アライブ あらすじ。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」あらすじネタバレは?木村佳乃キャストは?原作や主題歌は?

アライブ11話(最終回)ネタバレあらすじ感想!心先生の優しい嘘に涙。坊主頭の木村佳乃さんにも涙。

アライブ あらすじ

「アライブ・がん専門医カルテ」10話視聴率 「アライブ」第10話が放送されました。 気になる視聴率は、 6. 9%でした! すい臓ガンの患者が入院してきた。 患者の家族は、実績のない病院でのオペを拒んで転院を希望する。 「アライブ・がん専門医カルテ」10話あらすじ 恩田心(松下奈緒)と 梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、 佐伯芳雄(相島一之)の弟、 隼人(丸山智己)が、兄を転院させると申し出てきた。 芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。 心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。 一方、 結城涼(清原翔)と 夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。 阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。 阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。 そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。 女性は有馬総合病院の理事、 結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。 丁寧な美紀子の対応に感心する心。 すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は…。 出展: 患者の受け入れ拒否 「すごいなー佐倉さんは、目標がちゃんと見えてて。 」 佐倉は、ピアサポーターになる勉強をしていた。 同じような悩みを持つ人を支えたい。 自分ができる精一杯を届けようとしていた。 『有馬総合病院』の理事・結城は、佐伯の転院を断って来た。 「よかったら今度、カラオケでも行きません?」 佐倉は、結城を誘った。 オペは、薫がすることになった。 アメリカから結城の弟が帰国した。 「患者の受け入れを断ったんだってね。 受け入れたよね、お父さんなら。 」 京太郎は、匠の小説を元に脚本を書いていた。 廉は、脚本家になることを夢見るようになっていた。 倒置法を京太郎が教えていた。 佐伯のオペに結城が参加することになる。 結城の決意 「結城くんのお母さんは、ウチに任せてもいいと判断して転院を断ったと私は思ってる。 」 結城は、有馬総合病院に行くべきか悩んでいた。 行きたいかどうかで考えるべきだ。 薫は助言をした。 佐伯のオペが始まった。 結城は、第二助手をすることになる。 血管回りの浸潤が酷かった。 合併切除はしないと判断する。 「取り残したガンは、化学療法と放射線治療だ対応します。 」 すい臓がんの全摘は出来なかった。 ここからが長い戦いになる。 隼人は、そばにいることしか出来なかった。 「兄貴、知ってたんだってな。 ウチの会社がうまく行ってないこと。 」 芳雄は、弟にはやりたいことをやって欲しかった。 やりたいことをやって失敗したなら、それでもいい。 幸せは自分で決めるんだ。 ガン再発の告白 「結城先生、先生はどんな医者になりたいの?」 結城の父は、有馬総合病院の跡取りになった。 患者のことばかりを考えて、祖父と合わなかった。 父のような医者になりたい。 「分かってはもらえないと思うけど。 俺、お父さんのような医者になりたい。 」 お父さんは、患者のことばかり考える。 とってもいい医者よ。 母の言葉に結城は救われる。 「ママのなりたいモノになったらいいよ。 僕も小説家を目指すから。 」 心と薫は、二人で食事をする。 「実はね、今日で乳がんの手術を受けて5年になるんだ。 でも、再発が分かった。 一緒に戦って欲しい。 」 心は、プレゼントを渡すことが出来なかった。 。oO(アライブ10話視聴。 何だかんだで結局全員イイ人設定に着地しつつ最後に「やっぱりそうなるのかい!」という展開から次週最終話予告だけで泣きそうになるのを抑えて最後までしっかり見届けたいと思いました。 — skoyama skoyama330 10話 私のなりたい私でいる。 大人になっていくほど難しいことだけど忘れたくない言葉だな。 そして癌の再発…どうしてなんだろう。 なんでこんなに苦しいんだろうね、本当に。 梶山先生と心先生、2人で一緒に闘って病気を乗り越えて欲しい…最終回も心して見届けます。 薫先生が結城先生に「行くべきかどうかじゃなくて行きたいかどうか」とアドバイスしていたのと、佐伯さんが「幸せかどうかは自分が決めるんだ」と言っていたのが印象的だった。 結局は自分の意志や気持ちが大切だと改めて考えさせられた。 — しのりん ykyynm4210 📺 10話 集合写真私も欲しいわ切実に…。 心先生と薫先生の心のボタンがかけ違いませんように…ってずっと祈ってる笑 薫先生が1番心許してるのは心先生、心先生が1番信頼してるのが薫先生。 試される最後の絆ってそういう事か!2人なら大丈夫。 自分の進みたい道が見え、親に伝えられ、両親を信じられる気持ちになった後の結城先生の表情のトンネルを抜けた感じがすごくよかった! 来週は辛い展開だなぁ…。 お医者さんの闘病は全てが見えてしまう分、よりつらいだろうな。 心がまた大切な人を失うことのないように…。

次の

アライブ6話あらすじネタバレとドラマの感想!梶山薫(木村佳乃)がすごい!

