全 羅 監督 キャスト。 山田孝之主演『全裸監督』豪華キャスト一挙解禁!|満島真之介、玉山鉄二、森田望智ら

全裸監督のモデルは?山田孝之主演ドラマが面白いと話題に!個性豊かなキャストや登場人物

全 羅 監督 キャスト

「ナイスですね!」といった印象的な言葉とともに、アダルトビデオ業界の黎明期を席巻した村西とおる。 その独特な喋りのテクニックとオン/オフのスイッチ、さらに白ブリーフ一丁の姿でカメラを構えるインパクト大の姿まで完璧に我が物として掌握する、山田孝之という俳優の姿をまざまざと見せつけられたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』。 そんな山田の芝居に引っ張られるかのように、玉山鉄二や満島真之介といった共演陣が揃いも揃って泥臭く画面の中で蠢きあう中、紛れもなく異質な存在感を放っていたのが、実在した伝説的女優・黒木香を演じた森田望智だ。 森田が演じる黒木香がテレビの討論番組に出演し、饒舌に持論を展開していくシーンから幕を開ける本作。 実際に彼女が物語に関与してくるのは第2話からで、まだ女学生だった彼女ーーこの時点では「黒木香」ではなく「佐原恵美」という名前だーーが、友人と歩いていると、神社の境内でビニ本の修正を消そうと躍起になる少年たちを見つけるというくだりがはじまりとなる。 その後彼女は大学に進学し美術を専攻。 厳格で保守的な母親への不信感を抱えながら次第に性に目覚め、ふとしたきっかけで村西の存在を知り、第5話で自ら事務所に訪ねてきて「出演したいんです。 アダルトビデオに」と申し出るのである。 いわば彼女が本作で務めている役割は、村西とおるという男が(良くも悪くも)覚醒するきっかけとなったミューズといったところだ。 村西がうだつの上がらない営業マン時代に巧みなトーク術を身につけて成長していった過程を反復するように、彼女も独特の言い回しを獲得して時代の寵児としてメディアに多く取り上げられていく。 一見すると、彼女も村西という第三者の手で開花したかのように映るが決してそうではない。 彼女に「黒木香」という新たな名前を与えた村西は単なるきっかけなり踏み台に過ぎず、彼女は自分自身で「佐原恵美」という人間を開花させて「黒木香」というもうひとりの姿を勝ち取るのだ。 この森田望智という女優を、本作を観る前から知っていたという人は果たしてどれくらいいるのだろうか。 恥ずかしながら筆者自身も、名前を見かけた記憶があるだけで具体的に他の出演作と結びつけることはできなかった。 改めて彼女のフィルモグラフィにある作品をいくつか観直してみると、例えば『一週間フレンズ。 』では主人公たちの同級生役として序盤のクラス発表のシーンや中盤の教室のシーンであったり、はたまた『リュウグウノツカイ』では集団妊娠計画を企てる10人の女子高生のひとりとして、まちがいなく森田望智という女優はそこにいるのだが、絶妙に作品に染まって他のキャストを引き立てる役割を担っているに留まっていた。 目立つ役柄といえば、土屋太鳳と一緒に「ちちんぶいぶい」と歌って踊りながら秩父に旅するCMぐらいではないだろうか。

次の

全裸監督のモデルは?山田孝之主演ドラマが面白いと話題に!個性豊かなキャストや登場人物

全 羅 監督 キャスト

「ナイスですね!」といった印象的な言葉とともに、アダルトビデオ業界の黎明期を席巻した村西とおる。 その独特な喋りのテクニックとオン/オフのスイッチ、さらに白ブリーフ一丁の姿でカメラを構えるインパクト大の姿まで完璧に我が物として掌握する、山田孝之という俳優の姿をまざまざと見せつけられたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』。 そんな山田の芝居に引っ張られるかのように、玉山鉄二や満島真之介といった共演陣が揃いも揃って泥臭く画面の中で蠢きあう中、紛れもなく異質な存在感を放っていたのが、実在した伝説的女優・黒木香を演じた森田望智だ。 森田が演じる黒木香がテレビの討論番組に出演し、饒舌に持論を展開していくシーンから幕を開ける本作。 実際に彼女が物語に関与してくるのは第2話からで、まだ女学生だった彼女ーーこの時点では「黒木香」ではなく「佐原恵美」という名前だーーが、友人と歩いていると、神社の境内でビニ本の修正を消そうと躍起になる少年たちを見つけるというくだりがはじまりとなる。 その後彼女は大学に進学し美術を専攻。 厳格で保守的な母親への不信感を抱えながら次第に性に目覚め、ふとしたきっかけで村西の存在を知り、第5話で自ら事務所に訪ねてきて「出演したいんです。 アダルトビデオに」と申し出るのである。 いわば彼女が本作で務めている役割は、村西とおるという男が(良くも悪くも)覚醒するきっかけとなったミューズといったところだ。 村西がうだつの上がらない営業マン時代に巧みなトーク術を身につけて成長していった過程を反復するように、彼女も独特の言い回しを獲得して時代の寵児としてメディアに多く取り上げられていく。 一見すると、彼女も村西という第三者の手で開花したかのように映るが決してそうではない。 彼女に「黒木香」という新たな名前を与えた村西は単なるきっかけなり踏み台に過ぎず、彼女は自分自身で「佐原恵美」という人間を開花させて「黒木香」というもうひとりの姿を勝ち取るのだ。 この森田望智という女優を、本作を観る前から知っていたという人は果たしてどれくらいいるのだろうか。 恥ずかしながら筆者自身も、名前を見かけた記憶があるだけで具体的に他の出演作と結びつけることはできなかった。 改めて彼女のフィルモグラフィにある作品をいくつか観直してみると、例えば『一週間フレンズ。 』では主人公たちの同級生役として序盤のクラス発表のシーンや中盤の教室のシーンであったり、はたまた『リュウグウノツカイ』では集団妊娠計画を企てる10人の女子高生のひとりとして、まちがいなく森田望智という女優はそこにいるのだが、絶妙に作品に染まって他のキャストを引き立てる役割を担っているに留まっていた。 目立つ役柄といえば、土屋太鳳と一緒に「ちちんぶいぶい」と歌って踊りながら秩父に旅するCMぐらいではないだろうか。

