フライ 級 体重。 ボクシング階級表

キックボクシングの体重別・階級について

フライ 級 体重

雑記 2017. 16 2019. 15 格闘プリンス UFCの階級 体重は何キロ? 各階級の歴代チャンピオン一覧 UFCの階級別の体重一覧表 階級 体重 ヘビー級 -120. 2kg ライトヘビー級 -93. 0kg ミドル級 -83. 9kg ウェルター級 -77. 1kg ライト級 -70. 3kg フェザー級 -65. 8kg バンタム級 -61. 2kg フライ級 -56. 7kg 女子リーグ 階級 体重 女子フェザー級 -65. 8kg 女子バンタム級 -61. 2kg 女子ストロー級 -52. 2kg 各階級の歴代チャンピオン ヘビー級 -120. 2kg 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 マーク・コールマン 0 1997年2月7日 2 モーリス・スミス 1 1997年7月27日 3 ランディ・クートゥア 0 1997年12月21日 4 バス・ルッテン 0 1999年5月7日 5 ケビン・ランデルマン 1 1999年11月14日 6 ランディ・クートゥア 2 2000年11月17日 7 ジョシュ・バーネット 0 2002年3月22日 8 リコ・ロドリゲス 0 2002年9月27日 9 ティム・シルビア 1 2003年2月28日 10 フランク・ミア 0 2004年6月19日 11 アンドレイ・アルロフスキー 1 2005年8月14日 12 ティム・シルビア 2 2006年4月15日 13 ランディ・クートゥア 1 2007年3月3日 14 ブロック・レスナー 2 2008年11月15日 15 ケイン・ヴェラスケス 0 2010年10月23日 16 ティム・シルビア 1 2003年2月28日 17 ジュニオール・ドス・サントス 1 2011年11月12日 18 ファブリシオ・ヴェウドゥム 0 2015年6月13日 19 スティーペ・ミオシッチ 3 2016年5月14日 20 ダニエル・コーミエ 1 2018年7月7日 19 スティーペ・ミオシッチ 王座復活 2019年8月18日 ライトヘビー級 -93kg 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 フランク・シャムロック 4 1997年12月21日 2 ティト・オーティズ 5 2000年4月14日 3 ランディ・クートゥア 0 2003年9月26日 4 ビクトー・ベウフォート 0 2004年1月31日 5 ランディ・クートゥア 0 2004年8月21日 6 チャック・リデル 4 2005年4月16日 7 ランペイジ・ジャクソン 1 2007年5月26日 8 フォレスト・グリフィン 0 2008年7月5日 9 ラシャド・エヴァンス 0 2008年12月27日 10 リョート・マチダ 1 2009年5月23日 11 マウリシオ・ショーグン 0 2010年5月8日 12 ジョン・ジョーンズ 8 2011年3月19日 13 ダニエル・コーミエ 2 2015年5月23日 14 ジョン・ジョーンズ 剥奪 コーミエに勝利するも試合後に禁止薬物の使用が発覚し剥奪 ミドル級 -83. 9kg 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 デイブ・メネー 0 2001年9月28日 2 ムリーロ・ブスタマンチ 1 2002年1月11日 3 エヴァン・タナー 0 2005年2月5日 4 リッチ・フランクリン 2 2005年6月4日 5 アンデウソン・シウバ 10 2006年10月14日 6 クリス・ワイドマン 3 2013年7月6日 7 ルーク・ロックホールド 0 2015年12月12日 8 マイケル・ビスピン 1 2016年6月4日 9 ジョルジュ・サンピエール 0 王座獲得後に即返上 2017年11月5日 10 ロバート・ウィテカー 0 GSPが返上後に王者へ昇格 2017年12月 ウェルター級(-77. 1kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 パット・ミレティッチ 4 1998年10月16日 2 カーロス・ニュートン 0 2001年5月4日 3 マット・ヒューズ 5 2001年11月2日 4 BJペン 0 2004年1月31日 5 マット・ヒューズ 2 2004年10月22日 6 ジョルジュ・サンピエール 0 2006年11月18日 7 マット・セラ 0 2007年4月7日 8 ジョルジュ・サンピエール 9 2008年4月19日 9 ジョニー・ヘンドリックス 0 2014年3月16日 10 ロビー・ローラー 2 2014年12月6日 11 タイロン・ウッドリー 3 2016年7月30日 ライト級(-70. 3kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 ジェンス・パルヴァー 2 2001年2月23日 2 ショーン・シャーク 1 2006年10月14日 3 BJペン 3 2008年1月19日 4 フランク・エドガー 3 2010年4月10日 5 ベン・ヘンダーソン 3 2012年2月26日 6 アンソニー・ペティス 1 2013年8月31日 7 ハファエル・ドス・アンジョス 1 2015年3月14日 8 エディ・アルバレス 0 2016年7月7日 9 コナー・マクレガー 0 2016年11月12日 10 ハビブ・ヌルマゴメドフ 2 2018年4月8日 フェザー級(-65. 8kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 ジョゼ・アルド 7 2010年11月20日 2 コナー・マクレガー 0 2015年12月12日 3 ジョゼ・アルド 0 2016年11月26日 4 マックス・ホロウェイ 1 2017年6月4日 バンタム級(-61. 2kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 ドミニク・クルーズ 2 2010年12月16日 2 ヘナン・バラオン 2 2013年1月6日 3 TJ・ディラショー 2 2014年5月24日 4 ドミニク・クルーズ 1 2016年1月17日 5 コーディ・ガーブランド 0 2016年12月30日 6 TJ・ディラショー 1 2017年11月5日 フライ級(-56. 7kg) 何代目 選手名 防衛回数 初タイトル獲得日 初代 デメトリアス・ジョンソン 11 2012年9月22日 2 ヘンリー・セフード 1 2018年8月4日 デメトリアス・ジョンソンはUFCからONEFCへ移籍した。 メモ 2017年11月 UFC217 GSPが4年ぶりにUFCに復帰してミドル級王者になるも、体調不良や適正階級ではない等の理由ですぐにベルトを返上する。 2018年8月 UFC227 TJ・ディラショーが因縁の相手コーディ・ガーブラントを返り討ちにして初防衛成功。 フライ級の絶対王者として君臨していたデメトリアス・ジョンソン(DJ)が王座陥落。 フライ級は初めてDJ以外の選手がベルトを手に入れた。 DJの防衛記録は11回でUFCの歴代防衛記録となっている。 ヘビー級王座の最多防衛記録を持つミオシッチが王座陥落。 コーミエが歴代5人目となる2階級制覇を達成した。 ベルトを2階級同時に保持した王者はマクレガーに次いで2人目。 2018年10月 UFC229 マクレガーVSヌルマゴメドフ マクレガーの約2年ぶりとなるUFC復帰戦。 因縁の相手ヌルマゴメドフとのライト級王者決定戦。 試合はヌルマゴの圧勝だったが、試合後に大乱闘に発展する前代未聞の事件となった。 また、この大会はUFC史上最大の売上数となるPPV200万件オーバーを達成している。 2019年1月 ファイトナイト・ブルックリン バンタム級王者TJ・ディラショーとフライ級王者ヘンリー・セフードがフライ級のタイトルマッチで激突。 試合はあくまでフライ級のタイトルマッチということでTJは負けてもバンタムのベルトを奪わるということではなかったが、結果は1R秒殺でセフードが勝利した。 TJは減量苦があったように思えた結果となったが、試合後のマイクでは今度はセフードがバンタム級の体重でTJとバンタム級タイトルマッチをやりたいと発言した。

