宿命 意味 髭男。 【Official髭男dism インタビュー】その時々の自分たちのやりたいことを切り取って作っていった

Official髭男dism『宿命』の歌詞から読み解く応援歌の変化について

宿命 意味 髭男

僕が見つめる 景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつもそつなく こなした日々の真ん中 不思議な引力に 逆らえず崩れてく I LOVE…なんて 言いかけてはやめて I LOVE… I LOVE… 何度も 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に 飛び込んで 溶けた絵の具みたいな イレギュラー ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I LOVE その続きを送らせて 見えないもの見て笑う 君のことを 分かれない僕がいる 美しすぎて 目が眩んでしまう 今も劣等感に縛られて 生きている I LOVE… I LOVE… 不格好な結び目 I LOVE… I LOVE… 手探りで見つけて I LOVE YOU LOVE 解いて 絡まって 僕は繰り返してる 何度も レプリカばかりが 飾られた銀河 カーテンで作られた暗闇 嘆く人もいない ねずみ色の街の中で I LOVE その証を抱きしめて 喜びも悲しみも 句読点の無い思いも 完全に分かち合うより 曖昧に悩みながらも 認め合えたなら 重なる愛の中 濁った感情の中 瞬きの僅かその合間に 君がくれたプレゼントは このやけに優しい世界だ イレギュラー ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう こんなに大切な光に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I LOVE その続きを送らせて 受け取り合う僕ら 名前も無い夜が 老けていく 目次• 歌詞考察の前に 大人気 Official髭男dismから新曲 『I LOVE…』MVが2020年1月15日にネット上で公開されました。 動画再生回数は 公開から僅か数時間で40万を超える人気ぶりをみせています。 同曲は TBS 火曜ドラマ 『恋はつづくよどこまでも』主題歌として書き下ろされました(坂本九の名曲のようなタイトルです 笑) ここでドラマあらすじを簡単にご紹介したいと思います。 ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(さくら・ななせ)。 それから5年、彼を追い看護師となった七瀬は、憧れのドクター・天堂浬(てんどう・かいり)とついに再会する。 しかし…天堂は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人だった!超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋にまっすぐな七瀬は、その根性で次々に起こる困難に食らいついていく! そんな七瀬を思わず応援したくなる、見ていて元気が出てくるストーリーだ。 超ドSな医者に必死にくらいつく主人公の様子がコメントからまた予告動画からも伝わってきました。 続いて主題歌についての想い入れや感想をOfficial髭男dismとドラマ関係者がコメントしているのでご紹介します。 リスナーの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聞いていただけたらうれしいです。 不器用ながらも真っ直ぐな歌詞と爽やかなサウンド、そして温かな歌声に思わず身悶えました。 わたしにとって、七瀬を演じるための道しるべです。 こんなにも大きなモチベーションを現場に提供してくださったこと、非常に感謝しております。 そして我々もこの素敵な主題歌に応えられるものをしっかりと作っていけたらと思います。 頑張ります。 その主題歌は、まっすぐで力強く、聴いていると温かい気持ちになるサウンドと歌声を持つ、ヒゲダンさんしかいないと思い、オファーさせていただきました。 打ち合わせの時に、メンバーの皆さんが「絶対にいい曲を作ります!!」とおっしゃってくださり、そしてその宣言通り、本当に素晴らしいラブソングを仕上げてくださいました。 この主題歌とともに、七瀬と天堂のラブストーリーを最高の形で視聴者の皆様にお届けできるよう頑張ります!ぜひ、ご覧ください! Official髭男dism のコメントではドラマ主人公の恋心にリンクしていること、同時にタイトルの愛がさまざまな対象に向けられていることを理解できます。 続く部分には 「リスナーの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聞いていただけたらうれしいです」と語られていましたね。 本記事を色々な立場や年齢の方が読むことを考慮すると、筆者はドラマ主人公や1つの分野に絞らずに考察していきたいと思いました。 それではさっそく気になるタイトルや歌詞に注目していきましょう。 タイトル『I LOVE…』とは タイトルを訳すと 「わたしは愛している」となります。 気になるのは 『…』という部分でしょう。 この部分のヒントになるのは Official髭男dism のコメントにあった 「 恋人同士はもちろんのこと、友人、家族、ペット、同僚、性別など対象を問わない」という部分です。 つまり 『…』の部分には 自分が思い浮かべた愛の対照が 挿入されるということです。 例えば「家族」や「犬」を思い浮かべて『…』に挿入した場合次のようになるでしょう。 『I love my family』 「私は家族を愛している」 『I love dogs』 「私は犬を愛している」 もう1つの考え方として 「繰り返される」「愛が継続していく」という点をあげることができます。 