アライブ あらすじ

もくじ• ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の概要 主演・松下奈緒さん、そして木村佳乃さんとは14年ぶりの共演でお届けする本作は完全オリジナル作品です。 また、彼らが伴走する患者たちの生き様や、2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。 薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。 医学部卒業後は放射線科に進むが、より多くのがん患者を救いたいという強い思いから、腫瘍学を学んだのち腫瘍内科への転科を決める。 木村佳乃 役:梶山薫(かじやま かおる) 横浜みなと総合病院の消化器外科医。 それ故にがんに関する知識は豊富である。 しかし、バディを組むことになる心にも話せない隠された秘密を抱えている。 清原翔 役:結城涼(ゆうき りょう) 横浜みなと総合病院の研修医。 物事をはっきりと言う性格のため、周りから誤解されることがある。 冷静沈着でありながら、素直になれない不器用な性格である。 家系が外科医であるため、本能的に外科医を目指している節がある。 岡崎紗絵 役:夏樹奈海(なつき なみ) 横浜みなと総合病院の研修医で結城とは同期。 真面目で努力家だが、時折羽目を外してしまうきらいがある。 ある理由から小児科医を目指している。 小川紗良 役:佐倉莉子(さくら りこ) 横浜みなと総合病院に入院する乳がん患者。 心から乳房の全摘手術の話を聞くが、自分の身体から乳房が失われるという現実を受け入れられない。 中村俊介 役:恩田匠(おんだ たくみ) 心の夫。 小説家ではあるが、お世辞にも売れっ子作家とは言い難い状況。 それ故、もっぱら心の代わりに家事を担当している。 しかし、ある日転落事故で意識不明になる。 三浦翔平 役:関川隆一(せきかわ りゅういち) 容姿端麗で本作のキーパーソンとなる人物。 ある日突然薫の目の前に現れ、事あるごとに接近を試みようとする。 田辺誠一 役:須藤進(すどう すすむ) 関東医科大学付属病院の消化器外科副科長で心の元上司。 非常に懐の大きい人物であり、消化器外科医としてだけでなく1人の人間としても人間性に優れている。 藤井隆 役:守野光男(もりの みつお) 横浜みなと総合病院の腫瘍内科医で心の同僚。 元は麻酔科に所属していたが、5番目の子供ができたこともあり、勤務時間が安定している腫瘍内科に異動した。 腫瘍内科医としてのキャリアは浅いが、大変明るく朗らかな性格のため、医師や患者たちからの信頼度は厚い。 木下ほうか 役:阿久津晃(あくつ あきら) 横浜みなと総合病院の腫瘍内科の部長。 病院内に腫瘍内科を創設した人物。 基本的に診療は心に任せているが、心をはじめとする部下たちに対しては極めて寛容。 開放的で明るい性格。 高畑淳子 役:高坂民代(こうさか たみよ) 横浜みなと総合病院に通う患者。 全身がんを患っており、心が一貫して担当している。 長年にわたって通院していることもあり、病院内のことについてはかなり詳しい。 北大路欣也 役:恩田京太郎(おんだ きょうたろう) 匠の父。 テレビドラマなどで数多のヒット作を生み出してきた稀代の人気脚本家。 妻亡き後に男手ひとつで匠を育ててきたためか、家事全般に関しては心よりも卓越している。 よく心の自宅にも訪れて食事の用意などをすることがある 桑名愛斗 役:恩田漣 心と匠の一人息子。 公立小学校に通う1年生で何かと手がかかる。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」1話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)は横浜みなと総合病院に勤務する腫瘍内科医。 様々な症状のがん患者と日々向き合い、忙しい毎日。 この日、心は、担当患者・高坂民代(高畑淳子)に再発の告知をしていた。 民代にとっては幾度目かの経験で、軽口を叩き去っていく。 一息つく間もなく、次は、化学療法室から緊急の連絡。 初日の研修医・結城涼(清原翔)と共に駆けつけると、初来院の男性患者が倒れていた。 心たちが適切な処置を施し落ち着きを取り戻すが、紹介状に添えられたカルテを見て、心は違和感を感じる。 担当医である消化器外科部長の美川に生検を進言しようとするが、「勝手に人の患者を診るな」と言われてしまう。 仕事を切り上げ、向かったのは別の病院。 3ヶ月前に事故に遭い意識不明となっている夫を見舞うためだ。 少しの滞在の後、すぐに息子の蓮を迎えに行き帰宅すると、義父・京太郎(北大路欣也)が出迎える。 来ることは聞いていない。 世話を焼いてくれるのはいいが、気を使う相手。 公私共に息つく暇がない・・・これが、最近の心の日常だった。 数日後、先の男性患者に検査をオーダーしようとすると、すでに受けていることがわかり、結果を見ると予想は的中。 カンファで美川に確認しようとするも「勝手に検査をするな」と言われる。 身に覚えがない心が反論しようとすると、自分が検査をしたと名乗り出る医師の姿が・・・。 見慣れない彼女は、別の病院から転籍して来た消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)だった。 果たして、内科医と外科医、立場の違う2人の医師のタッグが始動する。 と、同時に、心の人生を一変させる、運命の歯車が少しずつ動き出そうとしていた・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」2話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)が所属する腫瘍内科に乳腺科から乳がん患者の術前化学療法の依頼が来た。 患者は日ノ原徹(寺脇康文)という男性。 