次の

ボクシング階級表|体重と各階級のチャンピオン一覧

フライ 級 体重

各階級の制限体重 まずはアマチュアから書いていきますね。 アマチュア女子 フライ級48kg~50kgまでバンタム級52kg~54kgまで ピン級 ~46kgまで ライト・フライ級 46kg~48kgまで ライト・バンタム級 50kg~52kgまで フェザー級 54kg~57kgまで ライト級 57kg~60kgまで ライト・ウェルター級 60kg~63kgまで ウェルター級 63kg~66kgまで ライト・ミドル級 66kg~70kgまで ミドル級 70kg~75kgまで ライト・ヘビー級 75kg~80kgまで ヘビー級 80kg~86kgまで アマチュア女子の方が階級が一つ多く、 アマチュア男子のモスキート級に当たるのがパン級。 ただし男子はジュニアのみですが、こちらは シニアも含みます。 そこから2キロ幅刻みでバンタム級まで、 そこからウェルター級までは3キロ幅刻み。 ライトミドル級のみ4キロ幅で、ミドル、ライトヘビーは5キロ幅と 覚えると良いかと思います。 後、理由は分かりませんが、アマチュア女子のヘビー級は 86kg制限となっていること。 まぁ、そうそう居ないとは思いますけどね。 ちなみに南海キャンディーズのしずちゃん事 山崎静代選手は アマチュアでミドル級なので 70kg~75kgの間という事になります。 女子で身長が182cmという事を考えると 狭き門ということが分かりますね。 アマチュア男子 モスキート級 ジュニアのみ ~45kgまで ライト・フライ級 45kg~48kgまで フライ級 48kg~51kgまで バンタム級 51kg~54kgまで フェザー級 54kg~57kgまで ライト級 57kg~60kgまで ライト・ウェルター級 60kg~64kgまで ウェルター級 64kg~69kgまで ライト・ミドル級 69kg~75kgまで ミドル級 75kg~81kgまで ヘビー級 81kg~91kgまで スーパー・ヘビー級 91kg以上 ジュニアのアマチュアにのみ存在する モスキート級。 そこからライト級までは3kg幅刻みで そこから、4. 6kgになり、 ヘビー級で一気に10キロ幅という感じ。 プロ女子 プロはポンド表記がメインですので ポンドで書かせてもらいます。 豆知識として・・・。 6g ちなみに・・・16oz 16オンス =1ポンドです。 こんなサイトもあるので 自分の体重をオンスで計算してみると 何級か分かっていいかも? アトム級 102ポンド以下(~46. 26kg ミニ・フライ級 102~105 46. 26kg~47. 62kg ライト・フライ級 105~108 47. 62kg~48. 99kg フライ級 108~112 48. 99kg~50. 80kg スーパーフライ級 112~115 50. 08kg~52. 16kg バンタム級 115~118 52. 16kg~53. 52kg スーパーバンタム級 118~122 53. 52kg~55. 34kg フェザー級 122~126 55. 34kg~57. 15kg スーパーフェザー級 126~130 57. 15kg~58. 97kg ライト級 130~135 58. 97kg~61. 23kg スーパーライト級 135~140 61. 23kg~63. 50kg ウェルター級 140~147 63. 50kg~66. 68kg スーパーウェルター級 147~154 66. 68kg~69. 85kg ミドル級 154~160 69. 85kg~72. 57kg スーパーミドル級 160~168 72. 57kg~76. 20kg ライトヘビー級 168~175 76. 20kg~79. 38kg ヘビー級 175ポンド以上 79. 38kg~無制限 階級毎の名前の違いはあるものの、 プロ男子と全く同じ17階級に分かれています。 そしてポンド表記になり、 非常に細かな体重制限があることがわかりますね。 階級名称 体重制限 ミニマム級 105ポンド以下(47. 63kg ライト・フライ級 105~108 47. 62kg~48. 99kg フライ級 108~112 48. 99kg~50. 80kg スーパーフライ級 112~115 50. 08kg~52. 16kg バンタム級 115~118 52. 