なぜそう言えるかは次のフレーズがその点を裏付けています。 「I LOVE… I LOVE… 何度も」 「I LOVE その続きを送らせて」 上記2つの点は主人公が 対象に向けて愛を繰り返し述べ継続させている様子を印象付けます。 さらに歌詞を考慮すると主人公が 「恥じらい故に愛の対象を口にできない」という点も理解できます。 そうした要素を含みながら主人公の心情や背景を追ってみましょう。 『I LOVE…』歌詞の意味 君で滲んだ日々 僕が見つめる 景色のその中に 君が入ってから 変わり果てた世界は いつもそつなく こなした日々の真ん中 不思議な引力に 逆らえず崩れてく 今回は 1人の男性主人公を主軸に考察を進めていきたいと思います。 「僕」で表現される男性は 「君(コメントを尊重し性別を特定しません)」で表現される大切な人との出会いについて感想を述べています。 君を「恋人」とするなら彼は恋愛感情を抱きすべての時間を彼女のために注いでいくのかもしれません。 また君を「友人」とするなら友情関係を抱き共に夢を語り合ったり同じ目標を持てたことに感謝するかもしれません。 対象がなんであれ彼は 「君」との出会いで日常生活が一変したことでしょう。 「君」の持つ 魅力という「不思議な引力」に逆らえず、時に自分らしさすら崩壊させてしまう彼を容易に想像することができます。 言いきれない愛を何度も… 高まる愛の中 変わる心情の中 燦然と輝く姿は まるで水槽の中に 飛び込んで 溶けた絵の具みたいな イレギュラー ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう こんなに鮮やかな色彩に 普通の事だと とぼける君に言いかけた I LOVE その続きを送らせて 男性は「君」との「愛(恋愛と断定できない)」を育みそれは 高鳴りを感じさせていきます。 それは彼の 心情に大きな影響を与え 「生きがい」や「希望」を抱かせたことでしょう。 「人生でこんなにも輝いている瞬間があっただろうか」と彼は驚嘆したことでしょう。 「君」に出逢う前と後の自分では雲泥の差があったのです。 その点が歌詞の中では 「水槽に溶けた絵の具」で例証されています。 1滴の絵の具は垂らした時は 「涙形」だったかもしれません。 しかし水槽の中で徐々にモクモクと 「煙」のように広がりを見せていきます。 ですから歌詞の例証は 「主人公が君に感化され全く違った自分になった」という意味なのだと解釈しました。 「ひとりじゃ何ひとつ 気づけなかっただろう」というフレーズから男性は 愛に触れる機会が少なく孤独な時期が長かったのだと予想できます。 現に彼は自身の感動を 「初めてのことのように」君に伝えていますが 「普通の事だ」ととぼけながら流されています。 君の照れ隠しとも取れるのですが、君は男性よりも愛を実感した経験が多いように感じます(ここはペットの線から外れてます) 彼は 「I LOVE その続きを送らせて」と勇気を持って君への想いを伝えようと決心しました。 凸凹感情論 見えないもの見て笑う 君のことを 分かれない僕がいる 美しすぎて 目が眩んでしまう 今も劣等感に縛られて 生きている ここでは彼が 君と自分を比較しているところだと思います。 彼は君の 「考え方や心情」という見えないものを見て楽しんでいます。 「どうしてそんなに優しいの」「自分にはわからない」などいろいろなことを考えたでしょう。 続く歌詞は彼の比較が消極的な見方を生じさせたことを綴っています。 「君」が素晴らしく輝いているので 「目が眩む」ように感じています。 彼は 「今も劣等感に縛られて」とあるように君と出会った当初から自分にない魅力に落胆したのでしょう。 彼だけでなく誰しも 素晴らしい人やものへの魅力を感じると同時に、劣等感を抱いてしまうことがあります。 あの人は秀でているが自分は劣っているとくよくよ考えてしまいます。 なんとも複雑な感情です。 2人を結ぶ糸 I LOVE… I LOVE… 不格好な結び目 I LOVE… I LOVE… 手探りで見つけて I LOVE YOU LOVE 解いて 絡まって 僕は繰り返してる 何度も この部分は 「彼と君との関係性」が伝えられているようです。 「結び目」や 「解いて 絡まって」という表現から上記の点を 「糸」で例証していると考えられます。 恋愛における「結び」とは 2人の関係性を指します。 ですから 「不格好な結び目」とは 彼と君の関係が不安定であることを指しているのでしょう。 「手探りで見つけて」とは 彼が君との関係性を日々模索していることを示唆しているようです。 「解いて 絡まって」とは喧嘩などの問題により 2人が距離を取ったり関係がこじれたりすることを指しているのでしょう。 しかしいずれの状況下でも彼は君を自分なりに 「愛したい」と願っているのであり、彼のたゆみない努力は永遠に渡り続けられるのだと理解できます。 2人を繋ぐ 「赤い糸」が綺麗に結ばれるとき彼は君に向けて素直な気持ちで 「対象を含めた愛してる」を口にするに違いありません。。 まとめ いかがだったでしょうか。 相変わらずストレートじゃない物言いとむず痒い状況が筆者をモヤモヤさせました(苦笑) それでもリアル!リアルですよ! 心情も背景も言葉1つ1つが! だいぶ早い段階からペットの線を度外視した考察になってしまい申し訳ありませんでした(汗) 記事の序盤までがんばってたんですけどどうしても「君」が人に思えてしまったのです。。 とても興味があるのでコメント欄で熱く語ってください! 筆者は恋人と友人の2パターンでした。 Official髭男dismの素晴らしい歌声と演奏に愛を感じました。 ここ最近ではめずらしいアッパーなPOPに斬新さを感じつつも、胸打たれる世界観に感激しました。 今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 今日から毎日聴きます。。 頑張って歌います(笑).