部長の阿久津晃(木下ほうか)は光野守男(藤井隆)を担当に指名した。 日ノ原と対面した光野は、彼の母親も乳がんだったことを知り、遺伝性の可能性もあると検査を勧める。 さらに娘がいると日ノ原から聞いた光野は尚更と検査を勧めるが承諾は渋られてしまう。 乳がんにかかったことを、「男の自分がなぜ」と戸惑いを隠せない様子だ。 一方、心も若い女性の乳がん患者の佐倉莉子(小川紗良)を、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)を伴い、診察していた。 莉子は自分が乳がんと診断されたことが信じ難く、会社への報告などに悩んでいた。 診察後、心から莉子は乳房全摘手術が望ましいと聞かされた奈海はまだ若いのにと残念がる。 すると結城は若いからこそ早期治療が必要だとドライに反論する。 仕事を終えた心がいつものように匠(中村俊介)を見舞って帰宅すると、京太郎(北大路欣也)が漣(桑名愛斗)の面倒を見てくれていた。 だが漣を甘やかし宿題を手伝っていて、匠の意識が戻ることもあきらめたかのような京太郎に対しての愚痴を、心は梶山薫(木村佳乃)にメールする。 トレーニングジムでメールを受け取った薫だが、匠の事になると返答に戸惑ってしまい・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」3話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)に夫、匠(中村俊介)の容態が急変したと関東医科大学附属中央病院から連絡が入り、一緒にいた梶山薫(木村佳乃)と共に病室に駆けつける。 京太郎(北大路欣也)と 漣(桑名愛斗)と一緒に、担当医・須藤進(田辺誠一)から状況の説明を受けるが・・・。 『横浜みなと総合病院』では、心が担当する末期がん患者、木内陽子(朝加真由美)の容態が悪化。 腫瘍内科で、陽子の今後のケアについてのカンファレンスが行われる。 心は抗がん剤治療をまだ続けることが出来るかを考えるが、光野守男(藤井隆)と阿久津晃(木下ほうか)は否定的だ。 緩和医療への切り替えについては、研修医の結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の意見も割れる。 休憩中、心は薫に匠の病院に付き添ってくれたことへの礼を言い、辛い時にいつもタイミング良く現れてくれると話す。 そして、心は先日、薫が何か言いかけたことを尋ねるが・・・。 一方、薫は、容姿端麗な男性・関河隆一(三浦翔平)とジムで出会う。 その後も、偶然再会し、言葉を交わすが・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」4話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)の夫、匠(中村俊介)の告別式が行われる。 参列した光野守男(藤井隆)、阿久津晃(木下ほうか)たちは心に弔いの言葉をかけるが、梶山薫(木村佳乃)は声をかけることが出来ない。 葬儀を終えた心は、悲しみを抱えながらも日常に戻ろうと、数日後から勤務を再開する。 阿久津や光野は心配するが、心は、仕事をしている方が気が紛れると気丈にふるまう。 その言葉通り、以前より仕事に打ち込んでいく心だが、突然、警察から京太郎(北大路欣也)に関しての連絡を受け・・・。 一方、薫は、匠の死に繋がる真相を心に言えないでいた・・・。 思い悩む薫の元に、先日薫と偶然の出会いを果たしていた関河隆一(三浦翔平)が姿を現し、真の目的を打ち明ける・・・。 愛する人を失ったとき、遺された家族は、悲しみをどう乗り越えていくのか・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」5話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)は阿久津晃(木下ほうか)のアドバイスできちんと忌引き休暇を取り、京太郎(北大路欣也)、漣(桑名愛斗)たち家族と、匠(中村俊介)を亡くした悲しみを共有することが出来た。 そうして腫瘍内科の勤務に戻った心に、ジャーナリストの関河隆一(三浦翔平)が接触してくる。 心は、腫瘍内科の取材と聞いて引き受けたのだったが、関河が実際に知りたかったのは関東医科大学で梶山薫(木村佳乃)が起こしたとされる医療過誤問題だった。 しかし、心に思い当たる節はなく、取材の件を薫に話して関河には気をつけるようにと話す。 そんな心と薫の会話を高坂民代(高畑淳子)が聞いていた。 そんな折、心が新たに担当したのは長尾春香(遊井亮子)という女性患者。 はっきりとした治療期間を知りたいと訴える春香に、心は患っている粘液型脂肪肉腫は希少がんの一つで全般的に抗がん剤が効き辛く、使用できる薬は副作用が強いので入院も必要になりそうだと説明する。 しかし、春香は仕事があるので入院は無理だと頑なだ。 一方、関河は須藤進(田辺誠一)にも取材を敢行。 時を同じくして、心たちの病院でも薫が何か問題を起こして病院を移ったらしいと噂が広がっていき・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」6話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミス、つまり医療過誤が原因で亡くなったことを梶山薫(木村佳乃)に知らされる。 しかも、薫はその時に匠の手術をしていたのは担当医の須藤進(田辺誠一)ではなく自分だったと告白。 薫の手技が、匠の死に繋がったことを知った心は、信頼していた薫に裏切られていたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、薫に対して「消えて・・・」と伝える。 数日後、薫はまだ横浜みなと総合病院にいた。 