ギフト 券 郵送。 結婚祝いのプレゼントに商品券やギフトカードは避けるべき?

商品券・ギフトカードの送り方。安くて安全、失礼のない配送方法とは。

ギフト 券 郵送

こんにちは、ライターのmarieです。 お祝いやお礼として、 商品券を渡すことがあります。 手渡しできればいいですが、 郵送したいときはどのような方法があるのでしょうか? わたしは1度だけ、現金を郵送したことならあります。 そのときは現金書留を使いました。 商品券も現金と同じような使い方ができますが、厳密に言うと現金ではありません。 現金書留で送らないといけないのか、それとも他の方法でもいいのか悩んでしまいますよね。 他の方法があるとしても、送料や安全性など気になることがたくさんあり、どれが最適なのかもよく分かりません。 そこで今回は商品券を郵送する方法を調べてみました。 安く送るにはどうしたらいいのか、安全な郵送方法は?など、いろいろな面から調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。 内側が便せんになっているので、お祝いやお礼の言葉を書くこともできますね。 通常はがきと同じ全国一律 62円で郵送できますし、全体の重さが25g以内であれば中に物を入れて送ることもできます。 (厚さは1cm以内) ただ25gを超えると「定形外郵便」扱いになってしまいます。 定期外郵便は、安くても 120円かかってしまいます。 その場合は、 定形郵便の方が安くなります。 ちなみに、50g以内なら 92円で送ることができますよ。 茶色の封筒は中身が透けてしまうかもしれないので、盗難被害に遭う可能性が高くなってしまいます。 透けにくい白の封筒がオススメです。 普通郵便の料金+書留の料金で郵送できます。 書留には「簡易書留」と「一般書留」がありますが、 簡易書留は、一般書留より料金が安く310円でつけられます。 郵便物の「引き受け」と「配達」のみを記録し、万が一の賠償額は「原則として5万円までの実損額」となっています。 一般書留は、料金が少し高くなります。 郵送するときに自分で損害賠償要償額を申し出る仕組みなのですが、最高500万円まで設定でき、その額が大きいほど料金も高くなっていきます。 10万円までなら430円。 それ以上は5万円増えるごとに21円の追加料金がかかります。 郵便物の「引き受けから配達までの過程」を記録してくれ、万が一のときは申し出た損害要償額の範囲内で実損額を賠償してくれます。 書留は、郵送したい商品券の金額で使い分けるといいと思います。 発送するときは、ポストに投函ではなく 郵便局窓口で行いましょう。 商品券を宅急便で送っても良いの? 宅急便はお届け日指定ができたり、任意で保険をかけられたりもするので、便利で安全ですよね。 紛失も少なく、きちんと届くイメージもあります。 ですが、 宅急便で商品券を送ることは法律上禁止されています。 「宅急便は有価証券を送ってはいけない」と法律で定められています。 商品券も有価証券にあたるので、宅急便で送ることはできません。 ですが、 似たようなサービスの郵便局のゆうパックなら商品券を郵送することができます。 料金は60サイズ・同じ都道府県内でも 690円と高めになってしまいますが ・一般書留のように、引き受けから配達までの過程を記録 ・申し出た範囲内での実損額を賠償(上限30万円) という特徴があり、安心で安全な郵送方法だと思います。 配達日や配達時間も指定、コンビニから郵送、集荷サービスなどのサービスもあります。 万が一紛失したときのために、ゆうパックラベルの品名欄には、商品券の金額や枚数を具体的に書いておきましょう。 確かに商品券が入っていたという証明になります。 商品券をレターパックで送っても良いの? もう1つ、郵便局の便利なサービスにレターパックというものがあります。 レターパックには、「 レターパックライト」と「 レターパックプラス」の2種類があります。 どちらも4㎏以内の制限があります。 レターパックライト…全国一律360円。 郵便受けに配達。 レターパックプラス…全国一律510円。 対面で配達。 どちらも追跡は可能ですが、紛失や盗難に遭ったときの補償はありません。 追跡サービスもあり、ポスト投函もできるので、わたしもよく利用しています。 料金が全国一律なのもありがたいです。 ですが、商品券を郵送となると、補償が一切ないのは少し不安ですね。 まとめ 商品券は現金書留で送ることはできません。 送れるのは商品券と一緒に現金も同封した場合のみです。 「補償がなくてもいいから安く送りたい!」というときにオススメな方法は、郵便書簡(ミニレター)です。 封筒と便せんが一体となっているので、言葉を添えることもできます。 ただ、重さが25gを超えると定形外郵便扱いになってしまい、料金が高くなってしまいます。 その場合は普通郵便で送った方が安くなります。 盗難防止のため、中身が透けにくい白い封筒を使いましょう。 「心配なので補償ありで送りたい」というときは、書留が便利です。 簡易書留と一般書留があり、補償額によって使い分けることができます。 商品券を宅急便で送ることは法律で禁止されていますが、ゆうパックなら可能です。 宅急便のように配達日時指定やコンビニからの発送ができ、追跡サービスや集荷サービスもあってとても便利です。 レターパックも気軽に利用できて追跡サービスもありますが、補償はないので商品券を郵送するにはちょっと不安かもしれません。 いろいろな方法があることが分かりましたが、あなたにピッタリの方法は見つかりましたでしょうか? 「安く送りたいのか」「安全に送りたいのか」「補償額はいくらか」どれを重視するかで選んでみてくださいね。

