フラット シャンプー。 【元美容師の口コミ】フラット エッセンシャルシャンプーを使った5つの本音とは?

エッセンシャルflat くせ・うねりメンテナンスシャンプー(モイスト&モイスト)の解析結果

フラット シャンプー

お客様に負担なく、 シャンプーポジションまで導入。 背もたれと人の倒れる動きを近似させることで、より自然でスムーズな導入を可能にしました。 また初高も480mmで、乗り降りしやすく小柄なお客様やご高齢のお客様でも安心です。 なめらかな曲線が美しいシートも、包み込むような寝心地を実現しました。 ネックデバイスが、 上質な寝心地を実現 ポイントは後頭部を支える2つのヘッドピロー。 ネッククッションとともに3点でバランスよく支えるため頚部への負担を大幅に軽減。 長時間寝ていても快適に過ごせます。 次に、頭部の形状に合わせて回転ポイント 2 を軸にネッククッションが回転。 この2軸構造により、頭部形状の違いや体型の違いを吸収し、あらゆる体型のお客様でも快適な姿勢を保持することが可能となりました。 長時間メニューでも快適な寝心地 長時間施術でもスタッフはラクラク、スツールに座って施術する「座位ポジション」。 お客様はもちろん、スタッフもラクな姿勢で作業できます。 リアでもサイドでも、スタッフがいちばん慣れたスタイルで施術できる「立位ポジション」。 サロンの技術やメニューに合わせた使い方で、いままで通りのリアシャンプーやサイドシャンプ-にも自在に対応できます。 スタッフの身長に合わせて、快適でスマートな施術ができます。 昇降レンジはシート高さ480~830mm。 小柄な人も背の高い人も、自分の背丈に合わせ自在に高さ調節ができ、スタッフがいちばんラクなポジションで施術が行えます。

次の

フラット(シャンプー)で「クセ・うねり髪」を改善できるのか検証

フラット シャンプー

ぼくの髪はショートですが猫っ毛で細毛なので絡まりやすいし、妻の髪はロングの上にくせ毛です。 適当なシャンプーだと仕上がりがえらいことになったりもします。 ということで、実際にアイテムを見ていきます。 シンプルで使いやすいボトルデザイン 大きなサイズに、淡いグレー色がメインになるフラットのくせ• うねりメンテナンスシャンプー。 片手で持つには少し大きく(容量は500g)、重さもしっかりとあります。 フォルムは丸みはあり、手に馴染みやすく非常にシンプルになっています。 容量は大きめなので安定感もあるので、使用感も良さそうな印象。 格段に良いというわけでもなく、バランスが良く使いやすいシャンプーボトル。 変わったデザインやフォルムと言うわけではなく、市販品らしいシンプルで使いやすいボトルと言った印象。 個性的なデザインはほとんどないので男性でも十分に使いやすいはず。 フラットの成分構成について シャンプー成分 水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-16. コハク酸、イソデシルグリセリルエーテル、PPG-3カプリリルエーテル、ラウリルヒドロキシスルタイン、ポリクオタニウム-10. ラウレス-3、塩化Na、水酸化K、安息香酸Na、香料 次に成分を見ていくと、 成分数は少なくデザインだけでなく内容もシンプルになっています。 洗浄成分には、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-16. コハク酸、と少し気になる内容にはなっています(あまり良さそうな印象はない)。 一般的にラウレスは良くないとされていますがフラットに含まれるラウレス硫酸アンモニウムはそれほど悪くないらしい。 とはいえエタノール(アルコール成分)も多く構成されていることに加えて、保湿成分や補修成分、エモリエント効果のあるような成分もあまりないため、 この時点ではそれほど良い印象ではないのが正直なところ。

次の

【市販】「エッセンシャル「flat(フラット)ボリュームダウン くせ・うねり メンテナンスシャンプー」を美容師が実際に使ったレビュー記事

フラット シャンプー

水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-16、コハク酸、リンゴ酸、ラノリン脂肪酸、イソデシルグリセリルエーテル、PPG-3カプリリルエーテル、ラウリルヒドロキシスルタイン、ポリクオタニウム-10、ラウレス-3、塩化Na、水酸化K、安息香酸Na、香料 ラウレス硫酸アンモニウム 高級アルコール系の洗浄成分。 頭皮への刺激が強く、強い洗浄力がある エタノール 殺菌作用があり、品質の安定剤として使用される成分。 頭皮への刺激が強い。 ラウラミドプロピルベタイン ベタイン系の両性界面活性剤の一種で、きめ細かい泡立ちとコンディショニング効果を与えます。 ラウレス-16 石油系界面活性剤の一種。 洗浄力が強く、泡立ちを良くする作用がある。 頭皮への刺激が強い。 コハク酸 程よい泡立ちで低刺激な成分。 シャンプーの検証は全て以下の5つのポイントでそれぞれの項目が10点満点で比較・評価しています! そして香りとコスパ(1mlあたりの値段)をふまえて総合評価しています。 シャンプーの検証方法 シャンプーの検証方法• 泡立ち• 洗浄力• 髪の補修力• 頭皮への優しさ• 仕上がり• コスパ(1mlあたりの値段)• 総合評価 1、泡立ちを検証 泡立ちの検証は、シャンプーを一定量お湯に入れ、30回空気を入れるように混ぜて検証します。 泡立ちの良さ、きめの細かさ、もちの良さをみて点数をつけていきます。 2、洗浄力を検証 毛束にワックスをつけたあとに、お湯で濡らし一度のシャンプーでどこまで落ちるか検証します。 3、髪の補修力を検証 普通毛・カラー毛・ブリーチ毛、それぞれの毛束で洗って乾かしてを5回繰り返します。 その後、毛束を乾かして、櫛でとかし髪の引っ掛かりを確認します。 薄めたシャンプーを卵白に入れて、優しく混ぜます。 頭皮への刺激が強いものほど、卵白が白く濁ります。 その濁り具合により点数をつけていきます。 5、仕上がりを検証 自分自身で行うのはもちろん、黒髪ボブ・カラー毛ショート(8トーン)・カラー毛ボブ(12トーン)・ブリーチ毛ミディアム(14トーン)・ブリーチ毛ショート(17トーン)それぞれタイプの違う髪質のスタッフにシャンプー名をふせて使用してもらい、プロの視点から点数をつけています。 6、香りを検証 実際の匂いと一致しているか、シャンプーのあとに乾かしてどこまで香りが持続しているか確認します。 自分の頭で使うのはもちろん、スタッフにも商品名をふせて使ってもらい、査定してもらっています。 香りの強さと心地よさ、持続性をまとめ点数にしています。 監修者のプロフィール ヘアケアマイスター.

次の