アメリカ 空母 コロナ。 コロナが収束したらアメリカ海軍は報復として空母11隻の大艦隊を派...

content.companyspotlight.com : 米空母で新型コロナ感染者が急増、25人に 海軍当局者

アメリカ 空母 コロナ

新型コロナウイルスに震撼するアメリカで、2月上旬、ニューヨークの地下鉄通路でマスクをかけたアジア人女性が、突然男性の乗客から暴行を受けたという事件を、ニューズウィーク誌が報じた。 その時の動画が拡散しており、暴行の事実は間違いがない。 前後の事情はよくわからないものの、同誌は、ニューヨーク市警が、新型コロナウイルスに関連したヘイトクライムだと疑っていると伝えている。 文字通り人種のるつぼであるニューヨークでは、アジア人だからと言って暴行を突然受けるようなヘイトクライムはめったに聞いたことがない。 従って、新型コロナウイルスに対する脅威が根本にあり、毎日の報道で蓄積された恐怖心に、マスクが火をつけて衝動的な暴力を呼び込んだと受け取るのが正しそうだ。 しかし、長いこと、マスクをする文化が浸透したアジア人、とりわけ私たち日本人にとって、マスクによって憎しみが煽られるというニュースはとてもショッキングだ。 マスクとは東洋の習慣 かつて、、アメリカにおいてマスクの着用はきわめて非日常的な光景だ。 日本と同様、花粉症に悩む人たちはたくさんいるが、彼らは断固として薬による処方に頼っており、マスクをつけるなどということなど発想したこともない。 ドラッグストアのマスクコーナーも日本の10分の1もない。 マスクを見るのは、病院の手術室か、塵が吹き上げる工事現場くらいのものだ。 実はアメリカ人は、基本的にマスクを信じていないのだ。 しかし、その効果を信じないとはどういうことなのかと、彼らの考えは全く理解できない。 ただ文化差違としか答えがないのは実に寂しい。 ネットを見ると、マスクの効用をきちんと紹介している医者のコラムがニューヨーク・タイムズ(2018年)に載っていたりするはする。 一方、それは裏を返せば、ニューヨーク・タイムズが取り上げるほど、それ自体がニュースなのである。 今回の新型コロナの報道でも、テレビでは、「マスクはウイルスにかかった人が周りへの配慮でするもので、予防的につけるものではない」とキャスターははっきりと言い切った。 気になっていろいろ調べてみたが、マスクの効用について、英文で科学的に取り上げた論文はなかなか見当たらなかった。 つまり、マスクとは東洋の習慣、または迷信でしかないという位置づけなのかと、このギャップを悩ましく理解した。 現在、新型コロナウイルスは、アメリカでもトップニュースであるにもかかわらず、私の周りでマスクをしているアメリカ人は1人としていない。 マスクの話をしても、半ば頷いた顔はするものの、じゃあ買いに行こうという人はいない。

次の

米太平洋軍を覆う「コロナウイルス不安」と中国軍の攻勢 WEDGE Infinity(ウェッジ)

