それ ゆえに。 「だから~」を敬語に直すと??

日本語の用法に詳しい方。

それ ゆえに

「A したがって B」 =Aによる論理的整合性・必然性のもとに Bという結果が導かれることをあらわす。 どちらかといえば結果Bに焦点がある。 「A それゆえ B」 =Bが成立した原因・理由がAであるという ことをあらわす。 どちらかといえば、原因・理由Aに焦点がある。 もちろん、因果関係としては、どちらでも同じことですから、 通常は、どちらを使っても、等しく意味の通る文に なります。 しかし、だからといって、異なる語が 「まったく同じ意味・用法」ではあり得ません。 言いたいことの内容によって、どちらを使ったほうが より適切か、がやや異なってきます。 例 彼は失業してしまった。 (したがって・それゆえ) 今は収入がない。 「したがって」を用いると、 「失業したのだから、収入がなくなるのは当然の 結果である」というニュアンスが出てきます。 「それゆえ」を用いると 「彼が今収入がないのは、実は失業した からなのだ」というニュアンスが感じられます。 このことは、fontomanie さんがお書きになった 例文についてもあてはまります。 「戦争に加担したくなかった」ことがより重要なのが 「したがって」の文で、 「中国文化を尊敬していた」ことがより重要なのが 「それゆえ」の文 ・・・ ではないでしょうか。