16kg~53. 52kg スーパーバンタム級 118~122 53. 52kg~55. 34kg フェザー級 122~126 55. 34kg~57. 15kg スーパーフェザー級 126~130 57. 15kg~58. 97kg ライト級 130~135 58. 97kg~61. 23kg スーパーライト級 135~140 61. 23kg~63. 50kg ウェルター級 140~147 63. 50kg~66. 68kg スーパーウェルター級 147~154 66. 68kg~69. 85kg ミドル級 154~160 69. 85kg~72. 57kg スーパーミドル級 160~168 72. 57kg~76. 20kg ライトヘビー級 168~175 76. 20kg~79. 38kg クルーザー級 175~200 79. 38kg~90. 72kg ヘビー級 200ポンド以上 90. 72~無制限 階級名称 平均身長 ミニマム級 155~157cm ライト・フライ級 158~160cm フライ級 161~162cm スーパーフライ級 162~163cm バンタム級 163~165cm スーパーバンタム級 165~167cm フェザー級 167~169cm スーパーフェザー級 169~171cm ライト級 171~173cm スーパーライト級 173~175cm ウェルター級 175~177cm スーパーウェルター級 177~179cm ミドル級 179~181cm スーパーミドル級 181~183cm ライトヘビー級 183~185cm クルーザー級 185~187cm ヘビー級 187cm以上 アマチュアでは 同じ名前の階級でも 体重は違いました。 例えば、ライトミドル級は、 女子が66~70kgなのに対し 男子は69~75kg制限でした。 しかし、プロは違います。 名称が同じ階級であれば制限体重も 男女共に同じ。 なので覚えやすい。 よく見てもらえればわかりますが、 実は女子と男子、先ほど書いた通り、 17階級で同じなのですが、 階級の並び順は若干違えど、 名称が同じ階級の制限体重は同じなんです。 唯一違うのがヘビー級のみ。 色分けしてみたので見比べて見て下さいね。 なので、 男子のミニマム級の下に 女子のミニ・フライ級とアトム級が来る感じで、 女子のヘビー級の位置に男子のクルーザー級が来て、 その上に男子ヘビー級が来る感じですね。 また上にも書いてある身長は目安として考えてくださいね。 特にスーパーライト、ウェルター、スーパーウェルターは 上げ下げ激しいし厳密に書いたらもっと平均身長は 近いと思われます。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回はボクシングの階級ごとの体重区分を書かせてもらいました。 アナタは何級でしたか? ちなみにニナは 身長がフェザー級からライト級、 体重がライト級からウェルター級でしたw これを見ればどれだけこのスポーツは 細かな体重制限のもとハードな練習をこなしているかというのが お分かりいただけたのではないかと思います。 ちょっと脱線 自分が好きなスーパースター マニーパッキャオは、 フライ級からスタートし、 最終的には階級にして6階級、 飛び級もしているので全て間も合わせると、 10階級分体重を上げた事になります。 彼の身長は169cm。 フライ級では大柄なボクサーだった彼も スーパーウェルター級になると小さな選手です。 後に殺されるかと思ったと語った、 寺尾新選手とパッキャオの試合の動画。 当時のパッキャオはまだ世界的には無名。 フライ級時で細いのが分かりますね。 下がウェルター級の時のパッキャオの動画。 完璧に仕上げてきたコットを返り討ちする動画。 体の大きさがフライ級と比べ全然違うのが分かるかと思います。 平均身長にして、フライ~スーパーウェルターは 18cm程度違い、体重にすると約20キロも違う、 その中の階級の ビッグネームを倒した事になるんですね。 彼の凄さをこの上の票を見ただけでも 分かるのではないでしょうか。 と、言う訳で。 今回もボクシングのネタ。 いかがだったでしょうか? 今後ボクシングを始める時の 一つの参考にもなると思いますので、 是非じっくり見てくださいね^^ ではでは! ニナ でした。 またお会いしましょう^^.

