松屋 うな丼。 チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた

松屋、うな丼(うなぎ)の感想、口コミ・評判、産地情報など

松屋 うな丼

松屋にもついに「うな丼」が登場! 2019年7月9日 火 、 松屋が初めて「うな丼」を発売! 牛丼御三家のなかで、鰻については吉野家とすき家の一対一の勝負だったのですが、今年の夏はついに松屋も参入してきたわけです。 松屋のコメントからも自信が伺えます! 2019年7月9日(火)10時より、「うな丼」を新発売! かつて伝説のうなぎ屋と言われ、多くの食通や文化人が魅了された京橋の名店「小満津(こまつ)」。 現在は東高円寺に場所を移し、たくさんのお客様で賑わう小満津様監修のもと、松屋にて初めてのメニューとなる「うな丼」を新発売いたします。 ふわふわとした肉厚な身のうなぎに、特製うなぎダレをかけた「うな丼」は、数量限定の令和元年松屋特別メニューです。 また、松屋の定番メニューの「牛めし」も一度に楽しめる「うなぎコンボ牛めし」も同時発売いたします。 是非この機会に、松屋の新作「うな丼」をご賞味ください。 出典:より 7月12日 金 15時~販売終了までライス大盛無料サービスを実施 松屋の「うな丼」に山椒を塗して実食! 松屋の「うな丼」は、とても美味しかったです! 鰻はお箸で簡単に割れるほど柔らかいのに、歯応えも程よく残っています。 ゴムっぽい不自然な弾力感は感じられないのも良い感じ。 タレも絶妙なブレンドだと思います。 さすが、最後発のメリットを十分に活かしていますね…。 牛丼チェーン店のうな丼としては、現状ベストのように感じました! 【比較表付き】牛丼御三家の鰻メニューを徹底比較 比較項目 松屋「うな丼」 すき家「うな丼」 吉野家「鰻重」 セット価格 830円 最安値 930円 860円 930円 単品価格 830円 790円 720円 最安値 850円 エネルギー 714kcal 671kcal 670kcal 定期券割引 無し 有り 70円割引 無し 情報発信 無し 積極的 無し 比較対象 並 並盛 一枚盛 価格は全て消費税込み 牛丼チェーンの 鰻メニューの比較一覧表を作成してみました。 比較対象としたのは、丼サイズは並クラス、セットメニューはみそ汁と漬物小鉢付きです。 つまり全て一番エントリークラスのメニューで比較しているということですね。 比較表を見ると、 松屋の「うな丼」のコスパが非常に高いことが良く分かります。 多くの人が注文することが予想されるセットメニューで、 競合他店よりも100円安いのは大きい! エネルギー量が約6%強多いことから、並グレードでも、 そもそものボリュームも若干多目であることも伺えます。 味については、松屋が一番美味しいように感じましたが、すき家・吉野家と大きな差は無いようにも思います。 となると、価格的なコスパを中心に考えて…。 今回紹介したこと• 土用の丑の日(今年は7月27日)が近づくにつれて、飲食各社にて鰻メニューが盛んに展開されています。 2019年7月9日から、松屋が初の鰻メニュー「うな丼」を発売!• これで牛丼チェーン主要3社(すき家・吉野家・松屋)の鰻メニューが出揃いました。 牛丼御三家の鰻メニューを比較すると、松屋の「うな丼」のコスパの高さが際立ちます。 とくにセットメニューで注文するなら、松屋の「うな丼」が一番おすすめです! 牛丼御三家(すき家・吉野家・松屋)の鰻メニューが出揃いましたが、コスパと美味しさ、両方から、 松屋の「うな丼」が一番おすすめだと思います! 松屋の鰻メニューは最後発ですから、価格にしても味にしても、競合他社を十分研究した上で投入することができたわけですよね…。

