リセマラ 早い。 【幻妖物語】最速リセマラ方法とガチャあたりキャラを紹介

【ドラブラ】リセマラ方法とガチャで狙いたい当たりキャラランキング!【コードドラゴンブラッド】

リセマラ 早い

どうも、こんにちは。 加藤です。 皆さんソシャゲは好きですか?私は好きです。 ソシャゲを始める際に必ずと言っていいほど付随するのが 「初回ガチャ」。 無料10連ガチャだったり、20連分の石を貰えたり……といったばらつきはありますが、大抵のゲームには初回ガチャが用意されています。 世の中の無課金・微課金ユーザーはこの初回ガチャでリセマラをしますよね。 「しないよ?リセマラなんか時間の無駄じゃん」という人、「高レアなんて課金して引けばいいじゃん」という石油王もこの記事を読んで是非 リセマラの楽しさに目覚めて欲しいところです。 とはいえ、リセマラといえば チュートリアルをこなしガチャを引いて、お目当てのキャラが出なければデータを消してまたダウンロードして……と繰り返し同じ作業を強いられるもの。 そんなんやってられっか!!となるのも頷けるというものです。 ですが、 無料でガチャを引くという行為自体に 価値を見出せれば、どうでしょうか?派手なガチャ演出やレアが引けるかどうか……といった ハラハラ感を楽しむことがメインで、あくまで 最高レアや当たりキャラは副産物。 そう考えられるようになればリセマラは一気に楽しいものへと変わります。 もちろん最終的にはお目当てのキャラを引いて終わるのですが、ただ苦痛だけを感じながらリセマラするより、楽しくリセマラしたいですよね! ところで、タイトルにある通り私はリセマラが趣味です。 今のところこれを言っても 何が楽しいの? みたいな反応しか貰えたことがないんですけども。 そんな私がリセマラにハマったきっかけは FGO。 リセマラ中に 単発でマーリン2枚引いてから1年程ノーマーリンカルデアと宝具1マーリンにマウントを取れるようになり、その快感がクセになりました。 そんな ドカスゴミクソマスターだからか、それ以降うちのカルデアに狙った星5は全然来てくれません 悲しみ 切実に天井が欲しい。 で、 人権キャラマウントの快感が忘れられず色んなアプリで何度もリセマラをするうちガチャを引く行為自体がクセになり、今に至ります。 しかしながらリセマラで人権キャラ引いてもそれ以降の引きがゴミ!ってパターンがあるあるすぎてしんどい。 どうせそのうち新しい人権キャラが来るしね。 話が逸れましたが、そういう訳で私が リセマラしていて楽しいと思えた3つのアプリを評価しつつ、皆さんにご紹介したいと思います。 まずはリセマラ自体を楽しいものだと認識することが大切ですからね。 現時点でリセマラたーのしー!って人はここで読むのやめてオッケーです 仲間じゃん!! アプリの評価の方は 目次• Shadowverse【シャドウバース】 皆さんご存知、天下の Cygames様の本格スマホカードバトルですね。 今はPC向けにsteam等からも配信されています。 自分は最初期からやっていたのですが、 時間を超越されたり バハムートに盤面破壊されたり ライブラで全てを無に帰されたり 回復エイラビショに散々遅延食らった挙句 セラフをキメられエモで煽り倒されたりした頃から彼とは疎遠になってしまいました。 私たちもうおしまいだね…… ここでイージスを出す 過剰なストレス 蔓延る切断厨 俊足 コーナーで差をつけろ すみません、話が逸れました。 新垢で実際にリセマラしながら書いていきます。 データダウンロードにかかった時間: 1分40秒 チュートリル突破まで: 3分 追加のデータダウンロード: 4分 ここまでで 9分弱。 ちょっと時間かかりますね。 昔はもっと早かったと思いますが、カードの種類もかなり増えてきているので仕方ないですかね。 チュートリアルは普通にやると長いので、ストーリーもバトルも 右上のボタンで全部スキップ。 その後のデータダウンロードが終わると メインストーリーをやらせようとしてきますが、リーダー選択の画面で左上のbackを押せば回避できます。 さっさとパック剥かせろオラァン! 意気揚々とギフトBOXを覗くと色々なカードパックのチケットが入ってました。 