妊娠検査薬使い方。 妊娠検査薬の使い方や失敗しないためのコツは?いつから判定できるの?

【妊娠検査薬の本当に正しい使い方】誤診・失敗しないためのコツは?

妊娠検査薬使い方

妊娠検査薬とは? 妊娠検査薬とは、妊娠しているかどうかを調べるための試薬のことを言います。 妊娠検査薬が市場に出回るまではつわりなどの妊娠初期症状が出現してから産婦人科を受診し、そこで初めて妊娠を知る人がほとんどでした。 しかし、妊娠検査薬が市販されるようになり、自分で妊娠しているかどうか調べてから産婦人科を受診する人が多くなってきています。 近年の妊娠検査薬は精度が非常に高く、比較的早い時期の妊娠もチェックすることが可能と言われています。 一般用妊娠検査薬が認可・発売されるようになったのは、1990年代です。 これ以降急速に普及し、多くの人が利用するようになりました。 使用頻度は人によって異なりますが、タイミング的には基本的に月に一度、検査が可能になった日の前後に使います。 妊娠するまで毎月継続的に使用する人もいます。 妊娠検査薬の仕組み 精子と卵子が卵管で受精し、数日かけて子宮内に移動した後、受精卵が子宮内膜に着床すると、妊娠が成立します。 受精卵が着床し、胎盤がつくられ始めるのと同時にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されるようになります。 hCGは、受精卵の着床後(妊娠2~3週ごろ)に分泌されはじめ、徐々に増え、そして妊娠11~12週ごろに最も分泌されます。 hCGは分泌が増加するとともに、尿の中にも排出されるようになります。 妊娠検査薬の精度 妊娠検査薬はとても簡単な方法で検査できるので、今まで使ったことがない人でも使えると言われていますが、本当に正しく検査ができるのか不安を感じる人もいるかもしれません。 早い時期に調べれば調べるほど尿中のhCGの量が少ないので、検査の精度にも違いが出てくるのです。 妊娠検査薬は取り扱い説明書に書いてあるとおりに 正しく検査をおこなわなければ、間違った結果が出る可能性もあります。 妊娠しているかどうか早く知りたいからといって慌てて検査したり、検査の方法を守らなかったりすると、正しい結果を得ることができません。 最初に取り扱い説明書をしっかり読み、書かれているとおりに手順に沿って検査するようにしましょう。 妊娠検査薬の使い方は? 妊娠検査薬はスティックのような形をしているものが一般的です。 このスティックの一方のキャップが外れるようになっているので、 キャップを外して直接尿をかけます。 スティックに直接尿をかけるのではなく、紙コップに尿を採り、スティックを浸してもかまいません。 「終了」という窓があって、尿を正しくかけ終わるとマークが出るタイプのものもあります。 尿をかけ終わったら再びキャップをし、平らなところにしばらく置いて反応が出てくるのを待ちます。 海外製の早期妊娠検査薬には紙タイプのものもありますが、日本製の早期妊娠検査薬は、一般的な妊娠検査薬と同じスティックタイプです。 早期妊娠検査薬も尿をかけて一定時間置き、反応を待つという手順は一般的な妊娠検査薬と変わりません。 判定が出る時間もほぼ同じです。 しかし、どのメーカーもhCGの検出精度が99%以上とうたっていることから大きな差はないと考えられます。 ですので、 使いやすさや判定の見やすさ、コスパなどから選ぶとよいのではないでしょうか。 価格については、1本入りのものより2本入りの方が割安となっていますので、妊活中の方や生理不順の方などは複数本入っているものを選ぶとよいでしょう。

次の

妊娠検査薬の使い方や失敗しないためのコツは?いつから判定できるの?