次の

【いそげ】松屋のうな丼は明日27日まで! 「丑の日」を最後に販売終了へ

松屋 うな丼

こんにちは、Keraです。 最近、私のサイトで人気の下記のなか卯のうな重の記事ですが… 先日この記事を読んで、なか卯のうな重を食べた方?から下記のメンションTweetを頂いたのと今まで牛丼チェーンの【松屋】さんだけ、夏季の鰻戦争? に参入していませんでしたが今年から鰻の名店(私は知らないのですが)の【 小満津 こまつ】さんの監修の元に7月12日より鰻戦争に打って出たので、両社の鰻の食べ比べをして来ました。 先日頂いたメンションTweetは下記のTweetです。 【「不味かった」】【「小伝馬町店」】 【「食えたもんじゃない」「醤油ぶっかけてごまかして食べた」】 うな重が美味しいと評判のなか卯のうな重はかなり美味しかった&自宅で鰻なら川口水産の鰻の蒲焼きが最高です!? |ケラログ via — 山川 民哉 mwW6VM6aytJUjTC なか卯のうな重の記事は昨年の2018年の夏に書いた記事でしたのでなか卯のうな重の味が変わったのかと思って気になっていたので、今回、【松屋】さんが鰻戦争に打って出たのを切っ掛けに【なか卯】・【松屋】・【すき家】の鰻の食べ比べをして来ました。 先ずはメンションTweetにある様に【なか卯】のうな重が本当に不味かったのかを確かめたところ、結果的には言うほど不味くはなかったですね。 むしろ1. 250円と言う価格を考慮するとCPは高かったと思います。 逆にこのTweetをしたかたは醤油をぶっかけて食べたそうですが、【なか卯】のうな重のタレは結構塩っぱいのでよくそれに醤油をぶっかけて食べれたな? と、ちょっと感心しました。 私ならばあのうな重に醤油をかけて食べる事はちょっと無理ですか? Contents• 結論 話しを元に戻して【松屋】VS【なか卯】VS【すき家】の鰻の件に戻りますが、結論から言いますと【松屋】さんのうな丼が個人的には一番好みのお味でした。 【松屋・うな丼(ダブル)・1. 390円】 京橋の鰻の名店の【 小満津 こまつ】さん(現在は東高円寺に移転)監修という事で、その分お値段が高くなっている感も有りますが、鰻自体もふっくらとしていて、タレのお味もさらっとしていてちょっと甘めのタレが美味しいうな丼でした。 更に【松屋】さんではうな丼のダブルではご飯の大盛りは無料との事でしたが、この後になか卯の鰻重を食べるのでご飯は普通盛りで頂きました。 そして問題の【なか卯】の鰻重の【特うな重】を食べてみました。 【なか卯・特うな重(鰻・2枚)1. 250円】 日本の鰻とは違って、肉厚で結構美味しい。 日本の鰻って身が結構薄いんですよね。 そう言った意味で見ると外国産の鰻の方が食べ応えが有りますか? 【すき家・特うな丼(鰻・2枚)・1. 280円)】 すき屋さんの鰻は日本の鰻に一番近い感じがします。 身もそれほど厚くはなく、蒲焼感があってまあまあのお味。 ただちょっと生臭かったですか? 鰻の厚さとタレの特徴。 鰻の肉の厚みは【松屋】さんも【なか卯】さんもそんなに大差は有りませんが、【なか卯】さんの鰻の方が若干肉厚ですね。 【すき家】さんの鰻の厚みが少し薄い。 またタレの味の方向性が少し違い、【松屋】さんは少し甘めでサラサラのタレで、【なか卯】さんのうな重のタレはちょっと塩気が強くトロっとしたタレ。 【すき家】さんのタレもサラサラで鰻本来の味を活かすタイプ。 これはもう好みの問題でしょう。 今回、上記の三社の鰻を食べ比べてみましたが、個人的にはお値段は高いのですが【松屋】さんのうな丼が一番好みのお味でした。 そして今回は牛丼の大手チェーンの【吉野家】さんの鰻を食べ比べから外したのは吉野家さんのうな重のお味が個人的にはあまり好きでは無いからです。 確か3年ほど前までは吉野家さんのうな重も美味しかった記憶が有りますが、一昨年ぐらい前から鰻の質が変わって私の好みの鰻ではなくなったので今回は食べ比べから除外です。 今回は【松屋】さんと【なか卯】・【すき家】さんの鰻を食べ比べてみましたが、三社共に、このお値段ならば納得のいくお味でした。 ご家庭で美味しい鰻を食べるのなら川口水産の鰻が一番です。 まあ美味しい鰻を食べたいのならば鰻屋さんで食べるのが一番ですが、ご家庭で美味しい鰻を食べるのならばAmazonさんや楽天さんで購入出来る【川口水産】の【国内産・鰻の蒲焼】がおすすめですかね? 肉厚で美味しいですよ。 2019年の丑の日は7月27日ですので、それぞれご予算に合わせて美味しい鰻を食べましょう。

