地震 前兆 リアルタイム。 地震予知できるでしょうか・・・VHF波観測中〜Realtime Graph

リアルタイム地震前兆データ~大地震の前兆現象を知るために by 地震前兆ラボ(百瀬直也)

地震 前兆 リアルタイム

小さな地震が頻繁に起こると、多くの人の脳裏には大地震という文字がよぎるのではないでしょうか。 日本は地震大国なためいつ大地震が起きても不思議ではありません。 実際に数々の過去の大地震では、突然の地震に対応出来ず甚大な被害が出てしまいました。 つまり地震は 予知することが出来ず、私たちはいつ来ても良いように 備えることしかできないのです。 しかし、実は大地震の前には 前兆と考えられる不可解な現象が数多く起きています。 地震が来ることが分かったら、それまでに生き残るための対策を立てることができますよね? 今回は科学的には未だ解明されていない、けれども多くの目撃情報や証拠から地震の前兆とされる現象を紹介したいと思います。 1.大地震の前兆 1-1.地震活動編 大地震は一度だけではなく、小さな地震などが発生する前震と、本格的な揺れがおきる本震、本震の後におきる余震に分類することができます。 地震の発生メカニズムは複数のタイプが存在しますが、前震が断層などを広げることで大きな地震を誘発し、その後の大地震につながる可能性があります。 地震活動が終わるのがいつかは予測ができないため、地震が起きた場合は 常に余震に警戒が必要になります。 1-2.生物編 一般的に動物の感覚は人間よりも鋭く、地震にも敏感に反応すると言われています。 過去の大地震の前にも前兆として多数の動物の異常行動が見られました。 ペットが興奮状態になりやすくなる ペットが興奮状態になりやすくなり、犬であれば良く吠えるようになる、猫であれば高いところから降りなくなるなど通常の様子と大きく変わると言われています。 鳥が異常に鳴く 鳥が異常に鳴くのは地震の前兆とされています。 夜中に鳥が異常に騒ぐ場合や、小鳥が姿を消すケースもあると言われています。 魚がとれやすくなる 通常深海にすむ魚などが海面近くに姿を現すことが増え、魚がとれやすくなると言われています。 また、普段とれない魚が増えるとも言われています。 ミミズが大量に地面に出てくる 地下活動の変化によりミミズが大量に出てくると言われています。 鯨やイルカなどの座礁 鯨やイルカが大量に座礁するのは地震の予兆と言われています。 超音波でコミュニケーションをとる生き物のため、地磁気の変化で方向感覚がわからなくなるのが原因ではないかと考えられています。 1-3.気象現象編 地下活動が活発化し、地磁気のバランスが変わることにより気象にも影響を与えるケースがあると言われています。 地震雲 地磁気の変化により普段見られないような珍しい雲の目撃例などが増えます。 地鳴り 大地震の前にはゴォーという地鳴りがすると言われています。 微細な前震を地鳴りとして感じるという説もあります。 火山活動の活発化 大地震には火山活動が活発化すると言われています。 マグマの動きなど目に見えない地下活動が活発になっているのではないかと言われています。 1-4.人体編 人体にはまだ未解明の部分があるだけでなく、環境の変化に敏感な人もいることから、大地震の前兆を体調の変化として感じるケースがあると言われています。 耳鳴り 地鳴りと似たように、耳鳴りとして地震の前兆を感じる人がいると言われています。 頭痛 地磁気の変化に敏感な人は頭痛を感じることがあると言われています。 胸の圧迫感や吐き気 無意識に地震の前兆を感じ、ストレスから胸の圧迫感や吐き気を感じる人がいると言われています。 【注意点】 これまで紹介した 生物や気象の変化、体調の異常などはどれも科学的に証明されていないということに注意が必要です。 地震が起きた場合は原因や予兆があったと信じたいという心理などが発生するため、思い込みが生じやすくなります。 