次の

【それゆえ】の例文集・使い方辞典

それ ゆえに

何か情報、もしくは何らかの解釈をご存知のかた、教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 数学科の学生です。 数研出版さんで用いられているかどうかは分かりませんが、私は以下のように使っています。 接続詞にはそれぞれ意味がありますので、それによって分類すると、 1 前の事柄から結論付けるとき 「ゆえに」は直前の事柄から 「よって」は前のいくつかの事柄から 「したがって」はそれまでの流れから 言える(分かる)ことを述べる場合に用います。 2 言い換えて明らかにするとき 「すなわち」 仮定などから出た結論を証明しやすいように 言い換える場合に用います。 3 視点を変えるとき(挿入) 「ここで」「一方」「また」 今まで使っていたものとは別の仮定を使うときや 今までとは違う結論を導き出したいときに用います。 といった感じでしょうか。 明確な定義づけがされているかは曖昧ですが、大きく分けた3つの分類さえ間違わなければ証明として間違いはないです。 1 結論付けの接続詞に関しても、言葉の意味から考えて上記のように使い分けています。 「よって」と「したがって」の区別がつきにくいかもしれませんが、個人的には「したがって」の方がよりおおまかに締めくくりたいときに使っています。 証明自体の結論に「したがって」を用いることが多いのは、すべての流れを考えた上で結論付けるためだと考えています。 なお、神経質な方の中には同じ接続詞を連続して用いることを好ましくないとおっしゃる方もおられますので、気をつけなければいけません。 あくまでも個人的な意見ですので、回答としては不十分かと思います。 ただ、大学教授によってもそれぞれ解釈の仕方は異なりますので一般的なルールはないかと思われます。 数学科の学生です。 数研出版さんで用いられているかどうかは分かりませんが、私は以下のように使っています。 接続詞にはそれぞれ意味がありますので、それによって分類すると、 1 前の事柄から結論付けるとき 「ゆえに」は直前の事柄から 「よって」は前のいくつかの事柄から 「したがって」はそれまでの流れから 言える(分かる)ことを述べる場合に用います。 2 言い換えて明らかにするとき 「すなわち」 仮定などから出た結論を証明しやすいように 言い換える場合に用います。 wikipedia. 今日車を運転しながらCDを流し歌を歌いながら運転していました。 結構高いキーの歌で少し力んでうたっていました。 すると、一瞬貧血ににたような、意識がツー・・・と遠のくような気がして やばい!と思ったその次の一瞬唇がブルッと震える感じがしました。 窓をあけると収まります。 私は過去2年前に、車を運転中(当時あることでかなり深刻に悩んでいました)ふとしたときに今回と同じ症状になっていました。 窓をあけたりして風にふれるとおさまります。 これは脳の大病かと思い前回病院へ行きました。 神経内科?を勧められうけました。 結局原因は悩みでした。 私はすごく安心し、案の定次の次のひからはそのようなものは無くなりました。 そして今またあの時と同じような症状になりました。 今回は歌を歌ったときに限ります。 力むことのに原因があるのでしょうか? 毎日自宅へ帰りパソコンをします。 暗い部屋でみたり、テトリスのようなゲームも最近やってます。 これも何らかの原因があるのでしょうか? それともやはり病気でしょうか?ちなみに貧血なった記憶はありません。 近々病院へもいこうとおもっていますが、不安で書き込みしました。 なんともいえないと思いますが、経験や感想意見なんでもいいのでご意見いただけたら幸いです。 質問なのですが、もともと持病などはありません。 今日車を運転しながらCDを流し歌を歌いながら運転していました。 結構高いキーの歌で少し力んでうたっていました。 すると、一瞬貧血ににたような、意識がツー・・・と遠のくような気がして やばい!と思ったその次の一瞬唇がブルッと震える感じがしました。 窓をあけると収まります。 私は過去2年前に、車を運転中(当時あることでかなり深刻に悩んでいました)ふとしたときに今回と同じ症状になっていました。 窓をあけたりして風にふれるとおさまります... A ベストアンサー こんにちは。 >一瞬貧血ににたような、意識がツー・・・と遠のくような気がして 今回は歌を歌ったときに限ります。 力むことのに原因があるのでしょうか? 私もNo.3のかたの言われている、患者さんを指導したことがあります。 先天性の病気です。 正式には「ウィリス動脈輪閉塞症」と言います。 別名「もやもや病」とは、脳血管撮影レントゲン写真で、病変部位の側副血行路の様子が、まるでタバコの煙のようにもやもやとして見えるので、初めはこの名前がつきました。 脳に行く太い血管の部分で閉塞が起こり、これを補うように細いたくさんの小血管(側副血管)が自然と形成されていき、形成された部分がさらに梗塞や出血を起こすという厚生労働省認定の難病です。 遺伝性があり、両親に発病がなくても兄弟姉妹で連続発病することがあります。 ウィリスというと、ウィルスで感染するのかという方がいますが、そうではありません。 ウィリスとは、この脳の部位を見つけた外国人医師の名前です。 病気の発見は日本人医師によります。 症状としては、血管の梗塞か血管の出血のどちらかがあり、目が見えにくい、うどんを食べたり笛を吹いたり歌を歌ったりして、息をたくさん吐くと血中の二酸化炭素濃度が低下して痙攣したり、意識がぼーっとしたりします。 また幼少時より知能の低下がみられることが多いです。 nanbyou. 日本でも有数な治療実績を誇ります。 