次の

出産祝いは『商品券』を!おススメ商品券【ベスト4】と郵送方法

ギフト 券 郵送

Visaギフトカード(カードタイプ)を海外の住所に送ることはできますか?• 申し訳ございませんが、Visaギフトカードは海外の住所にはお送りできません。 お届け先は国内の住所のみとなります。 Visaギフトカード(カードタイプ)を購入しましたが、領収書は発行できますか?• はい、領収書はインターネットで表示・印刷することができます。 Visaギフトカード申し込み時の注文完了メール、または入金確認メールに記載されたURLにアクセスしていただき、表示された領収書を印刷してご利用ください。 三井住友カードが発行するクレジットカードでVisaギフトカード(カードタイプ)を購入するとワールドプレゼントのポイントが貯まりますか?• ワールドプレゼント対象のカードでVisaギフトカードをご購入いただくとワールドプレゼントのポイントが貯まります。 Visaギフトカード(カードタイプ)を21枚以上注文したい場合はどうすればいいですか?• Visaギフトカード専用WEBサイトの「インターネット販売」からのご注文は、1度のご注文でお申し込みいただける枚数は20枚までとなります。 21枚以上お申し込みになる場合は、数回に分けてご注文ください。 法人のお客さまは専用WEBサイトの「企業向けサービス」からご注文いただくと、1度のご注文で21枚以上お申し込みいただけます。 FAXにて承りますので、以下ページより注文書をダウンロードしてお送りください。

次の

結婚祝いのプレゼントに商品券やギフトカードは避けるべき?