妊娠検査薬使い方

妊娠そろそろしたいなと思い、本格的に子作りを始めて早3ヶ月。 基礎体温は欠かさず毎日つけているのですが、イマイチ排卵日が読めません。 自分の基礎体温と、ウェブサイトで一般的に紹介されている基礎体温の推移が異なり、気づけば排卵日がすぎていた!?なんて月もありました。 生理周期が毎月違う。。 子作りも努力しているのになかなか恵まれない。。 妊活を始めたのですが、うまく排卵日を見分けることが出来ず、当然妊娠できないので、焦り始めていました。 そんなときに気づいた、排卵検査薬の存在。 友人に自分の排卵日が特定しづらいことを言うと、排卵検査薬の使用を勧められました。 その友人も同じく自分の排卵日の特定に苦労していたけど、排卵検査薬を使い始めたらすぐ妊娠できたと話していました。 そしてさらに、余ったからと未使用の排卵検査薬を譲ってくれました・・・!! おかげさまでその後、無事に排卵日をバッチリ特定でき、スムーズに妊娠・出産することができました。 同じような状況で困っている方がいたら、ぜひとも読んでもらえたら幸いです。 排卵検査薬とは 排卵検査薬は排卵日を予測するためのもので、形状、使い方は妊娠検査薬に非常に似ています。 排卵の兆候を検知できるものなので、うまく使うことによって、基礎体温を測って排卵日を予測するよりも、格段に妊娠する確率を上げてくれます。 排卵検査薬は、尿に含まれるLHというホルモンに反応し、その値が一定値以上になるとスティックが反応して陽性反応になります。 排卵検査薬の陽性反応は、排卵する直前の状態を示していて、一般的には陽性反応の 24〜48時間後には排卵が起こります。 陽性反応が起こったら、その日に旦那と仲良ししちゃえば良いわけです! 寿命の短い卵子と精子、できるだけ早く妊娠したいという方は、排卵検査薬を使用するとその精度がアップするので、お勧めですよ! 排卵検査薬はどうやって使うの? 購入した排卵検査薬に尿を浸します。 朝一の尿はホルモンの状態が不安定なので、避けましょう。 より確実な結果を得るため、 毎日同じ時間帯の測定を心がけてください。 スティック状の排卵検査薬に尿をしばらく浸していないといけないので、紙かプラスチックの使い捨てコップかジップロックに尿を摂ってから行うのが理想的です。 2〜3分ほど浸しておくと、陽性もしくは陰性反応が出てきます。 結果の表示の仕方はメーカーそれぞれ異なる場合がありますが、基本的には陰性だとライン1本のみが表示窓に現れます。 陽性だと、2本の線が出てきます。 陽性は薄いときもありますが、ちゃんとした陽性反応はとても濃いはっきりした鮮やかなピンク色で表示されます!何度か行っていると、薄いときと鮮やかなときの違いが即わかりますよ。 初めてだとわからないと思うので、最初の月は練習だと思って使ってみると良いでしょう。 注意点として、測定前は大量に水分を取ることを控えておきましょう。 なぜかというと、水分が多すぎると尿の濃度が薄くなり、結果が十分に判断しづらくなるからです。 毎日忘れずに、継続的に使い続けることが、より確実な結果を得るために大事なことので、必ずそのようにしてくださいね。 私はというと、午前中の尿がより排卵検査薬に適していると調べてわかったので、毎日職場のトイレで決まった時間に使っていました。 陽性反応が出たら、即旦那にメールをし、今日が排卵日だから早く帰ってきてね!!!と念を押していたものです苦笑 毎日、できるだけ同じ時間に、というのが大事な条件なので、極力守るようにしましょう。 使って何度目に妊娠した? 私の場合は、3ヶ月間使ってその後に妊娠が発覚しました。 最初の月は、使い始めの時期を知らずになんとなく使い始めてしまったので、使ったときにはすでに排卵が終わっていました涙 2ヶ月目はなるべく毎日使ってはいたのですが、検査し忘れた日があったり、排卵検査薬を使う時間帯にムラがあったのでいまひとつ陽性反応をはっきり読み取ることができず、うまくいかずに終わってしまいました。 3ヶ月目は、2ヶ月目の教訓を生かし、排卵検査薬をきっちり毎日使い、同じ時間帯に使うようにしていたので、はっきり陽性反応を確認することができました。 その結果もあって、無事に妊娠することができました。 排卵検査薬はちゃんと正しいタイミング・方法で使えば、妊娠する確率はめちゃくちゃ高くなる!ってことです。 排卵検査薬を使うべき?使わなくてもよい? 人によって生理周期や、ホルモンバランスなどが違いますので、排卵検査薬を使うべきかどうかは、一概には言えないかもしれません。 私の場合、基礎体温がぐっと下がった直後に上がる、いわゆるこの日が排卵日に該当する日だというのが、基礎体温だけだとなかなかうまく見つけられませんでした。 上手く見つけられないうちに生理の日が近づき、タイミングを逃し・・・ということが2〜3ヶ月続いたので、かなり手こずったし、焦りました。 そんなときに、友人の勧めで、手軽に出来る上にお値段もお手頃だということから、排卵検査薬を使うことにしました。 ホルモンバランスの乱れや、生理の周期が毎月違う人でも、排卵検査薬を使っていれば、排卵日がほぼ確実に分かるので、使って損はないと思います。 私は正直、排卵検査薬がないと妊娠できなかったと思うので、できるだけ早く妊娠したい生理周期が不安定と言う方には絶対絶対お勧めです!! 排卵検査薬の値段が高いものと安いものの違いは? 排卵検査薬を買うためにいろいろリサーチをしていると、海外製と日本製で値段の大きな違いに気付かれるかと思います。 値段は大きく違いますが、正確性や結果の出方はほぼ同じなので、私は個人的に海外製のもの買うことをお勧めします。 初めて使うことに不安な方は、説明や但し書きが丁寧にされているので、日本製の物を買うと安心かもしれないですね。 日本のメーカーで有名なのは、「 排卵検査薬 ドゥーテスト」ですのでここから詳細を見てみてください。 ただ先程のトピックで述べましたが、毎日同じ時間に使うということが本当に最も大切なことです。 これなら2秒で検査が済むので、尿に浸して待って・・・という手間が省けます。 ただ、月数を重ねるうちに、かなりの本数を使用することになります。 私は海外製の安い簡易な紙スティックのものを使いました。 カナダで買って使ったので、日本で手に入るものではなくご紹介できず残念ですが、日本で買えて全く同じと言って良いほどの排卵検査薬にLuckytestとwondfoがありますので、良かったらネットで見て検討してみてくださいね。 排卵検査薬が陽性反応にならないのはなぜ? 毎日同じ時間に使っていますか?排卵日、妊娠できる時間は24〜48時間といわれています。 1か月にたった1日しかチャンスがないのです。。 !涙 1日おきに検査していると、残念ながら見逃す可能性もあります。 仕事などで忙しい方も多いかもしれませんが、 必ず毎日、ほぼ同じ時間に排卵検査薬を使いましょう。 もしも毎日規則正しく調べているのにもかかわらず、陽性反応が見られない場合は、無排卵の月なのかもしれません。 無排卵は忙しかったり、ストレスが溜まっていると起こる時もあるので、毎月続くわけではありません。 その翌月も排卵検査薬を毎日使って様子を見て、もし無排卵が続くようであれば産婦人科に行くことをお勧めします。 まとめ 私が排卵検査薬を使い始めたきっかけは、私が妊活中に妊娠した友人から勧められたからです。 それまで排卵検査薬の存在はなんとなく知ってはいましたが、詳しく調べたことなど一切ありませんでした。 幸い、使用し始めてまもなく妊娠できたので私にとっては排卵検査薬様様で、それ以来妊娠を考えている友人には毎回自信を持ってオススメしています。 そこまで値段も高くなく、妊娠する確率をより高めてくれるのであれば、投資して損はないです! 経験者は語る、です!! 他にも追加で質問がある方は、気軽にご連絡くださいね。