退職願を消化器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、薫の手術を待つ患者もいるためすぐに辞める事は出来ない。 心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。 しかし、心は薫を避けるようになっていた。 そんなある日、心が医局に戻るとペットボトルの水が数本置かれている。 心が手を伸ばそうとすると光野守男(藤井隆)に止められる。 初回は無料だが次回から高額で売られているらしく、阿久津晃(木下ほうか)たち腫瘍内科の面々とともに心も憤りを隠さなかった。 心は結城涼(清原翔)と新たな患者、土方絵麻(清水くるみ)と付き添いの父・徳介(ベンガル)、母・律子(宮田早苗)に治療方針を説明。 心が抗がん剤治療を施してからの手術になると話すと、徳介が口を挟む。 徳介は抗がん剤投与に拒否反応を持っていた。 律子と絵麻がとりなしてその場は収まるが・・・。 一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていた・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」7話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠とともに知らされた。 心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。 薫の心中は複雑だ。 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当。 武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見された。 がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望む。 心は説明には武井の家族の出席も求めたのだが、話は本人にしか出来なかった。 同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つ。 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すも、再び言い淀む武井。 治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄り・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」8話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)は、抗がん剤治療を受けないと言う高坂民代(高畑淳子)に理由を尋ねる。 動けるうちにやりたいことをやっておきたいと答える民代は、心と梶山薫(木村佳乃)の関係を心配していた。 薫に会った心は、本当に横浜みなと総合病院を辞めるつもりかと聞く。 そんな時、高校生の井上和樹(萩原利久)が入院してくる。 和樹は幼い頃からがんで入退院を繰り返し、今回も大学入学を目前に控えての再発だった。 心と一緒に和樹と会った夏樹奈海(岡崎紗絵)は医局で光野守男(藤井隆)が、かつて入院していた時の様子を聞く。 光野は子供の頃の和樹は優しくて頑張っていたと教えるのだが・・・。 和樹もその家族たちも病気に疲弊していた。 自分の弟もかつて入退院を繰り返していた経験がある奈海は和樹に寄り添おうとするが・・・。 一方、心は奈海や結城涼(清原翔)に、若い患者たちの気持ちを知ってもらおうと患者との交流会を開くことにした。 そこで、奈海と結城は患者や家族の本音を聞くことになり・・・。 交流会の後、心は薫たちを自宅に誘う。 恩田家に着くと、結城と奈海は京太郎(北大路欣也)と漣(桑名愛斗)が待つ室内に入るのだが、薫は躊躇してしまう。 そんな薫に心は・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」9話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が、婦人科医の前園敬之(高橋洋)に呼び出される。 前園は、切迫流産で緊急入院した小山内静(山田真歩)の胎児をエコーで確認したところ気になる部分が見つかったと二人に話す。 静はかつて大腸がんで入院したときに心が担当した患者だが、肝臓への転移が見つかったのだ。 カンファレンスで、心たち医師たちはがん治療のために静の妊娠継続は難しいということで一致した。 心と薫は静の病室へ行き、病状を説明。 心は妊娠の継続が困難なので静の命を優先させたいと告げる。 しかし、静に中絶の選択肢はなく、その意思はゆるぎないものだった。 静に付き添っている夫の敬(落合モトキ)にもやっと授かった子供だと中絶への同意は得られない。 翌日、心が化学療法室へ行くと、佐倉莉子(小川紗良)がスマホの画面を看護師たちに見せていた。 莉子は心にも画面を見せる。 それは退院した高坂民代(高畑淳子)が旅先での出来事を紹介しているSNSの記事だ。 病気でも人生を楽しんでいる民代から、自分も元気をもらえると莉子は喜び、患者のこういう面を知ってもらいたいと言う。 すると、心は莉子もSNSで発信したらどうかと勧めた。 そんな矢先、民代が旅先で倒れたという一報が入り・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」10話のあらすじ 恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智巳)が、兄を転院させると申し出てきた。 芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているのだが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。 