辛い 時 言葉。 人生、苦しい時に勇気付けられたイイ言葉

シングルマザー生活で辛い時に聞きたい!励ましの言葉・嬉しい言葉 | SHINGLELIFE

辛い 時 言葉

辛い時の心のメカニズム 辛い時って心のメカニズムが関係しているって知っていますか? 心のメカニズムを知ることで辛い時どうしたら良いか糸口がみつかりますよ。 ストレスを大きく感じるようになっている• ネガティブなことしか考えられない• 冷静になれない では、それぞれの メカニズムを詳しくみていきましょう。 しかし精神的、肉体的に辛い時は些細なストレスであろうと、 大きく感じるようになっています。 そのためいつもなら気にならないことでも、辛い時は無性に気になって仕方なくなります。 例えばいつもなら些細な言い争いも、辛い時はやけになって言い返したりひどい言葉を投げつけてしまうのです。 そして言い過ぎた、どうしてあんなことを…とそのことについてさらにストレスを感じるというスパイラルに陥ります。 普通であれば起こりえないことでも「もしかすると」なんてつい悪いことを考えてしまうのです。 これは辛いと感じている心が精神的に不安な状態になっていて、些細なことでも気になるようになっているからです。 これは心が冷静になれていない証拠で、小さなことでも大きく感じて 不安やストレスを煽るのです。 冷静な状態であれば、頭で順序を考え対応できることでしょう。 しかし冷静になれない状態だと、次に何をしたら良いか、どう対処したら良いか分からなくなるのです。 そのため些細なことでも大変だと感じたり、いつもは気にならないことでも大いに気になるようになってしまい更に心に負担をかけてしまいます。 辛い時期のスピリチュアルな意味 辛い時期のスピリチュアルな意味を知っておくと、少しでも心を軽くすることができます。 辛い時期には以下のようなスピリチュアルな意味があります。 人生の転換期• 試されている• 心や体がSOSを出している• 魂が更なる高みへ登るための試練• 自分自身が疑問を感じている• 心が変化を求めている• 人生の流れが変わる では、それぞれの スピリチュアルな意味を詳しくみていきましょう。 これは辛い時が人生の転換期だからです。 何か大きなことが起きる、自分が変わるなど、これから何か起きることを予感させる時期でもあるのです。 辛い時期は何もいいことがない、もう嫌だと感じさせることばかり起こります。 しかしそれは「これから何か大きなことが起きる」ために、自分に 「準備しておけよ」というサインが辛い時期として出されているといわれています。 よく乗り越えられない試練はない、なんて言いますが、その言葉通りで 辛い時期は乗り越えるために訪れるのです。 自分ならこれくらい乗り越えられるだろうという試練を、自らに課しているともいえるでしょう。 スピリチュアル的に言うのであれば運命に試されていることになりますが、どちらにせよ、乗り越えたときには一回り大きくなった気がするでしょう。 自分では気づきようもない疲れや傷を、心や体がスピリチュアル的に「辛い時期」として発信しているのです。 そのため辛い時期は無理に行動するよりも心や体を休める方が良いとされています。 無暗に動き回ると 心や体が「そうじゃない」としてさらに辛く感じてしまうので、休んで心と体の声に耳を傾けてみましょう。 人生はいくつかのステージに分かれていますが、そのどれもが 魂のレベルに合わせたものとなっています。 そして魂のレベルが一定になると、辛い時期として試練がやってくるのです。 それを乗り越えてやっと魂がレベルアップし、次のステージへと進みます。 辛い時期は魂レベルが上がる時、と考えると捉え方も変わってくるでしょう。 今のままでいいのか、と疑問を感じているからこそ辛く感じるのです。 魂が自分に対し 「疑問を感じている」「今を変えるべきではないのか」というサインを精神的・肉体的な辛さとして表現しているのです。 その疑問に気づき、解決できるかを試されているともいえるでしょう。 辛いのは今の状況に心が満足していない証拠で、それを変えて欲しいと 心がサインを出しているのです。 しかしそのサインに気が付かないと、辛い時期は意味もなく長引いてしまいます。 サインに気づき、自分が変わるときこそ心は変化があったとして無事に辛い時期を終えることができるのです。 辛い時期を乗り越えることで、人生は新たなスタートを切ります。 