次の

妊娠3週|妊娠超初期の症状と妊娠検査薬の使い方、妊婦の過ごし方

妊娠検査薬使い方

アラクス 商品名 ドゥーテストhCGa 2回用 クリアブルー 2回用 チェックワン 2回用 ウー・マン チェック 2回用 P-チェック・S 2回用 ハイテスターN 1回用 PHARMA CHOICE P-チェック・S チェックワンデジタル 3回用 特徴 わずか1分で判定完了。 すぐ結果が分かる検査薬 ブルーの線で結果をお知らせ。 シンプルなものをお探しの方へ 妊活中の方におすすめ!判定結果も消えずに残って便利 持ちやすい親指グリップ付き。 初めて使う人におすすめ ピンクのパッケージが可愛く手に取りやすい 持ちやすく、検査しやすいロングタイプ Amazon限定ブランドの検査薬! 結果が見やすい、安心のデジタルタイプ!値段はやや高め 最安値 かなり正確に判定できる妊娠検査薬は、病院を受診する前のセルフチェックができる便利なアイテム。 上手に活用すれば、受診の回数を減らしたり、受診前の心構えにも役立ちます。 使い方は、とても簡単!ほぼどの商品も同じで、検査薬の採尿部に尿をかけるだけです。 ただ、 商品によって尿を掛ける時間や浸す時間、判定の表記方法などが異なりますので、各商品の説明書をしっかり確認しておきましょう。 正しい期間に使用するのも大事なポイント。 検査可能時期よりも早く使うなど、使用時期がずれた場合は誤判定となることもあるので、注意してくださいね。 また、判定の正確性は99%とは言え、100%ではありません。 陰性結果が出た場合でも、数日待って生理が来ない時や、妊娠初期の症状が現れるなどした場合は、早目に受診しましょう!.

次の