白鵬 休場。 白鵬休場、右手骨折で2週間加療

白鵬 X 休場

白鵬 休場

3日目に敗れた際、白鵬は足を気にしていた 大相撲初場所(東京・両国国技館)で途中休場した横綱白鵬(34=宮城野)に「2020年問題」が浮上だ。 かねて東京五輪が開催されるまでは現役を続けることを公言。 その目標が近づくと、今度は「優勝50回」など五輪後を見据えた新たな目標を打ち出してきた。 角界内でも大きな関心事になっている。 今場所の白鵬は白星スタートを切ったものの、その後は2日連続で金星を配給。 4日目(15日)に日本相撲協会に「腰部挫傷、右踵部裂傷蜂窩織(ほうかしき)炎、今後約2週間の加療を要する見込み」との診断書を提出して途中休場した。 師匠の宮城野親方(62=元幕内竹葉山)によると、2日目(13日)の幕内遠藤(29=追手風)との取組で腰を負傷。 場所前に痛めた右足の傷から菌が入って蜂窩織炎になり、発熱の症状もあるという。 宮城野親方は「ここ何年かは1月場所で優勝していなかったから、本人は優勝したい気持ちが強かった。 (白鵬は)『残念だ』と言っていた」と横綱の無念を代弁した。 昨年は年6場所のうち皆勤は3場所だけ。 今年も最初の場所で休場となり「年も取ってきているし、古傷もある。 (状態が)いい場合もあれば、悪い場合もある。 うまくケガと付き合っていくしかない」と出場を続けることの難しさを指摘した。 かねて白鵬は東京五輪開催までの現役続行を公言してきた。 その目標が現実味を帯びてくると、昨年11月場所で43回目の優勝を達成した直後に「優勝50回」という壮大な新目標を設定。 「五輪が終わったら、目標を失うことが目に見えている。 達成できるかできないかは別にして、大台50回があればモチベーションを持って五輪後もやっていける」と熱弁を振るった。 それだけではない。 年明けには十両豊昇龍(20=立浪)や幕下納谷(20=大嶽)ら現在20歳前後の若手力士が成長することを念頭に「1、2回の対戦で終わるのではなく5、6回対戦して終わる」と来年以降も現役を続ける前提で話している。 今場所直前には今年の目標に「35歳で年間最多勝」をブチ上げた。 そのいずれもが、簡単には達成できないものばかりだ。 今の白鵬の姿は、あえて高いノルマを自らに課すことによって必死に気力を奮い立たせようとしているようにも映る。 白鵬は先場所で優勝したばかり。 いくら周囲が「世代交代」や「限界説」を唱えようとも、すぐに進退問題が浮上する状況ではない。 今後の進退を決めるのは、あくまでも白鵬自身だ。 その大横綱は五輪後を真剣に見据えているのか、それとも…。 今から動向に注目が集まる。

次の

横綱白鵬が初場所休場 「加療2週間」と診断書 :日本経済新聞

白鵬 休場

日本相撲協会は初場所(東京・両国国技館)4日目の15日、横綱白鵬(34=宮城野)の休場を発表した。 2場所連続となる44度目の優勝を目指していた白鵬は、初日こそ白星発進したものの、2日目に遠藤、3日目には妙義龍に敗れ、2日連続で金星を配給。 白鵬にとって2日連続の金星配給は、18年初場所以来2年ぶり2回目だった。 師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)はこの日午前、都内の部屋で報道陣に対応。 「番付発表前にかかとが割れていた。 菌が入り昨日の夜に熱が出た」と蜂窩(ほうか)織炎を発症したと説明。 加えて負けた遠藤戦で、土俵上に強く打ちつけた腰が炎症を起こしているという。 宮城野親方は「本人も頑張りたい気持ちがあった。 年も年で古傷もある。 腰も高くて出足もなかった」と弟子の思いを代弁した。 白鵬の休場は2日目から休場した昨年秋場所以来、2場所ぶり14度目。 4日目の対戦相手、東前頭2枚目北勝富士(27=八角)は不戦勝となる。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 ありがたみかみしめ土俵に上がれ/大ちゃん大分析 []• 大相撲 [7月17日 8:14]• コラム [7月16日 21:32]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• ボクシング [7月16日 11:06]• 大相撲 [7月16日 8:54]• 大相撲 [7月16日 6:02]• 大相撲 ありがたみかみしめ土俵に上がれ/大ちゃん大分析 []• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• 大相撲 [7月16日 6:02]• 大相撲 [7月15日 20:29]• 大相撲 [7月15日 20:29]• 大相撲 [7月15日 19:29]• 大相撲 [7月15日 19:24]• 大相撲 [7月15日 17:41]• プロレス Tiktokで大人気の世志琥が2冠「ついてこい」 []• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• プロレス [7月11日 19:23]• プロレス [7月11日 10:01]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が王座陥落「今後は考えたい」 []• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]• ボクシング [7月12日 15:30]•

次の

【大相撲初場所】白鵬途中休場 角界で心配される東京五輪ロス

白鵬 休場

大相撲初場所14日目の26日、横綱白鵬(33=宮城野)の休場が決まった。 「右膝血腫、左足関節炎で今後約1週間の加療を要する見込み」とのこの日付の診断書を提出した。 白鵬は初日から10連勝と好調だったが、11日目に小結御嶽海、12日目に関脇玉鷲、13日目に関脇貴景勝と、3連敗していた。 白鵬の休場は2場所連続で通算11度目。 14日目の大関豪栄道戦は不戦敗となる。 白鵬は全勝優勝した昨年9月の秋場所後、右膝と右足首を手術し、同11月の九州場所を全休した。 今場所は2場所ぶりの優勝を目指していた。 師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)によると、4日目の前頭北勝富士戦で手術した右膝を再び痛めたという。 同親方は「北勝富士との取組で土俵から落ちた時に脚を打って腫れた。 血抜きして我慢したけど、その翌日に(前頭)錦木とやった時に(左)足首も痛めて我慢しながら出場していた。 昨日(13日目)の取組後、脚を冷やして、部屋で(午後)8時ごろまでマッサージを受けて帰ったけど(午後)11時半ごろに『脚が痛い』『眠れない』と連絡があった」と、休場に至る経緯を説明した。 同親方が千秋楽も出場しないと明言したことで、今場所の優勝の可能性は事実上消滅した。 同親方は「残念だけど仕方ない。 平成最後の国技館での本場所ということで、本人が一番勝ちたかったと思う」と代弁した。 NHK福祉大相撲など、2月の興行に出場するかどうかは未定だという。

次の