新たなスタートは新しい流れに乗ることです。 辛い時期が来るのは自分の人生が変わるサインとして受け入れると、辛い時期もなんともないと思えるようになるでしょう。 辛い時の乗り越え方 辛い時って何をしてもダメなように感じてしまいますよね。 そんな時期を早く抜けるためにも、辛い時の乗り越え方を知っておきましょう!• 十分な睡眠をとる• リラックスする• 体を動かす• 自分を褒める• 辛い時期の意味を考える• 音楽を聴く• 趣味に没頭する• 辛いことを書き出す• 日光浴• 何もしない• 自然に触れる• 自分を受け入れる• 誰にでも優しくするのを辞める• 辛いと感じる原因を辞める• 甘えに逃げない• 違う文化に触れてみる• 人にとことん話してみる• 現実を直視する• 時間は限られていることを自覚する• 専門家に相談する では、それぞれの 乗り越え方を詳しくみていきましょう。 辛い時期は無理をするのではなく、体を十分に休めることで早く乗り越えることができます。 体を十分に休めるにはやはり 睡眠が一番です。 ぐっすりと質の良い睡眠を取ると心も体も休まり、辛いことが何でもないように思えてくるでしょう。 強張った心や体をリラックスさせることで、辛いと感じにくくなります。 例えばリラックス効果のあるアロマを焚いたり、ハーブティーを飲むなど簡単なことでもリラックス効果が得られます。 辛い時は 身も心もリラックスできる方法を見つけ、それを実践しましょう。 おすすめなのは ダンスやヨガ、ストレッチなど、人の体の動きを見て真似る運動です。 辛いと感じる出来事よりも、ダンスやヨガなどを真似ようと意識を集中することで余計なことを考えにくくします。 しかしそれではさらに自分がダメなように思えて、辛いに拍車をかけ、負担を増やします。 自分を卑下するのではなく、自分を褒めるようにすることで、 自分に自信をつけることができます。 例えば些細なことでも構わないので、今日は早く起きれた、食事をバランスよく摂ったなど自分を褒めてあげましょう。 自分を肯定することで、辛いことを乗り越えることができます。 しかし何を試練されているかは人によって違います。 そのため、今の辛い時期は どういった意味があるのかをとことん考えてみるのも良いかもしれません。 この辛さは何のためにあるのか、答えが出ずとも意味を考えてみましょう。 辛い時期は心が安らぐような、 聴いていて心地よいと感じる音楽を聴いてみましょう。 好きな音楽で構いませんが、あまりに激しすぎる曲・歌は心が休まりません。 元気づける意味で聴くのは良いですが、体を休めたいときはリラックスできるゆったりとした音楽がおすすめです。 何かに没頭することで余計なことを考えずに済みますし、 趣味だと楽しく感じて辛いことが何でもないように思えてきます。 ここでポイントとなるのは、趣味をするのではなく没頭することです。 時間も忘れて何かに集中することで、人生の楽しさを思い出すことができるでしょう。 自分が何をしたいのか、どうしたいのか糸口を探るためにも、 辛いと感じることを紙に書きだしてみましょう。 紙に書きだすことで自分が何を辛いと感じているのかが分かりますし、その辛いことに対しての対処法も考えることができます。 頭であれこれと考えるより、書き出した方が解決策が見つかりやすいのです。 この幸せホルモンの分泌が多ければ多いほど、幸せを感じやすいのです。 しかし幸せホルモンはただ過ごしているだけでは分泌されません。 幸せホルモンは 十分な日光を体に浴びることで分泌が促されるので、日光浴をしてリラックスをすることも、立派な乗り越え方なのです。 そのため何もせずにぼーっとして過ごすのも一つの乗り越え方ですよ。 ポイントは何も考えないこと。 悪いこと・良いこと含めて何も考えずにぼーっとただ時間が過ぎるのを待つのです。 時間が解決してくれることもあるので、一度すべてを投げ出しぼーっとしてみましょう。 騒がしい日常から離れ、自然豊かな地でゆっくりとした時間を過ごすのも、辛い時を乗り越える術となります。 緑に触れる、動物に触れる、普段はできないことをしてみましょう。 ゆったりとした時間が心の傷を癒し、辛いと感じる心を慰めてくれます。 しかしダメな自分も情けない自分も、すべては同じ「自分」です。 どんな姿であろうと自分には変わりないとして、 ダメな自分も受け入れてあげましょう。 