次の

ザ・おやじファイト

フライ 級 体重

2014年の大みそかには、いくつものボクシングのビッグマッチが行われました。 新たな日本人チャンピオンも誕生しましたね。 さて、そんなボクシングですが、皆さんは「階級」にはどんなものがあるのかご存じですか? 今回は、意外と知らないプロボクシングの階級をご紹介します。 軽い順にご紹介しましょう。 266キログラム 102ポンド 以下 全ての階級の中で最も軽いのがこの「アトム級」です。 これは女子ボクシングのみの階級で、男子にはありません。 名称の意味は元素の最小単位である「アトム 原子 」です。 627キログラム 105ポンド 以下 次に軽いのがこのミニマム級。 男子ではこの階級が最軽量です。 WBA 世界ボクシング協会 ではこの名称を使っていますが、他の団体では「ストロー級」や「ミニフライ級」といった名称が使われています。 現在、WBA世界ライトフライ級王者の井岡一翔選手はこの階級でも王者になりました。 988キログラム 108ポンド 以下 WBAやWBC 世界ボクシング評議会 ではこの名称が使われていますが、他の団体では「ジュニアフライ級」という名称も使われています。 先ほども述べたように、井岡一翔選手がWBAの世界ライトフライ級王者です。 また、現在はタレントとしても活躍されている具志堅用高さんも、この階級で日本人初の王者になり13度の防衛記録を打ち立てました。 802キログラム 112ポンド 以下 男子では下から3番目に軽い階級がこの「フライ級」です。 フライは「ハエ」という意味。 日本人のチャンピオン経験者も多く、亀田興毅選手、亀田大毅選手、内藤大助さんもこの階級のチャンピオンでした。 163キログラム 115ポンド 以下 フライ級よりも少し重い階級が「スーパーフライ級」です。 この階級にもチャンピオンになった日本人が多く、現在は井上尚弥選手がWBO 世界ボクシング機構 の世界王者、河野公平選手がWBA世界王者です。 524キログラム 118ポンド 以下 バンタムは日本の天然記念物でもある鶏の「チャボ」を意味します。 この階級の日本人世界王者で有名なのは、やはり辰吉丈一郎さんや薬師寺保栄さんでしょう。 現在も山中慎介選手や亀田和毅選手がそれぞれWBCとWBOの世界王者です。 ちなみに『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈もこの階級です。 338キログラム 122ポンド 以下 バンタム級よりも約2キログラム重い階級がスーパーバンタム級です。 昨年の大みそかには天笠尚選手がWBAとWBOの統一王者ギレルモ・リゴンドウ選手と闘いましたが、惜しくも敗れています。 153キログラム 126ポンド 以下 体重が57. 153キログラム以下が「フェザー級」です。 フェザーは「羽毛」という意味ですが、羽毛としてはちょっと重いような印象を受けますね 笑。 この階級では長谷川穂積選手などが世界王者になりました。 また、漫画『はじめの一歩』の主人公、幕之内一歩もこの階級の選手です。 967キログラム 130ポンド 以下 フェザー級よりも少し重い階級が「スーパーフェザー級」です。 日本人では内山高志選手がWBA世界王者、三浦隆司選手がWBCの世界王者です。 他にも、粟生隆寛選手や畑山隆則さんがこの階級で王者に君臨したことがあります。 235キログラム 135ポンド 以下 次は「ライト級」です。 世界的に最も選手が多く、王者への道のりが厳しいといわれている階級なのだとか。 日本人で初めて世界王者 WBC になったのはあのガッツ石松さんです。 503キログラム 140ポンド 以下 「スーパーライト級」は体重63. 503キログラム以下。 このあたりが成人男性の平均体重といったところでしょうか? 日本人では、浜田剛史さんや平仲明信さん、そして藤猛さんが世界王者になったことがあります。 678キログラム 147ポンド 以下 次は「波」や「うねり」といった意味の「ウェルター級」です。 日本人の世界王者はいまだに誕生していない階級でもあります。 海外ではマニー・パッキャオやフロイド・メイウェザー・ジュニアなどが有名ですね。 853キログラム 154ポンド 以下 先ほども登場したフロイド・メイウェザー・ジュニアが、WBA・WBCの統一王者として君臨しているのが「スーパーウェルター級」です。 日本人では輪島功一さんなどが王者になりました。 575キログラム 160ポンド 以下 体重72. 575キログラム以下と比較的重めの階級が「ミドル級」です。 日本人では竹原慎二さんが1995年にWBAの世界王座を獲得しました。 ロンドン五輪で金メダルを獲得し、現在はプロの世界で活躍する村田諒太選手もこの階級です。 204キログラム 168ポンド 以下 次は「スーパーミドル級」です。 かの有名なシュガー・レイ・レナードはこの階級のWBC初代王者でした。 日本人で王座を獲得した選手はいません。 379キログラム 175ポンド 以下 次に重い階級が「ライトヘビー級」です。 この階級も日本人王者が誕生したことはありません。 やはり体格が大きくなると日本人は不利なのかもしれませんね。 719キログラム 200ポンド 以下 上から2番目に重いのが「クルーザー級」。 「巡洋艦」という意味です。 WBOでは「ジュニアヘビー級」という名称が使われています。 やはりこの階級でも日本人王者はいません。 719キログラム 200ポンド 超 全階級の中で一番重いのがこの「ヘビー級」です。 あのマイク・タイソンなどがこの階級でした。 この階級の統一王者は事実上の「ボクシング世界最強」という扱いになります。 現在はウクライナのウラジミール・クリチコが3つの団体で世界王者です。 プロボクシングの世界は、こうした階級に分かれています。 一番上は90. 719キログラム超とかなり重いですが、意外と階級と階級の体重差は大きくないような印象を受けますね。 それだけボクサーは体重の増減がシビアということなのでしょう。 こうした階級や規定体重を知っておくと、ボクシングの試合を見るときの面白みもアップするかもしれませんね。 中田ボンベ@dcp 外部サイト.

次の