はいからさんが通る ラリサ。 思わず「若い…!」とつぶやきたくなる「はいからさんが通る」新人公演配役

【宝塚】『はいからさんが通る』あらすじと感想!新生花組の今後は?

はいからさんが通る ラリサ

の許嫁。 帝国華族にして誉ある軍家である「伊集院家」の現時点での跡継ぎ。 普段は笑い上戸で、一旦笑いのスイッチが入り出すと、なかなか収まらない。 両家の祖父母が勝手に決めた許嫁という事で紅緒から反発されているが、一方で彼自身も「軍規を守る帝国軍人」として「流行に浮ついてしまい大日本帝国の婦人としての本分を蔑ろにしている」ハイカラ気質の女性を毛嫌いしていた。 まさに紅緒はその「はいからさん」にどんぴしゃりであったため呆れ果ててしまうが、その一方で紅緒の底知れぬ資質に気付いて「自分の家をぶっ壊して貰う」ために彼女を許嫁として自家に迎え入れる。 と、いうのも、自らの家である伊集院家は華族ではあれども期に鹿児島の片田舎から上って来た祖父が祖母の下に婿に入って盛り立てた家であり、それゆえに薩摩隼人として壮絶な保守派の(男尊女卑にして封建的な)雰囲気が漂う家であった。 そして自らはその家風ゆえに両親と引き離されて祖父母に育てられたという悲しい過去があった。 実は自身の父が海外留学中に、同じく同地に留学していたドイツ貴族のお嬢様と恋に落ちて結ばれ生まれた日独ハーフの血筋を持っている。 整った容姿はそれゆえの事。 両親から引き離されたのは国際結婚を認めなかった伊集院家と先方の家の取り決めによるもの。 さらには忍自身が母親似である事も災いし、本来ならば彼を守るべき父親も失恋の痛手を理由に仕事に逃げて忍の前から姿を消してしまった。 その意味では忍にとっては自家とは、愛憎の入り混じる、複雑な場所であった。 その状況を打破する道を忍は紅緒に求めたのであった。 忍本人は紅緒がいかなる人間であろうとも、彼女が許嫁である事自体には異存は無かった。 というのも、この縁談そのものが彼の祖母が求めたものであったため。 両親がいないに等しい忍にとって、親に代わって自分を世間や伊集院家親族らの奇異の目から守ってくれたのが他ならぬ祖母であった。 そのため忍は誰よりも自らの祖母の事を大事に思っており、その祖母の取り決めに逆らう事など彼にとってはあり得ない事であったのだ。 (が、それを知った紅緒からは「なんつー おばあさまコンプレックス、すなわちババコン!」と どん引かれている) また、一方でハーフの血筋を示す整った容姿は軍人としてはマイナス以外の何物でもなく、伊集院家の血筋ゆえの引き立てはあれども、むしろそれゆえに彼を疎む者も多い。 そして迎え入れた紅緒は忍の目論見通り、いや、目論見を超えて伊集院家の空気に「新しい風」を送り込んでいってくれた。 そして忍は紅緒の「はいからさんである事などまったく関係の無い」かわいげのある姿(人間的魅力)に少しずつ惹かれていき、彼女と互いの気持ちを忌憚なく通わせ合う仲となり、さらには紅緒の義理人情に篤い人格に感化され部下思いの側面が強く出るようになる。 だが、のちに紅緒の酒乱騒動によって軍部における直属の上司の恨みを買い、前述のハーフゆえの差別も相まって、シベリア派兵の最前線へと飛ばされてしまう。 さらには現場の司令官によって自らが預かった部隊を囮として使われてしまい、そして行方不明の部下が出た事を知ったがために部下思いゆえの性質が悪い方向に働いてしまい、その部下を探して雪原の果てへと消えて行ってしまった。 この事により本国では戦死扱いとなってしまう。 しかし、ある出来事により生存が判明し、本国への生還を果たす。 帰国後は近衛隊に配属されるが、紅緒とはすれ違いが続いた。 そして運命のの果てに運命の人と情と絆を確かめ合い、そして震災後に結ばれる事となる。 番外編では子どもが生まれて父親となっている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

少尉の命の恩人ラリサ!紅緒にとっては邪魔な存在だった?