完璧を求める必要はありませんし、誰も完璧ではありません。 肩の力を抜いて、ありのままの自分を受け入れてみましょう。 誰かに優しくあろうとする姿は立派なものですが、 無理をしすぎると単に辛いだけです。 誰かに優しくするのが苦に感じるのであれば、いっそのことそれを辞めてしまいましょう。 いつだって他人に優しくある必要はありません。 無理をしてまで他人に優しくしていると自分だけが疲れますからね。 辛いと感じる原因が分かっているなら、まずは それを辞めてみるのも良いでしょう。 例えば仕事が辛いなら休むなり辞めるなりしてみましょう。 辛いと感じさせる原因を辞めることで、心も体も開放されたような気持になりますよ。 しかし辛い時の乗り越え方に、そうした 「甘え」は捨てましょう。 例えばお酒に溺れたって、体がお酒を欲するようになり逆に辛くなります。 快楽に溺れたって、それが無くなった途端逆に辛くなります。 このようにお酒や快楽といった甘えに逃げたって、根本的な解決には結びつかないのです。 例えば海外旅行に行き、新しい人や国の文化に触れるのです。 新しいことを見聴きすることで、自分は ちっぽけなことで悩んでいたんだと気づきます。 世界はもっと広い、そしてこんな小さなことで悩んでいるのはもったいないと感じるでしょう。 人にとことん辛いこと、どうしたいのかをさらけ出すことで、気持ちがすっきりとします。 ただし愚痴のはけ口を作るのではなく、あくまで 相談という形を取るのです。 愚痴のはけ口を作ってしまうとすぐにそこに逃げたくなってしまうので、相談して活路を見出すことを目的に人に話しましょう。 しかし目を背けたところで現実がすぐに変わるわけではありません。 現実を直視するのはとても怖くて辛いことですが、 敢えて現実を受け入れてみましょう。 嘆いたところで変わらないと心に決心がついたときが、辛い時に終わりを告げるでしょう。 そう、悩んでいるこの時だって、時間はどんどん過ぎ去っていくのです。 人に与えられた時間はごくわずかです。 若かろうが老いていようが、残された時間を考えると 些細なことで悩んでいるのが馬鹿らしくなりませんか? 悩んでいるだけならすぐに解決策を見つけましょう。 ただ悩むだけなんて時間の無駄ですよ。 心のプロに話を聞いてもらったり、心のリハビリをすることで辛い時期を一緒に乗り越えてくれます。 辛いと感じる心をそのままにしておくと、自律神経を乱したりうつ病になることもあります。 そうなる前に 専門家に相談し、どうしたら良いか教えてもらいましょう。 辛い時心の支えとなる格言・名言集 人生が辛い、仕事が辛いなど、辛い時には以下のような格言・名言を思い出してみましょう。 心の支えとなる言葉があるだけでも元気が湧いてきますよ。 必ず」 これはトヨタグループ創設者である豊田佐吉の言葉です。 人生を諦めかけている時に思い出したい言葉で、どんなに現状が苦しいものであっても、 諦めなければ必ず道は開けることを意味しています。 辛い苦しい時はつい物事を諦めてしまいがちですが、諦めずに進んでいけばきっと打開策が見つかります。 下を向きそうになったらこの言葉を思い出しましょう。 人はいつでも近道をして目的にたどり着くための方法を探しています。 しかし簡単な道はとても辛く険しく、またそれでは成長したとはいえません。 今が辛いのは 成熟するための回り道をしている、遠回りで進んでいるということを自覚させる言葉です。 人は辛い時、どうしても立ち止まりたくなりますよね。 しかし立ち止まっているままでは何も始まりません。 孔子はどんなにゆっくりであれ、 止まりさえしなければいいんだよと教えてくれています。 人生はうまいことばかり起これば幸せでしょうか?ということを問いかける言葉ですね。 人生は失敗があってこそ成長するし、失敗がなければそもそも失敗といえるのではないかと考えさせられます。 人生は失敗があるからこそ、 嬉しさや幸福に輝きを与えると気づかせてくれます。 人生が辛い時はどうしても悲観的になりますが、その原因は自分にあり、自分のことばかり考えているからだと指摘してくれる言葉ですね。 辛い時は誰だって「私はなんて不幸なんだ!」と嘆いてしまいますが、よくよく考えれば もっと不幸な人は他にもいるはずです。 悲観的になるのは自分のことしか見えていない、もっと周りをよく見渡せと警告してくれる言葉となっています。

