節分の日 方角。 今年2020年(令和2年)の節分は何月何日?恵方巻の方角は?

節分

節分の日 方角

節分の意味や由来は立春が関連している まず節分とは、 「節の分け目(季節を分ける)」という意味があり、 季節が変わる前日のことを指します。 季節の分け目とは、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の年4回あります。 この年4回の 分け目の前日のことを節分と呼びますので、節分は実は毎年4回あるのです。 ただ現代では一般的に、節分と言えば立春の前日のみを指す言葉になっています。 その理由は、むかしは 立春を1年の始まりとしていたため特に 重要視していたので徐々に節分といえば春の節分だけを指すようなりました。 立春は1年で1番寒い時期なんて言われていますね。 そのため「」も立春前後に毎年開催されます。 この立春ですが、地球と太陽の位置によって決まってくるのですが、太陽は正確に365日ごとに同じ軌道を通っているのではなく、若干毎年変動しております。 そのため、立春の日付が年によってずれ、それに伴い節分の日もずれます。 また、季節の分け目には邪気(魔)が入りやすいと言われていました。 今年(2019年)の恵方巻きの方角は東北東 2019年の恵方(方角)は、 「東北東」です。 赤い矢印の方角です。 画像の右下、時計の針で言うと2時~3時くらいの間の位置ですね。 恵方巻きの食べ方のポイント 恵方巻きはただ食べればいい訳でなく、正しい食べ方があり、言い伝えられています。 以下のとおりです。 お子さんがいる家庭は教えてあげてくださいね。 自分で恵方巻きを作りたい場合は、クックパッドで沢山レシピが載っているので参考にしてみるといいでしょう。 「」 豆まきのやり方や手順 次に豆まきのやり方や手順を解説します。 まずは準備するものから紹介します。 豆まきの準備 用意するものは2点です。 ただ、2月の時期に 豆まき用に発売されている福豆はすべて炒った上で発売されているので問題ありません。 ただ豆を購入しましょう。 自家製の豆等であれば炒って使いましょう。 子どものいい思い出になるといいですね。 簡単な豆まきのやり方と注意点 準備ができたらいよいよ実践ですね。 まず、掛け声は「鬼は外~、福は内~」と順に声を出しながら豆をまきます。 まき方は、 「鬼は外」のタイミングで部屋から玄関やベランダなど外に向かって豆を投げます。 次に 「福は内」で玄関やベランダからに部屋に向かって豆を投げます。 これを部屋の奥から玄関まで順番に全部屋で実施します。 最後に、 まいた豆を「歳の数」だけ食べます。 地域によっては「歳の数+1個」食べることもあるみたいです。 注意点ですが、マンションなどで豆まきする際は、豆が隣の家に飛び散らないこと、迷惑にならない声のトーンに抑えるなど気をつけましょう。 節分での恵方巻きと豆まきのやり方まとめ 節分の日、恵方巻きの方角、豆まきのやり方などをまとめて紹介しました。 特に子どもがいるご家庭では、恵方巻きも豆まきもぜひやってみてくださいね。 その他2月の行事やイベントについては「」の記事も参考にしてください。