心と薫は引き止める事はせず、患者家族の意向に従うことにした。 一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。 阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいのだが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。 阿久津にはどうしても腫瘍内科を強化せねばらならない理由があるようだ。 そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れて来る。 女性は有馬総合病院の理事長、結城美紀子(とよた真帆)と名乗り、佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできない旨の謝罪に来たのだと言う。 丁寧な美紀子の対応に感心する心。 すると、美紀子は出向いて来たのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」11話最終回のあらすじ 腫瘍内科医の恩田心(松下奈緒)と消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)は困難を乗り越え、医師として、友人として、強く信頼しあえる関係を築いた。 そんな矢先、薫は乳がん手術から5年目の検査で、がんの再発が判明。 その告白を受けた心は、二人で乗り越えようと誓い合う。 しかし、薫の病状は重く、手術は難しい。 それでも薫は抗がん剤治療を受けながら、外科医としての仕事を続けたいと心に頼む。 心の国立がん医療センターへの移籍の話も期限を迎えようとしている。 医師としての将来を思う阿久津晃(木下ほうか)にも決断を迫られるのだが、薫の件もあり、心は答えることが出来ない。 また、研修期間が終わろうとしている結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)もどの科に行くか決めかねていた。 佐倉莉子(小川紗良)が化学療法室で治療を受けていると薫が来た。 治療を受ける薫に驚く莉子。 だが、莉子もすでにがんと闘う決意に満ちている。 莉子は戸惑っていた職場への病気の報告も済ませ、今はフリーペーパーの編集も手伝っていると薫に話す。 そんな二人を、同じく抗がん剤治療を受けていた橘千寿子(三田寛子)が見ていて・・・。 2人の女医、そしてそれぞれの医師たちに、やがて変革と旅立ちのときが訪れようとしていた・・・。 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」のネタバレについて このドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」はいつになく真剣なドラマでした。 主人公である恩田心先生の夫である恩田匠が、4話で亡くなります。 そして、おじいちゃんは鬱病の気が出てしまったりします・・・。 そんな中、心先生を優しくケアしてくれたのは、木下ほうかさん演じる阿久津晃でした。 あの時の阿久津は本当に優しかったです。 いや、よくある人間らしい優しさではないんです。 あくまで医師として、家族が亡くなった遺族に対して・・・という意味でです。 あれは、木下ほうかさんのこれまでのキャリアが成せる業のような、個人的に圧巻な演技でございました。 本当にこの事から4話はグっときました。 そして、また物語が動いたのが第5話です。 5話では、遂に木村佳乃さん演じる薫から、匠の死の真相、オペでのパッキンミスの事を打ち明けられます。 それを打ち明けられたオンコロ先生は 「私のために何でもしてくれるって言ったよね?」 「消えて・・・」 とだけ言い残し去ってしまいます。 築き上げられてきた友情が崩れた瞬間ではありましたが、ここから2人の関係はどうなっていくのか・・・。 薫にはまだ秘めた自分の身体の事があるはずです。 乳がんを患い、手術をしたけど、それからの定期検査をしていないのか・・・。 癌であったり、癌になるうる腫瘍が出来た場合、それを切除したとしても5年間は経過観察が必要になります。 再発する恐れがありますからね・・・。 これからオンコロ先生と薫の関係はどうなっていくのか・・・。 これからアライブ、後半戦が楽しみです! そしてこのフジテレビ木曜22時の枠の次回作は、石原さとみさん主演の「アンサング・シンデレラ」です! 薬剤師に着目した新しい医療系ドラマでございます! こちらも楽しみ! ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の視聴率まとめ 1話 8. 4% 2話 7. 7% 3話 8. 4% 4話 6. 1% 5話 7. 2% 6話 7. 4% 7話 6. 0% 8話 5. 7% 9話 6. 4% 10話 6. 9% ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の見逃し配信・動画配信 ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」の見逃し配信はTVerで、動画配信はFODです! やはりフジテレビのドラマはFODですね! TVerでも良いんですけど、最新話しか観れないので、テレビ放送から一週間が過ぎてしまうと、消えてしまいます。 なので、時間に余裕がない場合は、FODが良いかもしれませんね。 それではこれから放送されるドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」を楽しみにしましょう!! 放送され次第、ネタバレ情報や感想、視聴率などを紹介していきたいと思います! 【関連記事】.

