ウサギ ノネ ドコ カフェ。 【京都の鉱物カフェ】二条駅から歩いて行けるウサギノネドコカフェ|とりっぷかめら

【京都の鉱物カフェ】二条駅から歩いて行けるウサギノネドコカフェ|とりっぷかめら

ウサギ ノネ ドコ カフェ

鉱物カフェ「ウサギノネドコ カフェ」について 「ウサギノネドコ」は京都を拠点として「自然の造形美を伝える」をテーマとして営業されています。 現在は「ウサギノネドコ 京都店」のみですが、2019年9月に2号店として「ウサギノネドコ 東京店」がオープンされるようです。 「ウサギノネドコ 京都店」では、ミセ・ヤド・カフェの3種類の店舗を構えており、今回私たちは「ミセ」と「カフェ」を利用してきました。 この記事では、「カフェ」に訪問した際の感想を書きます。 「ウサギノネドコ カフェ」は、博物館のようなカフェ「博物カフェ」をコンセプトに営業されており、「食べられる鉱物」がSNSでも話題となっています。 「ウサギノネドコ カフェ」は二条駅から徒歩スグ 「ウサギノネドコ カフェ」は、二条駅から徒歩10分ほどの距離にあります。 道はとっても簡単で、二条駅西口 映画館のあるBiVi二条や、くら寿司がある方です を出て、くら寿司のある御池通りをまっすぐ進むと京町家の建物があります。 そこが「ウサギノネドコ カフェ」の建物です。 二条駅周辺には、世界遺産に登録されている二条城や映画館などもあるため、観光や映画鑑賞と一緒に「ウサギノネドコ カフェ」に立ち寄ってみるのも良いかと思います! ちなみに「ウサギノネドコ カフェ」の最寄り駅は二条駅ではなく、地下鉄東西線「西大路御池駅」で、そこからだと徒歩3分ほどの距離です。 今回私たちは二条駅から歩いて行ったので、二条駅でご紹介しております。 「ウサギノネドコ カフェ」の訪問レビュー 予約は公式ホームページから 人気店ということで、事前に公式ホームページのから予約をして訪問しました。 予約は、電話か上記のお問い合わせフォームより可能とのことです。 予約した時間が開店と同時刻だったので、予約しなくてもよかったかもしれないですが・・・(笑) 店内の雰囲気 一番乗りでの訪問で、予約していたこともあり、洞窟のようなテーブル席に案内して頂きました。 半個室的な席であり、とても落ち着く空間でした。 カップルのデートにもオススメの席ですね! このテーブルの椅子、シネマベンチというアンティークな椅子を使われているようです。 味があっていいですね! テーブルの上にはタンポポの「Sola cube」が置いてありました。 「Sora cube」はウサギノネドコさんが販売している商品で、透明なアクリル樹脂の中に植物の種、実、花などをそのままの形で閉じ込めた商品です。 写真撮影は自由とのことですが、他のお客さんの迷惑にならないよう注意書きがありました。 私たちは念の為お店の方に確認して撮影させて頂いております。 カフェ内のもっとも博物館っぽい席です。 テーブル内には色々な展示品が飾られていて、展示品を見ながらお食事を楽しめる席になっていました。 今回、お客さんが居ない隙を見つけて写真を撮らせて頂きました。 店内奥にもテーブル席やお座敷席があるのですが、他のお客さんが居たので今回写真はやめておきました。 お座敷席は小さいお子様連れのお客さんが座られていましたので、そういった方にも安心の広いスペースとなっているようです。 トイレは広々として、スタイリッシュで清潔感のあるトイレでした。 写真は忘れましたが、オムツ替えの台も用意されていて、お子様連れのお客さんに配慮されたトイレとなっていました。 訪問時に注文したメニュー ランチメニューです。 今回、SNSで話題の鉱物スイーツ目当てで訪問した為、ランチメニューからは「週替わりランチ」を一つだけ注文しました。 私たち訪問時の「週替わりランチ」です。 豚肉のトマトラグーと、ベーカリーで有名な進々堂の田舎パンと、付け合わせ2種のセットでした。 豚肉がしっかりとトマトソースで煮込まれていて、柔らかくて美味しかったです! 取り皿を頂いて2人で頂きました。 今回のお目当ての「鉱物スイーツ・アソート」です。 見た目も可愛いくてSNS映え間違いなしです! 4種類のスイーツが楽しめて、味もとっても美味しかったです。 「鉱物スイーツ・アソート」はとても人気で、他のお客さんも皆さん注文して写真撮影されていました。 週末限定で1日15食限定なようなので、お目当ての方は早めに訪問されたほうがいいかと思います。 4種類のスイーツのセットなので結構ボリューミーで、がっつりお食事したあとだと食べれなかったかも・・・(笑) 「鉱物スイーツ・アソート」のモデルとなった鉱物がレジ付近に置かれていました。 上手く特徴を捉えて、美味しそうにスイーツ化されていますね! 春限定のメニューということで、せっかくなので注文しました。 「桜Sola cubeの二色羹」は、名前の通り桜の「Sola cube」をモデルに作られたスイーツメニューです。 この桜の「Sola cube」は、春限定で販売され、すぐに売り切れるみたいで、私たちが知った時には既に売り切れでした・・・ とっても可愛くて欲しいので、来年に期待します! 「ウサギノネドコ カフェ」はSNSでも話題 「ウサギノネドコ カフェ」はSNSでも話題で、私たちもSNSで流れていたのを見て知りました。 可愛い鉱物スイーツや店内の雰囲気を写真におさめたくてたくさんの方が訪問されるようですね。 ツイッターでの他の方の感想を一部ご紹介します。 桜の入ったキューブと、たんぽぽを購入。 18:00) 定休日 木曜日 アクセス まとめ 「ウサギノネドコ カフェ」をご紹介しました。 「食べられる鉱物」で話題のカフェで、鉱物に見立てた見た目が可愛いスイーツが食べられます。 店内はSNS映えすること間違い無しの博物館のようなカフェなので、素敵な写真を撮れるかと思います。 もちろん普通のお食事メニューも充実しているので、ランチタイムにも最適です。 鉱物カフェ「ウサギノネドコ カフェ」で展示品を眺めながら美味しいランチを食べて、素敵な時間を過ごして見てくださいね。