次の

2020年節分の方角はどっち向き?恵方巻きを食べる時の方角 | 節分

節分の日 方角

「節分」とはいっても、なんとなく豆まきや恵方巻きのイメージがあるだけで、節分の意味や由来などを詳しく知らない人も多いだろう。 そこで今回は2018年の節分の日付、節分の意味と由来、おすすめ豆まきイベントなどを一挙に紹介していく。 【2018年節分】節分の日と恵方巻きの方角 【2018年節分】そもそも節分の意味とは? 節分とは「季節を分ける」ということ。 つまり、1年に4回、それぞれの季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日が「節分の日」となるのだ。 昔の日本では「立春」が1年の始まりとされていたため、立春の前日が「節分」として有名になったのだ。 【2018年節分】2018年の節分の日はいつ? 2018年の節分の日は 2月3日(土)。 2018年は立春が2月4日であるため、その前日の2月3日が節分になるのだ。 節分は立春の前日と決まっているが、立春は年によって日にちが変わることがある。 立春の日にちに伴い節分の日にちも変動していくため、毎年「2月3日」ではないということを覚えておこう。 【2018年節分】2018年の恵方巻きの方角 「戌」年である 2018年の恵方は、「南南東(やや右)」。 南と南南東の間の方角が、2018年の恵方なのだ。 恵方とは、その年の福徳を司る神である歳徳神(としとくじん)がいる方向のこと。 節分の夜に、その年の「恵方」に向かい、願い事を念じつつ無言で恵方巻きを丸ごと1本ほおばるのが慣習となっている。 恵方巻きを食べている際に話すと運が逃げてしまうため、食べている間は誰とも話さず、無言で食べるのがルールとされているようだ。 日時:2018年2月3日(土)• 住所:東京都千代田区永田町2-10-5 2018年の十つ目のおすすめ豆まきイベントは、「」だ。 日枝神社の節分祭追儺は、「豆をまくことによって邪気を祓い清め、運気や幸福を招き入れる」というめでたい行事。 除災招福・万民和楽を祈願している。 【2018年節分】節分における豆まきの由来と作法 【2018年節分】節分に豆まきをする理由とは? 節分における豆まきは、古代中国から伝来した「追儺(ついな)」という行事に由来する。 平安時代の追儺では「方相氏(ほうそうし)」と呼ばれる鬼払いの役人が先導し、桃の弓と葦の矢で魔物を追い払っていた。 その後、桃の弓と葦の矢にとってかわり、生命力を意味する豆が室町・江戸時代の庶民に広がったそうだ。 ちなみに大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきた歴史がある。 【2018年節分】節分で鬼を退治する理由とは 年越しにあたる節分の夜は、鬼が出現しやすいと考えられていた。 鬼というのは邪気の象徴であり、形の見えない災害や病、飢饉などの恐ろしい出来事は鬼の仕業だそう。 そのため「 鬼に豆をぶつけて追い払い、福を呼びこもう」という意味を込めて、節分の日に鬼退治が行われるようになったのだ。 【2018年節分】豆まきの仕方 豆まきの仕方は、地方や家庭によってさまざまである。 ここでは基本的な豆まきの仕方について説明していきたい。 基本的な豆まきの仕方に加え、家族などの独自のルールに合わせてみるのもいいだろう。 恵方巻きには七福神が関係しているため、7種類の具材が巻かれた太巻きがよいとされている。 太巻きである理由としては、福を巻き込んで縁起がよいからだそうだ。 太巻きには、七福神のカラーをイメージした赤、黄、緑、茶、ピンクの5色の食材に加えて、酢飯と海苔を合わせた7種類の具材が使われる。 先にも述べたように、節分の豆まきは、中国の追儺(ついな)と呼ばれる厄払いの行事に由来している。 節分の豆まきは、自宅で行うのはもちろん、東京のイベントなどで行うのもよいだろう。 こんにゃくを食べる風習は、四国地方で始まったといわれている。 古くからこんにゃくは、体内の毒素を体外へと排出し、身を清めることを目的として、大掃除の後や冬至、節分などに食べられていたそうだ。 こんにゃくの食べ方としては、こんにゃくのピリ辛煮やこんにゃくの味噌煮などがおすすめである。 節分でけんちん汁を食べる由来は2つある。 節分でけんちん汁を食べる一つ目の由来は、江戸時代に中国から伝わったケンチュンという普茶料理が起源で、ケンチュンがなまってけんちん汁になった、という説だ。 節分でけんちん汁を食べる二つ目の由来は、鎌倉の建長寺の修行僧が作った建長汁がなまって、けんちん汁になった、という説だ。 けんちん汁はもともと精進料理であり、豚肉などの肉類や魚は加えられていない。 こんにゃくやごぼう、にんじんなどが入っている汁だ。 節分は立春の前日にあたり、昔の日本では立春が1年の始まりとされていた。 そのため、年越しそばと同じように、節分にそばを食べる風習が残っている地域もあるのだ。 「大きい物を食べることが縁起がよい」ということから、山口県などでは、節分の日にくじらを食べる風習がある。 現在では、くじらの刺身や竜田揚げ、くじら汁などが食べられている。 いわしの臭いは鬼が嫌いな臭いとされており、鬼を追い払う効果があると考えられてきた。 そのため、節分の日にいわしを塩焼きにして戸口に飾り、鬼が家に侵入するのを防いでいたのだ。 以上、2018年の節分の日にちと節分の意味や由来、おすすめ豆まきイベントなどを紹介してきた。 伝統的な日本の行事である「節分」をしっかりと理解した上で節分を行い、2018年をよい年にしていただきたい。

次の

節分はいつ?由来は?なぜ豆まき?恵方巻きを食べる理由と方角は?

節分の日 方角

2020年の節分の日は、2月3日(月)となります。 一般的には節分の日は2月3日と決まっていますが、実は毎年日にちが異なります。 「そんなこと言っても、ずっと2月3日だったよ?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。 立春の日は2月3日~5日で変動しているとされており、節分が2月2日になったり2月4日に変わることもあるのです。 それは、太陽はいつも同じ軌道を通っているとは限らず、少しですが変動しているからです。 立春の日は太陽と地球の位置関係によって決まります。 新暦で1年の日数を計算すると、365. 2425日と余りが出てしまうので4年に1度のうるう年で調整していますよね。 ですから、立春の日は2月4日と固定されているのです。 しかし、立春の日が2月4日とされているのは1985年~2020年までです。 国立天文台が発表している暦要項が2020年までで、それ以降は時間の調節がまだがされていないからです。 2021年以降には、立春の日が変動する可能性がありますが、令和初の節分は2月3日なので安心してくださいね。

次の