ソニー サラウンドヘッドホン。 サラウンドヘッドホン「MDR

サラウンドヘッドホンのおすすめ10選!PS4や映画鑑賞にも

ソニー サラウンドヘッドホン

映画やゲームをまるでその空間にいるような感覚で楽しむことができるサラウンドヘッドホン。 臨場感あふれる音は、映画やゲームの時間をより充実したものにしてくれます。 たくさんのメーカーから様々な種類のサラウンドヘッドホンが発売されています。 今回は購入前にチェックしておくべき選び方のポイントと、具体的なおすすめ商品をご紹介します。 サラウンドヘッドホンの選び方ポイント!自分に合った1台をみつけよう! 数々のメーカーから様々な種類のサラウンドヘッドホンが発売されています。 はじめて購入する人はどれを選んだら良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。 ここではサラウンドヘッドホンの選び方のポイントをご紹介します。 チャンネル数をチェック!求める音質によって違う! サラウンドヘッドホンを購入する際に、まずチェックしておくべき項目に「チャンネル数」があります。 チャンネル数とは、「5. 1ch」「7. 1ch」「9. 1ch」の3種類があり、求める音質によって選び分ける必要があります。 数値が大きいほど音源間の距離が大きくなり、ヘッドホンを通して聴く音に厚みが生まれます。 音の立体感や迫力に違いが出てくるので、サラウンドヘッドホンをどのようなシーンで使うのかによって選んでみましょう。 映画DVDをみたり、PS3、PS4のゲームを楽しんだりしたいなら、5. 1chのサラウンドヘッドホンで十分に楽しむことができます。 ブルーレイディスクや3D映像には7. 1ch、映画館のようなリアリティ溢れる音質を楽しみたいなら9. 1chがおすすめです。 このようにサラウンドヘッドホンを購入する目的と照らし合わせながらチャンネル数を選んでみてください。 有線かワイヤレスか?使いやすさは人それぞれ! サラウンドヘッドホンには有線タイプとワイヤレスタイプがあります。 使いやすさや使い心地は人それぞれなので、どのようなシーンで使いたいかをイメージしながら選んでみましょう。 有線タイプは一般的に有線タイプの方が音切れがなく、音質が良いと言われています。 とにかく音質にこだわりたい人は有線タイプのサラウンドヘッドホンがおすすめです。 コードの長さは様々ですが限度があるため、サラウンドヘッドホンを利用する環境をイメージしておきましょう。 ワイヤレスヘッドホンは、コードがないため気軽に使えるメリットがあります。 家族や知人と同時に複数台のヘッドホンを接続して使いたい人、複数人で同じ映画を楽しみたい人などにおすすめです。 使い心地を左右するイヤータイプを選ぼう イヤータイプはサラウンドヘッドホンの使い心地を左右するポイントとなります。 オープン型とクローズド型があり、それぞれに特徴がありますので自分に合ったイヤータイプを選んでみましょう。 オープン型は耳への負担が少なく、長時間にわたり使用していても比較的疲れにくいというメリットがあります。 締め付け感が少ないため、耳をヘッドホンで圧迫されるのが苦手な人に特におすすめです。 オープン型という名の通り、音が外部に漏れてしまう可能性があるため、室内での使用がメインの人はオープン型のヘッドホンを選んでみましょう。 クローズド型は外部への音漏れがないため、深夜や移動中も臨場感溢れる音を大音量で楽しみたい人におすすめです。 耳への負担を軽減!耳に触れる部分の素材をチェック! サラウンドヘッドホンを装着して映画やゲームを長時間楽しんでいると、耳が疲れてしまったり圧迫感を感じたりしてしまう人もいます。 耳への負担が気になる人は、耳に触れる部分の素材をチェックしてみてください。 イヤーパッド部分に低反発性のクッションが使用されているタイプのヘッドホンは、耳を包み込むような装着感が特徴です。 また、耳全体を覆うようなイヤーカップが採用されているサラウンドヘッドホンもあります。 それらのヘッドホンは長時間にわたり使用していても、比較的耳の疲労感を軽減してくれます。 加えて、耳だけでなく頭部への負担が気になる人は、柔らかい素材のヘッドバンドが使用されたタイプを選んでみてください。 おすすめのサラウンドヘッドホン10選!お気に入りを見つけよう ここからは具体的におすすめのサラウンドヘッドホンをご紹介します。 前述した選び方のポイントと合わせてチェックして、自分に合ったアイテムを見つけてみてください。 映画におすすめ!「ソニー 9. 1ch デジタルサラウンドヘッドホンシステム 密閉型 MDR-HW700DS」.

次の

有線型からワイヤレス型まで。おすすめのサラウンドヘッドホン11選

ソニー サラウンドヘッドホン

*1 マイクロUSB端子のフタが完全に閉まっている状態にて、あらゆる方向からの噴流水に対して本体機能を保護するものです *2 マイクロUSB端子のフタが完全に閉まっている状態にて、あらゆる方向からの飛沫に対して本体機能を保護するものです *3 IPX5相当とは、あらゆる方向からの噴流水に対して本体機能を保護するものです。 JIS防水保護等級 IPX7相当とは、水深1mに静かに沈め、30分放置しても本体機能を保護するものです *4 長時間、水中に浸さないでください。 お風呂やサウナ、プールなどでは使わないでください。 海水にあてないでください。 勢いよく水で洗ったり、スポンジ、洗剤などは使わず、手洗いによるすすぎ洗いをしてください *5 ヘッドホン本体のみ対応。 あらゆる方向からの飛沫に対して本体機能を保護するものです(ヘッドホン音導管(音出口の筒部)は除く) *6 電源を入れた状態で、付属のヘッドホンケーブル接続時 *7 付属のヘッドホンケーブル接続時 *8 付属のUSB Type-C TM ケーブル接続時 *9 ヘッドホン本体のみ対応。 プールでご使用の場合、水深2mを超えた場所では使用しないでください。 ご使用になる前に、必ずこの防水/防じん性能の内容をご理解、ご確認ください。 3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12. お使いのソフトや環境により、対応しない場合がございます。 *15 iPhoneやスマートフォン、PCが4極ステレオミニプラグに対応している必要があります。 お使いのソフトや環境により、対応しない場合がございます。 (ヘッドホン音導管(音出口の筒部)を除く。 また、USB Type-C端子のフタが完全に閉まっている状態であること。