次の

アライブ 7話ネタバレあらすじと感想・評判!~須藤を調査委員会に報告!医療過誤は認められるか!?~無料で動画を視聴できる配信

アライブ あらすじ

松下奈緒 - 恩田心 横浜みなと総合病院の腫瘍内科医。 医学部卒業後は放射線科に進むが、より多くのがん患者を救いたいという強い思いから、腫瘍学を学んだのち腫瘍内科への転科を決める。 木村佳乃 - 梶山薫 横浜みなと総合病院の消化器外科医。 「サイレントキラー」と称される膵臓がんの手術におけるスペシャリスト。 それ故にがんに関する知識は豊富。 しかし、バディを組むことになる心にも話せない隠された秘密を抱えている。 清原翔 - 結城涼 岡崎紗絵 - 夏樹奈海 中村俊介 - 恩田匠 三浦翔平 - 関河隆一 田辺誠一 - 須藤進 藤井隆 - 光野守男 木下ほうか - 阿久津晃 高畑淳子 - 高坂民代 北大路欣也 - 恩田京太郎 出演者 松下奈緒、木村佳乃、清原翔、岡崎紗絵海、中村俊介、三浦翔平、田辺誠一、藤井隆、木下ほうか、高畑淳子、北大路欣也 恩田心(松下奈緒)は匠(中村俊介)の死が、梶山薫(木村佳乃)ではなく須藤進(田辺誠一)による医療過誤であったことを関河隆一(三浦翔平)に証拠を見せてもらいながら知った。 心は薫に酷いことを言ってしまったと謝罪し、須藤を関東医大附属中央病院の調査委員会に申し立てると話す。 薫の心中は複雑だった。 心は新たに武井正弘(平田満)という患者を担当することに。 武井は3年前に膀胱がんの治療を受け、経過は良好だったが今回の検査で肺への転移が発見されてしまう。 がん性腹膜炎の疑いもあるため、入院しての抗がん剤治療を勧める心だが、武井は仕事もあるからと通院治療を望むのだった。 心は説明には武井の家族の出席も求めたが、話は本人にしか出来なかった。 同席していた結城涼(清原翔)は武井が頑なに入院を拒否することに疑問を持つのだった。 心は薫と会い、薫に須藤を調査委員会に報告したことを伝えるのだった。 数日後、心は治療に来た武井に、やはり家族にも病状について話したいと話すが、かたくなに断る武井。 治療を終えた数時間後、病院の廊下の椅子で眠る武井を見かけた結城が声をかけると、武井は自ら調べた余命が真実なのか結城に詰め寄るのだった。 仕事帰り、心のもとに須藤から電話があり、「一度話せませんか」と言われる。 心はすぐに電話を切るのだった。 翌日、武井は診療に来なかった。 結城は昨日の出来事を心に話す。 結城は心と武井の自宅に向かうことにする。 心は、結城が不安にさせてしまったことを謝り、武井が調べた余命は中央値で、かなり幅があるので、実際は分からないことを正直に伝える。 これまでと同じような生活は難しく、これからどのように過ごしていくか一緒に考えないかと提案する。 上から物音がして、息子さんですかと尋ね、一度話したいというが、武井は「今は息子は忙しいんです。 息子は休職中でして。 もともと優秀な子なんですけど」と説明しだす。 武井は息子のために色んな職場の中途採用情報を集めているのだという。 クリアファイルに沢山の求人情報をまとめていた。 大手のものばかりで、情報が古いものも多かった。 武井は息子がしっかりした職場に就職するのを見届けるまで入院はできないと言う。 心と結城が帰った後、武井は息子の部屋をノックして「ケンタ、ちょっと話をしないか、大事な話があるんだ」と声をかけるが、息子は「今、忙しい」と答えるのだった。 その夜に、心は調査委員会から「今回の件を医療過誤とすることはできない」という中間報告を受けてしまう。 調査委員会から「このレベルの出来事は珍しくありません」といわれてしまうが、心は「医師としては理解できます。 でも遺族としてはまったく理解できません。 」と本心を伝える。 心が帰宅すると、京太郎が漣を寝かしつけてくれていた。 心は、「実は、匠さんの手術の際に執刀医だった須藤さんに問題があったようです。 すみません、今まで黙ってて」と頭を下げると、京太郎は「私のことを気遣ってくれていたんだろう。 何があったか聞かせてくれないか。 」というのだった。 翌日、心は薫に調査委員会の中間報告で、医療過誤とは認められなかったと報告を受けたことをいうと、薫は「ごめん、そんなの納得できるわけないよね。 心先生、本当にごめんなさい。 」と謝り、心は「ううん。 」と微笑むのだった。 その日の夜、武井の容態が急変し、息子のケンタも一緒に病院に来る。 武井は一命を取り留めたが、心は息子に「お父様が病気なのはご存知ですよね、もうすぐ目を覚まされると思います。 病室にご案内しますか」というと、ケンタは「後はお願いします」といい、帰ろうとする。 ケンタに心は武井がこんな状況なのに「息子が救急車呼んでくれて」と嬉しそうに話してくれたことを伝え、「お父様はこれからどんどん人の手がいります。 これからのことを話した方がいいですよ。 」と伝えるが、ケンタは「母が死んでから10年話していなんです。 