調べてみると別な原因があったということも珍しくないため、決め付けるのは非常に危険です。 情報に振り回されるとストレスが多くなるだけでなく、周りを振り回す可能性があるため、 あくまで用心に役立てる程度の範囲に止めておく必要があります。 2.過去の大地震の前兆 大地震の前兆として、中規模程度の地震が起きるケースや、小規模な地震が頻発するケースが存在します。 2011年3月11日に発生した東日本大震災の場合は、前々日の3月9日に震度5弱の地震を記録している他、前日の3月10日に震度4の地震を観測しています。 2016年4月の熊本地震でも4月14日に震度7の地震があったあとに、4月16日に同じく震度7、地震の規模を示すマグニチュードが最も高い本震が起こっています。 本震が起きる前にも震度5を超える地震が4回、震度6を超える地震が2回観測されていて、 大きな地震があっても確実に本震であるとは限らないという例になっています。 また2018年6月18日の大阪府北部地震のように 明確な前震や予兆が観測されていないケースもあるため注意が必要です。 3.地震が来ると分かったら・・ 3-1.緊急地震速報とは 緊急地震速報は 大きな地震が発生した際に震度や地震の規模などを予測し、速報として知らせる仕組みのことです。 仕組み上実際に地震が来る前に速報を出すことが可能になっていて、事前に身を守る行動をとるための助けになってくれます。 実際に大地震が来た際のパニックを防げるだけでなく、身の安全を守るための情報源として活用できます。 3-2.仕組み 「緊急地震速報のながれ」(気象庁ホームページより) 緊急地震速報は日本各地に設置された地震計によって地震波を計測し、気象庁にデータを送った上で震度や地震のエリアなどを予測し、携帯電話やテレビ、ラジオを通じて情報を発信する仕組みです。 地震波は地震の揺れよりも早く地面を伝わるため、地震計を通じて地震が到達する前に情報を発信することが可能になっています。 最大5弱以上の地震が予測される場合に、震度4以上の地震が起きる可能性がある地域に緊急地震速報が発表されます。 3-3.緊急地震速報が来たら 緊急地震速報の発表から実際に地震がくるまでは長くても 十数秒から数十秒と言われています。 その短い間で周辺の人に地震速報がきたことを伝えた上で速やかに身の安全を確保する必要があります。 <屋内> 落下物が当たらない場所に避難することや、倒れる恐れのある家具から離れることが基本になります。 また、慌てて外に飛び出せば落下物に当たる危険性が高まります。 火をつけている場合は火を消し、ドアなどが歪んで開かなくなった場合などに備えてドアを開けておきます。 <屋外> 建物から離れて瓦や窓ガラスなどの落下物から身を守ることが大切です。 建物が密集している場所の場合は頑丈そうな建物の中避難する方法もあります。 <車の運転中> ハザードランプをつけて速度を落とし、左側に寄せて車を停車させます。 <電車やバスなどの公共交通機関を利用している> 係員や運転手の指示に従います。 一定以上の震度を観測した場合は停車することが一般的なため、手すりなどにつかまり揺れに備えてください。 安全な避難ルートなどの情報を持っている人に従わなければ怪我や事故に巻き込まれる可能性が高まります。 <地下鉄や地下街にいる場合> 火災に巻き込まれるリスクが最も高いため、脱出経路の確保が重要になります。 ただし、慌てて出口に殺到するとパニックに巻き込まれる可能性が高くなるため落ち着いて行動する必要があります。 まとめ 今回は、巷で地震の前兆として噂されている内容をまとめてご紹介しました。 しかし地震の前兆は必ずしも観測できるものではなく、 緊急地震速報で始めて地震が来ることが分かるようなケースも多々あります。 科学的な予測が難しいことを踏まえ、日ごろから備えることや緊急時に適切な避難を行うことが一番大切なこととなります。 緊急時に誤った情報に流されないように、自分で判断できるように心がけましょう。