アメリカ 空母 コロナ

元アメリカ国防長官ウィリアム・コーエン(William Cohen)氏は「空母」なくして、アメリカは「発言力も影響力も行使できない」と。 明らかに世界中の多くの国もそう信じている。 ここ数年、空母については多数の興味深い進展があった。 やなどいくつかの国では空母が退役、一方、中国では初の空母が、そしてイギリスは。 アメリカは2017年、最新鋭空母フォード級の1番艦「ジェラルド・R・フォード (USS Gerald R. Ford)」を就役させた。 Business Insiderは同艦を見学する機会に恵まれた。 関連記事: 世界では現在、20隻の空母が運用されている。 見てみよう。 現在、イギリスが運用する唯一の空母であり、2番艦「プリンス・オブ・ウェールズ(HMS Prince of Wales)」は建造中。 起工は2009年7月、進水は2014年7月、就役は2017年12月。 Business Insiderは就役直後の2017年12月に同艦を。 同艦の特徴は、航海用、航空管制用の2つのアイランド(艦橋)を持つこと。 艦載機は約40機、主力はF-35B。 その他、CH-47チヌーク、AH Mk1アパッチ、AW101マーリン、AW-159ワイルドキャット対潜哨戒ヘリなどを搭載予定。 United States Navy 全長 : 1106フィート(約337メートル) 就役 : 2017年 推進システム : 原子炉2基、蒸気タービン4基 2009年11月に起工、2013年10月に進水、2017年7月に就役。 同級空母の1番艦で、計10艦の建造が予定されている。 現在、本格的な配備に向けて訓練中、艦載機は75機超、主力はF-35C。 アメリカ海軍の最新鋭空母として、今後数年間で新兵器が搭載される見込み。 同艦は数多くの新技術を搭載している。 その1つが電磁式カタパルト。 従来の蒸気式カタパルトに代わるものだ。 2022年に本格配備の予定。 Reuters 全長 : 930フィート(約283メートル) 就役 : 2013年(インド海軍)、1987年(旧ソビエト海軍) 推進システム : ボイラー8基、ギヤード蒸気タービン4基 2017年はじめに空母ヴィラート(INS Viraat)が退役した後、現在、インド唯一の空母。 旧ソ連のキエフ級空母を改良。 旧ソ連海軍において1982年に建造され、1987年から1991年はバクー(Baku)、1991年から1996年にかけてはアドミラル・ゴルシコフ(Admiral Gorshkov)と、2つの艦名で運用された。 数年におよぶ交渉の末、インドが2004年に23億5000万ドルで購入。 広範囲な近代化工事と改修工事を経て、2013年にインド海軍に引き渡された。 艦載機はミグ29K(MiG-29K)26機、カモフKa-31およびカモフKa-28などのヘリコプター10機、計36機。 最近、インド国営銀行のATMを設置したインド海軍の艦となった。 Thomson Reuters 全長 : 999フィート(約304メートル) 就役 : 2012年 推進システム : 蒸気タービン、ボイラー8基 中国初の空母。 元は旧ソビエト海軍の空母ヴァリャーグ(Varyag)で、1985年に起工、ソ連崩壊後、1998年にマカオの企業がウクライナからスクラップとして。 中国はそれ以前にも旧ソ連から、観光用として空母2隻を購入していた。 当初、遼寧は実際に使用するにはあまりに状態が悪いと見なされ、中国は潜水艦の充実に注力した。 中国への引き渡しには1年以上かかったが、到着後、すぐに近代化改修が行われ、2011年に完成、2012年に就役、2016年には宮古島沖の東シナ海で訓練に参加した。 艦載機は、J-15 26機、Z-18ヘリ 12機、Z-9ヘリ 2機。 Reuters 全長 : 858フィート(約262メートル) 就役 : 2001年 艦載機 : 20〜40機 乗員 : 1350名、航空要員500名 推進システム : 原子炉2基 アメリカ海軍以外で唯一の原子力空母。 建造時、初期は不況による財政難、中盤はイギリスによるスパイ疑惑、終盤は技術的問題など数々の問題に悩まされた。 2001年の就役後、アメリカ同時多発テロ事件のあとの「不朽の自由作戦」に加わりインド洋にした。 2016年にはモスル奪還作戦に。 2017年2月からを受けており、完了まで18カ月かかる見込み。 Wikimedia Commons 全長 : 869フィート(約265メートル) 就役 : 2000年(ブラジル海軍)、1963年(フランス海軍) 艦載機 :、など39機 乗組員 : 1920名 推進システム : ボイラー6基、蒸気タービン4基 ブラジル海軍の旗艦。 海軍力の強化を目的に、1200万ドル(12億7000万円)という破格値でフランスから購入した。 元は、1959年に進水したフランス海軍の空母「フォッシュ(Foch)」、世界中での数多くのNATOの作戦に参加してきた。 ブラジルに引き渡された後、2005年から2010年にかけて改修工事が行われ、その後、やをクウェートから購入した。 だが同艦は現在、。 数回の火災や事故に見舞われて、運用が難しくなり、退役を待っている。 ロシア海軍唯一の空母であり、。 は1985年に進水したが、旧ソ連崩壊後、本格的な運用が始まったのは1995年頃から。 姉妹艦「ワヤーグ(Varyag)」は就役することはなく、廃船としてウクライナから中国に売却された。 のちに「遼寧」となった。 クズネツォフは、シリアにおける同国の軍事作戦支援のため2016年に地中海に展開、戦闘に参加したロシア初の空母となった。 は420回出撃し、1252の標的を攻撃した。 だが同艦は老朽化が進み、アレスティング・ワイヤー(着陸拘束装置)のトラブルで2機を失った。 は2016年11月、ワイヤーの修理を待っていたミグ29K(MiG-29K)が燃料切れとなり、パイロットは緊急脱出した。 はわずかその1カ月後、スホイ33(Su-33)の着艦中にアレスティング・ワイヤーが切れた。 これらの事故を受け、クズネツォフの艦載機はシリアにあるフメイミム空軍基地から作戦を行った。 は「エイブ(Abe)」とも呼ばれる。 1990年、フィリピンのルソン島にあるピナトゥボ山が噴火したときには、島民の避難活動にあたり、その後、湾岸戦争に参加した。 2003年のイラク戦争ではペルシャ湾に展開、同年5月、ジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)は、同艦に掲げられた「Mission Accomplished(任務完了)」という横断幕の前で終結宣言を行った。 2017年、4年におよんだ核燃料棒の交換および近代化改装が完了。 は「TR」または「ビッグ・スティック(Big Stick)」と呼ばれ、湾岸戦争において同空母航空団は4000回以上出撃、480万ポンド(約2200トン)もの爆弾を投下した。 2001年にはアメリカ同時多発テロ事件後の「不朽の自由作戦」、さらに2003年にはイラク戦争に従事した。 2013年にはボーイングが開発中の無人機(UAV)X-47Bのテスト(カタパルト射出や着艦)にも。 「イスラム国」との戦いでも重要な位置を占め、同空母航空団は1800回以上、1085発を超える誘導爆弾を投下した。 US Navy video by Mass Communication Specialist 3rd Class Matt Brown 全長 : 1092フィート(約333メートル) 就役 : 1982年 艦載機 : 90機 乗組員 : 3200名、航空要員2480名 推進システム : 原子炉2基、蒸気タービン4基 ニミッツ級空母の3番艦。 艦名は第2次世界大戦中に海軍力の増強に努めたカール・ヴィンソン下院議員にちなんだもの。 または「Starship Vinson」「Battlestar」「The Gold Eagle」「America's Favorite Carrier」など数々のニックネームを持つ。 2011年、ビン・ラディンの遺体は同艦で運ばれ、アラビア海で水葬された。 また同年、NCAA(全米大学体育協会)男子バスケットボールの開幕戦が同艦甲板上で行われた。 2014年には「イスラム国」に対する作戦に参加してペルシャ湾に。 同空母航空団は1万2300回発艦、うち2382回が戦闘任務であり、50万ポンド(約230トン)以上の爆弾を投下した。 Aiyana S. 艦名は第2次世界大戦中に海軍を率いたチェスター・ニミッツ元帥にちなんだもの。 1980年のイランアメリカ大使館人質事件ではインド洋に派遣され、1988年のソウルオリンピックでは警戒任務にあたった。 1997年から1998年にかけて、世界一周の航海を行った。 最近では2017年11月、ロナルド・レーガン、セオドア・ルーズベルトとともに、海上自衛隊の艦艇とを行った。 [原文:] (翻訳:本田直子、編集:増田隆幸).

