山麓 バイパス 事故。 兵庫県の最新ニュース速報 : 事故

山麓バイパス

山麓 バイパス 事故

💀立憲民主党 革マル派 ピースボード しばき隊 辻元清美 帰化人 爆弾テロ 拉致 テポドン 北朝鮮 山岳ベース事件 極左 立憲民主党 浅間山荘 枝野幸男 朝鮮労働党 近藤昭一 朝日新聞 共謀罪 あべともこ シンガンス 菅直人 金正恩 警官殺害 陳哲郎 福山哲郎) 陳哲郎 枝野 団塊老人パヨク 外国人献金 工作員 赤松 立憲民主党 朝鮮総連 革マル派 阿部知子 北朝鮮 TBS 在日 背乗 過激派 長妻. チュチェ思想 立憲民主党 北朝鮮 立憲民主党 辻元清美 金正恩. 連合赤軍 火炎瓶 北朝鮮 拉致 反日 立憲民主 外国人参政権 枝野工作員 核ミサイル 朝鮮進駐軍 立憲民主党(りっけんみんしゅとう) 覚醒剤 辻元 枝野 💀 立憲民主党 陳哲郎(福山哲郎) 金正恩 殺人極左 反天連 サリン 北朝鮮 混ぜるな危険 排除 北朝鮮 立憲民主党 核ミサイル スパイ 挺対協 菅直人 東京新聞 混ぜるな立憲 9条の会 反日 朝鮮進駐軍 オルグ 反天皇制 キャミソール荒井 革マル 立憲民主党 テロ朝 連合赤軍 北朝鮮 オウム 枝野幸男 💀朝鮮総連 極左 江田憲司(アデランス).. 立憲民主党 北朝鮮 りっけんみんしゅとう 立憲民主党 極左 菅直人 金正恩 辻元清美 危険 排除 混ぜるな立憲 💀 【話題】李信恵が立憲民主党を応援 rinda0818 ud ソース、日付修正、更新されました 21日午後5時25分ごろ、神戸市長田区雲雀ケ丘1の山麓バイパスで、乗用車を運転していた同市東灘区の男性会社員(39)から「スリップしてガードレールに当たった」と、110番があった。 長田署員が現場に駆け付けると、現場に男性の乗用車のほか、前輪が取れたバイクが倒れていた。 同署員が周囲を捜索したところ、約4時間後に高架になっているバイパスから約50メートル下で介護士の男性(37)=同市垂水区=が見つかった。 男性は頭などを強く打っており、その場で死亡が確認された。 同署によると、バイクは介護士の男性が所有。 乗用車を運転していた男性は「(ぶつかった衝撃で事故当時の)記憶がない」と話しており、乗用車の側面には何かにぶつかった痕があった。 同署は何らかの原因で乗用車とバイクが衝突したとみて調べている。 html.

次の

道路管理者の連絡先 高速道路 |道路 |国土交通省近畿地方整備局

山麓 バイパス 事故

本日、正午すぎ、兵庫区菊水町10で玉突き事故がありました。 YAHOO!などのトップ記事になっておりました。 私は、建設水道委員会の委員長をしておりまして、あわてて、現地にタクシーで急行しました。 同じ委員会の垂水区の赤田議員と現地視察に行ってきました。 大型トラックが、信号で停車中の阪急バスに突っ込んだ結果、22人のけが人が出たようです。 実は、ここの道路に関しては、以前から住民が危ないという指摘があり、この数年でも人身・物損含めて、何度も何度も事故があったところです。 山麓バイパスを通らず、西神戸有料道路が無料になった結果、住民の生活道路を大型のトレーラーなどがどんどん通るようになったことが原因です。 この問題に関しては、住民運動が起こり、赤田議員も繰り返し、質問を行っています。 警察に話を聞き、集まっていた住民からも話を聞きましたが、「もう何度目や。 」「信号からわかりにくい。 」という声が出ていました。 私が見たところでも、ものすごく交通量は多いは、大型車がひっきりなしに走るのに、視界は悪い、事故があっても不思議ではないと感じました。 この問題は、引き続き赤田さんといっしょにとりあげていきたいと思います。 以下、先日の赤田議員と当局のやり取りを載せておきます。 そこで事業費として 400万円計上されているんですけども,この交通流対策及び道路構造対策についての検討ということなんですが,ちょっとこれ4行だけなんでよくわからないんですけども,ちょっとイメージが浮かばないんで,具体的にどういうことをされようとしてるんかということについてお尋ねしたいと思います。 それでもう1つ聞きたいのは,じゃあ実際には長いこと住んでおられる住民の方々自身の思いだと思うんですよね。 だからまず交通安全上も非常に問題があるということと,それから騒音の問題についても以前にも何度か指摘させていただきましたけども,また逆に車がどんどんふえてきてるということで,タクシーの運転手さんもこれどうなってるんやと怒ってるという話も聞きました。 それから騒音についてもうるさくなってることについては非常に,物すごい苦痛やという声を聞いておりますけども,それについてどうするかという回答がないんですよね。 そこで,今後のこの対策についてなんですけども,住民に対して意見を聞き,どうするのかということについての説明会をするとか,そういった計画はあるんですか。 それで 12時間の交通量と,それから大型車の割合等を調査いたしまして,実験期間中と実験前といろいろ比較いたしまして,現時点ではコンテナ車の交通量等につきましても,実験前の交通量と同程度まで戻っているということでございまして,現状を把握した中では,有意な交通量の推移といいますか,そういったことは見られないということでございますので,引き続き,そういったことの把握はやっていきたいというふうに思っております。 それから引き続きまして,全体的に交通量を山麓バイパスの方に転換させるというようなことで,本格的な料金施策の実施をやってまいりたいというふうに考えております。 以上でございます。 統計資料については,先ほどの答弁の中身は事前にお調べさせていただきました。 それが1つ。 だからこそいうことが1つで,それからもう1つは後半でご答弁がありました山麓バイパスの割引の問題。 ですから,まあ言うたら,やりっ放しとしか映らないんですよ。 ですから,何度か建設事務所にも交渉に行かれて運動されてる方がおられると聞いてるんですけども,いつも答えは,何とかしなくてはぐらいで,具体的にどうするのかさっぱり見えてないというのが1つあります。 ですから,率直に住民の声をしっかり受けとめるための会合を持つとか,ビジョンを示すとかいうことも含めて,具体的に足を踏み出すということが必要じゃないかというふうに思うんです。 この事業概要を勉強させてもらいまして,冒頭には,「はじめ」にのところで,建設局では市民の命と暮らしを守り,安全・安心なまちづくりを推進することを最優先にというように書かれてるんですから,そういう気持ちにこたえて住民の中に入っていくための取り組みが,これが交通流対策や道路構造対策の検討の中でしっかりやらなあかんスタンスやというふうに思うんですけども,もう1度,改めてご答弁,ちょっとお願いいたします。 以上でございます。