次の

地震前兆と予想

地震 前兆 リアルタイム

八木 勇治(やぎ ゆうじ): 筑波大学大学院生命環境学研究科 准教授 1974年9月生まれ 2002年 東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士 地震は、地球を覆っている卵の殻のような地殻や、その下に横たわっているマントルに蓄積した応力を一瞬で解放する現象である。 四川大地震がそうであったように、大地震が発生すると莫大なエネルギーが一瞬で放出されるために、大地震が発生した領域(震源域)近傍では、人間活動に多大な損害をもたらす。 四川大地震では、長さ約300kmにもわたる断層が2分間かけて2段階に分けて動いたことが明らかになっている。 その結果、広域な領域で被害が発生し、多くの方が犠牲になってしまった。 地震被害を軽減するためには、政府関係者が地震のことを理解し、適切な対策をとることが重要である。 このレポートはについて説明をする。 本レポートが地震対策について理解を深めるきっかけになれば幸いである。 地震予知 大地震がもたらす人的な被害を減らすためには、大地震の発生前に時刻• 規模を予測して、大地震が被害をもたらす領域の人々を避難させれば良いといった考えが、地震予知の研究を推進させている。 類似した災害対策は、台風や火山に適用されておりその有効性が確認されている。 仮に、地震予知手法が確立されれば、人類に対して地震学ができる最大の貢献となろう。 地震予知が成功するか否かは、大地震が発生する前に引き起こされると考えられている前兆現象の検出ができるか否かに依存する。 では、普遍的な前兆現象が確認されているのであろうか? 残念なことに、広く科学者の間にコンセンサスが得られるような普遍的な前兆現象が確認されておらず、また、大地震の前に起こる前兆現象の発生メカニズムの検証を行うのに十分な情報が得られていない。 普遍的な前兆現象を見つけ、発生メカニズムを検証できる精度と解像度が高いデータが足りないのか、または、そもそも普遍的な前兆現象自体が存在しないのか、明確な答えはない。 しかし、日本のような整備された高密度な地球物理観測網をもってしても、2003年に起きたM8. 2の十勝沖地震の前兆現象を検知できなかったことを考えると、地震予知を前提として防災対策を構築するのは危険であると言える。 日本では、静岡県周辺で起こる東海地震は予知できるという前提で法律が作られ運用されている。 地震予知ができる確信がない状況でこのような法律を基に対策がとられている現状はあまり感心しない。 一方で、普遍的な前兆現象が観測されていないからと言って地震予知が不可能であると断定するのは短絡的である。 普遍的な前兆現象のみにこだわり、大地震が発生する場の特性をきちんと考慮していない議論に問題があると考えているからである。 例えば、1996年に日本の日向灘沖で10月と12月にM7クラスの大地震が相次いで発生した。 10月の地震では、顕著な前震活動が観測された。 この地震は、筆者が修士論文と博士論文で研究対象とした因縁のある地震である。 これらの大地震はプレート境界で発生したことが分かっており、約20年後に同様の震源域が破壊する大地震が発生する可能性が高い。 20年程度ではプレート境界の摩擦すべり特性のパラメター分布は大きく変化しない可能性が高く、前震を含めた地震終了までの一連のプロセスは類似したものになると考えると、将来発生する日向灘沖地震の直前に、1996年の地震の前震領域で、地震活動が活性化するであろう。 現在のような高密度なGlobal Positioning System(GPS)観測網と地震計観測網により、複数の大地震の地震サイクルを観測する前に、すべての大地震の地震予知の可能性がないと考えるのは適切ではない。 