ギフト 券 郵送

メリットや発送方法、包み方について。 結婚内祝いで商品券を贈りたい! メリットや発送方法、包み方について。 結婚内祝いに商品券を贈ろうとする方には、以下のようなお悩みが多いのです。 「目上の方に商品券を贈るのは失礼なのかな?」 「商品券って、どうやって郵送すればいいんだろう?」 結婚祝いを頂いた際に、こちらからもお礼の気持ちと、無事に結婚をできたという報告も兼ねて贈るのが、結婚内祝いです。 お祝いを頂いたからには、自分もきちんと相手の喜ぶようなものをお返ししたい。 そう思う方が大半だと思います。 その際に、相手がいらないものを贈っても…。 ならば商品券なんてどうかしら? と思う方も中にはいらっしゃるかと思います。 今回はそんな内祝いとしての商品券についてのご紹介をいたしますよ! 基本的に家にあったものを内祝いに贈るのは、勿体ないですが避けた方が良いです。 商品券の包み方は現金と同じ包み方か、包装箱や、専用の封筒に入れた後に、熨斗紙付の封筒に入れましょう。 商品券を贈る際は一般書留か、簡易書留で送りましょう。 商品券のメリットは、相手が好きな時に好きなものを購入できること。 また、券なので大変コンパクトなところも魅力の一つです。 冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。 家にあった商品券を内祝いに贈る際の包み方。 家にあったとしても、用意されていたものでなければ、贈るのは避けたほうが良いでしょう。 元々家にあった品を内祝いで贈るのは避けたほうが良いでしょう。 商品券を贈る際の包み方は、箱、もしくは現金と同じ熨斗袋を使った包み方でOKです。 5,000円の商品券を箱での包装をしても失礼ではありません。 商品券を購入する際の支払いを、商品券でできるところは少ないでしょう。 家に元々あったものを内祝いで贈るのは勿体ないですが、避け他方が良いでしょう。 私も幾度も「商品券」の贈り物をいただいたことがあります。 商品券は比較的大手の百貨店のようなお店や、有名企業の発行するものと決まっていますので、 自宅にあったモノを、包み直された場合、なんとなく解ります。 商品券の栞や中包みの包装、箱や熨斗、包装紙などのどうしても、細部に違和感が出るからです。 何回も同様のギフトカードを戴くので、よりわかるようになったかもしれません。 専門家ではないので、誤解しているかもしれませんが、かなり正確ではと、いうふうに思っています。 贈り主の方が使われるものを、私に贈っていただいたですから、ありがたいとは思いますが、私自身を軽んじられているような印象を受けないかというと、多少微妙ではあります。 なので、贈り物の使いまわしはあまりおすすめできないと感じざるえません。 商品券の包み方は現金と同じ、もしくは箱での包装で。 デパートで商品券を購入する際は、頼めば箱での包装にしてくれるところも多いですよね。 もしくはギフト用の封筒に入れられ、またそれを熨斗のついた袋にいれられていたりもします。 デパートでの購入の際は、使い方等の冊子も付いているものもあります。 今回はもし自分で商品券を包むとしたら。 というご質問ですが、ここでのご案内では家にあったもの関係なくでお答えいたします。 商品券を贈る際は上司や先生など、目上の方へはなるべく専用の箱に入れた包装をお薦めします。 やはり、きちんとしたところで購入しました。 用意をしましたと、相手の方に感じてもらうことも大切だからです。 気心の知れた友人などの、フランクな関係の方ならば、袋でもよろしいかと思われます。 その際は現金と同じ包み方で大丈夫です。 封筒を使用する場合は現金と同じく、熨斗封筒に包むのが一般的に多いです。 これは、商品券が現金の使い方と似ていることから、現金と同じ様なものと、扱われているからだと思われます。 まずは商品券を奉書紙で中包みし、中袋に入れ、その上から上包みをしてください。 そして水引が別のものであれば水引をかけてください。 最近では封筒に水引が印刷されているものが多いので、その場合は封筒に入れるだけで大丈夫です。 5,000円の商品券に対して、箱の包装でも大げさではありません。 5,000円という金額の商品券を箱での包装にしても、大げさではありませんし、失礼にも当たりません。 むしろきっと、丁寧に包んでくれたなと思っていただけるかと思います。 商品券を贈る際は、時職場の上司やお世話になった方など、目上の方には箱での包装が丁寧なのと、格式が高く見えるので好ましいです。 ですが、目上の方には現金や商品券はあまり贈らないほうが無難かと思われます。 なぜかというと、こちらは好きなものを選べる様にと、好意で贈ったとしても、贈り先様には『生活に困っているんでしょ。 』と言われているみたいと、誤解されてしまうかもしれませんからです。 なので、目上の方に対しては、もし品物を選びきれないのならば商品券ではなく、体験型のギフト券や、カタログギフトなどの、あらかじめある程度の品物や目的が絞られていて、かつ贈り先様に選んでいただける様なものがお勧めです。 ぜひ一度、参考にしてみてはいかがでしょうか? 基本的に商品券の購入の支払いを、商品券でできるところは少ないです。 お店にもよりますが商品券を購入する際の支払いを、商品券でできるところは少ないと思われます。 なぜなら、「商品券を販売するときの手数料」よりも、「使用された商品券を現金化する手数料」の方が高くなるなるからです。 つまり商品券の販売のお支払いを商品券でいただいた場合、赤字になります。 これは、クレジットカードでも同様です。 「商品券」を販売して得られる手数料は 、ほぼ無いに等しいのです。 両替しているのと同じだからです。 (厳密言うと、包装などのサービスも加わるので、販売すればするほど、赤字が大きくなります) 因みに、「全国百貨店共通券」で、「商品券」などは購入できないとホームページには表記されています。 共通商品券は、ご購入いただけない商品等(商品takishin maia. eonet. jp、ギフトカード、印紙、切手、ハガキその他取扱百貨店が指定したもの)もあります。 depart. 