コンクリート ドライバー。 振動ドリルを使わないでの穴あけ

ドリルドライバーの特長・選び方とおすすめ機種を分かりやすく解説

コンクリート ドライバー

振動ドリルとは 出典: 振動ドリルというのは、通常のドリルが回転のみの動きをするのに対して、回転に打撃が加わった動きをするドリルです。 主にコンクリートのような回転だけではドリルの刃が入っていかない素材に穴を開けるために使います。 振動ドリルの先端は細かく前後に振動していて、これによってコンクリートなどを細かく砕き、そこを掘り進んでいくという仕組みです。 振動ドリルと類似工具との違い 振動ドリルについて簡単に説明すると上記のようになりますが、他の電動工具とどう違うのかについてもご説明しておきます。 ハンマードリルとの違い 出典: 同じような用途の電動工具にハンマードリルがあります。 ハンマードリルは、振動ドリルの「打撃」をさらに強化した工具です。 振動ドリルでコンクリートなどに穴を開ける場合は直径10数mmくらいが限界なので、もっと大きな穴を開ける際に使います。 ハンマードリルは、振動ドリルよりも打撃が強力な分、穴の周囲が欠けてしまうことがあり、仕上がりの美しさは振動ドリルにはかないません。 また、重く大きなものが多く、基本的にプロ向けの電動工具です。 インパクトドライバーとの違い 出典: 振動ドリルは、「回転+打撃」の電動工具ですが、この点ではインパクトドライバーとも似ています。 ただし、振動ドリルの打撃はドリルの進行方向への打撃であるのに対して、インパクトドライバーの打撃は回転方向への打撃です。 インパクトドライバーは、打撃を加えることで回転力を増して、ネジを力強く締めるための電動工具です。 ドリルドライバーと比べると、インパクトドライバーは強力な「ネジ締め」の道具、振動ドリルは強力な「穴あけ」の道具であることが決定的に違います。 振動ドリルの選び方 ここからは振動ドリルの選び方についてご説明します。 製品選びに迷ったら、以下の記述を参考にしてください。 種類で選ぶ 振動ドリルには幾つかのタイプがあります。 それぞれのタイプの特徴を把握して、自分の用途に合ったものを選んでください。 軽くて高スペックなAC電源式 出典: AC電源式というのは、コードでコンセントから電源を取るタイプのことです。 コードがあるため、取り回しの良さでは充電式(バッテリー式)のものにはかないませんが、バッテリー切れの心配がなく、安定した動作が可能です。 また、高性能のバッテリーは価格も高いので、同程度の価格のものを比較した場合、AC電源式の方が高スペックになります。 バッテリーの重さがない分、軽いのもメリットです。 限られた予算で、高スペックのものが欲しい場合には、AC電源式がおすすめです。 持ち運びできる充電式 出典: 電池の性能が低かったころは、充電式の振動ドリルはパワーの点で不満が残る製品が多かったのですが、最近では充電式でもAC電源式に引けを取らないパワーがある製品が増えてきました。 コードが邪魔になることがありませんし、電源が取れない場所でも使用することができます。 取り回しの良さで選ぶなら、充電式に軍配が上がります。 ただ、高性能のバッテリーは価格も高くなりますから、この点の折り合いをつける必要はあります。 木材や銅板の穴あけに使えるピストル型 出典: ピストル型というのは、普通のドリルドラバーの形をした製品のことです。 D型ハンドルの製品よりも小型で、取り回しがいいタイプです。 強い力をかけるのにはあまり向いていませんが、振動機能を使わず木材や銅版の穴あけをする際には問題なく使えます。 振動機能が必須になるコンクリートの穴あけも小さな穴なら可能ですが、大き目の穴を開ける必要がある場合には、サイドハンドルが付いた製品を選ぶのがおすすめです。 