中日本高速道路。 中日本高速道路の「年収・給与制度」 OpenWork(旧:Vorkers)

中日本高速道路

中日本高速道路

本社が入居する三井住友銀行名古屋ビル(2014年8月) に基づく 市場情報 非上場 略称 NEXCO中日本、C-NEXCO 本社所在地 〒460-0003 二丁目18番19号 : 設立 事業内容 高速道路、自動車専用道路の管理運営 代表者 兼 代表取締役兼兼 資本金 650億円 発行済株式総数 1億3,000万株 売上高 連結:9,381億6,900万円 単体:9,143億7,100万円 (2015年3月期) 経常利益 連結:70億3,700万円 単体:27億2,100万円 (2015年3月期) 純利益 連結:43億9,400万円 単体:6億2,800万円 (2015年3月期) 純資産 連結:2,041億2,600万円 単体:1,761億6800万円 (2015年3月31日現在) 総資産 連結:1兆4,806億4,400万円 単体:1兆4,576億2,700万円 (2015年3月31日現在) 従業員数 連結:9,763人 単体:2,126人 (2015年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 100. は NEXCO中日本(ネクスコなかにほん)。 3社のうちのひとつで、地域の、などを管理運営する。 会社概要 [ ] 設立。 の民営化方式として採用されたにおいて、道路施設の管理運営(いわゆる上の部分)を業務とする。 道路施設の保有を目的に設立されるから、道路施設を借り受ける形態をとる。 高速道路等の新規建設も事業内容に含まれるが、完成した道路は機構が(建設債務も含めて)保有することになる。 ブランド・スローガンとしては、同社発足時に「 みちの明日へ」が制定されたが、2010年の同社設立5周年を機に「 道を通じて感動を 人へ、世界へ」へ変更された。 他に同社の経営方針として、「 世界一の高速道路会社をめざして」がある。 ブランドカラーは「 ネクスコ・オレンジ」と呼ばれるオレンジ色。 同社では、中部日本エリアの活発なにぎわいをイメージした、力強くいきいきとしたオレンジ色としている。 - 東京都港区(東京都(東名高速のみ)、神奈川県(中央道と京浜地区の有料道路を除く)、静岡県を管轄)• にと東京事務所を統合し設立された• - 名古屋市中区(東海3県と長野県南部、滋賀県東部を管轄)• までの組織名称は「中部地区支配人」• - 東京都八王子市(東京都(東名高速以外)、山梨県全域、神奈川県内の中央道、静岡県の一部、長野県中部を管轄)• - 石川県金沢市(北陸3県を管轄) 2008年7月27日まであった支社・事務所• - 横浜市港北区• 東京事務所 - 東京都港区 事業範囲 [ ] 概ね(全域及び・・の一部を除く)において JH が管理していた高速道路および自動車専用道路が事業範囲となるが、・・の一部路線も含まれている。 これは、路線単位で範囲を区分することに加え、同時に設立されるおよびとの収入バランスを考慮したためとされている。 管理する路線 [ ] ネクスコ各社の管轄図 具体的には、以下の道路が事業範囲となる(高速道路株式会社法第6条に基づきとの間に締結された協定による)。 全国路線網 [ ] 高速自動車国道 [ ]• 富士吉田線(からまで) - 中央自動車道• 西宮線(から〈を含む〉まで) - 中央自動車道、• 長野線(から〈を含む〉まで) -• - 東海北陸自動車道• (からまで、及びからまで) 中部横断自動車道• (〈を含む〉からまで) 北陸自動車道• 名古屋亀山線 、• 伊勢線• 名古屋神戸線(からまで〈を除く。 尾鷲勢和線(からまで)• 一般有料道路(高規格幹線道路に接続する路線) [ ] A'は、高規格幹線道路の。 Bは、高規格幹線道路の。 (伊勢湾岸自動車道、 A')• (〈一部区間と重複〉、国道468号の区間のみB)• (圏央道・国道468号 からまで〈を含まない。 〉、B)• ( からまで、B)• (国道1号)• () 一般有料道路(単独路線) [ ]• (・) 関連企業 [ ]• (中日本高速道路管内のサービスエリア・パーキングエリアを管理する企業)• (中日本高速道路、東京支社・八王子支社管内の料金収受業務を行う企業)• (中日本高速道路、名古屋支社・金沢支社管内の料金収受業務を行う企業)• (中日本高速道路、名古屋支社・金沢支社管内の交通管理・管制・不正通行対策・車限取締業務を行う企業 子会社化)• (中日本高速道路、東京支社・八王子支社管内等の交通管理・管制・不正通行対策・車限取締業務を行う企業)• (中日本高速道路、東京支社・八王子支社管内の保全点検業務を行う企業)• (中日本高速道路、名古屋支社・金沢支社管内の保全点検業務を行う企業)• (中日本高速道路管内の八王子支社管内の維持修繕業務を行う企業)• (中日本高速道路管内の東京支社管内の維持修繕業務を行う企業)• (中日本高速道路管内の名古屋支社管内の維持修繕業務を行う企業)• (中日本高速道路管内の金沢支社管内の維持修繕業務を行う企業)• (中日本高速道路の業務に付随する、不動産事業・人材派遣事業・社屋管理等事業・お客様相談窓口関連事業・研修人材開発事業及び売店事業を行う企業)• (コンサルティング、商品開発、商品販売を行う企業)• (高速道路周辺の商業施設等の開発・管理・運営を行う企業 設立 )• (東日本高速道路・中日本高速道路・西日本高速道路共通の研究機関 2007年中日本高速道路中央研究所から独立)• (東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、首都高速道路、阪神高速道路共同の海外事業会社)• (を保有、および同道路の管理・運営を行う企業) 提供番組 [ ] 現在• (、2018年7月 - ) 過去• テレビ• (、中部)• (、関東・中部)• (・)• ラジオ• (、系列10局で放送) 交通量 [ ]• NEXCO中日本が毎年発行するCSR報告書2009(115-117ページ) に各種のデータが掲載されている。 外部認証 [ ]• の一部区間は、第三者認証としてを受けている。 脚注 [ ].