結論として、この質問者様のお話ならば、• 元々家にあった品を内祝いで贈るのは避けたほうが良いでしょう。 商品券を贈る際の包み方は、箱、もしくは現金と同じ熨斗袋を使った包み方でOKです。 5,000円の商品券を箱での包装をしても失礼ではありません。 商品券を購入する際の支払いを、商品券でできるところは少ないでしょう。 ですね!! 結婚内祝いで商品券を贈る際の発送方法は書留がベスト• 商品券は書留で送るのがベストかと思われます。 通常郵便物だと保障がつかないので避けた方が良いです。 書留ならば、もし紛失等のトラブルがあっても、実損額を賠償してくれます。 商品券を贈る際は一般書留か、簡易書留で送りましょう。 まずはじめに、商品券は現金と同じような役割は果たしますが、現金ではないので、現金書留を利用することはできません。 なので、商品券を贈る際は一般書留、簡易書留を利用するが良いかと思われます。 この2つの書留の違いは簡単で、一般書留は10万円までの商品券を贈る際の方法で430円かかります。 一方、簡易書留は5万円までの商品券を贈る際の方法で310円かかります。 一般書留は商品券の金額が、10万円からさらに5万円増えるごとに21円の追加手数料がかかりますので、気をつけてくださいね。 商品券は厳密には現金ではない分、通常郵便物としても、取り扱ってはもらえますが、郵送中の紛失等に一切の責任を負ってもらえないです。 なのでもし紛失等のトラブルがあっても、実損額を賠償してくれる書留の方が安心で確実なのでお薦めです。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 商品券は書留で送るのがベストかと思われます。 通常郵便物だと保障がつかないので避けた方が良いです。 書留ならば、もし紛失等のトラブルがあっても、実損額を賠償してくれます。 ですね!! 結婚内祝いに商品券を贈るメリット お祝いの品物やお金をもらった時に、悩むのがお返しの品物選びですよね。 相手に喜んでもらいたいという気持ちもある一方で、もし相手のいらないものを送ってしまったらどうしようと心配になる方もいるかと思います。 そんな時に、商品券やギフト券をお返しの品物としてチョイスする方もいますよね。 商品券のメリットは、相手が好きな時に好きなものを購入できること。 自分で選んでいただける分、確実にいらないものを避けられたり、自分の好みのものを選ぶことができます。 そいういった面から合理的で良いと思ってくださる方も多くいらっしゃいます。 また、券なので大変コンパクトなところも魅力の一つです。 内祝いの品物を持ち込みずらかったり、相手の持ち帰りの際の荷物になるか心配の時ってありますよね。 ですが商品券やギフト券ならコンパクト贈り物なので、その心配もないですので持ち運びの際もとっても便利なところが、魅力的でもありますよ。 商品券を贈る際のデメリット。 先ほどは商品券を内祝いとして贈る際のメリットを紹介しました。 ですがやはり、すべてが良いところというのではないのが少し残念な点です。 商品券を受け取って、合理的で良い。 と思っていただける方もいる一方で、 品物を選ぶ手間を省いた。 自分のことを考えてもらえてない気がして冷たく感じる。 現金を返されたような気持ちになる。 などという意見も多数あります。 商品券を贈る際は相手を選びましょう。 先ほどのメリットやデメリットでも記載したように、商品券に対する考え方は人それぞれなので、一概に良い!! と言うこともできません。 ですが、相手が気の知れた友人や親族等ならば、快く受け取ってくれることが多いでしょうし、贈る側としてもフランクに渡すこともできるでしょう。 ですが、避けた方が無難かと思われる方もいますので、注意してくださいね。 それは上司やお世話になった先生などの目上の方です。 目上の方に商品券や現金を贈ることは、『生活に困っているんでしょ。 』と言われているみたいと、誤解される可能性もあるかもしれません なので、目上の方には商品券や現金を贈ることは避けて、品物を贈るのが良いかと思われます。 どうしても相手の趣味や好みがわからない! 無駄になるようなものを贈りたくない! という場合は、カタログギフトがお薦めです。 カタログギフトならば、ある程度の品物に絞ってありますし、グルメや旅物、女性向けや男性向けとジャンルやターゲットによっても種類は様々です。 それならばきちんと相手のことを考えて選んでもらったと感じてもらうことができそうですよね。 すでに「結婚内祝いで商品券の検討」を経験された先輩の方々のアドバイス 冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。 以下は、 【すでに「結婚内祝い」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。 結婚祝いの内祝いに商品券を贈るのは非常識? 結婚祝いの内祝いは、実用性があるものがいいということで、商品券をお返ししようと考える方がいらっしゃるようです。 しかし商品券は、送る相手によってはマナー違反であると考える方もいらっしゃいます。 そう思われる理由は何かというと、あからさまに金額が分かってしまうということ。 現金をそのまま返されているように感じる人も多いようです。 また、実用的ではあるけれど心がこもっていないように感じ、ギフトとしてはどうなのと考える人もいるようです。 確かにギフトの値段が露骨にわかるのが嫌だという考えも分かりますよね。 しかし、だからといって相手の需要のないものを送っても、迷惑になりそうで難しいです。 これらの問題を解消したいという方が結婚祝いの内祝いに選んでいるのが、カタログギフトです。 カタログギフトは、値段が記載差入れていないので、購入した側には値段が分かっても、贈る相手に値段がばれてしまうことがありません。 なおかつつ、掲載されている商品の数が幅広いので、贈る相手に自分の好みのものを選んでもらうことができて、いらないものを送りつけて迷惑をかけてしまうというリスクも避けることができます。 こう考えるとカタログギフトってお返しにはもってこいですね。 結婚内祝いのマナー 記事一覧•

次の