バドミントン スマッシュ コツ。 バドミントン上達法!上手くなるためのコツと7つの方法【初心者向け】

バドミントンのコツ 〜スマッシュ編〜

バドミントン スマッシュ コツ

初心者の方には特に、バドミントンをできるだけ早く上達してほしいからこそ伝えたい内容があります。 上達のコツの中には、今まであなたが練習してきたことやトレーニング方法とは違ったものもあります。 中には上達しないのではないかと疑うものもあるかもしれません。 しかし、ここは初心者から中級・上級者に上達するためのトレーニングと認識していただき、ぜひ実践してほしいと思います。 最初の上達ポイントでつまずいてしまうと、バドミントンが上達しないまま初心者止まりで終わってしまい、バドミントンの本当の楽しさを知らないまま終わってしまうかもしれません。 それでは、初心者の方へ上達の近道と言える7つの方法をご紹介します。 上達するためのトレーニングのコツは、持久力をあげることと体幹を意識した筋トレを実践することです。 初心者の方にはバドミントンとかけ離れたことのように感じられるかもしれません。 しかし、バドミントンを本当に上達したいのであれば、トレーニングなくして練習はできません。 トレーニングの内容については、それぞれの方の身体についた筋肉によって変わってきますが、トレーニングということ自体はバドミントンの練習に欠かせないものとして意識しましょう。 トレーニングしないで突然バドミントンのラケットを振るという習慣は、上達を妨げるので絶対にやめるようにしましょう。 ここでは、スポーツの基礎として大事な、体幹のを鍛える方法をインプットしましょう。 体幹とは身体の軸になる部分で、様々な動作をこなす上で必須となり、基礎動作のベースとなる筋肉となりますので鍛えておいて損はありません。

次の

【バドミントンダブルス】スマッシュをドライブレシーブするコツ【ラケット面をかぶせるのがポイント】

バドミントン スマッシュ コツ

ショットだけでなくその次の動作まで影響が出るのは痛い、、、 体重移動といっていますが、動作としては至極簡単で• ラケットを持っている側の足で後方へステップ• シャトルを自身のカラダの上でとらえる• 打つと同時に空中で足を入れ替える• ラケットを持っている側の足を前に踏み出す。 が一連の流れになります。 この時の体重移動を意識しましょう。 分かりにくい場合は、ラケットを使わずにこの体重移動のみで体に覚えさせ、徐々にラケットを振りながら行えればOKです。 肩~手首までの連動 スマッシュを打つ際に大切になる「腕」の動き。 正確には背骨から手先まで連動して ひねりの動きが入りながら ラケットを振っていくのですが 特に意識するのが肩甲骨になります。 スポンサーリンク コース選択・角度・強弱 個人的にはグリップの握り込みよりも重要なコースや角度・スマッシュの強弱。 コースの選択については• ストレート• 両サイド• クロス がありますが、基本的には相手のいない空いているコースか、相手のボディを狙うようなコースを狙うのがスタンダード。 高身長の相手や、試合の中でボディにスマッシュを打ってみて反応を見てから、有効な相手にはボディーを積極的に狙っていきましょう。 加えてスマッシュの角度ですがこれに関しては打点と手首がポイント。 スマッシュは角度・コース・速度が良ければより良いスマッシュになりますが、場合によっては速度よりも角度をつけて相手を揺さぶることも効果的になります。 その為、角度をつけるスマッシュを打つ際にはいつもよりも打点の高さを意識し、手首のスナップを効かせ、打ち落とすようなイメージでシャトルをとらえましょう。 スマッシュの強弱も角度やコース選択に通ずる部分がありますが、速度や重さを旨とするパワーショットを打つだけではなく、角度とコースを旨としたスピーディーなスマッシュを交えることで、スマッシュ一つにも緩急がつくので相手が反応しづらくなります。 ジャンピングスマッシュやカットスマッシュを打てる方がカッコ良いですが、カッコ良さだけでは試合に勝てませんので、通常のスマッシュの精度を上げることで着実に強くなっていきましょう。 まとめ スマッシュの打ち方について初心者向けにポイントをお伝えしてきました。 この記事ではスマッシュの速度や重さ・角度やコース等を分けて説明しましたが、場合によっては力任せのスマッシュが適している場合もあります。 甘いロブを打ち込む場合やダブルスでの一場面で打つ場合もあるので、決して力任せが間違いではない。 というのは頭に入れておいてください。 そこを頭に入れた上でスマッシュを打つ際のポイントを再度確認し、自身にプレーに反映させていきましょう。

次の

バトミントンスマッシュの打ち方とコツとフォームのポイント!

バドミントン スマッシュ コツ

いろんな選手のスマッシュシーンが見れ、スロー再生されている場面のあるので参考になると思います。 これほどいろんな試合のスマッシュシーンを集めるのはすごいですね。 スマッシュの練習方法 ノックでスマッシュを打ち込む スマッシュの練習方法は手投げノックで打ち込み練習をやるといいですね。 僕の練習方法と違いますが基本的に一緒なので、こちらのツイッター動画を参考にすると思います。 あとはラリーでもスマッシュを打ち込むような練習をするといいですね。 まったくの初心者の場合はTAGOKENのスマッシュの極意の動画を参考にして練習するといいと思います。 しっかり足の入れ替えのフットワークの練習とシャトル投げも、スマッシュのフォームづくりにいい練習ですね。 まとめ 今回は「【バドミントン】スマッシュの打ち方のコツまとめ【トップ選手のフォームを見て学ぶ動画集】」というタイトルで書きました。 スマッシュを速くするコツはフォームとパワーを身につけるために、繰り返しスマッシュの打ち込み練習することですね。 スマッシュフォームは練習して磨いていくだけでなくトップ選手の打ち方を見て学ぶことも重要になります。 人にはミラーニューロンという他人の行動を目で見て、自分自身も同じ行動をとっているかのように、脳内で反応する細胞があるらしいです。 (僕みたいにおっさんになると能力が低くなるみたいです。 ) トップ選手のスマッシュフォームを動画を見ることで、自分がスマッシュを打つイメージも作れ練習になりますね。 スマッシュを練習するときは「 足のタメ」「 体のねじりと回転運動」「 リストスタンド」「 肘のゼロポジション」「 回内動作」「 シャトルを体の前で捉える」をしっかり意識しながら練習すると上達が早くなります。 残る最後のスマッシュのコツは… ひたすらスマッシュ練習.

次の