このタイプなら、ピストル型でも両手でしっかり支えられて、正確な作業ができます。 コンクリートの穴あけに最適なD型ハンドル 出典: コンクリートに振動ドリルで穴を開ける場合、ドリルの回転だけではドリルは入っていかないため、ドリルを押し当てるようにして掘り進んでいきます。 D型ハンドルというのは、文字通りグリップの部分がアルファベットのDのような形をしたハンドルのことで、軸方向に力をかけやすくなっています。 コンクリートの穴あけに便利なD型ハンドルタイプですが、本体が大きく重くなるため、基本的にプロ用に限られます。 振動ドリルではあまり多くないタイプですが、より強力なハンマードリルの場合は、D型ハンドルの製品が多くなります。 最大穴あけ能力で選ぶ 出典: 最初にチェックすべき項目は穴あけ能力です。 いうまでもなく、どのくらいの大きさの穴を開けることができるかという性能です。 振動ドリルのスペックには、コンクリート・木材などの素材ごとに最大穴あけ能力が記載されています。 ギリギリの能力で作業をしても能率が上がりませんので、少し余裕があるくらいの製品を選ぶと良いでしょう。 回転数・打撃数を変えられるかで選ぶ 出典: 振動ドリルの回転数や打撃数は、トリガーの握り加減で調節することができます。 機種によっては、これに加えて高速・低速といったように回転数・打撃数を設定することができるものもあります。 高速にした場合は回転数が上がりますが、トルクは落ちます。 大き目の穴を開けるような高い負荷がかかる作業には、速度は落としてトルクを上げた方が向いています。 こういった作業内容に合わせた回転数・打撃数の調節ができる機種は、穴の径や材質に合わせた作業が可能なので、おすすめです。 また、一部の製品には、トルクを変えずに回転数の上限を設定できるものもあります。 こういった製品は、繊細な作業を行う必要がある人には便利です。 多機能性で選ぶ 出典: 振動ドリルは、振動をオフにして回転だけのドリルとして使用することもできます。 そして、製品によっては、これに加えて、ドライバーの機能やインパクトドライバーの機能を持たせたものもあります。 ドライバー機能があるものは、ドリルドライバーに付いているようなクラッチ機能が付いてて、ネジを締める際に締めすぎを防ぐことができます。 ドリルドライバーを持っていない人で、振動ドリルをネジ締めにも使いたい人には、このタイプの製品が便利です。 そして、製品数は多くありませんが、さらにインパクトドライバーの機能を併せ持ったものもあります。 保管場所の問題などで、振動ドリルとインパクトドライバーを2台を購入するのが難しい人におすすめです。 必要なオプションで選ぶ 出典: 振動ドリルを選ぶ際には、オプションもチェックしましょう。 先ほど説明したようなサイドハンドルが付属するもの、穴の深さが調節できて同じ深さの穴を開けるのに便利なデプスゲージや、収納に便利なキャリングケースが付属するものなどがあります。 本体の機能としては、トリガーから指を離すと回転が止まり安全性が高いブレーキ機能や、ネジを緩めるときやドリルを引き抜くときに回転方向を逆にできる正転・逆転切り替え機能があるものなどがあります。 いずれもあると便利なものですが絶対に必要というものではないので、必要に応じて選んでください。 振動ドリルのおすすめ人気ランキング10選 ここからは具体的なおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。 自分の用途に合った商品がないか探してみてください。 8kg(別売りバッテリー搭載時) モード切替:ネジ締め、ドリル、震動ドリル 穴あけ能力:コンクリートブロック13mm、鉄工13mm、木工38mm 機能:正転・逆転切り替え、回転数2段階切り替え コンパクトで取り回しが良いミドルクラス震動ドリル 最大トルクは60N・mで、2位でご紹介した製品に比べてパワーはありませんが、その分コンパクトで取り回しがいい製品です。 