出したという形です。 ストーリーの更新だけになった頃に時間があったので、その間で主人公がペコリーヌに決まり、前作のエンディングに登場させた流れです。 『プリコネR』から始めた人が多く、『プリコネ』を知らない方にもすんなり受け入れていただけたなと。 アニメRPGという新ジャンルとして打ち出したのも、受け入れられた大きな要因だと思います。 1本だけだとバトルシーンばかりになってしまうので、ほかにも1シーン入れたいというのが当初からありましたが、それが実現できたことでアニメRPGとしての完成度をさらに高められたと思っています。 「新キャラクターを作らなければいけない」とはずっと考えていました。 既存のキャラクターの活躍だけでは物語が広がっていかないと思うので。 それと、ムイミもそのうちイベントに出せればいいなと。 難しい立ち位置のキャラクターなのでタイミングに悩みますが、第2部がある程度進んだら出せるようになるかなと思います。 別の理由でジータやルナなどのコラボキャラクターはイベントに出しづらかったりします。 ただ、絶対に出せないわけではないので、いずれ登場するかもしれません。 第1部のラストを作っている時が大変でした。 チームとしては限界に近かったです。 第2部を早くお知らせしたくてその後も少し無理をしましたが、2月に第1章の後編を実装したあと、3月はメインストーリーの実装をお休みしようと思っています。 その時期には育成キャンペーンを行い、皆さんの反応を見られたらと考えています。 ちなみに今後は星6の追加ペースが上がるのでしょうか? 星6はその時々のゲーム環境やユーザーさんの状況などを見つつ、活躍の場が減ってきたキャラや、バトルにおいて同じような役割が増えてきたキャラなどを改めて輝かせたり、役割分担の差別化を図るためなどの理由で、星6の追加順番を決めたりしています。 追加ペースは基本的に月1ペースのままですが、たまに複数キャラクターの星6を同時に実装する予定です。 諸々のバランスを考え、星4以上まで育てたキャラクターを星3まで下げられるようにする方向で検討しています。 装備RANKを下げる機能は今のところ予定していません。 装備は違う方法でどうにかならないか考えています。 星とRANKの両方を自由に設定できるとバランスを調整しきれない恐れもありますので。 ずっと意識していることではありますが新しく始めた方のキャラクターを成長させるスピードを上げ、既存ユーザーさんに追いつけるまでの期間をある程度一定に保つことを課題にしています。 理由としては、そのゲームの中で一番多くの人が楽しんでいるコンテンツをみんなで一緒にできることがゲームの楽しさの一つだと考えていて、だいたいそういったコンテンツはある程度レベルやキャラクターが育っていないと楽しめないものが多くなりがちだからです。 ただ、あまりにも簡単に成長できると、レベルがカンスト(上限に到達)付近になった途端に成長スピードが落ち、一気につまらなく感じると思うので、そうならないバランスを心がけます。 同じように、新しいキャラクターを手に入れた時の育成も大変なので、入手してすぐに実践投入できるような仕組みも考えています。 8くらいの状態で手に入るバランスにしました。 それと、恒常の新コンテンツを作る予定です。 ユーザー同士で競うのではなく、純粋にアイテムが手に入るようなものを考えています。 日課が皆さんの負担になると感じたら、いずれかのコンテンツをスキップできるようにします。 今年もそういった目標はありますか? 単独イベントとアニメ……と言いたかったのですが、ありがたいことに両方決定しました。 まずは、これらをしっかりやりたいと思います。 単独イベントはステージだけでなく、いろんなアトラクションやブースを巡りながら楽しめるものを想定しています。 ユーザーの皆さんのおかげで開催できるので、できるだけ楽しんでもらえるようなものにしたいです。 TVアニメは4月に放送開始予定で、『プリコネR』の世界にじっくり浸れるようなものになっています。 ゲーム内のアニメーションは戦闘シーンが多いのに対し、TVアニメは日常を多く描いて、癒されるようなものになっています。 ユーザーの皆さんが絶対に楽しめるものになっていますので、楽しみにお待ちください。