次の

日本道路交通情報センター:JARTIC

山麓 バイパス 事故

本日、正午すぎ、兵庫区菊水町10で玉突き事故がありました。 YAHOO!などのトップ記事になっておりました。 私は、建設水道委員会の委員長をしておりまして、あわてて、現地にタクシーで急行しました。 同じ委員会の垂水区の赤田議員と現地視察に行ってきました。 大型トラックが、信号で停車中の阪急バスに突っ込んだ結果、22人のけが人が出たようです。 実は、ここの道路に関しては、以前から住民が危ないという指摘があり、この数年でも人身・物損含めて、何度も何度も事故があったところです。 山麓バイパスを通らず、西神戸有料道路が無料になった結果、住民の生活道路を大型のトレーラーなどがどんどん通るようになったことが原因です。 この問題に関しては、住民運動が起こり、赤田議員も繰り返し、質問を行っています。 警察に話を聞き、集まっていた住民からも話を聞きましたが、「もう何度目や。 」「信号からわかりにくい。 」という声が出ていました。 私が見たところでも、ものすごく交通量は多いは、大型車がひっきりなしに走るのに、視界は悪い、事故があっても不思議ではないと感じました。 この問題は、引き続き赤田さんといっしょにとりあげていきたいと思います。 以下、先日の赤田議員と当局のやり取りを載せておきます。 そこで事業費として 400万円計上されているんですけども,この交通流対策及び道路構造対策についての検討ということなんですが,ちょっとこれ4行だけなんでよくわからないんですけども,ちょっとイメージが浮かばないんで,具体的にどういうことをされようとしてるんかということについてお尋ねしたいと思います。 それでもう1つ聞きたいのは,じゃあ実際には長いこと住んでおられる住民の方々自身の思いだと思うんですよね。 だからまず交通安全上も非常に問題があるということと,それから騒音の問題についても以前にも何度か指摘させていただきましたけども,また逆に車がどんどんふえてきてるということで,タクシーの運転手さんもこれどうなってるんやと怒ってるという話も聞きました。 それから騒音についてもうるさくなってることについては非常に,物すごい苦痛やという声を聞いておりますけども,それについてどうするかという回答がないんですよね。 そこで,今後のこの対策についてなんですけども,住民に対して意見を聞き,どうするのかということについての説明会をするとか,そういった計画はあるんですか。 それで 12時間の交通量と,それから大型車の割合等を調査いたしまして,実験期間中と実験前といろいろ比較いたしまして,現時点ではコンテナ車の交通量等につきましても,実験前の交通量と同程度まで戻っているということでございまして,現状を把握した中では,有意な交通量の推移といいますか,そういったことは見られないということでございますので,引き続き,そういったことの把握はやっていきたいというふうに思っております。 それから引き続きまして,全体的に交通量を山麓バイパスの方に転換させるというようなことで,本格的な料金施策の実施をやってまいりたいというふうに考えております。 以上でございます。 統計資料については,先ほどの答弁の中身は事前にお調べさせていただきました。 それが1つ。 だからこそいうことが1つで,それからもう1つは後半でご答弁がありました山麓バイパスの割引の問題。 ですから,まあ言うたら,やりっ放しとしか映らないんですよ。 ですから,何度か建設事務所にも交渉に行かれて運動されてる方がおられると聞いてるんですけども,いつも答えは,何とかしなくてはぐらいで,具体的にどうするのかさっぱり見えてないというのが1つあります。 ですから,率直に住民の声をしっかり受けとめるための会合を持つとか,ビジョンを示すとかいうことも含めて,具体的に足を踏み出すということが必要じゃないかというふうに思うんです。 この事業概要を勉強させてもらいまして,冒頭には,「はじめ」にのところで,建設局では市民の命と暮らしを守り,安全・安心なまちづくりを推進することを最優先にというように書かれてるんですから,そういう気持ちにこたえて住民の中に入っていくための取り組みが,これが交通流対策や道路構造対策の検討の中でしっかりやらなあかんスタンスやというふうに思うんですけども,もう1度,改めてご答弁,ちょっとお願いいたします。 以上でございます。

次の