次の

【2020最新】SONY(ソニー)のおすすめヘッドホン11選|ハイレゾ&Bluetoothモデル集

ソニー サラウンドヘッドホン

出典: ゲームに使うサラウンドヘッドホンも、有線かつ密閉型のヘッドホンがおすすめです。 またゲーム用のヘッドホンは、マイクもついたヘッドセットタイプを使用することで、より快適に楽しめるでしょう。 1chに対応しているps4などのゲーム機であれば、7. 1ch対応のサラウンドヘッドホンで、より迫力のある音響を楽しむことができます。 チャンネル数が多いと臨場感も増す チャンネル数とは、音が聞こえてくる方向の数のことです。 チャンネル数が多い方が、より臨場感のある音を楽しむことができます。 またコンマ1の部分は、低音部に対応していることを表しています。 以下に5. 1ch、7. 1cg、9. 1chの主な特徴と、対応している機器をご紹介します。 DVD鑑賞やゲームなら5. 1ch 5. 1chは、5つの方向から音が聞こえてくるよう設計されたヘッドホンです。 DVDやPS3、PS4は5. 1ch対応でつくられているため、DVD鑑賞やPS3やPS4などのゲームをする場合は、5. 1ch対応のサラウンドヘッドホンを使うと良いでしょう。 ブルーレイやPS4なら7. 1ch対応 7. 1chは、5. 1chにさらに2つ音の方向を追加したサラウンドヘッドホンです。 音が聞こえてくる方向が増えることで、より臨場感が増した音を楽しめます。 ブルーレイディスクやPS4は7. 1ch対応なので、ブルーレイの鑑賞やPS4でのゲームでヘッドホンを使う方は、7. 1ch対応のサラウンドヘッドホンがおすすめです。 下位互換性がある9. 1ch 9. 1chは、7. 1chにさらに2つ音の方向を追加したサラウンドヘッドホンです。 9方向から音が聞こえてくるので、5. 1chや、7. 1chに比べるとさらに迫力のある音と臨場感を感じることができます。 1chに対応した映像機器はまだ多くありませんが、9. 1chのサラウンドヘッドホンは5. 1chと7. 1chの下位機種にも対応しているため、どの映像機器にも使用できます。 有線タイプか無線タイプかを決める 音質が良い有線タイプ 出典: 無線のサラウンドヘッドホンのメリットは、コードの長さの制約を受けずに自由に動き回ることができる点です。 ミュージックビデオをBGMがわりにして家事や仕事をするときなどには、無線タイプのサラウンドヘッドホンが便利でしょう。 イヤータイプの特徴で選ぶ 蒸れにくいオープンエア オープンエアのサラウンドヘッドホンは、通気性が良くヘッドホンをしていても蒸れにくいというメリットがあります。 また外側の音も入ってくるため、電話やチャイムの音を聞き逃したくないという方にも便利です。 ただし音漏れが多いので、ヘッドホンからの音漏れが気になる、電車の中や公共の場所では使いにくいといった面があります。 音漏れしない密閉型 密閉型のサラウンドヘッドホンは、オープンエアに比べて頭部に密着するつくりとなっています。 周囲の雑音が入りにくいため、音響を集中して楽しむことが可能です。 また、音漏れも少ないので、周囲に音漏れによる迷惑をかけないというメリットもあります。 一方で密閉型のヘッドホンは、蒸れやすいということや、周囲の音が入りにくいため状況を把握しにくいといったことがあります。 ゲームをするならヘッドセットを確認 マイクがついているヘッドセットタイプは、ゲームをしながら仲間と会話ができるため、オンラインゲームをするときなどに便利です。 またマイクが着脱できるタイプもあり、マイクが必要ない場合は普通のサラウンドヘッドホンとしても使用できます。 ノイズキャンセリング機能 サラウンドヘッドホンにはノイズキャンセリングという、音のノイズを自動的に除去する機能が付いた製品があります。 ノイズが極めて少ない高品質な音響を楽しみたい方は、ノイズキャンセリングの機能がついているサラウンドヘッドホンを選ぶと良いでしょう。 疲れにくい工夫もチェック サラウンドヘッドホンには、イヤークッションやヘッドバンドなど長時間装着しても疲れにくい工夫がされているものもあります。 ヘッドホンを長時間使うことが多い方は、疲れにくい工夫がされている商品がおすすめです。 便利な折りたたみ機能 サラウンドヘッドホンの中には、折りたたみができてコンパクトに持ち運びできるタイプのヘッドホンもあります。 電車の中や外出先などでサラウンドヘッドホンを使いたい方は、折りたためるコンパクトタイプの商品を選ぶと良いでしょう。 持ち運ぶなら連続再生時間が長いタイプ 有線タイプの場合は、連続再生時間をそれほど気にする必要はありません。 ただし無線タイプを外出先で多く使う場合は、連続使用時間を確認しておくと安心です。 無線のヘッドホンを使用しながら長時間移動することが多い方は、連続再生時間が長いタイプのヘッドホンか、バッテリーで充電可能なタイプを選ぶと良いでしょう。 サラウンドヘッドホンのおすすめ10選.

次の