ガチャ引くまでに10分程度かかりますがこれだけ引かせて貰えるなら許容範囲です。 では貰ったチケットでどんどん引いていきましょう! あぁ^~ヴァンピィちゃんのけんぞくぅになるんじゃぁ^~ 10パックでレジェ4枚はアツい シャドバのガチャはやっぱり 演出がいいですね。 レジェが出たときの ジャァアアァンって音と迫真のクソデカ演出。 一気にめくってレジェが2枚3枚と出たときに重なり合う効果音と画面のエフェクト、死ぬほど気持ちいい。 脳汁不可避。 楽しいガチャの時間はあっという間。 レジェ7枚 ゴールド28枚 確定を除けばレジェ6枚。 期待値は8パックで1枚らしいので、期待値を少し下回った感じですかね。 この結果なら私はリセマラ続行します。 はい、ということでシャドバのリセマラは 1周15分程度かかりました。 ガチャ演出を見たいがためにスキップしなかったので、スキップすれば少しは短縮できると思います。 あとPC版ならデータダウンロードがもう少し早くなるかも。 シャドバはリセマラいらないんじゃないの?と思う方もいると思います。 ただし素材の要求数は多い ですがやはり無課金では限界があります。 毎日コツコツやってガチャを引いていらないカードを砕いても、なかなかレジェンドを作成できるほどの素材は手に入りません。 なので 組みたいデッキをあらかじめ決めておいて、レジェンドのキーカードを手に入れるまで粘るのが最適かと思います。 例え3枚必要だったとしても、1枚でも自引きできればかなり楽になります。 いや初心者だから強いデッキとか分かんねーよって人は 性癖で選べ!むしろそっちの方がモチベに繋がるかもですね。 データダウンロードにかかった時間: 3分 チュートリアル突破まで: 1分 データダウンロードに3分かかりましたが、チュートリアルは ストーリーもバトルも右上からスキップできました!シャドバと比べると大分早いですね。 戦闘チュートリアルが終わると単発を引かせてもらえます。 が、メインは この後の10連なのでここの結果は気にせず行きましょう。 単発を引き終わるとチュートリアルの続きが開始されます。 編成したり武器を装備したり…その後、メインストーリーに行けと言われますがシャドバと同じく キャンセルできます。 プレゼントBOXには10連分の石が。 よっしゃガチャ引くぞ! フォオオ確定演出きちゃ~~!!!! このグラスマというアプリ、 ガチャ演出がとにかく良い。 ほんとに良い。 私はギャンブルはしないのですが、パチンコの演出とかこんな感じなのかな?って思います。 何故かというと 喋るんですよこのガチャ。 なんと CV立木文彦さん。 エヴァの碇ゲンドウ、銀魂のマダオ、アニメカイジのナレーション……一度は聞いたことがあると思います。 この声で「 激アツゥ!!」「 ダラララララ……」「 ゲェーット!!」とかなんとか叫ぶ訳です。 そりゃテンションも上がるってもんですよ。 しかも確定演出の種類がかなり多い。 換気扇から漏れる光の色が違ったり、右に女の人が立ってたり、手前のレバーがぶっ壊れたり、マスコットのウサギが出しゃばって来たり……立木さんのボイスもバリエーション豊かで楽しいです。 正直このガチャ演出のためにアプリ続けてるみたいなところある。 長々とすみません。 ガチャ結果はこちら。 リセマラ続行ですが、ガチャ演出が楽しいので苦ではありません。 ていうか水着ルフレあまりにもえっちだな。 本垢でも引こう。 はい、ということでグラスマのリセマラは 1周5分~7分程度でした。 1周が短いのでサクサク回せてすごく楽しいです。 私は目当てのSSを2枚抜きした後もなかなかやめられず、 3垢くらいリセマラを済ませてやっと満足しました。 いや……あまりにもサクサク回せるもんだからつい……。 ちなみに8月の終わりまでニーアオートマタとのコラボイベントが復刻してます。 もうすぐ終わっちゃいますが、ログインするだけで2B貰えるのでニーア好きな人は是非。 今なら石1000個も貰えるのでそれでニーアキャラ狙うのもアリだと思います。 ついこの間までDoDともコラボしてたので、DoDもそのうち復刻するんじゃないかな。

