広告代理店 第二新卒。 理想の組織を実現するWebマーケターWanted!/第二新卒可

理想の組織を実現するWebマーケターWanted!/第二新卒可

広告代理店 第二新卒

転職で広告代理店を目指すかどうかを決意するためにはそもそも広告業界がどんな仕事をしているのか、広告代理店にはどんな種類があるのかを知っておきたいですよね。 そこで、まずは広告代理店の種類や働いている人たちの仕事内容からご紹介したいと思います。 広告代理店には3種類ある! 一言に広告業界と言っても、主に3つに分類できるのでまずはその分類から抑えましょう。 具体的には、 「マス広告に強い総合広告代理店」、 「WEB広告などに特化した専門広告代理店」、 「クライアントが固定されたハウスエージェンシー」の3つです。 広告代理店と聞くと大手2社を思い出し、広告というとなんとなくテレビ広告などをイメージする人が多いかもしれません。 しかしそうしたいわゆる広告業界は総合広告代理店だけという点に注意が必要ですね。 自分がどんな広告媒体を扱いたいのかというイメージを持つことが転職先をイメージする際に大事になってきます。 クリエイティブな職種が多い それでは広告代理店にはどんな職種があるのでしょうか。 大まかに分ければ、 「案件獲得を担う営業」、 「企画を担当するマーケター」、 「実際の広告作成を担うクリエイター」の3つに分けることができます。 営業であっても高いプレゼン能力などが求められるため、広告代理店にはやはりクリエイティビティや専門性が求められる職種が多いと言えるでしょう。 広告代理店も第二新卒を積極的に採用している! また気になるのは広告代理店が第二新卒採用をしているのかというポイントですよね。 第二新卒の広告代理店転職事情を大手からベンチャーまで細かくご紹介していきます。 業界全体としては第二新卒歓迎! 出入りが激しい業界ということもあり、新卒採用だけでなく中途採用や第二新卒採用も積極的なのが広告業界の特徴のようです。 また、広告代理店には多くの営業職も在籍しているので意外と第二新卒など未経験からでも挑戦しやすい業界となっているようです。 大手2社はどちらも第二新卒を積極採用! 広告代理店と言えば電通と博報堂の2社が有名ですよね。 2社は積極的な企業買収やインターネット広告への進出でシェアをどんどんと拡大しています。 広告代理店に憧れる第二新卒の方であれば一度は聞いたことのある2社だと思いますが、どちらも第二新卒を積極的に採用しています。 業界No. 1の電通の第二新卒歓迎の求人はリクナビNEXTに掲載されていますし、博報堂は2017年に自社のサイトに第二新卒採用ページを設けるなど積極的に第二新卒を採用しています。 中堅やベンチャーの第二新卒歓迎求人も多数! また、web広告を専門に手がけるベンチャー企業なども積極的に第二新卒を採用しているようです。 実際にdodaやリクナビNEXTで第二新卒歓迎の広告関連求人を見るとその種類の多さに驚かされます。 また分類の際にご紹介したハウスエージェンシーなども固定されたクライアントからの事業拡大で第二新卒を積極的に採用している場合があるようです。 広告代理店にウケるのはこんな人材 第二新卒であっても未経験から広告業界に挑戦するのが難しくないのがわかったところで、広告代理店はどんな第二新卒の人を募集しているのかご紹介します。 もちろん、第二新卒ですから高いスキルや経験が求められているわけではなく適性としてどんな人物像が求められているのかということです。 広告代理店にウケる人物像が分かれば自己PRなどにもいかせますし、転職もスムーズに進むでしょう。 トレンドに敏感である人 広告と一言にいっても求人広告を出したい場合や何か商品、サービスなどを売りたい場合など様々です。 ただ、共通しているのは人の目を引く訴求力のあるプロモーションを作らなければならないということです。 そういったことから、トレンドや流行り物などに敏感な人が広告代理店にはウケるようです。 実際に求人票の求める人材に「トレンドを取り入れることが得意な方 」と書いている会社もありました。 未経験の第二新卒であってもそうした個性をアピールすることができれば適性がありそうと判断してもらえるでしょう。 決まった仕事よりも0から創る仕事 アピールしたい対象や売り出す物などによって広告の文言も雰囲気も大きく変わりますよね。 ですから、決まった仕事よりもニーズを考えながら自分のアイデアを0から形にしていくのが好きな人が広告代理店に向いていると言えます。 実際にリクナビNEXTには「決まったものでなく、ニーズに合った企画を提案したい方 」といった人物像を求める求人が掲載されていました。 柔軟性と創造性をアピールできると広告代理店にウケるのです。 第二新卒として広告代理店への転職を成功させる3つのコツ 第二新卒として広告代理店への転職を果たすためには、広告代理店にウケる人物像をアピールする以外にもコツがあります。 第二新卒としての転職を成功させる他のコツもご紹介していきます。 志望動機を明確にしよう 広告代理店に憧れている人は多いです。 業界未経験と言っても、営業業務のなかの創意工夫などは広告業界のクリエイティブ業務ともつながるところがあります。 自分の成功体験や失敗談を混ぜながら広告という仕事に興味を持った理由を丁寧に説明したいですね。 広告業界に強いエージェントを利用しよう 転職の成功を左右するのはなんと言っても利用する転職エージェントです。 それでは広告業界を志望する第二新卒の方はどの転職エージェントを利用すべきなのでしょうか。 おすすめなのは「」と「」の2つです。 リクナビNEXTはなんと言っても好条件な広告業界求人が多く掲載されています。 また、第二新卒に特化したサポートで人気のハタラクティブもおすすめです。 ハタラクティブを運営している会社はデザイナーやエンジニアといった求人を多く取り扱いクリエイティブな業界に強いコネクションがある会社となっています。 つまり、であれば好条件な広告業界求人も、手厚いサポートも期待できるわけです。 ブラックな働き方に注意! 広告業界の一部にはブラックな働きぶりで有名な会社も多いです。 中堅だと特に、依頼の案件が重なってしまい通常の勤務時間では裁ききれずに残業にまわってしまうということもあるようです。 企業からの情報だけでなく口コミサイトなどで実情をしっかりと調べておかないとあとで後悔するという展開もありえるので注意してください。

