アラビア 語 変換。 中東言語の神秘と翻訳~アラビア語編~

アラビア語を学ぼう! アラビア語を学ぶメリット

アラビア 語 変換

アラビア語入門 目次 やっぱりまずは基本中の基本、あいさつから。 アラビア語は右から読みます。 上のことばは、、「こんにちは」という意味の言葉です。 日本語や英語だとあいさつを返す人も同じように「こんにちは」と言えばいいのですが、アラビア語は違います。 あいさつを返すほうの人は といいます。 そのへんの話はまたおいおいするとして、まずはアラビア語の基本をみてみましょう。 アラビア語のアルファベットはぜんぶで28文字から成ります。 それぞれの文字は、単語の頭にくるか、中にくるか、最後にくるかによって、それぞれ形が変わってきます。 まぁ実際は、アリフの語中形と語尾形のように、同じ形をするものがいくつかありますから、ざっと100個くらいでしょうか。 たしかに英語やヨーロッパの言語にくらべれば、覚えないといけないアルファベットの形は多いですが、日本語なんかひらがなとカタカナだけで優に100種類くらいあって、しかも漢字やローマ字も含むという、考えてみれば相当にハードルの高い言語なわけです。 こんな言語を、ふだん私たちは気にとめることもなくスラスラと使ってるわけですから、ヤル気になればアラビア語の文字100種類くらい、チョロいもんだ・・・・・とでも思ってがんばりましょう。 実際、その気になれば2ヶ月もしないうちに文字の読み書きができるようになります。 表1-1 アラビア語の文字一覧 アラビア語には、それぞれの文字の母音をあらわすための、母音記号とよばれるものがあります。 文字の上にある、短い斜め線や "6" を斜めにしたような記号がそれです。 アラビア語の母音記号は、表2のとおりです。 表1-2 母音記号 「え、これだけ??」、と思われた方も多いのではないでしょうか。 そう、ホントにこれだけ、たったの3つなんです。 アラビア語は最も母音の数が少ない言語の一つなのです。 表1-3は、長母音と呼ばれるものです。 といってもなんのことはない、ただ単に母音をのばすだけのこと。 これもまた、右側にバーを使って例を示しておきました。 表1-3 長母音 表1-4は、2重母音と呼ばれるものです。 これもまた同様に、バーを使った例もいっしょに示しておきます。 表1-4 2重母音 表1-5に、タンウィーンと呼ばれる記号を示します。 これらは主に名詞や形容詞の格(主格、所有格、対格)を示すときに使われます。 また、アーのタンウィーンのみ、アリフと同時に使われます。 これまでと同様に、バーを使った例もいっしょに示しておきます。 表1-5 タンウィーン 最後にシャッダ記号とスクーン記号について。 シャッダ記号は、その文字を2回繰り返すところを1文字で表していることを示し、スクーン記号はその文字を子音として発音することを示しています。 これは、「この部分にスィーンが二文字あるところを一文字で表記しているんだぞ」、ということを示しています。 さらにシャッダ記号の上には、この部分をアーと発音することを示す母音記号がついていますから、このスィーンの文字は "ッサ" と発音するわけです。 そのほかにもいくつか発音を決める記号がありますが、それはまた出てきたときに、追々説明することにします。 さてこの母音符号ですが、じつは一般的な文書、たとえば新聞や、テレビの字幕なんかには、これらは出てきません。 日本語を習うときのことを思い出してみましょう。 小学校のころの国語の教科書なんかには、難しい漢字にふり仮名がふってありましたよね。 あれと同じように、アラビア語も初学者にとって読みやすいように、まずは母音記号がついたものから勉強をはじめるのです。 ですからアラビア語圏でも、子供たちの読むものには母音記号がついていますが、大人が読むような文書には、これらはついていないというワケです。 しかしこれにはただ一つだけ例外があります。 それはイスラム教の聖典、コーラン。 イスラム教では、たとえどこの国の人であっても、コーランを原語(=アラビア語)のまま読むことが望ましいとされているために、外国の人にも読みやすいように母音記号がふってあるというわけです。 ちなみに の母音記号を取ると、こうなります。 やっぱりこのままでは読みにくいですよね。。。 一見、ミミズが這ったようにしか見えないアラビア語ですが、英語の筆記体とおなじように、いくつものアルファベットがくっついて、一つの単語になっています。 ただし英語の場合とは違って、アラビア語の文字は単語の先頭にくるか、中にくるか、最後にくるかによって文字の形が違ってきます。 それぞれ、「語頭形」「語中形」「語尾形」とよばれています。 たとえば を一字づつに分解すると、こうなります。 先にあげた、アラビア語アルファベットの「語頭形」「語中形」「語尾形」一覧表と見比べながら、アラビア語のつなげ方、つながり方を理解しましょう。 アラビア文字をおぼえるためには、ジッと眺めてるだけではダメ!ヘタでもなんでもいいから、とにかく見よう見まねで書いて書いて書きまくるのが一番の近道です。 というわけで、さっそく と書いてみましょう。 まず、のアウトラインだけ、右から左に書きます。 次に、母音符号やシャッダ記号を加えます。 同じように、のアウトラインだけを右から左へ書きます。 ここで注意してほしいのが、カーフの上の線!なぜかアウトライン書きの時点では書かないので、注意してください。 アウトラインが書き上がったら、さっきど同じように母音符号とカーフの一部を書き足して、完成です。