次の

【バウンティラッシュ】最新リセマラランキング【7/14更新!!】

リセマラ 早い

新しいソシャゲを始めると最初にやることが多いリセマラの作業・・・ はじめから当たりキャラを引いてからスタートしたいと思うものです。 ただ、 リセマラは時間もかかるし単調な作業だけに面倒になってしまうものですよね。 「リセマラを自動化できれば楽で良いな~」なんて思ったことはないでしょうか? 以前ブログに『』でソシャゲの自動周回方法を紹介しました。 内容は「スイッチコントロール」と呼ばれるiPhoneの機能を活用した方法ですが、設定できる内容が限定的なのでリセマラのような複雑な操作には応用することはできませんでした。 ここではスイッチコントロールで実現することができなかった 「ソシャゲのリセマラ作業を完全に自動化する方法」を紹介していきます。 リセマラをする際の参考にしていただければと思っております。 多少、複雑な内容になっていますがある程度設定さえすれば後は放置しておくだけでリセマラすることが可能となっております。 PC Windows・Macどちらでも 2. Androidエミュレーター「」 PCアプリ 3. キャプチャ-ソフト「」 PCアプリ 4. リセマラするアプリ Apk形式で入手する 5. エミュ内で必要になるアプリ エミュ内でDL PC: 必須環境・スペックについて 今回、必要になるPCはノートパソコンでもデスクトップのどちらでも問題ありません。 また、PCのフリーソフトを利用するため、スマホでは実行することができないので注意してください。 ハイスペックPCでなくても 以下の必須環境を満たしているPCであれば、問題なく動作しますので安心してください。 ただし、フリーソフト上でリセマラを行うのでPCのスペックが高いモノであればあるほど効率は良いです。 最低限のPC環境条件 対応OS 最近のパソコンであれば、問題ないってことだけ理解してもらえればOKです。 今回紹介するフリーソフトは多重起動ができるので「リセマラの自動化」を設定してしまえば、1回のリセマラで10アカウントくらい一気に取得することも可能です。 しかし、 低スペックPCだと多重起動した場合にフリーズする恐れがあるので、自然と効率が悪くなってしまうので注意してください。 逆に 性能が高いPCであれば、多重起動をしてもフリーズすることが極めて少ないので、低スペックと同じ操作時間よりも取得できるアカウント数が多くなり、非常に効率が良くなります。 ゲーミング用のPCであればある程度の性能が確保されるため、エミュレーターの動作も非常に安定するのでオススメします。 スマホのエミュレーターって有名どころが何種類かありますよね。 だいたいのエミュレーターは無料で使えるのですが、動作が重かったり思うように安定し... キャプチャーソフトで当たりアカウントを確認する なぜキャプチャーソフトを利用するかわからないと思いますが、リセマラを完全放置で行うためにも必須となるアプリケーションとなっています。 詳細について簡単に説明していますが、キャプチャーソフトなしで行う場合は読み飛ばしていただいて結構です。 キャプチャーソフトを利用する理由 リセマラの自動化設定後は、基本的に放置しているだけです。 基本的に放置しているだけだと、PC内にアプリのアカウントデータが貯まり、データそのものは文字列だけなので当たりキャラを引いたのかわからなくなります。 そのためガチャを引き終わった段階で所有しているキャラ一覧のスクリーンショットを取る設定をしておけば、どんなキャラを引いたのか写真データで確認することができるのです。 あとはアカウントデータを保存した時間帯とスクリーンショットの撮影した時間帯が概ね一致しているという条件で当たりを引いているアカウントを特定するのです。 また、 「Nox Player」では、スクリーンショット操作を自動化設定内に組み込むことができないため、このような対策が必要になるのです。 効率化できるから、オススメします 必要になるアプリケーションなどについて APKデータ リセマラするゲームアプリ とは APKデータというものがあり、これがエミュレーターでゲームを起動する際に必要になります。 また、APKデータは通常の方法では抽出 取り出す ことができません。 基本的に「APKデータ」が必要になるのは、GooglePlayでインストールできないアプリとなっています。 インストールしてもアプリが動作しないことが稀にあるため、そういった際にAPKデータをエミュレーターに取り込んで起動できるようにさせます。 APKデータの入手方法 APK形式になっているデータを入手する方法は様々なので各自で探してみてください。 一番簡単な方法は、スマホ andoroid からAPKデータを抽出してPCに移す方法が早くてオススメです。 Android端末持っていない方は、エミュレーター上で「apk downloader」というアプリで直接的に入手する方法もあります。 アプリストアからインストールしたものが動かなかったら、APKデータを探してみて! 必要になるゲーム以外のアプリなど リセマラ周回には必ず「タスク強制終了用のアプリ」が必要になります。 エミュレーターのインストールが終わったら、タクス終了系のアプリをインストールしてください。 オススメは「Advanced Task Killer Free」です。 