次の

NEXCO 西日本の高速道路・交通情報 渋滞・通行止め情報

中日本高速道路

回答者 2. 純民間大手企業に比べると劣るものの、世間的には十分な上がり幅であると思う。 賞与は組合交渉で徐々に支給月数が多くなっており、退職直前は4. 半年単位の個人評価で多少の振れ幅があるが、基本仲良しこよしで全員真ん中の評価をつけられるので等級、年次が同じならほぼ同じ額と思ってよい。 手当は特別都市手当、子供手当、出張手当などがあった。 そんなに珍しいものはなかった。 評価制度: 360度評価など色々試しているが、導入は進んでいなかった。 目標管理制度があり、各自年間の目標を大項目で6つ程度、少しハードルの高いチャレンジ目標を1つ程度立て、その達成度を半年、年間の2回評価する仕組み。 フィードバックがほぼなされず、毎年組合に不満の声が寄せられていた。 徐々に改善はされていたと思うが、スピード感は皆無といってよい。

次の

NEXCO 西日本の高速道路・交通情報 渋滞・通行止め情報

中日本高速道路

「中日本高速道路労働組合(高速労中日本)」は、私たちの労働条件の維持・向上を目指す「労働組合」です。 私たちは「中日本高速道路株式会社」の社員として、会社に労働を提供する代わりに、適正な労働条件(賃金、勤務時間、職場環境など)を保障される必要があります。 この労働条件について、会社という「組織」と対等に交渉するためには、社員個人の小さな力ではなく、社員みんなの団結、つまり「労働組合」という「組織の力」が重要になります。 現在、高速労中日本は約1,300名の組合員を擁していますが、さらなる組織の強化のため、あなたの力を必要としています。 高速労中日本の目指すもの(理念) 労使一体となって企業価値の向上(社会の信頼構築)を図る 分配面では労使の利害は対立するものであるという認識に立ちつつ、企業価値の向上(社会の信頼構築)に取り組み、従業員満足(雇用・労働条件の維持向上、職場環境の向上など)を実現する。 活動内容・取り組み 賃金・一時金といった労働条件は、労使の自主交渉により決定することが本来の姿です。 しかし、会社の前身である「公団」時代は、経営者の自主性は発揮されず、私たちの労働・生活実態とは無関係に、人事院勧告を拠り所とする姿勢に終始しました。 民間企業となった現在、本来あるべき自主交渉・自主決着による、労働条件の維持・向上を目指し、私たちは力強く取り組んでいく必要があります。 一方で、企業の発展がなければ、そもそも、私たちの雇用すら危ういものになります。 労使一体となって、企業価値の向上にも取り組んでいく必要があります。 組合活動のメインイベントは「春闘」です。 賃金・一時金をはじめ、時短の推進、福利厚生の充実などについて、社長あてに要求書を提出し、各要求について交渉を行います。 また、支部においても、支社長あてに要求書を提出し、職場環境の改善などについて交渉を行います。 会社と直接交渉を行うのは、中央執行委員会・支部執行委員会ですが、要求獲得に向け、全組合員が一体となって取り組みを進めることが大変重要です。 また、私たちの要求を労働実態・生活実態を踏まえた要求とするためには、常日頃から組合員の皆さんの意見が必要となります。 そのために、本部・支部は、必要に応じて各職場会に対し 「オルグ」を開催して取り組みを周知するとともに、各職場会は 「職場集会」を開催して討議・意見集約を行います。 また、年休取得状況調査や賃金総合調査などにより、労働・生活実態の把握に努め、組合ニュースや機関紙などの発行により、組合活動の教宣を行っています。 その他、組合活動の学習、組合員間の交流などを目的として、「中日本執行委員会議」「三労組間交流会(コミュニケーションひろば)」「女性集会」「サマーキャンプ」「クリスマスパーティー」「スキーフェスティバル」などのイベントを行っています。 従業員満足の実現に向け、みんなで取り組みましょう!.

次の