僕にはどうすることもできません。 すいません、もう帰っていいですか」と言い、立ち去ろうとする。 ケンタに結城が「すいません、保険証持ってきてもらえますか。 手続きに必要なんで」と声をかける。 薫は須藤に会い、「どうしてずっと黙っていたの、、先生は私が乳がんになった時、ずっとそばにいて支えてくれたよね。 私、先生のこと信じてた。 だから、ずっと考えないようにしてた。 でももう目をそらすのはやめる。 先生は多分、自分のミスに気付いてた。 手術が終わった後、下大静脈が狭窄していることを私に教えなかったのは、心停止になった原因が私にあると思いこませるためだったんでしょ。 これだけは、調査委員会の人に言えなかった。 でも、報告する。 さよなら」と告げる。 ケンタは再び病院に来て、保険証を受付の人に渡す。 その手は震えていた。 結城がやって来て、ケンタを武井の病室に案内する。 ケンタを見た武井は「ケンタ、すまなかったな」というが、ケンタは病室を出ていってしまう。 ケンタは、自身を追いかけてきた結城に「保険証を持ってくることが俺にとっては死ぬほど辛いんです。 それをあの人は分かっていないんです。 」という。 結城はケンタに「僕はお父さんのあのファイルを見て、息子さんのことをすごく考えているんだなと思いました。 」というが、ケンタは「どこがだよ」と言い残し帰ってしまう。 ケンタは家に帰り、武井のファイルを見る。 するとそこにはプログラマーの求人誌ばかりが入っていた。 ケンタが昔「プログラマーの仕事を探してる」と言った言葉を武井はずっと覚えていて、必死に集めていた。 ケンタは泣くのだった。。 その夜、心の家に須藤が来ていた。 須藤は心と京太郎の前で匠の死について「全て自分の責任です」と言って謝罪する。 須藤は「手術が始まってまもなく、私は下大静脈からの出血を止めようとしました。 梶山先生は無理なくパッキングを進めてきました。 しかし私は縫合する自信があったので縫合しました。 しかし結果、狭窄してしまった。 私はそれを失敗だと認めることが出来なかった。 結果、梶山先生に背負わせてしまった。 」と話す。 心が「梶山先生にちゃんと伝えていれば、あなたのそのプライドのせいで、夫は。。。。 」というと、須藤は「本当にその通りです。 全て私の責任です。 関東医大は先ほど辞職してきました。 これで責任がとれるとは思っていませんが、本当にすみませんでした。 」と誠心誠意謝罪する。 心は「須藤先生、あの時あなたはどんな気持ちで死亡時刻を告げたんですか。 どういう気持ちで匠を見ていたんですか。 私達はあなたにすがっていた。 どういうお気持ちだったんですか。 」と泣きながら須藤を責めるが、そんな心を京太郎が優しく制すのだった。 京太郎が須藤に「医者は、続けるつもりですか。 」と尋ねると、須藤は「それは。。。。 」と言葉に詰まってしまう。 京太郎は「続けなさい。 この過ちを背負い、これからも多くの命を救って欲しい。 それがあなたの償いです。 安いセリフだな。 昔こんな脚本を書いたことがある。 あなたが何人の命を救おうとも匠は生き返らない。 あなたを許すことはできない。 私は匠の死を嘆き、あなたのことを恨んで生きていきます。 こういう人間がいることを忘れないで欲しい。 」と告げ、須藤は「はい」と返事をするのだった。 翌日、関河が心のもとを訪れ、明日発売の記事を見せてくれた。 そこには、須藤が全て正直に語った匠の手術の真実が載っていた。 須藤は関河に全てを自ら話したのだ。 関河は心に「医者として患者の家族として、どちらの気持ちもわかる恩田先生は本当に大変だったと思います。 実は僕医学部だったんです。 医者や病院の不正を暴くために医学部を中退し記者になりました。 しかし今は、たくさんの医師たちに出会ってその線引きは難しいと思いました。 」と伝える。 心は「関河さんのおかげで真実が知ることができたので、本当に感謝しています。 」と頭をさげ、関河も「こちらこそ」と微笑む。 その頃、武井が病院にいくために自宅を出ると、ケンタが追ってきて「父さん、俺も行く。 」と声をかけ、二人で心の話を聞きに行く。 その後、心は薫に須藤が謝りに来たことを話す。 薫に「彼は事実から目を背けて逃げ続けていたけれど、ずっと責任は感じていた。 薫先生だけに責任を押し付けるつもりはなかったんだと思うよ。 」と話すのだった。 薫は「心先生には、ちゃんと言わなくちゃね。 私ね、須藤先生と。。。 」と言うと、遮る様に心が優しく「言わなくていいよ」と言ってくれた。 すると薫は泣き出し、心は薫をそっと抱き締める。 薫は心に「ごめんごめん、もう大丈夫、行って」と笑顔で言い、心が去った後、退職届を見つめ、「さよなら」とつぶやく。 ここまでのストーリーです。 