うつ病 治る 兆候。 あなたは大丈夫?うつ再発の兆候チェックポイント13個

努力では治せない老年期うつ病は身体治療が必要です【名医に聞く健康の秘訣】

うつ病 治る 兆候

スコッチ 35歳 男性 会社員 気分の落ち込み 現在、35歳の会社員です。 今から3年ほど前に躁うつ病にかかりました。 現在症状は治まっていますが、いつ再発がくるかわからないため、注意しながら日々を過ごしています。 そんな私の経験が少しでも参考になればと思い、振り返ってみることにしました。 3年前、32歳だった私はとても仕事に対して意欲的に取り組んでいました。 夜遅くまで残業して睡眠時間が少なくても全然問題なくやれていました。 また残業の無い日は同僚や部下と一緒に夜遅くまでよく飲みに行ってもいました。 あの頃はすごく調子がいいと思っていましたが、今から思えば、ややいきすぎていたのかもしれません。 それからしばらくすると、朝起きるのが辛くなったり、疲れがなかなかとれなくなったり、気力も低下していきました。 車で言えばガソリンが切れたみたいな感じでしょうか。 仕事も楽しくなくなり、憂うつになり、遅刻や欠勤が増えていきました。 それでも会社に迷惑を掛けるわけにはいかないと頑張っていました。 そんな日が1か月ほど続いたとき、妻が心配して「一度診てもらったら」と言ってくれたので、自宅近くの精神科クリニックに行くと、先生から「うつ病」と言われました。 そして、抗うつ薬と安定薬と睡眠薬を処方してもらい経過観察をすることになりました。 会社を休むことにはまだ抵抗感があったため、会社に事情を説明し、仕事量の調整や負担や責任の少ない仕事にしてもらいました。 薬の調整をしながらなんとか仕事をしていましたが、周りに対して自分だけさぼっているようで申し訳ないと毎日思っていました。 そんな時に妻から「休むのも仕事」と言われ、思い切って休職することにしました。 うつ病ではなかった! 仕事を休職してから2か月が経ち、気分もだいぶ落ち着いていきました。 クリニックも定期的に通い、薬も若干減りました。 医師からは、生活リズムを整えることを言われていたため、少しずつではありますが家事の手伝いをしました。 妻も仕事をしているため、「楽できるわ。 ありがとう」と言われたとき、本当なら一刻も早く会社に復帰しなければならない身分ですが、正直嬉しかったです。 そして、さらに1か月が経ち、医師と会社の上司と相談して復職に向けて動き始めました。 最初はなるべく単純な作業や勤務時間を制限しての仕事から始めて、少しずつ勤務を延ばし仕事もちょっとずつ責任ある仕事ができるようになりました。 復職から2か月ほど経った時でした。 状態もかなりうつ病前に戻ったように感じられ、やる気と調子も湧いてきました。 そんな時に同僚と仕事終わりに久しぶりに飲みに行きました。 お酒を飲んで気分が良くなった私は、たまたま肩がぶつかった男性と口論の末喧嘩となり、結果、警察のお世話になってしまいました。 幸い相手側も酔っていたため、お互い注意で終わりましたが、後から同僚に聞くと、少し前から会社でもちょっとおかしいと思っていたそうです。 私としては、まったく普通のつもりで、むしろ調子がいいとさえ思っていました。 妻にも強く言われたため、次回の診察の時に医師にそのことを話したところ、今までにも同じような気分になったことはないか、自分の家族はどうかなど、以前にも聞かれましたが、さらに詳しく聞かれました。 そして医師から「躁うつ病かもしれないね」と言われました。 躁うつ病とのお付き合い 躁うつ病と新たに診断されてから、躁うつ病用の治療に変わりました。 しばらくして、やや気分が抑えられている感じがしてきました。 妻も会社の人たちも普通になったと言ってきましたが、私としては、もう少し気分が高揚しているほうが調子がいいのにな、というのが本音でした。 それでも、だんだん自分自身を振り返りながら、自分が今どんな状態かを知ることができました。 具体的には、医師の指示のもと、生活リズムを整えるために、睡眠の時間と時刻、そしてその日の気分を私と妻と両方の視点から記録しました。 その後、何度かうつ状態や躁状態を繰り返しましたが、薬でうまくコントロールしながら何とか仕事を続け、病気になってから約2年後、治療終結となりました。 治療が終結して1年ほど経ちますが、今のところ再発はありません。 ネットで調べてみたり、医師にこの病気について聞いたりしましたが、私の症状は割と軽いほうだったのではないかと思います(症状の重い人の中には、1日に何十万もお金を使ったり、犯罪レベルのことをしたりする人もいるのだとか)。 また、今回特に大きかったのは、妻の支えはもちろんですが、会社側の理解が大きかったことだと思います。 今のようなご時勢ではなかなか休職に対して理解が難しい世の中ですが、私の会社は理解してくれ、とても感謝です(その当時の時勢は現在よりまだマシだったこともありますが・・・)。 これから、再発というリスクを抱えながらの人生になりますが、焦らずじっくりやっていきたいと思います。