次の

中国が海洋進出を活発化 米空母はコロナ感染で活動縮小…隙を突く?|【西日本新聞ニュース】

アメリカ 空母 コロナ

【ワシントン=黒瀬悦成】米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に停泊中の米原子力空母「ロナルド・レーガン」の乗組員2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたとFOXニュースが27日伝えたことで、中国の脅威をにらんでインド太平洋地域に展開中の空母2隻がともに事実上の行動不能となるという異例の事態に陥った。 米海軍の即応能力と中国に対する抑止力の低下は避けられない。 横須賀基地のジャレット司令官は27日、「同基地所属の水兵2人が新型コロナに感染した」と発表した。 同基地を母港とする空母レーガンの乗組員を指すとみられる。 同基地では26日、米国から戻った水兵1人の感染が確認されている。 基地司令部は向こう48時間にわたり基地を閉鎖することを決めた。 インド太平洋地域で作戦行動を実施していたもう一隻の原子力空母「セオドア・ルーズベルト」でも先週、複数の感染者が確認された。 FOXニュースによると、ルーズベルトは日本時間27日朝、米領グアムの海軍基地に到着した。 艦内の感染者は約30人に上り、いずれも軽症とされる。 米海軍は乗組員約5000人のうち発熱症状などのある乗組員を中心に感染の有無を検査する。 アキリノ太平洋艦隊司令官が26日にAP通信に語ったところでは、ルーズベルトがいつグアムを出航できるかは未定。 ハイテン統合参謀本部副議長は27日、一部記者団に「乗組員の検査は1週間以内に終わる」との見通しを示した。 ルーズベルトは乗組員の感染が見つかった当時、南シナ海での中国の覇権的行動を牽制(けんせい)する狙いからフィリピン海で演習を実施していた。 PR 同艦およびレーガンが一時的に行動不能となったことに関し、専門家などの間では、中国の習近平体制がこれに乗じて南シナ海や台湾周辺で挑発行動を仕掛けてくることを懸念する声が強まっている。 また、両空母に限らず、新型コロナ感染拡大の影響で艦船の修理や機材の調達に支障が出る恐れも指摘されている。 エスパー国防長官は27日、国防総省職員らに通達を出し、米国の敵対勢力が新型コロナへの対応に忙殺されている間に「危機に付け込んでくる可能性がある」と警告した上で「必要とあれば世界各地での安全保障態勢を修正することもためらわない」と強調。 中国などの出方次第では逆に軍事的圧力をかけていく立場を示唆した。 国防総省によると、27日現在の米軍の感染者数は309人。 うち29人が同日新たに感染が確認された。

次の