長期的な地震発生予測 1990年代から日本全国に展開されたGPS観測網や地震計観測網により、高精度かつ高分解能な地殻変動データや地震波形が研究者に提供された結果、プレート境界における大地震の準備過程や、日本列島直下に蓄積しつつある歪み分布が明らかになってきた。 その結果、プレート境界には、地震を起こす領域と、地震を起こすことなくゆっくりとすべる領域があり、それぞれの領域は相補的な関係にあること、また、ゆっくりとすべる領域の中に孤立した小さな地震領域が存在するときには、ゆっくりすべりによって地震領域に蓄積した歪みエネルギーが定期的に地震によって解放されること等が明らかになってきた。 ここで繰り返し同じ領域で発生する地震の波形記録は、ほぼ同じ波形記録になることから、これらの地震は相似地震と呼ばれている。 プレート境界のゆっくりとしたすべりをモニターすることで、将来の大地震の震源領域と、歪みの蓄積量を求めることができる。 これらの情報を使えば、プレート境界で発生する大地震のより精度の高い地震発生予測が可能となると考えられている。 一方で、プレート内部に蓄積した歪みを解放する地震であるプレート内地震の準備過程は必ずしも明らかになっていない。 また、プレート内で発生する地震の間隔は千年といった長い時間スケールであるため、精度が高い地震発生予測をすることは難しい。 しかしながら、プレート内地震を引き起こす断層が地表に達している場合、トレンチ調査によって、大地震の繰り返し周期等の活動履歴を調べることによって将来発生する大地震の発生時期を予測することが可能となる。 ただし、プレート内地震を起こす断層が常に地表に到達しているわけではないため、隠された断層の地震発生予測をすることはできないこと、過去に起こったことが今後また起こる訳ではないことに注意する必要がある。 リアルタイム地震防災 地震の波には、縦波であるP波と横波のS波があり、地震被害のほとんどはS波が原因である。 P波が一秒につき2. 5kmほど遠くに伝わることになり、震源から遠くになればなるほど、P波とS波の時間差は大きくなる。 震源近傍のP波のみで地震の発生時間(震源時)・位置(震源)・大きさ(マグニチュード)を即時に決定し、S波が伝播する前に地震の揺れの大きさの情報を発信し、防災に役立てることを目的にしたシステム「緊急地震速報」を日本の気象庁が運用している。 大きな揺れがくる前に情報を入手できれば、医療関係やインフラを担う機関にとって、地震対応をする時間的余裕が生まれる点で大きな意味がある。 Japan Railways(JR)では、地震により脱線・転覆の危険性がある場合は、列車を止めるシステムであるユレダス(UrEDAS)が運営されており、地震災害を軽減することに役立っている。 このようなリアルタイムで解析をして情報を発信するシステムは、効果的に機能するが、その一方で、システムが持つ限界を認識する必要がある。 この手法では、地下深くに多数の地震計を配置しない限り、被害が最も大きくなる震源付近では、S波到達前に情報を発信することは不可能である。 地震前に必ず警報を出すことができるシステムではないことを理解して運営する必要がある。 まとめ ここでは、のそれぞれの仕組みと問題点について述べた。 残念なことに、現在ある地震学の枠組みでは、地震災害を防ぐ決め手となるようなシステムを構築することはできない。 地震災害を軽減するためには、といった取り組みは少なからず役に立つが、それに頼りすぎることは危険である。 危険度が高い地域から、地道に耐震性のある建物を増やす努力が必要であることが地道ではあるが、地震災害を軽減するための最優先事項ではないかと考える。