重さも500gほど軽いので、特に大きな穴を開ける必要がない方であれば、こちらの方が使いやすいはずです。 実際に使っている人の評価も高く、2018年12月現在では、Amazonのカスタマーレビューを書き込んでいる人の全員が星4つ以上の高評価を付けています。 2位の製品と同様に、21段階のクラッチが付いて、ドライバーとしても使いやすい製品です。 バッテリー付属のモデルの場合、実売価格が約5万円でDIY用には高価すぎますが、プロの方ならかけた費用の分の価値はある製品です。 3kg(別売りバッテリー搭載時) モード切替:ネジ締め、ドリル、震動ドリル 穴あけ能力:コンクリートブロック16mm、鉄工13mm、木工76mm 機能:正転・逆転切り替え、回転数2段階切り替え パワフルな充電式震動ドライバドリル この製品は、震動ドライバドリルでありながら、インパクトドライバと比較してもそれほど見劣りしない125N・mの最大トルクを誇っています。 メーカーのあおり文句には「そのパワーは未踏の領域へ!」とあるのですが、そのフレーズにも納得がいくパワーです。 これだけのパワーがあるため、170㎜コアビットにも対応していて、大径の穴あけ作業もこなせます。 21段階のクラッチを装備しているので、ドライバーとしての作業用途も広い製品です。 充電式のパワフルな製品が欲しいという方にはイチオシです。 3位 HiKOKI 振動ドリル FDV18V 重量:1. 7kg モード切替:回転、回転+打撃 穴あけ能力:コンクリート18mm、鉄工13mm、木工30mm 機能:速度微調整ダイヤル、正転・逆転切り替え HiKOKIのDIY向けハイパワーモデル プロ用の高機能な製品を数多く販売しているHiKOKI(旧 日立工機)ですが、こちらの製品はDIY向けです。 HiKOKIのDIY用振動ドリルは、3機種がラインナップされていて、この製品はその中でも最もハイパワーなものです。 プロ用と比べても遜色ないパワーがあります。 パワフルな製品ですが、速度調整ダイヤルが付いているので回転数の調整がやりやすく、素人でも扱いやすい製品です。 DIY用なので、長時間の連続使用には向きませんが、サブ機としてならプロの方でも十分に使えます。 9kg モード切替:震動ドリル、ドリル 穴あけ能力:コンクリート16mm、鉄工13mm、木工30mm 機能:正転・逆転切り替え マキタのDIY向けハイパワーモデル マキタがDIY向けに販売しているAC電源式の震動ドリルのラインナップの中では最もハイパワーのもので、この後3位でご紹介するHiKOKIの製品と競合する製品となります。 マキタの製品だけあって、品質の面では高い信頼性があります。 基本スペックは、3位の商品の方が少しだけ上ですが、両製品ともレビューの評価も極めて高く、どちらを買っても後悔することはないでしょう。 フタの部分に小物が収納できるケースが付属していて、これがかなり便利なのでケース目当てにコチラを選ぶのもアリです。 RELIEFというのは、「イチネン ミツトモ」という会社のブランドですが、いずれもあまり知名度は高くありません。 しかし、この振動ドリルに関しては、Amazonの売れ筋ランキングにも度々顔を出す人気商品です。 低価格が大きな魅力であることは否定できませんが、コンクリート13mmの穴あけ能力は高い方ですし、重さも軽めで扱いやすくなっています。 正転・逆転の切り替え機能もありますし、サイドハンドルやデプスゲージも付きますから、価格分の価値は十分にある製品です。 6位 新興製作所 変速振動ドリル SVV-130A 重量:1. 