次の

【プリンセスコネクト!Re:DIVE】始めようか考えている人へ【プリコネR】

プリコネ 役割

初めましてずっと青春と申します。 普段はでプリコネRのアリーナ動画やストーリー考察動画を上げていますが、 試しにブログでもプリコネRのストーリー考察を綴っていこうと思います。 まずは僕がプリコネR考察を始めた原点 最後の七冠(セブンクラウンズ)『ミツキ』説です。 これは既に動画で紹介しているものですが、 その後気づいた点や説明しきれなかった情報もあるので、改めて説明していきます。 プリコネRメインストーリー10章と前作のネタバレが多数含まれるのでご注意ください。 まず七冠(セブンクラウンズ)がどんな存在なのか改めて説明していきますが、 晶曰く、七冠とはレジェンドオブアストルムという『ゲームの開発者』です。 それぞれゲーム開発に携われるだけの特別な技能をもっていました。 参考までに前作でレイが語った晶の技能 続けて、ゲーム内での七冠にはそれぞれ世界の支配者になり得る程の『固有能力』があります。 ラジラジは瞬間移動 ネネカは変身&変化 クリスは絶対攻撃絶対防御 通称『乱数聖域(ナンバーズアヴァロン)』 千里真那はアストルムのデータを可視化する『覇瞳天星(はどうてんせい)』 ラビリスタは迷宮を作り出す『オブジェクトの変更及び作成』 使い方次第ではどれも非常に強力な能力ですね。 そして七冠はそれぞれ固有能力(あるいは本名)に関連した『二つ名』が付けられています。 千里真那(せんりまな) 『覇瞳皇帝(サイト)』 模索路晶(もさくじあきら) 『迷宮女王(クイーンラビリンス)』 ラジクマール・ 『跳躍王(キングリープ)』 クリスナ・ 『制約女君(レナゲッシュ)』 現士実似々花(うつしみねねか) 『変貌大妃(メタモルレグナント』 これが前作で登場した七冠と、その二つ名です。 そしてメインストーリー第10章をご覧になっている方は既にご存知だと思いますが、 6人目の七冠はコッコロの父親で、七冠最年長の『長老』になります。 これで合計6人の七冠が判明しています。 そしてここから7人目の七冠について説明していきますが、 7人目の七冠について匂わせるような晶の証言が二つあります。 晶『ん~?偉そうに『七冠』なんて名乗っちゃいるけど、実際は飛びぬけて頭がいいのにバカだった7人の天才って感じ?』 晶『アタシとキミのお父さん(長老)以外にこっち(現実)にはラジラジもいたはず、他の『七冠』はまだ夢の中だね』 これは第10章2話で晶がコッコロに対して言った言葉です。 晶の発言では晶と長老とラジラジ以外の4人の七冠 つまり7人目の七冠は『ゲーム内(夢の中)にいる』ことを示唆しています。 加えて、最後の七冠も『飛びぬけて頭がいいのにバカだった7人の天才』に含まれています。 また、前作で登場しなかった二人は『世界の覇権やミネルヴァに興味がない』と言われて登場しませんでした。 ここまでの情報をまとめると『ゲーム内にいる』『飛びぬけて頭がいいのにバカだった天才』で、『ゲーム開発に携われる技能』と『ゲーム内での固有能力』を持ち『二つ名』も付いていて『世界の覇権とミネルヴァ(願いを叶えること)に興味がない』人物 これが七冠最後の一人の条件になります。 実はかなり絞られているのです。 そしてこれらの条件を既に登場しているキャターの中で全て満たしている存在 それこそが今回の主役『ミツキ』です。 ミツキは晶以外で『科学』 について発言している唯一のキャターです。 10章2話で晶がコッコロに対して『科学は魔法のようなもの』と説明していましたが、 ゲーム内では大多数のキャターが現実での記憶を失っている為、 『魔法』が一般的で『科学』はその存在自体あまり知られていません。 そんな中、ミツキは自力で『科学』の存在に気づいています。 これだけでもかなり怪しいのですが、先程説明した七冠の条件一つ一つを照らし合わせていくと... 『ゲーム内にいること』はもちろんクリア 『飛びぬけて頭がいいのにバカだった天才』 新しい魔法、植物、薬の開発をして、 主人公を実験台に使おうとするなのでクリア ついでに『年齢』もクリスと同い年の『27歳』なので違和感なし。 続けてもっとも重要な『ゲーム開発に携われる技能』 前作でのミツキの技能がこちらです これは前作のパートナーストーリーの一部です。 『mimi』は発達した技術により開発されたネットワークデで、 レジェンドオブアストルムはその『mimi』を用いてログインするゲームです。 ミツキは『』『神経学』『心理学』を用いてその開発に携わっていました。 実際はもっと深く幅広い役割があったはずです。 また前作でミネルヴァが『レジェンドオブアストルムをクリアしたプレイヤーの本当の願いを叶える』と言っていました。 『本当の願い』を判断する材料として、 神経学 心理学が役立った可能性も考えられます。 これだけあれば『ゲーム開発に携われる技能』もクリアと言っていいでしょう。 最後にミツキの『固有能力』ですが、最も有名なのはローズフィールドですね。 植物を操って戦う能力 使い方次第では非常に強力な力です。 (の蔵馬を想像するとわかりやすい) しかし、この能力はミツキの能力の『一部』でしかありません。 ここでミツキの二つ名『隻眼の悪魔(ワンアイドデビル)』をご紹介します。 プリコネRの用語集には『隻眼の悪魔(ワンアイドデビル)』について以下のように記載されています。 『かつてはその名を口にしただけで、大陸中の悪人たちが震え上がったといわれる存在。 その正体はミツキ。 研究の邪魔をしてきた者たちを退けるうち、この名で呼ばれるようになった。 普段は眼帯の下に隠れている左眼が開く時、地獄が生まれるとも言われている』 つまりミツキの真の能力『隻眼(め)』にあります。 トワイライトキャラバンのギルドストーリーでも『隻眼(め)』を開放して戦おうとする描写が見られます。 (なお、解放しようとするだけで実際に隻眼を使用した描写は描かれません) 詳細は不明ですが、ゲーム内での固有能力 『隻眼(め)』と 能力に関連した二つ名『隻眼の悪魔(ワンアイドデビル)』を持っていることがわかります。 この条件もクリアです。 最後に『世界の覇権やミネルヴァに興味が無い』 これは簡単ですね。 ミツキは研究、実験が大好きで、それ以外のことにはほとんど興味を示しません。 他に興味を持っているのは『黄昏の都』と『騎士君(主人公)』ですが、 黄昏の都は完全に詳細不明の場所で、世界の覇権とはあまり関係がありません。 騎士君についてはキャラストーリーで実験台として使われていますが、 プリンセスになることよりも騎士君自体に興味があるようです。 世界の覇権やミネルヴァに興味があるとは思えません。 これで現在までで判明している七冠の条件は全てクリアされました。 ミツキが最後の七冠だとすれば、トワイライトキャラバンが現在(13章前編)までのメインストーリーに『一切登場していない』のも頷けます。 出てきたら他の七冠に気づかれてしまいますからね。 まあ、あのギルドが介入したらどんな敵もなぎ倒してしまうからかもしれませんが(笑) 以上でミツキ七冠説の説明を終わります。 あくまで一部の事実と『七冠最後の一人が実は一番初期から実装されていた隠れ七冠』だったら面白いなという妄想を元にした考察で、ミツキが七冠だと確約するものではありません。 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。 そしてミツキの二つ名『隻眼の悪魔 ワンアイドデビル 』 一見『王』を意味する言葉が入っていないように見えますが、『デビル』は悪魔以外にも『魔王』という意味が含まれています。 また一歩ミツキ七冠説が現実味を帯びてきたかもしれません。 同じギルドで一緒に新薬開発する間柄なので、 エリコが元から知っていたのか、ミツキがエリコに教えたのかは不明です。 zultutoseisilyun.