nagoya2. jrc. html もし、こうした経緯に心当たりがなければ、「不安発作(パニック発作)」を引き起こす「パニック障害」である可能性もあります。 これは、後天性の良性の精神科疾患です。 十年ほど前までの以前は、不安神経症とか心臓神経症とか呼ばれていました。 発作の起こるときは、電車に乗ったり、食事をしたり、人混みを歩いたりなどのきっかけでのある人もいれば、何の前触れもなしにという人もいます。 突然次のような症状(パニック発作)が起こります。 膵臓にアドレナリンという内分泌があるように、脳にもセロトニンという内分泌があると考えると分かりやすいでしょう。 その分泌や伝達がうまく行われないということです。 投薬や精神療法で治る、予後が良い疾患です。 utu-net. html しかし、この病気かどうかは、精神科や神経科、心療内科にかかる前に、それ「以外」の診療科できちんと検査を受けることが必要です。 そうした上で、何も異常が認められないということが分かって、初めて精神科や神経科、心療内科にかかるという手順を踏まなくてはなりません。 つまり、脳や心臓や内臓の各臓器や血液などに疾患がないと分かってから、受診するということです。 最初から精神科や神経科にかかって、重大な臓器の病変を見落としていたのでは大変なことになりますから。 ですから、質問者様は、まず総合病院の「内科」を受診して、いつ・どんな時に・どの位の頻回で、どのような症状に見舞われるのかをよく担当医に話すことです。 そして、内科での各種検査を実施して、それから同一病院内の他の診療科の検査を受けられるのが一番良いと思います。 尚、「ちなみに貧血なった記憶はありません。 」とおっしゃっていますが、貧血とは「持続的な症状」の一つで、血液中の血色素である「ヘモグロビン」が何らかの原因で減少することによります。 入浴や軽い運動で息切れがしたり、まぶたのウラが普通は血管が見えて赤いのに、これが白くなったり、爪がスプーン状に反り返ったり、ひどいときにはまるで歩けなくなります。 貧血かどうかは、血液検査の生化学一般で簡単に分かります。 そして、貧血がどうして起こるのかは、「消化管からの出血」「骨髄の細胞異常(骨髄腫含む)」「女性に多い鉄欠乏」などがあげられます。 いずれにしても、「なぜ貧血がおこるか」の二次検査がどうしても必要になります。 これにたいし「脳貧血」とは、種々の原因によって脳の血液量が減少して起る「ごく一時的な症状」です。 顔面蒼白 そうはく となり、冷汗をもよおし、倒れて失神状態となることもあります。 一時的に脳の血流が減少して、立ち暗みがする状態です。 貧血と脳貧血とは、このように全くちがいますので、よろしくお願いします。 以上ですが、何かのお役に立てば幸いです。 こんにちは。 >一瞬貧血ににたような、意識がツー・・・と遠のくような気がして 今回は歌を歌ったときに限ります。 力むことのに原因があるのでしょうか? 私もNo.3のかたの言われている、患者さんを指導したことがあります。 先天性の病気です。 正式には「ウィリス動脈輪閉塞症」と言います。 別名「もやもや病」とは、脳血管撮影レントゲン写真で、病変部位の側副血行路の様子が、まるでタバコの煙のようにもやもやとして見えるので、初めはこの名前がつきました。 脳に行く太... Q 2乗しても同値性が崩れないときともう一つの解が割り込んできて同値性が崩れるときはそれぞれどのような場合なのでしょうか。 よく方程式の両辺を2乗してルートをはずしたり、代入しやすくしたりすると思うのですが、問題をやっていて「ここで2乗してもいいのかな?」といつも迷ってしまいます。 このようにならないためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。 解決法は、おきかえた式に戻って検討するだけ。 解答はs-wordさんのでOK! <まとめ> 同値関係が崩れる可能性のあるパターン 1.分母を払うとき 2.等式、不等式の両辺を平方するとき 3.2つの等式、不等式を加減するとき 4.式の一部を他の文字で置き換えるとき s-wordさんの謎もこれで解決したはず。 2乗(平方)したら、同値関係は崩れると思ったほうが良い。 代入(加減)も同じ。 (もちろん、崩れない場合もある)解決法は、平方の場合は、最初の条件にもどって検討する。 代入(加減)の場合は、代入した式に戻って検討する。 ちなみに、7の問題は大変な良問で、いろいろな解法が出来ます。 私はパラメ-タaを分離して、解決しました。 これは、受験数学のテクニックのひとつで、aとxが伴って変わらくて、しかもaとxを分離することが容易な場合に威力を発揮します。 また、xについての二次方程式でもあるので、判別式を利用して解くことも出来るし、さらにs-wordさんの解で、特殊な絶対不等式を使うことも出来る。 この絶対不等式は、私は気づきませんでした。 さらなる工夫をもって精進せいよなどどと言っていたのを思い出しました。 まったく数学は奥が深いのう。 解決法は、おきかえた式に戻って検討するだけ。 解答はs-wordさんのでOK! <まとめ> 同値関係が崩れる可能性のあるパターン 1.分母を払うとき 2.等式、不等式の両辺を平方するとき 3.2つの等式、不等... 6 またはACOS 0. 8 と打ち込んでください。 ACOSはcosの逆関数です。 答えは0. 6435…となりますよね。 これが弧度法(半径1の円の孤の長さで表す角度の表し方)の角度です。 つまりExcelの式では ASIN 0. 答えは、およそ36. A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...