9kg モード切替:回転、回転+打撃 穴あけ能力:コンクリート10mm、鉄工10mm、木工25mm 機能:変速ダイヤル、正転・逆転切り替え 低価格のDIY用電動工具で定評がある新興製作所の製品 新興製作所は一般的な知名度はあまり高くないかもしれませんが、安価なDIY用の電動工具を多く販売していて、一定の評価を得ているメーカーです。 この製品もかなりの低価格である点が一番の魅力です。 ただ、単に安いというだけでなく、サイトハンドルやデプスゲージも付いてきますし、正転・逆転を切り替えることもできます。 特徴的なのは、回転速度の調節がダイヤルでできることで、電動のドリルやドライバーを使い慣れていない人におすすめです。 0kg(バッテリー装着時) モード切替:震動ドリル、ネジ締め、ドリル 穴あけ能力:コンクリートブロック8mm、鉄工10mm、木工21mm 機能:正転・逆転切り替え、回転数2段階切り替え、ブレーキ付き マキタのプロ用小型震動ドライバドリル マキタは電動工具のトップメーカーの一つで、今回のランキングでも一番多くの製品がランクインしています。 そのマキタのプロ用震動ドライバドリルの中でも、小型軽量な製品です。 ちなみに、他のメーカーは基本的に振動という表記ですが、マキタは震動です。 10位でご紹介した製品に近い性能ですが、バッテリーが2個付属したり、ベルトに付けて持ち運べるホルスターが付属したりといった、プロ用として長時間でも使用しやすい仕様になっています。 その分、価格が高めになっているのが難点です。 0Ahバッテリー装着時) 重量:1. 85kg(別売り18V3. 0Ahバッテリー装着時) モード切替:ネジ締め、ドリル、振動ドリル 穴あけ能力:モルタル・レンガ13mm、金工13mm、木工38mm(18Vバッテリー装着時) 機能:正転・逆転切り替え、回転数2段階切り替え 14. 4V・18Vの両方のバッテリーがデュアルシリーズ 電圧の異なるバッテリーが使えるデュアルシリーズの製品。 パナソニックの電動工具を複数所持している人には便利なシステムです。 ここでご紹介しているのは、バッテリーが付属しないモデルですが、最初から付属するモデルもあります。 最大回転数が調節でき、穴あけ開始時にはスピードを遅くする「なめらかスタート」も搭載しているので、スピードコントロールがやりやすい使い勝手の良い製品です。 10位 ボッシュ コードレス振動ドライバードリル PSB10. 0kg(バッテリー装着時) モード切替:ネジ締め、ドリル、振動ドリル 穴あけ能力:コンクリート6mm、鉄工8mm、木工20mm 機能:正転・逆転切り替え、ギア式2段変速 小型軽量でコスパも良い充電式 小型の振動ドライバードリルです。 ドライバー機能もついて、ドリル、振動ドリルと一台三役で使えます。 バッテリー込みでも1kg程度しかない軽さも魅力です。 価格も安くコスパもいいのですが、穴あけ能力はそれほど高くないので、この点を重視する人には不向きです。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 11,960円 3. 9 18,530円 4. 57 9,199円 4. 35 10,075円 4. 39 3,282円 4. 34 3,250円 4. 88 14,980円 4. 34 4,510円 4. 06 24,976円 4. 13 10,800円 4. 41 まとめ 振動ドリルの選び方とおすすめの製品をご紹介しました。 振動ドリルはプロの方には必須のものですし、DIY用としても持っていると作業の幅が広がるオススメの電動工具です。 コンクリートに穴を開ける場合でも、小さな穴ならインパクトドライバーなどを使って開けてしまう人もいらっしゃるかもしれませんが、振動ドリルを使うと作業効率が全く違います。 この機会に購入することを検討されてみてはいかがでしょうか。