次の

【食べ比べ!】吉野家の鰻重とすき家のうな丼ではどちらがお得?|お金節約.com「知っててよかった」暮らしの知恵

松屋 うな丼

松屋にもついに「うな丼」が登場! 2019年7月9日 火 、 松屋が初めて「うな丼」を発売! 牛丼御三家のなかで、鰻については吉野家とすき家の一対一の勝負だったのですが、今年の夏はついに松屋も参入してきたわけです。 松屋のコメントからも自信が伺えます! 2019年7月9日(火)10時より、「うな丼」を新発売! かつて伝説のうなぎ屋と言われ、多くの食通や文化人が魅了された京橋の名店「小満津(こまつ)」。 現在は東高円寺に場所を移し、たくさんのお客様で賑わう小満津様監修のもと、松屋にて初めてのメニューとなる「うな丼」を新発売いたします。 ふわふわとした肉厚な身のうなぎに、特製うなぎダレをかけた「うな丼」は、数量限定の令和元年松屋特別メニューです。 また、松屋の定番メニューの「牛めし」も一度に楽しめる「うなぎコンボ牛めし」も同時発売いたします。 是非この機会に、松屋の新作「うな丼」をご賞味ください。 出典:より 7月12日 金 15時~販売終了までライス大盛無料サービスを実施 松屋の「うな丼」に山椒を塗して実食! 松屋の「うな丼」は、とても美味しかったです! 鰻はお箸で簡単に割れるほど柔らかいのに、歯応えも程よく残っています。 ゴムっぽい不自然な弾力感は感じられないのも良い感じ。 タレも絶妙なブレンドだと思います。 さすが、最後発のメリットを十分に活かしていますね…。 牛丼チェーン店のうな丼としては、現状ベストのように感じました! 【比較表付き】牛丼御三家の鰻メニューを徹底比較 比較項目 松屋「うな丼」 すき家「うな丼」 吉野家「鰻重」 セット価格 830円 最安値 930円 860円 930円 単品価格 830円 790円 720円 最安値 850円 エネルギー 714kcal 671kcal 670kcal 定期券割引 無し 有り 70円割引 無し 情報発信 無し 積極的 無し 比較対象 並 並盛 一枚盛 価格は全て消費税込み 牛丼チェーンの 鰻メニューの比較一覧表を作成してみました。 比較対象としたのは、丼サイズは並クラス、セットメニューはみそ汁と漬物小鉢付きです。 つまり全て一番エントリークラスのメニューで比較しているということですね。 比較表を見ると、 松屋の「うな丼」のコスパが非常に高いことが良く分かります。 多くの人が注文することが予想されるセットメニューで、 競合他店よりも100円安いのは大きい! エネルギー量が約6%強多いことから、並グレードでも、 そもそものボリュームも若干多目であることも伺えます。 味については、松屋が一番美味しいように感じましたが、すき家・吉野家と大きな差は無いようにも思います。 となると、価格的なコスパを中心に考えて…。 今回紹介したこと• 土用の丑の日(今年は7月27日)が近づくにつれて、飲食各社にて鰻メニューが盛んに展開されています。 2019年7月9日から、松屋が初の鰻メニュー「うな丼」を発売!• これで牛丼チェーン主要3社(すき家・吉野家・松屋)の鰻メニューが出揃いました。 牛丼御三家の鰻メニューを比較すると、松屋の「うな丼」のコスパの高さが際立ちます。 とくにセットメニューで注文するなら、松屋の「うな丼」が一番おすすめです! 牛丼御三家(すき家・吉野家・松屋)の鰻メニューが出揃いましたが、コスパと美味しさ、両方から、 松屋の「うな丼」が一番おすすめだと思います! 松屋の鰻メニューは最後発ですから、価格にしても味にしても、競合他社を十分研究した上で投入することができたわけですよね…。

次の