次の

【地震前兆】知っておきたい巨大地震の前触れとは!

地震 前兆 リアルタイム

2011年3月11日に日本列島を襲ったマグニチュード9. 0という未曾有の巨大地震「東日本大震災」の発生から、9年もの歳月が過ぎました。 あの巨大地震が発生する直前、はたして「前兆」といえるような現象はまったく無かったのでしょうか。 そして、もし「前兆」と呼べる現象があったとすれば、それを元に新たな巨大地震を予測することはできないのでしょうか。 そんな疑問について、メルマガ『』の発行者であり地震予測の権威として知られる村井俊治東大名誉教授が取締役会長をつとめる「JESEA 地震科学探査機構」が、あの東日本大震災の「前兆」を再検証。 その結果、驚くような直前の異常変動が明らかになりました。 東日本大震災の検証 地震の前兆はあった!! JESEA地震科学探査機構の取締役会長である村井俊治東京大学名誉教授は、東日本大震災の前にその前兆があったことをこれまでにもホームページなどで報告して参りました。 その後の検証を経て新たに判明した前兆を含め東日本大震災の前兆をまとめました。 2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災:M9. 0、震度7)が発生、この未曽有の巨大地震は多くの犠牲者と行方不明者を出し、今尚不自由な生活を強いられている方々が数多くいらっしゃいます。 経済活動もまだ震災前の水準に戻っていない地域もあります。 あの日から早くも9年という月日が流れました。 地震学ではなく、リモートセンシングの世界的権威が地震予測 村井俊治東京大学名誉教授は、国際写真測量・リモートセンシング学会の会長も務めた「リモートセンシング 遠隔操作による観測および数値処理 」の専門家です。 その知識と経験を生かし、測位衛星データの解析による「地震予測」の研究を2002年から行ってきました。 2011年1月、そのデータを見た村井氏は、「これは大変なことが起きる」と察知しましたが、そのことを発信するすべがなく、3. 11を迎えてしまったのでした。 その科学者としての悔悟の念から、2013年1月17日に株式会社地震科学探査機構(JESEA『ジェシア』)を設立し、本格的な地震予測を開始いたしました。 地震の前には必ず前兆が起きる!! 地震の前には様々な前兆現象が起きます。 その中でJESEAが一番重きを置いて研究してきたのは地殻変動です。 東日本大震災の前にもその前兆現象はありました。 JESEAではこれまでに培った技術を使用して 東日本大震災の前兆を再検証しました。 その結果、 驚くような直前の異常変動が明らかになりました。 地球は常に動いている! JESEAでは地殻変動の観測に国土地理院が公開している電子基準点データを使用しています。 これは地上2万メートル上空から観測をしているGPSやグロナスなどの測位衛星から地上にある電子基準点に送られてくるデータを言います。 JESEAは2013年に会社を設立して以来、ほぼ毎日電子基準点のデータの挙動を観察し、地殻変動を分析して地震予測に活用しています。 利用しているデータは、国土地理院が設置した全国約1300点の電子基準点のアンテナ・受信機により記録されたデータです。 記録されたデータは地球の中心 重心 を原点とした座標系のXYZに変換されます。 つまり電子基準点の正確な地球上の3次元的位置が求められます。 この地球の地殻は地震以外では動かないように思っている方が多いと思いますが、実際には毎日5mmから1cm程度は変動しています。 つまり地殻は常に変動しているのです。 地震の前兆1 「4㎝以上の高さ変動は危険信号」 科学的理由は解明されていませんが、これまでの研究では地震の前に電子基準点の位置が縦横斜めに異常に変動します。 地殻は毎日5mmから1cm程度常に変動していると述べましたが、地震の前には数cmも変動します。 明らかな前兆現象の一つです。 JESEAでは高さの値が1週間で4cm以上変動した値を前兆扱いしています。 その4cm以上の異常な変動をした点が、ある特定の場所に多数点現れた場合、大体その周辺に震度5弱以上の地震が起きる確率が高いのです。 実は東日本大震災の前にも数回にわたり現れていました。 当時はまだJESEA発足前でしたので上記の指標ではありませんが、地表の動きに明らかな異常がありました。 【東日本大震災の直前に一斉の高さ変動が…】 2010年の3月から2011年の3月(大震災前)までの宮城県における全電子基準点の隆起・沈降グラフを見ると、2010年9月(6ヶ月前)、10月(5ヶ月前)および2011年1月(2ヶ月前)に、一斉異常変動が起きていました。 さらに詳細に日々データをチェックすると、宮城県・気仙沼の電子基準点において、地震3日前の「2011年3月8日」から、地震が起きる「2011年3月11日」までの3日間に「異常な変動」が確認できました。 グラフを見ると、特にYの値が異常に低下しています。 まさにこれは、大地震の直前に現れる前兆現象だと考えられます。 地震の前兆2 「沈降が危険な前兆信号」 ある日を起点にして隆起しているか、または沈降しているかという地殻変動を調べることは地震予測にとってとても重要です。 これまでのJESEAの研究で沈降傾向が続くことと地震発生との間に強い関係があることがわかっています。 