次の

広告代理店とは?仕事内容や業界についてよく理解し、有利に就活を進めよう

広告代理店 第二新卒

主要駅地下街の広告ジャックも、大手2社の意外なコラボも。 海老名サービスエリアでお店を出店し、話題になった大規模プロジェクトも。 企画営業たった5人の、ちいさな会社が手掛けたプロモーションです。 私達がプロモーションを手伝っているのはBtoCの商材がメイン。 例えばスーパーやドラックストアで見掛けるあの商品や、一度は訪れたことのあるその店舗。 「この商品が欲しい」「あそこに行ってみたい」... 気づかないうちにあなたのココロを動かしていたものの中には、私達のアイデアが含まれているかもしれません。 あなたには商品をヒットさせるプロモーションのアイデアを考えていただきたいのです。 使えるチャネルはテレビ、ラジオ、雑誌、空間デザイン、Web…すべて。 「こんなの実現できないかも」なんて諦める必要はありません。 お客様にベストなソリューションを提供できる環境を整えています。 その中であなたにお任せするのは、課題のヒアリングやプロモーション企画の提案など。 お客様は、BtoCの消費材を取り扱っている企業がメインです。 商品の魅力を人々にどう伝えるかを考え、カタチにしましょう。 ゼロからアイデアを考えます。 コンペは案件によってない場合もあります。 外注する場合は、内容をすり合わせたりアサインします。 そのため、お任せするのは既存クライアントの対応がメイン。 新規活動は合間の時間で行なうイメージです。 担当営業は、大手A社の課題のヒアリングを進める中、もとからお付き合いのあった大手B社とコラボしたらヒットするのではないかとひらめきました。 早速両社に熱を込めて提案したところ、夢のコラボが実現。 商品は狙い通り大ヒットし、その後のプロモーション活動も一任していただきました。 今までの成果が認められ、大型の案件も次々と依頼が舞い込んでくるまでに成長しました。 売上も順調に伸ばしており、設立3年ながら昨年度の売上実績は2億4000万円。 今年度末には3億円、6000万円の利益を出すことが目標です。 当社としては、今後会社の規模を拡大していく中でも、これまでと変わらず質の高いサービスを提供していきたいと考えています。 そのための増員です。 そのため頑張れば頑張る分だけ安定的に稼ぐことができます。 超過分は別途支給します。 決まったマニュアルがあるというわけではなく、少しずつ社長の仕事の引き継ぎをしていくイメージです。 まずは、相性が良さそうなお客様や小さな案件から徐々にお任せする予定なので安心してくださいね。 当社ではさまざまな業種を取り扱っているため、慣れるまで時間がかかるのは当たり前。 焦らずじっくりと学べる環境を整えてお待ちしております。 配属部署 5名の従業員が在籍中です。 年齢層は30~50代と幅が広く、落ち着いた雰囲気。 長年広告代理店業界で活躍している先輩もいるので、企画などの相談も気軽にできる環境です。