タスク管理アプリを使う理由としては、後述しますがリセマラを効率化 高速化 させるために必要になります。 リセマラ時間を短縮するために使いますので、必ずタスク終了系アプリをインストールしておいてください。 オートリセマラの設定について エミュ内での設定 リセマラ自動化には、Nox Playerの「スクリプトレコーディング機能」を活用します。 画面上のタップ箇所やタップするタイミングなどを記録することができるので、これらの機能を使ってリセマラします。 スクリプトレコードの設定方法 スクリプトレコードの記録方法を説明します。 記録が完了すると、レコーディングされたデータが一覧として表示されます。 一覧から再生ボタンを押すことで再生しますが、自動化では永続的に動かす必要があるため、歯車マークを押して「繰り返し実行」に変更してください。 スクリプトレコードで注意して欲しいのが、文字入力が記録できないことです。 エミュ内の仮想キーを使うことで文字入力できるのですが、いろいろと試しましたが文字入力は結局できませんでした。 なので、 アカウント引継ぎ設定などは手動入力が必要になります。 ゲーム内だけでなくホーム画面上でもレコーディングができるよ アプリ ゲーム のデータファイルを把握する 一般的なリセマラは、アプリをインストールする>ガチャまわす>アプリ削除する>再インストールする。 と、このような流れかと思います。 エミュレーターではアプリをインストールするのは最初の1回のみで、あとはゲームデータだけ移し変えれば再インストールする手間を省くことができます。 アプリをインストールしたときにデータファイルが自動的に追加されるのですが、クライアントデータを残したまま「ゲームデータ」を削除することで初めてアプリを起動したときと同じようにプレイすることができます。 また、アプリによってゲームデータ名が異なるので削除や移動するときは注意してください。 アカウントデータの参考 参考までに有名なゲームのデータファイル名を記載しますので参考にしてください。 モンストのデータファイル モンストのユーザーデーターが記録されているのは、「data10. bin」というデータになります。 このファイルは、運営サーバーに保存してあるデータにアクセスするための鍵のような役割りをしています。 モンストのゲーム情報が入っているファイルから、data10. binを別のファイルに移すことでアプリを削除しなくても、初期状態からゲームをスタートすることができます。 初期状態で始めると、新たにdata10. binがモンストのファイルに作成されます。 また、別ファイルに移したdata10. binをモンストのファイルに戻すことで、そのデータに入っているキャラで遊ぶことができます。 また、アプリによってはデータを保管することができない場合があります。 データ管理を端末側で一切させてくれないアプリが該当しますが、基本的にそういったゲームはあまりないはずです。 具体的に説明すると、アカウント連動型のアプリが該当すると思います。 アカウント連動型のアプリは、Googleアカウントと紐付いてデータの記録を残していたりするので、そういったゲームはリセマラには不向きです。 レコーディングの順番について ゲームのタイトル画面からスタート アプリの起動画面からレコーディングスタートすることをオススメします。 ゲームを開始するときに「規約に同意しますか?」の選択画面が表示されることが多いと思います。 タップしたら「規約に同意するか」の選択画面からスタートすると周回中のズレが発生しにくいです。 ガチャを引き終わったらキャラ一覧で待機 ゲーム内でガチャを引き終わった段階で「キャラ一覧」を開いて5秒ほど待機してください。 この5秒間にスクロガーでキャプチャーするように設定します。 秒数の設定は周回中のズレを意識したもののためこの辺りは任意で設定してください。 また、で説明しています。 ホーム画面に戻って、タスク管理アプリで強制終了させる アプリを終了させないとデータファイルを移動しても前回の画面から起動することがあるため、強制終了させて次に起動した際にタイトル画面から始まるようにします。 タスク管理アプリはAdvanced Task Killer Freeなどを利用しています。 ESファイルエクスプローラーでゲームデータのみをアプリフォルダから別のファイルに移す ESファイルエクスプローラーの画面を開いたときにあらかじめゲームデータが保存されている箇所を開いておくと効率がよくなります。 また、ファイルを移動した後にゲームデータが保存されていた画面に戻してからホーム画面に戻ることをオススメします。 そして、アプリを再起動させます。 起動した後に規約の同意選択画面で「同意しません」まで操作して終わります。 おわりに 以上でオートリセマラの解説を終了させていただきます。 オートリセマラ以外にも、周回プレイ等に活用することもできますが、 利用する場合は自己責任でお願いします。 外部ツールの利用は、規約違反となるためアカウント凍結されても文句が言えませんので注意してください。 いままでリセマラに使ってきましたが、アカウント凍結されたことはありません。 しかし、通常プレイなどで自動周回していたらアカウント凍結されたことはあるので、自己責任でよろしくお願いします。 レコーディングの順番について、もう少し詳しく知りたい方はこちらをどうぞ カテゴリー• 133•