なぜそうなのかは解明されていませんが、多少の隆起を交えながらも長期的にある点、またはあるエリアが沈降傾向を示すことがあれば危険信号です。 更に沈降が続いた後、隆起に転じるときも危険です。 沈降していたエリアで起きた地震 2011 年 3 月 11 日 東日本大震災「東北地方太平洋沖地震」( M9 、最大震度 7 ) 2016年4月16日 熊本地震(M7. 3、最大震度7) 2018年9月06日 北海道胆振東部地震(M6. 7、最大震度7) 沈降から隆起に転じたエリアで起きた地震 2019年6月18日 山形県沖地震(M6. 7、最大震度6強) 【東日本大震災の直前に大きな沈降変動が…】 沈降は地震につながるケースがあると言いましたが、東日本大震災の前にも東北地方が大きく沈降しました。 そして、直前には九州まで及ぶ広範囲にわたって沈降が進行しました。 JESEAでは隆起・沈降図を地震予測マップのベースに使用していますが、沈降エリアは青色の表示になっていますので誰でも簡単に沈降傾向を読み取ることができます。 沈降を示す青色のエリアと青色以外の色の境界部分は特に危険箇所と考えられます。 地震の前兆3 「水平異常変動も前兆のひとつ」 電子基準点の水平方向の変動も地震予測に利用しています。 地震はとても複雑な地殻変動現象です。 地震の前に高さ方向に異常な変動をする場合もあれば水平方向に異常な変動をする場合もあります。 水平変動はこれまでの経験値から4週間の水平方向の変動を予測に使用しています。 水平方向の変動は矢印の方向と長さで表現します。 水平方向の変動は単点で起きる場合もありますし、まとまったエリアに多数点がほぼ同じ方向に一斉に変動する場合があります。 突然、そのように水平変動がまとまって一斉に現れた後、大きな地震が起きたケースが過去にいくつかありました。 また、ある地域で現れた水平変動と隣り合う地域の水平変動の向きが異なる場合もあります。 この場合、水平変動の向きが変化する境界部はひずみが溜まっている可能性が高く危険エリアと言えます。 また、水平変動のエリアと変動していないエリアの境界付近にもひずみが溜まっていると考えられますので危険エリアと考えます。 例えば現在、東北地方は南東または東南東方向にまとまって水平変動を続けていますが、福島県や茨城県の太平洋岸は水平変動しているエリアと変動していないエリアの境界付近ですので警戒エリアと考えます。 【東日本大震災の直前に一斉の水平変動が…】 前述で東日本大震災の前に沈降傾向があったことを述べましたが、実は水平方向にも直前に大きな一斉変動がありました。 それでは2011年の3月7日から前日の3月11日までの水平変動をご覧いただきましょう。 3月7日(4日前)に東北地方は東向き、東北地方以南は南東の向きになりましたが値はまだ小さいです。 ところが3月8日(3日前)になると全国東向きに活発に変動を始めました。 3月9日(2日前)には三陸地方は震源に向かって大きく変動しました。 明らかな前兆です。 3月10日(1日前)にはさらに大きく震源方向に大変動したのです。 このような直前の前兆変動をプレスリップと呼びますが、測位衛星データから過去にプレスリップを検知した記録は無いですから、これは予知を可能にする異常変動と言えるでしょう。 ただし、2日前の3月9日にもM7. 2最大震度5弱の地震がありましたのでその変動が現れた可能性もあります。 この直前前兆を検知できれば 今後起きる巨大地震は予知できるとJESEAは考えます。 次なる前兆を全力で捉える!! リモートセンシングは地震予測の本流 JESEAでは、これまでの大地震の前兆を検証してきました。 その経験値で次なる大地震の前兆を捉えるため、日々観測データを解析しております。 地震の予測方法も1つではなく様々な方法があります。 地震は複雑な自然現象ですから今までの方法だけでは前兆が捉えられないこともあります。 そこであらゆる可能性を追求するJESEAは地殻変動以外の前兆現象も捉えるため研究を続けております。 2013年にJESEA地震科学探査機構を設立してから満7年が過ぎました。 それまでは村井俊治東京大学名誉教授の専門分野であるリモートセンシングは地震予測技術とは全く異なる領域と思われていましたが、リモートセンシングやGISなどの空間情報工学が地震予測および予知にとても役立つことがわかってきました。 そして今はっきりと言えることは、 「リモートセンシング」こそ、地震予測研究の本流であるということです。 地震は高温高圧の破壊現象と推察されます。 その破壊現象から電磁波や非可聴音 インフラサウンド 、イオンやラドンガスが放出されると仮定して、それらをリモートセンシング技術を使って観測し、その数値を相関分析して参りました。 そしてその結果、 地震予測方法の特許を5つ取得するに至りました。 これからはこれらの技術を利用して地震予測の精度向上の為研究を続けます。 更に、2020年は、新たに中国から自然災害リモートセンシングの専門で理学博士・大学教授である郭先生が来日してJESEAのスタッフに加わります。 これからも不断の技術革新を続け、真の地震予知の開発に向けて努力して参ります。 ご拝読ありがとうございました。 JESEA地震科学探査機構 PR: image by:.

次の