「アライブ がん専門医のカルテ」 1話 あらすじ 「アライブ がん専門医のカルテ」 2話 あらすじ 「アライブ がん専門医のカルテ」 3話 あらすじ 「アライブ がん専門医のカルテ」 4話 あらすじ 「アライブ がん専門医のカルテ」 5話 あらすじ 「アライブ がん専門医のカルテ」 6話 あらすじ アライブ がん専門医のカルテ 7話 無料視聴方法 「 アライブ がん専門医のカルテ」は、フジテレビの番組なので、(フジテレビオンデマンド)で視聴することができます。 は VOD(ビデオ・オン・デマンド)のひとつです。 VODは、視聴者が観たい時に動画(ドラマ、映画、ライブ、漫画など)を視聴することができるサービスです。 のほかにも、、、 NETFLIX、 などがVODです。 すべらない話に関していえば、フジテレビ系ということもあり、 (Amazon Prime やNetflixでも視聴可能)で見ることができます。 VODは基本月額で料金を払う必要がありますが、基本どのサービスも無料お試し期間があります。 登録も解約も簡単なので、とりあえず登録してみて、お金を払いたくなければ、 1ヵ月以内に解約すれば無料で楽しむことができます。 VOD 無料お試し期間比較 無料お試し期間を用意しているサービスがほとんどですが、サービスによって、無料期間が違ったり、そもそも行っていないものもあるので注意しましょう。 サービス 無料期間 1ヵ月間 Hulu 2週間 dTV 31日間 NETFLIX 1ヶ月間 U-NEXT 31日間 その他の動画サイトは?• pandora• dailymotion• youtube といた無料動画サイトでも見ることができる場合がありますが、 画質や音質が悪かったり、動画が途切れていたりしますし、そもそも 違法アップロードである場合があります。 違法アップロードで捕まる人や、動画サイトへのアクセスが遮断されるようになってきたので、そろそろ締め付けが本格化するかもしれませんね。 高画質・高音質で、広告CMがないノーカットフルバージョンで見ることができるVODに登録してみることをオススメします。 FODプレミアのサービス概要 月額料金 888円 動画作品数 36,000本 独占見放題作品は5,000本 同時視聴数 5 画質 HD(720p) 視聴端末 パソコン・スマホ・タブレット、Fire TV、Chromecast、一部のTV 無料期間 1ヵ月間 特典 ポイント 毎月1300ポイント 電子書籍 漫画 15万冊以上 電子書籍 雑誌 100誌 電子書籍 その他 少なめ ポイントは、 入会すると毎月1300ポイントもらえますが、そもそもポイントを使わないでも見放題の作品(すべらない話を含みます)も多いので、十分楽しめます! 映画などで、1作品で400ポイント消費するものもあります。 FODの特長 ・毎月1300ポイントもらえる ・電子書籍を購入するたびポイントを20%還元 ・追加料金なしで同時視聴が5台まで可能 ・無料期間が1カ月 ・「プラスセブン」で見逃したドラマ視聴も最大7日間無料 ・漫画、雑誌が豊富 フジテレビのドラマ・映画だけでなく、電子書籍にも力を入れています! 他のサービスだとそもそも電子書籍を提供していないものもあります。 FODプレミア登録方法 FODプレミアはスマホから簡単に登録することができます! 必要なものは、 利用するIDと 支払方法決めるのみです。 まずは、 から登録ページへアクセスしてください。 利用するIDの選択 利用するIDを支払方法によって決めましょう。 無料期間中に解約すれば無料で利用可能です。 クレジットカードで支払い Amazonアカウント、フジテレビID、Yahoo! JAPAN ID、楽天ID• ケータイ料金と一括で支払い dアカウント、au ID、My Softbank 利用するIDを選択すると、それぞれのログイン画面に遷移します。 月額コース「FODプレミアム」の確認 ログイン後、確認画面が出るので確認してください。 購入内容の確認 料金と無料期間は確実に確認してください! あとは、クレジットカード情報の入力です。 登録が完了すると、「 FOD会員番号」「 パスワード」が表示されるので、メモを忘れずにしましょう! アプリで利用するときに必要になります。 FODプレミアム 無料お試し 注意点 無料お試しができるのは「Amazonアカウント」で登録した人のみです!!(2019年7月時点) 他のサービスとの比較 当たり前ですが、フジテレビ系のものは、 海外ドラマであれば、 、、NETFLIX がオススメで、オリジナル海外ドラマは、ダントツで NETFLIXです。 アジアドラマは、 U-NEXTが1番で、続いてです。 漫画、雑誌が読みたい人は、がダントツです。 pandora・dailymotion・Youtubeは? 無料動画サイトには一時的に見ることができる時がありますが、上記の に登録するのがおすすめです。 一応、dailymotion と」Pandoraの検索結果のリンクを張っておきます。 スポンサーリンク.

次の