次の

【バウンティラッシュ】最新リセマラランキング【7/14更新!!】

リセマラ 早い

予備知識 まずはリセマラをする前に知っておくべきことを軽くまとめました。 カードの種類について シャニマスには 『プロデュースアイドル』と 『サポートアイドル』という2種類のカードが存在し、これらをカードゲームのデッキのように編成してプレイします。 『プロデュースアイドル』は文字通りプロデュースを行うアイドルのカードのこと。 プロデュースモードでは『プロデュースアイドル』を1枚だけ編成し、その女の子を一対一でプロデュース。 プロデュース中はそのアイドル共通エピソードとカード固有のエピソードが同時並行で展開されていきます。 そして、 『サポートアイドル』はこのプロデュースアイドルをサポートする役割を担っています。 プロデュースアイドルの育成はこのサポート陣で決まると言っても過言ではなく、ゲーム攻略の要。 また、『プロデュースアイドル』のエピソードは「1人のアイドルとプロデューサーの関係」に重点が置かれているのに対し、『サポートアイドル』では「アイドル同士の絡み」が見られるようになっています。 カードのレア度と凸 シャニマスも他のスマホゲームの例に漏れずカードにレア度というものが存在します。 レア度は4種類で、レアリティが高い順に並べると以下の通り。 また、同名カードを2枚以上ダブって引いた場合は、最大4枚まで重ねることが可能。 (スマホゲーでよく言う凸) 重ねるごとに性能がアップするので性能面では「何回重ねたか」というのがかなり重要になってきます。 用途によっては無凸のsSSRより最大まで凸したsSRのほうが上、ということも。 属性について 詳しい説明はがっつり省きますが、シャニマスのアピール(RPGでいう攻撃のようなもの)には3つの属性があります。 ボーカル、ダンス、ビジュアルの3種類です。 そして、基本的に各カードはいずれかの1属性に特化した性能になっています。 (特にサポートアイドル) 編成においては 「カードを3属性のいずれかに統一するのがセオリー」ということだけは覚えておいてください。 True endについて 『True end』とはシャニマスにおけるゴールの1つです。 SR以上のプロデュースアイドルでプロデュースモードWING編をプレイし、特定条件を満たした上で優勝すると達成。 カード固有エピソードのエンディングに当たる部分が読めるほか、初達成時にはジュエルも貰えます。 初心者の方はまずWINGの優勝、その次に『True end』達成を目指すというのが当面の目標でしょう。 「True endを達成してシナリオを堪能しつつ貰った石でガシャを回し新たに入手したカードでまたTrue endを……」というサイクルを回せるようになるのがシャニマスで一番楽しい時期。 シャニマスのリセマラ方法 シャニマスではチュートリアル(スキップ可能)が終わると 『運命の出会いガシャ』というものが開放されます。 これは無制限で引き直すことが可能な10連ガシャ。 これで特定アイドルのプロデュースカードや強力なサポートアイドルが出るまで回し続ける、というのが一般的なリセマラです。 さらにこだわる場合は達成が容易でジュエルの貰えるミッションもこなし、(期間限定)ガシャでも激選……というところまでやる人もいるそうですが、コレに関しては今回は除外します。 ノクチルの4人については全員pSSRが実装されるまで選ぶことは出来ないと思います。 この『True研修』は後述の『初心者ミッション』クリア後に開放されます。 初心者ミッション 『初心者ミッション』は文字通りゲームを始めたばかりの人向けのチュートリアルミッションです。 サポートアイドルのレベルの上げ方など、超基礎的なことを学ぶだけなのですが、 報酬がとにかく美味しい。 ミッション達成ごとに完凸済みのガシャ産sSRとLv. 50まで一気に育てられるチケットが貰えます。 全てのミッションを終えるころにはLv. 50の有用sSRが5枚揃い踏み。 これがどれくらい凄いかというと 『初心者ミッション』の報酬サポート陣だけでもTrue end達成が狙えるほどです。 (さすがに安定して達成できるレベルではありませんが) 以前のリセマラでは「SSRだけでなく育てやすいsSRも引く」というのがセオリーの1つでしたが、『初心者ミッション』の登場でSRを引く必要性はほぼ無くなっています。 なお、『初心者ミッション』もTrue研修と同様にアイドルを1人選ぶスタイルになっています。 選んだアイドルのpRとアイドルごとに設定されている3属性のいずれかに特化したsSR陣が貰えるという仕組み。 pRにはカード固有のエピソードはなくガシャでいくらでも出てくるので、 『初心者ミッション』はサポート目当てで選ぶべきだと思います。 (どれを選ぶべきかは後述) 目的別リセマラ方法 それではリセマラの方法について説明していきます。 といっても結局は『運命の出会いガシャ』で目的のカードが出るまで粘るだけなので 重要なのは「何を狙うべきか?」。 シャニマスのようなキャラゲー?の場合は性能だけでなく特定のキャラ目当てでリセマラするというのもアリ。 というわけで 「ゲーム効率目的」と 「キャラ目的」で分けてまとめてみました。 ゲーム効率重視 ゲーム進行の効率を求めるなら、 リセマラではDa属性のsSSRを、 初心者ミッションではDa属性sSRを手に入れ、Da特化編成を作るのがオススメ。 プロデュースアイドルは基本的に1回True endを見たらお役御免なので、 使い回しが可能なサポート陣の基盤を固めるのが先決でしょう。 もちろんプロデュースアイドルを手に入れなければTrue達成も何もありませんが、ゲーム序盤やデイリー・ウィークリーミッションで貰える石でガシャを回せばあとからいくらでも手に入ります。 初心者へのアドバイスだとTrue狙いならDa特化編成かVi特化編成が向いているとよく言われていますが、初心者ミッションで貰えるラインナップを見る限り、まずはDa特化編成を目指すのがいいと思います。 唯一無二のスキルを持つ『【メロウビート・スローダウン】三峰結華』と他属性編成でも活躍する『【魔法の階段を上って……】風野灯織』が入手できるという点がかなりのアドバンテージ。 ガシャで入手したDa属性sSSR1枚と初心者ミッションsSRで固めれば「数回に1回はTrue endが達成できる」レベルの編成が作れたと言ってもいいでしょう。 実装順に並んでいます。 性能のインフレはやはりしているので最近実装されたカードほどオススメ度は高いです。 残り9枚の引きをどこまで粘るか、というのはお好みで。 個人的にはDa属性sSSRのいずれかを引きさえすればリセマラ終了でいいかと思います。 初心者ミッション 初心者ミッションではDa属性sSRが貰えるアイドルを選択します。 対象は以下の通り。 イルミネーションスターズ: 八宮めぐる• アンティーカ: 幽谷霧子• 放課後クライマックスガールズ: 小宮果穂、園田智代子• アルストロメリア: 大崎甜花• ストレイライト: 芹沢あさひ あさひを選んだ場合、彼女のsSR『【腹が減っては遊びはできぬ】芹沢あさひ』はめぐるのsSRに置き換えられます。 比較的新しいカードでなかなか強いので、芹沢あさひを選択するのは避けたほうがいいかも。 キャラ重視 「この子にティンと来た!」というきっかけでシャニマスを始める場合、リセマラではそのアイドルのpSSRを狙うのもオススメです。 ただし、前述の通り恒常1枚目pSSRは『True研修』で確実に入手できるので、 狙うのは2枚目以降のpSSR。 恒常:常にガシャのラインナップに含まれているという意味。 反対語は『期間限定』。 ちなみに、この記事の執筆段階で恒常pSSRが2枚以上来てないのは新ユニットノクチルを除けば芹沢あさひと黛冬優子の2人のみ。 カードについてはで調べるのが早いと思います。 もちろん、気になっている子が2人いるならリセマラとTrue研修で補完するのもアリ。 従来、プロデュースアイドル狙いのリセマラは代わりにサポートアイドルが不足して序盤のゲームプレイがかなり苦しかったのですが、『初心者ミッション』がある今はなんの問題もないと思います。 『初心者ミッション』で貰うサポート陣はやはりDa属性がオススメ。 ただ、引いたpSSRが所持しているライブスキルと同じ属性を選んでおけばその子でのTrue達成がだいぶ楽になるはずです。 まとめ.

次の