次の

それゆえにって英語でなんて言うの?

それ ゆえに

主に口語で使われるカジュアルな表現 and and は等位接続詞の代表的表現で、さまざまな意味で用いられる汎用的な語です。 you and I(あなた と私)のように語句を並置する表現としても多く使われますが、文章単位で接続する表現としても色々な意味で使えます。 文章の前後関係・論理的な帰結を示す意味合いでも使えます。 原因と結果の関係を示す場合もあれば、単に時系列的な前後関係を示す場合もあります。 並列・同時進行のニュアンスを伴う場合もあります。 この辺の機微は文章の内容次第です。 文章の前後関係を and を使って示す場合、「原因と結果の結びつき」を主張するニュアンスはやや弱く響きます。 逆にいえば、自然な成り行きで結果がもたらされたというニュアンスを伝えやすい表現でもあります。 話題を変えるときの「そこで」 「そこで」は前後の文章の順接を示すとき以外に、「そこで本題に戻ると」のように話題を変えるときも使われます。 話題を転換するときは上記した and や so ではなく、異なる表現を用いる必要があります。 anyway 話題を変えるときには、わき道から本題に戻るときと、本題からわき道にそれるときがあります。 anyway はわき道にそれた会話を本題に戻すときに用いられる傾向にあります。 「そこで」は話題を変える際でも前後の文脈に少しつながりがある感じがありますが、 anyway は何の脈絡もなく本題に戻るときでも使えるため、「とにかく」などと訳すこともあります。 anyway もカジュアルな表現ですが、さらにカジュアルな表現に anyways もあります。 語尾に s をつけるだけなので覚えやすいです。 うまく使い分けましょう。 I love ice cream as well! Wait, why am I talking about ice cream? Never mind. アイスクリームも大好き!ちょっと待って、何でこんな話してるんだっけ?まあいいわ。 とにかく夏にイタリア行くの! by the way 本題からわき道にそれる話題を話すときに使われるのが、 by the way です。 「そこで質問ですが、」など聞き手に軽い質問をするときなどに重宝します。 この用法で「そこで」を使うときには「そこで質問ですが」「そこでちょっとした小話ですが」など補足を伴いますが、 by the way はこれら補足も兼ねているので、明言する必要はありません。 I am confident that this project is going to be successful. By the way when I came up with the idea, My friend and I were playing football. Ideas come just like that. このプロジェクトが成功すると確信しております。 そこでちょっとした小話ですが、私がこのアイデアを思いついたとき、友人とサッカーしていました。 アイデアってこんな感じで浮かぶんだなと思いますね anyway と by the way の使い分け by the way がわき道にそれるため、 anyway が本題に戻るために用いられるのという特性から、これら二つの表現の組み合わせて使うことも可能です。 This operation is on schedule. By the way, did you asked Neal what he thinks about this? My supervisor ordered me to do it over and over. Anyway Please tell him the operation is going well. 作業はスケジュールどおり進んでいるよ。 そういえばニールに作業についてどう思うか聞いたかい?上司がそうしろって何回もうるさいんだよ。 もー嫌になっちゃうな。 英文法の標準的な区分というよりも、むしろ日本語の考え方を便宜的に英語に当てはめた捉え方と考えておきましょう。 英語の接続詞は、「等位接続詞」や「従属接続詞」のように、文章の上下関係・主従関係によって区分する方法が標準的です。 順接の概念もあります(resultative)が、これは接続詞だけでなく動詞や節にも適用される考え方です。 性質を知った上で存分に活用しましょう 英語を学ぶ際には、英語と日本語は異なる言語であること、そして、今は日本語の枠組みを手がかりにして英語を学んでいること、を少しだけ念頭に置いておきましょう。 母語である日本語を手がかりにして英語を学ぶ、という取り組み方は、決して悪いことではありません。 むしろ、大人になってから改めて外国語学ぶ場合には、母語と比較対照しながら学ぶ方法は効果・効率の点から言っても欠かせません。 ただし、両言語の文法的な切り分け方の違いを意識しないまま学習を進めていくと、いつかは理解がこんがらがって学習が進まなくなる状況に陥ります。 「等位接続詞と順接の接続詞はどう関係するわけ?」と考えても、うまい落とし所は見つかりません。 それはもともと別世界の概念なのですから。 言葉の違いを理解して、「英語は英語」とわきまえて学べるようになれば、英語を英語で考える英語思考の獲得はもう目前です。

次の