次の

第二新卒の転職理由の考え方【転職成功率UP!】|失敗と成功法を解説|シェバノート

広告代理店 第二新卒

ものづくりをしたい人にとって憧れの職業である「広告代理店」。 人気の業界なので、新卒採用でないと入社できないイメージがありますが、第二新卒の採用も積極的に行っています。 中途採用の場合は経験者を重視する傾向にありますが、最近では第二新卒を採用して、新卒同様に教育していく広告代理店が増えているようです。 今回は、第二新卒が広告代理店への転職を成功させるためにおさえておきたいポイントについてご紹介します。 出入りの激しい広告業界では第二新卒が重宝される 広告代理店は人気の業界である反面、辞めていく人も多い業界だといわれています。 そのため、新卒で入社しても短い期間で退職する人が多いため、人手不足に悩む企業は少なくありません。 また、中途採用で未経験の場合、転職はかなり厳しい広告業界ですが、新卒と同じ扱いで教育できる第二新卒に対しては、積極的に採用を行っています。 日本の広告業界を代表する大手企業でも、第二新卒の募集に積極的なので、大手企業への転職も夢ではありません。 広告代理店の種類 広告代理店と一言でいっても、その業務内容はさまざまですが、仕事の内容によって、大きく3つのタイプに分けられます。 総合広告代理店 雑誌やテレビ、インターネットなど、あらゆるメディアの広告を取り扱っているのが総合広告代理店です。 総合広告代理店の子会社として専門広告代理店を構えているところも多く、子会社と連携してさまざまな広告を制作しています。 専門広告代理店 専門広告代理店では、特定の広告の制作を行います。 インターネットや屋外の看板など、特定のメディアに対して広告を制作する企業もあれば、不動産業界などクライアントに特価した専門広告代理店もあります。 ハウスエージェンシー ハウスエージェンシーは、特定されたクライアントの広告を取り扱っている広告代理店のことです。 大手広告代理店の子会社として運営されているケースが多いでしょう。 広告代理店が第二新卒に求める要素とは トレンドに敏感であること、またそうありたいと思っている人 広告代理店では、その時のトレンドに合った広告を制作することが多いため、トレンドに敏感である人や、流行が好きという人を求める傾向が強いです。 面接時の自己アピールでは、トレンドについてのアピールができると、採用につながりやすくなるかもしれません。 心身ともにタフな人 広告代理店には繁忙期や閑散期はほとんどなく、季節や時代に応じた広告を作らなければならないため、常に忙しい企業が多いです。 残業が多くなりがちなので、心身ともにタフであることは強く求められます。 逆に、アフター5を充実させて、土日祝日もきちんと休みたいという人には不向きな業界であるといえるでしょう。 何かを生み出すことに長けている人 広告代理店では、実にたくさんのアイデアを出し合ってさまざまな広告を作っています。 企画などの仕事であれば、いかにニーズに合わせたアイデアをたくさん出せるかがとても重要です。 アイデアを生み出すことが得意な人、苦にならない人は、広告代理店の需要採用要件を満たしていると考えてよいでしょう。 広告代理店からの内定を得るためのコツ 志望動機と退職理由は重要! どの業界にもいえることですが、第二新卒は実務経験が重要視されない分、短期間で仕事を辞めてしまった理由と、その企業に応募する志望動機が重視されます。 特に広告代理店は仕事がハードなので、前職で残業が多かった、ブラック企業だったという退職理由は、広告代理店には通用しません。 前向きでイメージダウンにならない退職理由を説明することが大切です。 また志望動機においても、憧れの職業だから、印象に残る広告を作っていた企業だったから、という内容はアピールとして弱いです。 なぜ広告業界なのか、入社後はどのように企業に貢献できるのかを、理論立てて説明できるように準備しましょう。 働き方を考えた上で第二新卒の転職に挑戦しよう 広告代理店の仕事はとてもやりがいがありますが、その分ハードワークであること、またすぐに希望の仕事ができるとは限らないなどのリスクもあります。 広告代理店の仕事内容や企業体質を深く理解した上で、ここで働きたいと思える企業に応募することが、転職を成功させるポイントです。

次の