次の

英語から アラビア語への翻訳

アラビア 語 変換

日本語をアラビア語に「変換する」とはいいません。 文字(たとえばアラビア文字)を別の文字(たとえばローマ字)に変換するとはいいますが、言語を別の言語にすることは「翻訳する」といいます。 日本語アラビア語のまともな翻訳ソフトはありません。 Google翻訳は、いったん英語に翻訳したものを別言語に翻訳するということをしています。 ネット上の無料の翻訳ソフトは、その言語を知っていて自分で訂正できるくらいの人が、辞書を引くかわりに用いる程度の使い方でしか、使用に堪えるものはありません。 正確なものをお求めでしたら、英語アラビア語の翻訳ソフトなら、かなりましなプロレベルのものがあります。 たとえば、 Amazon(アメリカの)で買える などはどうでしょう。 値段は5800ドルですから、円高なので、送料入れて50万円くらいで買えます。 正確さが必要な仕事などで何度も使うなら、50万は高くないと思います。 プロ用ソフトはこれくらいの値段します。 それでもアラビア語がある程度わかる人間のチェックは必要です。 機械は機械だから。 個人で購入で50万円は高い、あるいはアラビア語がわかる人はいない、というなら、翻訳会社に依頼するのが一番信頼できます。 短いものなら、数万円で済むと思います。