次の

プリコネ攻略ダンジョンコインの効率の良い集め方と優先交換キャラは? | プリコネ無課金ガチ勢

プリコネ 役割

プリコネ「ノゾミ」入手方法! プリコネのノゾミの入手方法は大まかに言うと 2通りの入手方法があります。 まずは、そのうちの一つを解説していきます。 ダンジョンコインを利用する。 ノゾミは、 ダンジョンコインを利用して入手することが可能です。 ですが、ただ ダンジョンコインを貯めればいいのかというと 実はそうではありません。 貯めた ダンジョンコインを ノゾミの メモリーピースに変換しなければいけません。 そしてこのメモリーピースへの変換も少しコツがいります。 ノゾミのメモリーピース ダンジョンコインをノゾミのメモリーピースに変換するには、 ダンジョンコインを 800枚使用して 5個のメモリーピースに変換する事が出来ます。 ですが、基本的に 一日一回しか変換することが出来ません。 それ以上に変換したい場合にはこれまたダンジョンコインを使用して、 交換回数を回復しなければいけません。 そして、さらにややこしくなるのですが、 回数回復にも段階があり 何回か回復していくと必要になるダンジョンコインの枚数が増えていきます。 ノゾミのおすすめ入手方法は? 先ほどの情報を参考にしておすすめの交換方法を考えること やはり、 毎日コツコツと交換していくのが一番良いです。 その際の回数回復を第一段階のダンジョンコインを 10枚使用して、 回復するところまでやると、効率良くノゾミのメモリーピースを 入手する事が出来ます。 役割は貴重な タンクで 入手難易度も低く 序盤から終盤まで使えるキャラ となっています 始めたらまずは、ノゾミを入手する事を 目標にしても良いくらいだと考えます。 他のゲームと同じように、ガチャで様々なキャラをゲットする事が出来ます。 逆を言えば、ガチャで入手するようなキャラを 時間をかければ ゲーム内アイテムと交換することが 出来るようになっているという所は魅力的ですね。 ノゾミを入手する際の注意点 ノゾミを入手する方法は初めに申し上げた通り2通りあります。 プリコネでは基本的に 各キャラ一体しか保有できないので、 同じキャラが被った場合には 女神の碑石というアイテムに変換されます。 ここで何を注意しなければいけないのかといいますと、 ガチャで 入手する前にメモリーピースを使用して入手してしまうと 被ったときにノゾミを入手する為に使ったメモリーピースが 無駄になってしまう可能性があるということです。 ですので、キャラを解放する際にはガチャを引き終わってから 解放するようにしましょう。 プリコネ「ノゾミ」入手方法 まとめ プリコネでノゾミを入手する方法は様々でしたが、 持っていて損はないキャラ、もといプリコネを進める上で 必須級のキャラなので、 皆さん頑張って入手しましょう!.

次の