アニメのかっこいい名言。 スラムダンク|桜木花道はイケメンすぎ画像とかっこいいシーン・名言集

アニメのかっこいい名言【33選】

アニメのかっこいい名言

万象一切灰燼と為せ 「流刃若火」 引用:「BLEACH」山本元柳斎重國 33個目のかっこいいアニメ名言は、「BLEACH」山本元柳斎重國の言葉。 かっこいい言葉が多いことで有名な「BLEACH」。 そんな「BLEACH」の中でも、私が一番かっこいいと思う名言がコレです。 「万象一切灰燼と為せ」もかっこいいし、「流刃若火」という斬魄刀の名前もかっこいい。 ついでに、山本元柳斎重國という名前までかっこいい。 つい口に出したくなる名言です。 まぁ言う場面がないですが 笑。 【関連】 スポンサーリンク まとめ アニメのかっこいい名言を集めてみました。 個人的に一番かっこいいと思った名言は、24個目の「3月のライオン」のひなたの言葉。 弱さも見せながら、戦う姿勢を崩さない。 しかも女子中学生です。 私はこのシーンでいつも号泣させられます。

次の

かっこいい短い英語の名言126選【シンプルにカッコよく←これは大切】

アニメのかっこいい名言

万象一切灰燼と為せ 「流刃若火」 引用:「BLEACH」山本元柳斎重國 33個目のかっこいいアニメ名言は、「BLEACH」山本元柳斎重國の言葉。 かっこいい言葉が多いことで有名な「BLEACH」。 そんな「BLEACH」の中でも、私が一番かっこいいと思う名言がコレです。 「万象一切灰燼と為せ」もかっこいいし、「流刃若火」という斬魄刀の名前もかっこいい。 ついでに、山本元柳斎重國という名前までかっこいい。 つい口に出したくなる名言です。 まぁ言う場面がないですが 笑。 【関連】 スポンサーリンク まとめ アニメのかっこいい名言を集めてみました。 個人的に一番かっこいいと思った名言は、24個目の「3月のライオン」のひなたの言葉。 弱さも見せながら、戦う姿勢を崩さない。 しかも女子中学生です。 私はこのシーンでいつも号泣させられます。

次の

【アニメ】かっこいいセリフや名言 中二病セリフ集まとめ

アニメのかっこいい名言

マイト・ガイは青春・情熱・努力に人生を捧げている暑苦しいキャラクターです。 そんなマイト・ガイは物語の終盤で強敵と対峙しており、仲間を守るために自らの命と引き換えに「八門遁甲の陣」を解放しています。 そして目視できないほどのスピードとパワーを手に入れたマイト・ガイは敵を圧倒していましたが、全ての力を使い果たして倒れてしまいます。 そんなマイト・ガイの名シーン・名言は、熱くて泣けると言われています。 猿飛ヒルゼンは抜け忍である大蛇丸の罠にハマり、一騎打ちを強いられています。 全盛期の猿飛ヒルゼンは天才と呼ばれるほどの忍者でしたが、何度も転生している大蛇丸には敵いませんでした。 そして猿飛ヒルゼンは命を落とす事になりますが、最後まで残された仲間たちを想い、自分の意志は受け継がれる事を信じていました。 そんな猿飛ヒルゼンの生き様が泣ける・感動すると言われています。 rakuten. うずまきナルトの物語が始まる前から二人は故人として描かれています。 過去篇では、うちはマダラとうちはオビトが暗躍しており、木の葉隠れの里を九尾の狐が襲撃しています。 その時に波風ミナトとうずまきクシナは、子供であるうずまきナルトに九尾の狐を封印する事を決意しています。 そんな二人が子供を想う姿が泣けると言われています。 naver. 作中では、ペインと呼ばれる敵が木の葉隠れの里を襲撃しています。 その時に仙人の能力を身に着けたうずまきナルトが駆けつけペインと戦っています。 うずまきナルトは何度も窮地に立たされてしまいますが、持ち前のド根性でペインを撃退しています。 そんなうずまきナルトがかっこいいと言われている名シーン・名言です。 抜け忍になった「うちはサスケ」は木の葉隠れの敵として扱われていましたが、うずまきナルトはそれでも「うちはサスケ」の事を信じていました。 物語の終盤では、木の葉隠れの里の真実を知った「うちはサスケ」が第三次忍界大戦に参戦しています。 そして「うずまきナルト」は待ち望んでいた「うちはサスケとの共闘」を果たしています。 そんな二人の断てない絆が泣ける・感動すると言われています。 猿飛アスマは暁の飛段と戦って命を落としており、穢土転生の術で強制復活させられています。 そのため猿飛アスマは弟子である猪鹿蝶との戦いを強いらえています。 ですが猪鹿蝶は猿飛アスマの想像を超えるほどに成長しており、心を鬼にして猿飛アスマを封印しています。 そして猿飛アスマは満足げな笑みを浮かべながら封印されています。 そんな猿飛アスマと猪鹿蝶の絆が泣ける・感動すると言われています。 dokusyo-geek-ki. 奈良シカマルは天才的な頭脳を持っているキャラクターで、抜け忍になった「うちはサスケ奪還作戦」のリーダーを務めています。 ですが奪還作戦は失敗に終わり、仲間たちは重傷を負ってしまいます。 そしていつもは「めんどくさい」とばかり言っている奈良シカマルが責任を感じて涙を流しています。 そんな奈良シカマルの秘めた想いが泣ける・感動すると言われています。 うみのイルカは九尾の狐に両親を殺されているため、九尾の狐が封印されている「うずまきナルト」を恨んでいると思われていました。 ですが「うみのイルカ」は両親の死を乗り越え、うずまきナルトの痛みを知ろうとしていました。 そして辛い思いをしている「うずまきナルト」のために涙を流し、自らの体を盾にして敵の攻撃から守っています。 そんな「うずまきナルト」と「うみのイルカ」は兄弟のような関係が泣ける・感動すると言われています。

次の