次の

変換 を アラビア語

アラビア 語 変換

アラビア語って? 「アラビア語」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。 アラビアンナイトの世界のような砂漠の夕焼けや、夕陽に映えるモスクを想像されるかもしれません。 あるいは、単に右から左に書くミミズのような文字を思い浮かべるかもしれません。 それらのイメージは大体が正解です。 アラビア語はこのようなアラビア文字で表記され、 右から左へと読みます。 (訳:アラビア語) そして、アラビアンナイトの舞台となった アラビア半島を中心とした中東世界で主に話されている言語です。 日本ではアラビア語を目にする機会が少なく、一般的な大学でも履修できることがほとんどないため、アラビア語をマイナー言語と考えている人も多いかもしれません。 日本では馴染の少ないアラビア語ですが、世界規模で見ると 非常に話者人口の高い言語なのです。 そのため、翻訳の需要も伸び続けています。 アラビア語が話される国・地域 それでは、そのアラビア語、具体的にはどこで話されているのでしょうか? アラビア語を公用語とする国はサウジアラビア、UAE、カタール、イラク、パレスチナ、ヨルダン、イエメンといったいわゆる 中東地域から、エジプト、チュニジア、アルジェリア、モロッコ、スーダンといった 北アフリカにわたります。 ちなみに、イランではペルシャ語が使用されますが、ペルシャ文字はアラビア文字と非常に似通っています。 日本語が北から南にかけて異なる方言で話されているように、アラビア語も 地域によって独特の方言を持ち、場合によっては同じアラビア語話者でも、方言の違いによりほとんど言葉を理解できないことがあるそうです。 例えば、モロッコなどでは、アラビア語より前にこの地方で話されていた ベルベル語と、かつてフランスの植民地となった歴史の経緯で フランス語の影響を色濃く受けた結果、ほか国々や地域とはかけ離れた方言が話されるそうです。 これらのような、 地域によって異なる方言(=話し言葉)は アーンミーヤ と呼ばれます。 口語アラビアと文語アラビア語 では、方言がある以上「アラビア語話者」たちは意思疎通をとることはできないのでしょうか? そんなことはありません。 これまでに方言(口語アラビア語:アーンミーヤ)を紹介しましたが、アーンミーヤの他にもアラビア語には 文語(正規アラビア語)が存在し、この 正規アラビア語がアラブ諸国の共通語となっています。 正規アラビア語は、 フスハーと呼ばれ、新聞や書籍、学術論文やニュースなど、公的な場で使用されます。 フスハーは、イスラム教の古典であるコーランが書かれた言語でもあります。 学校で学ぶアラビア語もフスハーであるため、一般的なアラビア語話者はフスハーを学び、フスハーを理解することができます。 しかし、フスハーはあくまでも「公的な場」で使用される言葉であるため、日常会話ではほとんど使われないそうです。 アラビア語への翻訳をする場合、多くの文書がフスハーへの翻訳になるかと思います。 しかし、マーケティングコンテンツや小説など、場合によってはエジプト方言などの方言が使用されることもあると思います。 アラビア語翻訳を依頼する際には、成果物の使用されるシーンや地域をしっかりと把握することが必要となりそうですね。 アラビア語のみぎひだり さて、アラビア語翻訳の際に気を付けるべきことが話に上がりましたので、もう1点 アラビア語特有の、翻訳(ローカライゼーション)において気を付けるべきこと付け足します。 先ほど「 アラビア語は右から左に読む」と軽く説明しました。 これが大きなポイントです。 英語や日本語と読む方向が逆な場合、 「成果物のレイアウトが左右逆になる」ことに気をつけなければなりません。 実際の例を見てみましょう。 アラブ首長国連邦(UAE)の都市、ドバイ拠点のエミレーツ航空のを見てみると、このような表示になっています。 しかし、を選択すると、このように表示されます。 レイアウトが 左右対称になっているのが、簡単にお分かりいただけると思います。 このように、アラビア語翻訳では、書かれている言語によって レイアウトにまでに大幅な変更が及ぶことを気に留めておいた方がよいでしょう。 意外となじみのあるアラビア語 さて、一見日本ではなじみのなさそうなアラビア語ですが、実は私たちが日常生活で使う言葉の中に潜んでいます。 例えば「アルコール」「アルカリ」「アルゴリズム」といった言葉は アラビア語が起源であると考えられています。 これは、 アラビア語で「アル」は定冠詞(英語でいう「The」)にあたるためでもあり、アラビア語が起源の言葉をなんとなく推測できそうな気がしますね。 このようなアラビア語を起源とする言葉は、科学分野に多いとされています。 これは、現在のイラクの首都、バグダードにかつて存在したアッバース朝の「 知恵の館」に見えるように、 中世から近代の中東は科学面で大きく発展し、西洋諸国に大きな影響を及ぼしたためです。 このように、アラビア語を起源とする言葉はたくさん存在し、私たちの日常生活での頻繁に使われています。 興味のある方はぜひ調べてみると楽しいかもしれません。 美しいアラビア書道 さらに、アラビア語の特色として紹介できるものの一つに「 アラビア書道」があります。 先ほど述べたようにアラビア語はイスラム教の聖典コーランが書かれた言語であり、ムスリムはアラビア語を「アッラー(神)の言葉」であると見なしています。 イスラム教では偶像崇拝が禁止されたことから、コーランの言葉を美しく書く装飾書法が発展しました。 モスクへ行けば、モスクの至る所を彩る美しいアラビア文字を目にすることができます。 こうしてアラビア書道は発展し、アラビア語圏では、コーランの引用でなくても、美しく装飾されたアラビア文字を目にすることができます。 例えば、今ではアジアからヨーロッパに渡航する人の多くが利用する エミレーツ航空のロゴは、アラビア書道で「エミレーツ」を書いたものです。 おわりに いかがでしたでしょうか。 読む方向が異なったり、多くの方言が存在したり、ローカライズになかなか苦戦しそうなアラビア語翻訳ですが、これからさらに需要が増えると見込まれています。 日本では馴染みのないと思われがちなアラビア語やアラビア文字ですが、よく見てみると、実は日本でも目にする機会が多いのです。 そんなアラビア語翻訳を、ぜひとも身近なものととらえていただければ嬉しいです。 KIのサービス ターゲットの地域に合わせた細かい言葉のニュアンス選びやデザインの構築などは、プロフェッショナルな人材のコラボレーションによる人手翻訳に強みを持つ川村インターナショナルにください。 なお、多言語を特集した記事は過去にも掲載していますので、興味のある方がぜひご一読ください。

次の