次の

うつ病は再発すると重症化する?再発を防ぐためのヒントとは

うつ病 治る 兆候

大体期間は、6週間から12週間で、この期間は薬の効き目や、身体に合った薬を体に合わせて行く期間で、吐き気、めまい、ふらつきなどの副作用が出やすいのもこの時期です。 副作用が強く出るのは最初のころだけなので、あまりひどくなければそのまま服用を続けますが、余りにひどい場合は医師と相談して違う薬を服用して慣らしていくようにします。 この時期は、今までの状態がゆっくりと収まり、少しずつ良くなっている気がしたり、不安になったりの繰り返しですが、少しづつ安定していくので、安定しだしたら次の段階へ進みます。 うつ病の人が治ったと思ってしまうのがこの辺で、実は安定しだしただけなので、自分の判断で薬の服用などを止めたり、通院しなくなると、 症状がリバウンドで戻ってしまうので注意です。 うつ病が安定してくるの4か月から9か月の症状 良くなってくると今度はこの状態を維持するようにしていきます。 人気記事• こんにちは!うっちーです。 えー今回は「雇用保険(失業保険)の離職理由コード」です。 雇用保険(失業保険)... うつ病になったとき最初に感じるのは、顔の表情、特に笑うのが辛くなったということです。 心から笑えない、楽... 失業保険を受け取っている間、旦那さんの扶養に入ることは可能なのでしょうか? 扶養に入ることでメリットは様... こんにちは!うっちーです。 そこで の3つに絞って書いていきたいと思います。 ・ブラック企業にいてうつ病」になりそう ・やっぱりこの職場ちょっとおかしい、あぶない ・本当にスト... えー今回は「雇用保険(失業保険)で得するもらい方|特定受給資格者と特定理由離職者」です。 うっちーです。... うつ病で治ってきたなっていう兆候はいつどんな時に起こるのか? それと気を付けなければならないのは、「うつ... 会社を退職して失業状態になった時に、雇用保険と同時に国民年金に加入しなければなりません。 会社に勤めてい... 再就職手当とはどういったでしょうか?雇用保険(失業手当)受ける資格がある人が安定した職業についた場合に支給され... 本人が「もう働ける、復帰できる」と感じても、周りからすると「まだ早いんじゃないか」と思う「うつ病」の人がいます... 離職票が届かない状態で仮申請するための手順はどうするの? 離職票が届かない状態で仮申請するための注意点... Web 制作の勉強を始めたのは 2009年メニエールを発症した時に、2週間休職していた間、家でパソコンを触って... こんにちは!うっちーです。 えー今回は「離職票の退職理由に異議あり!何故か自己都合退職だった時の変更方法」です。... このページでうつ状態になった時、もしくは「うつ病」になってしまった時、どうして体に力が入らなくなったり、体がだ... こんにちは!うっちーです。 うつ病かもしれないと思った時に をご説明していきたいと思います... こんにちは!うっちーです。 えー今回は「失業保険を不正受給してバレるとどうなる?」です。 失業保険の不正受... と思っている方に、そうした病院を探していくことでのデメリットをご説明します。 仕事の悩みとして一番多いのが、転職や移動など新しい環境に移った時の人間関係だと思います。 中でも上司か... 月5万円を稼ぐ方法は「独学でWeb制作初心者が月5万円稼げるようになるまでにした勉強法」に書きましたが、今回は... と思う時ありますよね。 今回は、周りから見て明らかに行動が変だったり、様子がおかしい、もしかして...

次の

軽症のうつ病の症状とチェック方法、基本的な治療、効果的なセルフケアを紹介

うつ病 治る 兆候

うつ病の治療中に心がけることはありますか? 症状がよくなったり・悪くなったり(一進一退)することもありますが、あせらないことが大事です。 症状の変動に一喜一憂しない、病気と気長につきあう うつ病の治療を始めても、完全に治るまでに最短でも3ヵ月程度はかかるといわれています。 また治療中、ほとんどの人は症状がよくなったり、悪くなったりという、一進一退の状態を繰り返しながら、非常にゆっくりとしたペースで回復に向かっていきます。 このため、治療の途中で調子が悪くなっても悲観する必要はありません。 また逆に調子がよくなったからといって、急に頑張り過ぎるということもよくありません。 うつ病は治るまでに時間がかかる病気です。 あせらずじっくり治療に取り組みましょう。 絶対に自殺をしない うつ病になると「死にたい」「消えてなくなってしまいたい」という気持ちが強くなることがあります。 うつ病という病気が人をそのような気持ちにさせるのです。 このため、うつ病が回復すると「死ななくてよかった」という気持ちに変わります。 したがって、絶対に自殺をしないでください。 回復するまでは人生の大決断(例えば退職など)をしない うつ状態・うつ病になると、判断能力も含めてあらゆる機能・能力が低下します。 また不安な気持ちが強くなって悲観的な考えから抜け出せなくなるため、いくら考えても進むべき正しい道が見出せなくなります。 うつ病の時は本来の自分ではない状態なのです。 このような時に人生の上での大きな決断をしてはいけません。 うつ病の時にはできないと思うことでも、回復すればできるようになることが多いものです。 うつ病の時の悩み事はいったん棚上げにして、回復してから考えるようにしましょう。

次の