次の

受験に落ちた時に親がかける言葉とは?辛い感情の切り替え方│たけちゃん将棋

辛い 時 言葉

・悩む人は行動しない。 失敗する人は行動するからである。 ・私は思う。 今が一番大事なときだ。 もう一歩! ・この世に道は一つではない。 道は百も千も万もある。 ・ほんとうに正しいことのために戦ったのなら負けても恥じることはない。 ・楽しんでやる苦労は苦痛を癒やすものだ。 ・運は我々から富を奪うことは出来ても勇気を奪うことは出来ない。 ・耐える心に新たな力が湧くものだ。 ・自分を信じているなら行動開始!どんな小さなスタートでもいい。 ・あなたの可能性は常識のレベルで考えているよりはるかに高いところにある。 ・自分の事をこの世の誰とも比べてはいけない。 それは自分自身を侮辱する行為だ。 ・自分で自分をあきらめなければ人生に負けはない。 ・とことん馬鹿になれ恥をかいて恥をかいて本当の自分が見えてくる。 それくらい馬鹿になれ。 ・人生はどちらかだ。 勇気をもって挑むか棒にふるか。 ・失敗したからなんだ?学んでまた挑戦すればいいじゃないか。 ・困難を予期するな。 決しておこらないかも知れないことに悩むな。 常に心に太陽をもて。 ・人を信じよ。 しかし、その百倍も自らを信じよ。 ・名誉を失っても生きていける。 しかし、勇気を失ったら生きている値打ちがない。 ・過去ばかり振り向いてはダメだ。 自分がこれまで何をして誰だったのか受け止めた上でそれを捨てればいい。 これぐらいにしときます。 疲れた寝ます。 ・生まれたときの顔は神が与えてくださったのだ。 それからの顔は自分で作るのだ。 ・本当の競争相手は誰? それは自分自身。 ・必要なのは行動であって結果ではない。 ・持っているだけの人達にも何か良いことがあるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである。 ・結果にこだわると安全な道を選び進歩は止まってしまう。 ・他人の方が優れていたとしてもそれは恥では無い。 去年の自分より優れていないのは立派な恥だ。 ・この世には2種類の人間がいる。 努力する人と人の努力に頼る人。 ・毎日毎日をきっぱりと終了せよ。 あなたは全力を尽くしたのだから。 ・満足は努力の中にあって結果にあるものではない。 ・天分は持って生まれるもの。 才能は引き出すものよ。 ・あきらめないことだ。 一度あきらめると習慣になる。 ・持たなくても良い重い荷物を頼まれもせず一生懸命ぶら下げていないか。 ・人生あまり難しく考えるな。 暗かったら窓を開けろ、光がさしてくる。 ・私は落胆するよりも次の策を考える人間だ。 ・凧が一番高く上がるのは風に向かっている時だ。 風に流されている時ではない。 長文になったので小休憩。 要望あればまだあるよ。