次の

【2020年最新】インパクトドライバーの選び方 おすすめメーカー|激安通販ウエダ金物

コンクリート ドライバー

型番 通常単価 税別 最小発注数量 スライド値引 通常 出荷日 サイズ mm JANコード パッケージ重量 g 356円 1個 3日目 3 4977292338103 14 356円 1個 お見積り 3. 2 4977292338110 14 356円 1個 3日目 3. 4 4977292338127 15 356円 1個 3日目 3. 5 4977292338134 15 356円 1個 3日目 4 4977292338141 17 356円 1個 3日目 4. 3 4977292338158 18 356円 1個 3日目 4. 5 4977292338165 18 356円 1個 3日目 4. 8 4977292338172 19 390円 1個 3日目 5 4977292338189 20 390円 1個 3日目 5. 5 4977292338196 24 424円 1個 3日目 6 4977292338202 28 424円 1個 3日目 6. 4 4977292338219 33 424円 1個 3日目 6. 5 4977292338226 35 Loading...

次の

【2020年版】インパクトドライバーのおすすめ21選。選び方についても解説

コンクリート ドライバー

インパクトドライバーとは? インパクトドライバーの機能 By: インパクトドライバーは、ドライバードリルと似た電動工具です。 ドライバードリルは、モーターの回転によって木材などにネジの締め付けや穴あけをします。 それに対してインパクトドライバーは、回転とともに、内蔵されたハンマーの打撃によって衝撃力を加えることが可能です。 そのため、ドリルドライバーより強力なのがメリット。 一般的なドリルドライバーは、長さが50mmほどまでのコーススレッドと呼ばれる木ネジを締め付けできます。 50mm以上のコーススレッドを使うことが多い方はインパクトドライバーを使用したほうが便利です。 インパクトドライバーの各パーツ By: インパクトドライバーは先端に付ける「ビット」と呼ばれるアクセサリーを交換することによってさまざまな種類のネジに対応可能です。 ビットの回転方向を切り替えるのが「正逆切り替えスイッチ」。 充電式の場合、バッテリーは製品の下部に取り付けられているのが一般的です。 インパクトドライバーとドライバードリルの違いと使いわけ By: インパクトドライバーは硬くて厚い木材にネジを締める・緩めるといった場合に活躍する電動工具。 ただし、ドライバードリルで一般的な「クラッチ機構」は、インパクトドライバーには搭載されていない場合がほとんどです。 クラッチ機構はネジを締め付ける力である「トルク」の強さを調節する役割を果たしています。 そのため、クラッチ機構がないインパクトドライバーでは微妙な力加減ができないのがデメリットです。 また、穴あけのドリルとしてインパクトドライバーを使う際は、ドリル刃が暴れやすく扱いにくいのが難点。 インパクトドライバーとドライバードリルは、用途に応じて使いわけるようにしましょう。 インパクトドライバーの選び方 ヘッドで選ぶ By: インパクトドライバーの上部を「ヘッド」と言います。 狭い場所での作業を想定している方は、ヘッドの形状をチェックしましょう。 なかでも、ヘッド部を垂直にしたり、折り曲げたりできる「ペン型」モデルがおすすめです。 ペン型のインパクトドライバーは、用途に応じてヘッド部を変形させることで、通常のインパクトドライバーと同じように使用したり、ペンのような形状にすることで奥まった箇所のネジ締めをしたりできるのがポイント。 比較的、安価なモデルもラインナップされているため、インパクトドライバーを導入したいと考えている方にもおすすめです。 また、ワンタッチでビットを簡単に交換できるかどうかもチェックしましょう。 ネジ締めの前にダボ穴をあける場合など、さまざまなドリルビットを使いわける際に便利です。 トルクで選ぶ By: インパクトドライバーのパワー、つまりネジの締め付け能力を表すのがトルクです。 トルクの単位はニュートンメートル N・m。 数字が大きくなるほど、ネジを締め付ける力が大きいことを示します。 プロ向けインパクトドライバーのトルクは160〜180N・mが主流。 ホームユース向けモデルは25〜130N・mと幅広いのが特徴です。 なお、トルクの強弱はバッテリーの電圧と関連しています。 ハイパワーな160〜180N・mといったトルクのインパクトドライバーは電圧14. 4Vあるいは18Vが主流。 ホームユース向けでは7. 2Vや10. 8Vといったモデルがラインナップしています。 電圧の違いは確認しておきましょう。 ネジ締め能力で選ぶ By: インパクトドライバーのネジ締め能力は、各モデルによってさまざま。 スペック表にある「最大締め付け能力」をチェックすれば、各インパクトドライバーが締め付けられるネジのサイズがわかります。 スペック表の最大締め付け能力は「木ネジ」「コーススレッド」「機械ネジ」「小ネジ」など、ネジの種類ごとに表記。 各メーカーで書き方は異なりますが、「木ネジ」と「コーススレッド」「機械ネジ」と「小ネジ」は同じモノを表しています。 