次の

【Official髭男dismのおすすめ曲ランキング10選】人気曲だけじゃない!隠れた名曲を見逃すな!

宿命 意味 髭男

変更ができないのですから「宿っている」ということです。 「前提」を変えることができないのですから、生まれたときに、ある程度生きるであろう道のりは決定されています。 男に生まれたのですから、男に従った生き方が自然です。 そうなるような人生がすでに決められています。 宿った命とは、すでに決められていることです。 自分でコントロールすることはできないのです。 一方「運命」とは何でしょうか。 「運ぶ命」と書くように、生きてから自分で経験して、加えていく道のりのことです。 運ぶ命と書くように、自分の力で運び、動かすことが可能です。 自分でコントロールすることができる。 どんな人と出会い、経験をして、どのような学校へいき、どのような仕事をして、どんな人と結婚するのかは、運命です。 自分しだいだからです。 自分からアクションを起こすことで決定され、命をどう運んでいくかを自分で決めることができるからです。

次の

【Official髭男dismのおすすめ曲ランキング10選】人気曲だけじゃない!隠れた名曲を見逃すな!

宿命 意味 髭男

カテゴリ• 心臓からあふれ出した声で 歌うメロディ 振り向いた未来 君から あふれ出した声と 合わさって響いた 群青の空の下 夢じゃない 夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない 嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない 夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの想い 届け! 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを燃やして 暴れ出すだけなんだ 沈黙が続いたイヤフォン 自分の弱さに遠ざかってく未来 「大丈夫」や「頑張れ」って歌詞に 苛立ってしまった そんな夜もあった 夢じゃない 夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない 忘れない 掌の爪痕 無駄じゃない 無駄じゃない それも全て讃えたい もうあと少し 願いの熱さに 汗まみれになったり 期待背負って立って 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー 重なって 照らし合ってくFOREVER 緊張から不安が芽生えて 根を張るみたいに 僕らを支配する そんなものに負けてたまるかと 今 宿命ってやつを燃やして 暴れ出す 届け! 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを燃やして 暴れ出すだけなんだ ただ宿命ってやつをかざして 立ち向かうだけなんだ 目次• はじめに 『宿命』とは2019年7月31日リリースとなるOfficial髭男dism新ナンバーです。 同年6月15日に34秒のTeaserMVが公開されました。 この短い映像に対して既に1,000件を超えるファンからのコメントが寄せられて いたことに筆者は驚嘆しました。 中には「開始1秒から最高」という声もありファンの根強さが把握できました。 動画再生回数は現在100万を超え大人気となっています。 「甲子園」タイアップという点が公開されている歌詞の中で意識されているこ とが理解できます。 MVのロケ地は未だ公開されていません。 しかし筆者の独断と思いつきから今回のロケ地は「ニューヨーク」なのではな いかと思いました。 理由は有名アーティストNissyさんの名曲「Addicted」のMVでも登場する建物 を観察することができるからです。 決め手となるのは「Contract Packers. Inc」と表記されている会社です。 今作MVにも左側奥にチラッと見えますね(筆者には見えました 笑) 曲調は映画の予告のようなSEで始まりサックスをメインに構成されたアッパー チューンとなっています。 