次の

生きるのが辛い孤独から私はこの言葉で救われた

辛い 時 言葉

辛い時の乗り越え方・過ごし方編 辛い時には頭の中がいっぱいいっぱいになっていて他のことをする余裕があまりないかもしれません。 それでも少しでも何かをしてみたいという時におすすめな過ごし方についてです。 運動をする 精神的に辛くなったり参ったりしている場合は、1つの悩みや考え事に深く囚われすぎてしまってそこから抜け出せなくなっていしまっている可能性があります。 軽く走ったり何か好きなスポーツをしたり、あるいは自転車やバイクなどにのって軽くリフレッシュすることは考えすぎて辛い気持ちを軽減することに最適です。 また、スポーツをすることで頭が切り替わり、辛い時には気づけなかったり見えなかったものが見えてきて物事の進展に一役買うこともあるでしょう。 趣味を楽しむ スポーツや運動以外にも何か自分の 好きな物事・趣味に取り組むのも有効な手の1つです。 辛い時は楽しむ気持ちや心が軽くなるような考え方ができずに悪循環に陥りがちですが、趣味や好きなことに少しでも触れてみて気持ちを和らげてみましょう。 楽しむ気持ちが辛い時期を楽しく乗り越えさせてくれる力にもなってくれるはずです。 部屋を掃除する 辛い時期というのは頭の中がモヤモヤしたりゴチャゴチャしてしまい、それが生活環境にも現れていることがあります。 特に部屋の中というのは自分の精神状態を写す鏡のようなものでもあり、部屋の中が散らかっていたり掃除ができていない時は自分の心の中も余裕がなくなって混乱しているかもしれません。 心の中を落ち着けたり整理する意味も含めて、まずは自分の部屋からきれいに片付けてみましょう。 いらないものを捨てたり整理整頓をすることで自分の心の中もきれいに整理されていくことにもつながります。 関連記事: 音楽や映画などの芸術に触れる 好きなことや趣味とも通じますが、 音楽や映画、あるいはもっと幅広く芸術に触れてみることも辛い時期を乗り越える1つのヒントとなるでしょう。 音楽や映画で自分の気持ちを表してくれているものに触れれば少しでも気持ちが和らぎますし、大きな励みにもなります。 他の芸術、例えば絵や美術品に触れることも気持ちを落ち着けてくれる効果がたっぷりあります。 親しい人と過ごす 何か辛いことがあったり、あるいは何かに挑戦していて精神的に辛い状況では親しい友人や家族の存在というものは大きな励みになります。 深い会話をせずとも、日常のなんてことのないようなおしゃべりをするだけでも気持ちが落ち着いて辛さが和らぐことでしょう。 また、共通して楽しめることで遊んだり、食事に行ったりなど、 楽しい時間を少しでも過ごせば辛い時期を乗り越えるためのエネルギーに替えられます。 読書をする 音楽や映画などもそうですが、 読書にも大きな効果があります。 本を通じて先人たちのアドバイスや言葉に触れて勇気に替えてみたり、あるいはフィクションの物語から楽しい気持ちや新しい価値観に触れることも大きな意味を持つことでしょう。 思いっきり泣いてみる 辛い気持ちを抱え込んで外に吐き出せないと余計に辛くなってしまいます。 辛くて泣きそうな時、泣けそうな時は思い切って泣いてみましょう。 泣くことには気持ちや感情をリフレッシュしたりストレスを和らげる大きな効果がありますので、もしたまらなく辛い時は涙を流してみましょう。 関連記事: ノートやメモ帳に気持ちを書き出してみる 親しい人と話したり思いっきり泣いてみる他にも、 自分の気持ちをノートやメモ帳に書き出して表現するということも大きな効果があります。 どのような形でも良いので自分の感情や考えていることを外に出して見るようにしましょう。 ノートに書いたり、あるいはパソコンのメモ帳に軽く吐き出してみるだけでも大きく変わるので、全く外に気持ちを出せていないと感じる場合は気がついた時に書き出すようにしてみましょう。 旅行してみる 辛い時期というのは新しい価値観や自分には知らなかったことに触れる時期ともいえます。 辛い時期を乗り越えるというのは、旅行をして知らない土地や知らない人と出会い新しいものを知っていくことにも近いものがあります。 気分を変えることと同時に、新しい価値観や知らなかったものに触れるために少し旅をしてみることも大きな意味があるでしょう。 景色を眺めてみる 辛い時期は目の前のことにいっぱいいっぱいになってふとした瞬間・空間の美しさや素晴らしさを忘れがちです。 近くに素敵な景色がある場合は少しでもいいので眺めて見ましょう。 海や山、自然の風景は自分の心を勇気づけたり落ち着かせてくれる偉大なものです。 あるいは、身近にあっても素晴らしさに気づけなかった景色を見つけることも辛い時の凝り固まった感覚を和らげる効果があるでしょう。 