締め付けできるサイズ以上のネジに使った場合、インパクトドライバーに大きな負荷がかかり、故障してしまう恐れがあるので注意しましょう。 給電方式で選ぶ 充電式のインパクトドライバー By: インパクトドライバーで主流なのが充電式モデル。 コードが邪魔になることなく、作業効率が上がるのがメリットです。 また、電源を気にすることなく、塀やガレージなどのメンテナンスも手軽にできます。 特に使い慣れていない方がコード式インパクトドライバーを使用した場合、コードで引っ掛けて作業場の工具箱を倒してしまうなどといったことも考えられます。 使い勝手や作業効率、そして安全性の面からも充電式がおすすめです。 なお、バッテリーはリチウムイオン電池が主流。 ニッカド電池より強力で耐久性も高いのがメリットなので、選ぶ際はチェックしておきましょう。 コード式のインパクトドライバー By: コード式インパクトドライバーの特徴はバッテリーの残りを気にすることなく連続して使用できること。 安いモデルでも充電式よりハイパワーなのがポイントです。 また、バッテリー自体が必要ないので軽量性に優れているのも魅力。 デメリットは、製品ラインナップが充電式に比べて少ない点です。 長時間作業する方や、価格重視の方はチェックしておきましょう。 バッテリー容量で選ぶ By: 充電式のインパクトドライバーを使うのであれば、バッテリーの容量をチェックする必要があります。 バッテリーの容量が少ないと、長時間連続での使用ができません。 大きな作品を手がけるためにインパクトドライバーを使う場合は、バッテリー容量の多い製品を選びましょう。 DIY用のインパクトドライバーであれば、3. 0〜4. 0Ahのバッテリーで十分です。 プロ用のモノなら、5. 0〜6. 0Ahのバッテリーを選ぶと高い性能を発揮します。 防塵性・防滴性の高さで選ぶ 粉塵や水などによる故障を防ぐためには、防塵・防滴性のあるモノを選びましょう。 特に屋外での使用がメインの方は、防塵・防滴性を重視したインパクトドライバーがおすすめです。 なお、ペン型のインパクトドライバーは、防塵・防滴仕様に対応していないモデルが多くラインナップされています。 ペン型モデルを屋外で使用したいと考えている方は注意しておきましょう。 軽さで選ぶ By: 充電式の工具は、製品重量の50%程度がバッテリーの重さです。 そのため、バッテリーの容量が大きいほど、インパクトドライバーの重量は重くなります。 重いと長時間の使用が負担となるため、同程度のバッテリー容量を持つ製品が複数ある場合、なるべく軽量なタイプを選びましょう。 また、軽さを重視したい方には、ペン型のインパクトドライバーもおすすめです。 ペン型の製品はコンパクトで軽いのが魅力ですが、バッテリー容量が少ないので連続使用にはやや不向きな傾向にあります。 基本的にはバッテリー容量が大きいモノを使い、細かい作業をするときにはペン型のインパクトドライバーを用いるといった使いわけがおすすめです。 インパクトドライバーのおすすめメーカー マキタ MAKITA By: 「マキタ」は1915年に創業され100年以上の歴史を持つ日本国内トップシェアの電動工具メーカー。 現在は50以上の国でグローバルに展開していることから、海外における知名度も高く、電動工具のシェアとしては世界でもトップクラスです。 また、故障した工具を3日間で直す「修理3日体制」で定評があり、プロユーザーからの信頼性が高い電動工具ブランドです。 インパクトドライバーを選ぶ際はぜひチェックしておきましょう。 ボッシュ BOSCH By: 「ボッシュ」は電動工具で世界トップのシェアのドイツメーカーです。 1928年に世界初のハンマードリルを開発するなど、業界を牽引。 世界60ヶ国以上、450社の子会社などで事業を展開しています。 なお、並行輸入品は日本ボッシュの製品保証対象外となるので、注意が必要です。 サイズや重量が日本メーカー製品に比べて大きめですが、耐久性が高いのも特徴。 パワフルなインパクトドライバーを探している方におすすめです。 ハイコーキ HiKOKI By: ハイコーキは、日立工機を前身に持つ国内トップクラスの電動工具メーカーです。 ハイコーキが開発した新型バッテリーの「マルチボルトシリーズ」は、充電器に合わせて自動的に電圧を切り替えられるのが魅力。 電動ドライバーにおいては、ラインナップが豊富で、製品の保証期間が長いのもポイントです。 リョービ RYOBI 2WAY LEDライトを搭載したスティック型のインパクトドライバーです。 約2m先まで照射できる前方のLEDライトに加えて、側面にワイドLEDを搭載。 作業時の手元だけでなく、暗い場所で周囲を照らしたり、小さな開口部から本体を挿し込んで内部を照らしたりする場合におすすめです。 2Vのコンパクトなバッテリーを使用し、最大締め付けトルクは25N・m。 手締めにも対応しているので、増し締めやサビたネジを緩める場合にも便利です。 電動工具には珍しく、カラーラインナップが豊富に用意されているのもポイント。 電池パックには制御回路が搭載されており、過放電や高温になる前に給電を自動停止してくれるので、安心して使用できる点もおすすめです。

次の