次の

全裸監督 : 作品情報

全 羅 監督 キャスト

主人公の村西とおるを演じる実力派俳優・山田孝之に加え、新たなキャストとして村西の相棒的存在・荒井トシを独特な存在感で映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍中の満島真之介、村西が裏社会で躍進するきっかけを作る出版社社長・川田研二をNetflixオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」での明石家さんま役での好演も話題となった玉山鉄二が、村西の成り上がり人生を支える中心人物を演じる。 そして、厳格な母親を前に本当の自分をさらけ出せず苦悩する大学生、後に村西がAVの帝王となる最大の要因と言っても過言ではないAV女優・黒木香に、期待の新星・森田望智がまさに体当たりの演技で挑んでいる。 山田さんがさらに深いところまで追求していくので、より魅力的な人物がそこに生きていました。 スイッチが入った時の爆発するエネルギーは、腹筋崩壊するほど笑えて、涙腺崩壊するほど泣けます。 ナイスです!現場にいる山田さんが本当に素敵で、この人についていけば間違いない!と言う気持ちにさせていただきました」と撮影時の熱気を交えながら語った。 玉山も「とても商才、才能がある人物。 ただ、時代が彼に追いつかなかった。 村西とおるは早過ぎた!」と未来を生きた先駆者に賛辞を送った。 村西にとって運命の女性・黒木香を演じた森田も「とにかくかっこいいです。 紳士です。 そして、愛らしい。 何かに突き動かされるように猪突猛進だけれど、何層にも広がる彩度の高い遠くの本質的な景色を、いつも見据えているような気がします。 山田さん演じる村西監督の航海が、どんなに荒波の中の小舟でも、思わず乗ってしまいたくなる。 誰もが惹かれ、翻弄されるくらいエネルギッシュで魅力的な人です」と彼の人を惹きつて離さない魅力についてコメントした。 満島真之介コメント お話をいただき、非常にワクワクしました。 この題材を今描くということに未来を感じたし、これから生きていくエネルギーをもらいました。 そして、当時の歌舞伎町をイメージした素晴らしいセットで撮影ができることにさらにワクワクは高まり、最初に足を踏み入れた瞬間は、夢の中にいるようでした。 スタッフの力は、やはり偉大です。 タイムスリップしてきたような気持ちで、思う存分暴れまわりました。 そして、山田さんをはじめとする村西軍団は、とても魅力的なチームです。 それぞれの個性を存分に出しあい、芝居の中でセッションできる役者が揃うと、台本だけでは見えない人物像がこんなにも深まるのかと。 現場も毎日エネルギーに溢れていて、その空気感が確実に作品の力になっていると思います。 世界中の方々に、日本のエナジーを感じて欲しいですし、これから未来に生きる若者たちのエネルギーの源となってもらえたら嬉しい。 玉山鉄二コメント 80、90年代の日本映画はある意味、日本らしさに満ち溢れていたのかもしれない。 モラルやコンプライアンスが不鮮明だった時代で、勢いがあったのは事実。 この本を読んで、今は隠されたその日本らしさを感じました。 川田はある種、特徴が無く無意味に生きている人間。 だからこそ、どう演じても良い。 そう自分に言い聞かせて檻を外し、変人だけどそこにリアリティを仕上げる事が狙いでした。 プロデューサーから「日本最大の輸出品はひとつはエロだ」と聞いたときに大きな驚きを感じ、深く納得しました。 今こそ隠された日本らしさを皆さんに見て感じてほしいです。 森田望智コメント 個性的でダークな題材だけれど、王道的でポップな内容でもあって、誰もが楽しめるような、みんながワクワクするお話だと思いました。 そして、いい意味で色々ぶっ飛んでいる。 だからこそ、これどうやって映像になるんだろう?と想像のつかない奇想天外な情景が沢山浮かんできて、何より私自身が一番ワクワクしてました。 どんな方にも観て頂きたいですが、とくに女性の方には届いて欲しいです。 いかがわしい、こんなの普通じゃないと敬遠されがちなAVの世界です。 けれど、ここで働いているのは、他の人と同じように仕事に誇りを持って、不器用ながら一生懸命生きている、パワフルで愛しい人たちです。 この人達の姿を通して、私たちの思っている普通って本当は何だろうと、考えるきっかけになってくれたらいいなと思います。

次の