はいからさんが通る ラリサ

『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』(10月19日(金)公開)に、追加キャストとして坂本真綾の出演が決定した。 少尉そっくりの旧ロシア貴族、サーシャ・ミハイロフ侯爵の夫人・ラリサ役を担当する。 『劇場版 はいからさんが通る』は、大和和紀が生んだ大正浪漫少女マンガの金字塔『はいからさんが通る』を、新たなスタッフとキャストによって復活させた劇場版アニメ二部作。 『後編』では原作ラストパートが初めてアニメ化され、愛する少尉との別れを経て、自立した女性へ成長した紅緒を待ち受ける運命が結末まで描かれていく。 このたび出演が発表された坂本は、『後編』から登場する少尉そっくりの旧ロシア貴族、サーシャ・ミハイロフ侯爵の夫人であるラリサ役を担当。 サーシャとともにロシアから亡命してきたラリサは病魔に冒されており、何かを隠しているかのように、紅緒がサーシャに近づくことを警戒する……というキャラクターだ。 左:ラリサ 右:サーシャ 坂本はラリサについて、「だれにも言えない重大な秘密をひとりで抱えています。 自由なマインドを持つ紅緒とは正反対なラリサ。 物語の中では視聴者の皆さんに嫌われる役なのかしら…と思ったんですが、台本を読んで、決して悪人でもなければ意地悪でもない、彼女は彼女で一生懸命に生きているのだと思いました」とコメント。 少尉と瓜二つのサーシャを追う紅緒に対し、それを拒むかのように立ちふさがるラリサはどんな秘密を隠しているのだろうか。 『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』は、10月19日(金)より公開。 C 大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会 《仲瀬 コウタロウ》.

次の

思わず「若い…!」とつぶやきたくなる「はいからさんが通る」新人公演配役

はいからさんが通る ラリサ

坂本真綾演じるラリサ(左)とサーシャ C 大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会 イメージを拡大 大和和紀氏の名作少女漫画をアニメ映画化する2部作「劇場版 はいからさんが通る」の後編「花の東京大ロマン」に、坂本真綾が出演していることがわかった。 少尉と瓜二つのサーシャ・ミハイロフ侯爵の夫人、ラリサを演じている。 1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社刊)に連載された原作漫画「はいからさんが通る」は、おてんばでハイカラな女の子・花村紅緒が、許婚として青年将校・伊集院忍少尉を紹介され、反発しながらも惹かれ合っていく物語。 78年放送のテレビアニメ版をはじめ、実写映画、テレビドラマ3作品など、さまざまなメディアで映像化されてきた。 劇場版2部作の後編では、テレビアニメ版では描かれなかった原作漫画のラストエピソードを初めてアニメ化。 戦地で消息不明になった少尉のことを思い続けている紅緒の前に、少尉そっくりなロシアからの亡命貴族・サーシャが現れ、紅緒は激しく動揺する。 そんななか、次々と衝撃的な事実が明らかになり、さらには歴史的大事件に巻き込まれていく。 坂本演じるラリサは、病魔に侵されているため、彼女のそばには常にサーシャが寄り添っている。 坂本は、そんなラリサについて「誰にも言えない重大な秘密をひとりで抱えています。 自由なマインドを持つ紅緒とは正反対なラリサ。 物語の中では視聴者の皆さんに嫌われる役なのかしら……と思ったんですが、台本を読んで、決して悪人でもなければ意地悪でもない、彼女は彼女で一生懸命に生きているのだと思いました」と語っている。 紅緒役の早見沙織、少尉役の宮野真守をはじめ、櫻井孝宏、中井和哉、梶裕貴、瀬戸麻沙美、坂本らが出演する「劇場版 はいからさんが通る 後編 花の東京大ロマン」は、10月19日から公開予定。

次の