気の済むまで考え事をしてみる 辛い気持ちを乗り越える時には、辛い気持ちから逃れようとすればするほど気持ちが和らがないこともあります。 そんな時は 気の済むまで辛いこと・辛いと感じていることについて考えてみましょう。 辛くなりすぎたらやめたり泣いたりすれば良いですし、しっかりと辛さを見つめることで辛さとは違った気持ちを見つけるきっかけになることもあるのです。 スポンサーリンク 辛い時の乗り越え方・考え方編 辛い時を乗り越えるために大切な考え方とはいったいどのようなものでしょうか。 行動も大切ですが、考え方を変えたり新しい考え方を知ることで辛い時期を一気に突破するきっかけになることもあります。 辛い時の自分を否定しない 辛い時はいかにして辛い時を乗り越えるか、辛い気持ちを和らげるかという方法に頼り勝ちになります。 もちろん乗り越えたり方法を試すことは大切ですが、その中でも忘れてはならないのが 「辛い時期」というのを否定しなくても良いということです。 今起きている辛いことを否定してしまうことは、自分自身を否定することにもなってしまいます。 自分自身を否定してしまえば余計に辛くなり、状況がさらに悪くなることもあるのです。 辛いことや辛い時期は避けたいと思いますが、それ自体を否定することをあまりしないようにしてみましょう。 関連記事: 何があっても愛されていると自分に伝えよう 辛い時は自分はとても孤独で、誰からも必要とされていない、誰からも愛されていないと感じることがあるかもしれません。 しかし辛いときこそ自分自身に 「 自分は何があっても愛されている」「どんなことがあっても愛される資格がある」ということをしっかりと伝える必要があります。 もちろん親しい人に言葉をかけてもらうことも大切ですが、自分で自分のことを大切にする気持ちが辛い時のみならずあらゆる出来事を乗り越えていく時の自信や勇気となるのです。 自分ならなんとかできるさと言い聞かせる 後ろ向きになったり弱気になったりすることは悪いことではありません。 自分にはできない、辛い気持ちを乗り越えることはできないという気持ちになったらそれを許し、気持ちを変えるための考え方を実践してみましょう。 「自分にはできない」「耐えられない」という気持ちで自分の中が埋め尽くされているなら、新しい価値観を自分に与えてみるのです。 例えば、 「自分になら何やかんやで乗り越えられるだろう」「どんなことがあろうとどっちにしろ自分なら進めるだろう」という気持ちを自分自身に投げかけてみましょう。 思い込みの力というものは偉大なもので、「自分にはできない」という気持ちが強いときには自然と弱気になってしまいますが、 「自分ならなんとかなるだろう」という気持ちを少しでも持てればそれだけでも大きな勇気になるのです。 完璧じゃなくてもよいと考える 辛い時にはいかにしてうまく乗り切るか、完璧に物事をこなすかということを考えることもあるかもしれません。 しかしそういうときこそ 完璧でなくてもよいということを考えてみましょう。 完璧にこなさなくてはならない仕事もあると思いますが、そうでは無い時に常に完璧さを自分に求めることは大変なストレスやプレッシャーとなってしまいます。 適度に力を抜けるところは抜くことを意識してみて、完璧でなくとも良い、完璧に物事をこなせない自分でも大丈夫なんだということを感じてみましょう。 辛い出来事から気づけることを探してみる 全ての物事はたくさんの視点や捉え方を持つことができます。 それがたとえどのような辛い出来事でも同様で、ただ「辛い」という感情を与えるものだけではないのです。 辛い出来事が起きたことで何か自分が新しく知ることができたことはなかったか、何か大切なことに気づけなかったか、 今まで思いもよらなかったことに感謝したり価値観を変えるきっかけにはならなかったか。 辛い時には気づけなくとも、ゆっくり考えてみることでただ「辛い」というだけではなく、大きな意味や感動を知ることができることが含まれているかもしれないのです。 スポンサーリンク まとめ 辛い時というのは誰しも現実や自分を否定したくなったりすることがあります。 現実や自分を否定することをダメなことと思う必要はありませんし、無理に止めようとする必要もありません。 ただ、今起きていることを静かに見つめその出来事が自分に何を教えてくれているのか、何を与えてくれようとしているのか、 「辛い」という感情とともに感じられるものをしっかりと見つめていくことが大切です。 辛い時や辛いことを様々な視点で捉えることができれば、より一層人生を豊かにすることができるようになるでしょう。 スポンサーリンク•

次の