辛い時に背中を押してくれるような力強さと、信念が折れないように包み込んで くれる優しさの両面を感じるナンバーでした。 それではさっそく歌詞の考察を始めていくことにしましょう。 タイトル『宿命』とは 『宿命』には「すでに決まっているもの。 避けることも変えることもできない運 命的なもの」という意味があります。 今作が「甲子園」を意識して作成された点から考えてみましょう。 「野球選手になる宿命」「宿命のライバル」という意味が込められていることに 間違いはないでしょう。 上記の2つを強く意識しない選手は一人もいないように思います。 それぞれが宿命の炎を熱く滾らせ練習や試合に打ち込んでいるのです。 宿命にはそのような複合的な意味が含まれていると解釈できます。 何を届けたいのでしょうか。 野球選手の観点で考えれば自分たちの「練習の成果」 すなわち「実力」のことを指すかもしれません。 また「夢に届け」という解釈もできます。 「奇跡じゃない」というのは「偶然やマグレ」という 不確定要素ではないという点を強調しているのでしょ う。 野球選手一人一人は多くの時間を練習に捧げてきまし た。 確かな要素に基づいて「届け!」との想いを叫んでい るのです。 ベンチや客席から応援する側としても考えてみましょう。 「声援」「応援歌」「楽器が奏でるメロディ」それらが 野球選手たちに届くよう必死なのではないでしょうか。 このようにさまざまな立場また観点からの「届け!」と いう声であると理解できますね。 「切れないバッテリー」には2つの意味が併合して含ま れていると筆者は読み解きました。 1つめは「充電池」という意味での「バッテリー」です。 今まで練習で培い充電してきた自分の体力が試合中に切 れないよう願っているのだと思います。 また「勝ちたい!」という絶えない強い意志も感じます。 2つめは野球における「バッテリー」の意味です。 野球においては「投手(ピッチャー)と捕手(キャッチャ ー)」を指して用いられています。 野球における投手と捕手の信頼関係は比類の無いものです。 両方が首を縦に振った時にのみ「投球」という行動が取ら れる点にも信頼関係を見て取ることができます。 よって両者の「切れない信頼関係」とも解釈できますね。 そして試合に出場した者すべての胸に燃え滾る宿命の炎を 誰も消すことはできません。 応援するものも声限りに激励しその炎に油を注いでいきま す。 両チームの宿命の炎が燃え上がるのが甲子園の特徴であり 醍醐味なのです。 僕と君から溢れ出した声 夢じゃない 夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない 嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない 夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの想い 届け! 選手一人一人は甲子園に向けて猛練習してきました。 練習の日々は辛く監督に厳しくされ涙の足跡を作って きたに違いありません。 時にはこれらすべてが現実なのかと思う時もあります。 試合に負けた時、なにかの拍子に挫折感を味わった時 に今までのすべては「夢」や「嘘」なのだと思えたこ ともあったに違いありません。 それでも今までの足跡すべて、そして胸に抱く彼らの 「想い」は確かなものでありノンフィクションなので す。 今彼らは宿命を背負ってグラウンドに両足でしっかり 立っているのです。 まとめ 夏の蝉が多種多様な音色で騒ぎ出せば「甲子園」がやってきます。 汗と泥にまみれた野球選手たちでテレビは埋め尽くされます。 青春のほとんどを野球に捧げた忠誠心、そして笑顔と涙が多くの 観客と視聴者を魅了してきました。 今年も盛大に盛り上がるに違いありませんね。 筆者は個人的に「プロ野球」より「甲子園」の方が好みです。 理由は「ミスが多く見られ、試合の優勢が容易に逆転する」から です。 余裕のない懸命さがいつも胸を打ちます(プロはプロで好き) Official髭男dismの胸を熱くさせる作品に本当に感謝します。 次回作と今後の活動にも期待し注目していきたいと思います。 有難うございました。

次の