次の

京都「ウサギノネドコ」vol.2〜味覚も視覚も楽しめるカフェ

ウサギ ノネ ドコ カフェ

店名は「ヒカゲノカズラ」という植物の別名に由来するとともに、奥に長い京町家を表す言葉「うなぎの寝床」をもじっています。 中央にあるキッチンを挟んで手前は展示スペース。 動物の骨などの常設展示のほかに、期間限定の企画展示も行われており、この日は「ウニのない人生なんて」と題したさまざまなウニの写真などが置いてありました。 キッチンの奥は、天窓から光が差し込む明るいカフェスペース。 小さな子ども連れでも過ごしやすい座敷席もあります。 「カフェスペースはもちろん、展示スペースでも食事やカフェタイムを楽しんでもらえます。 最初はびっくりされる方もいますが、せっかく来たのだからと展示スペースのガラステーブルを利用する方も多いですよ」と吉村さんは笑います。 こちらはカフェですが、ディナータイムもしっかりご飯が食べられるのも魅力です。 夜のセットメニューのひとつ「パスタセット」は、パスタのほかにサラダとスープがつきます。 パスタは2種類からセレクトが可能。 この日は、魚介とトマトソースのラグーをオーダーしました。 ラグーとは煮込みのこと。 タコやイカ、エビ、アサリをミンチにして野菜と一緒にトマトソースで煮込み、パスタに和えた一品です。 たくさんの魚介がひとつになった味わいが楽しめます。 「プチトマトは岩場で光る鉱石をイメージしています」とフード担当のシェフ。 なるほどとお皿の上を眺めていると、おのずと「自然の造形美」の世界へ引き込まれていきそうです。 シェフおすすめのスイーツはフェミニンな美しさ 人気エリア• 国内エリア• 海外エリア•

次の

ウサギノネドコ 京都店

ウサギ ノネ ドコ カフェ

店名は「ヒカゲノカズラ」という植物の別名に由来するとともに、奥に長い京町家を表す言葉「うなぎの寝床」をもじっています。 中央にあるキッチンを挟んで手前は展示スペース。 動物の骨などの常設展示のほかに、期間限定の企画展示も行われており、この日は「ウニのない人生なんて」と題したさまざまなウニの写真などが置いてありました。 キッチンの奥は、天窓から光が差し込む明るいカフェスペース。 小さな子ども連れでも過ごしやすい座敷席もあります。 「カフェスペースはもちろん、展示スペースでも食事やカフェタイムを楽しんでもらえます。 最初はびっくりされる方もいますが、せっかく来たのだからと展示スペースのガラステーブルを利用する方も多いですよ」と吉村さんは笑います。 こちらはカフェですが、ディナータイムもしっかりご飯が食べられるのも魅力です。 夜のセットメニューのひとつ「パスタセット」は、パスタのほかにサラダとスープがつきます。 パスタは2種類からセレクトが可能。 この日は、魚介とトマトソースのラグーをオーダーしました。 ラグーとは煮込みのこと。 タコやイカ、エビ、アサリをミンチにして野菜と一緒にトマトソースで煮込み、パスタに和えた一品です。 たくさんの魚介がひとつになった味わいが楽しめます。 「プチトマトは岩場で光る鉱石をイメージしています」とフード担当のシェフ。 なるほどとお皿の上を眺めていると、おのずと「自然の造形美」の世界へ引き込まれていきそうです。 シェフおすすめのスイーツはフェミニンな美しさ 人気エリア• 国内エリア• 海外エリア•

次の