カウン テス アップ。 序盤攻略(2015)

【WP8】1981年産オススメ史実馬【完全攻略】

カウン テス アップ

所属 :日本• 誕生年 :1981• 性別 :牡• 毛色 :黒鹿毛• お守り :銅 能力値• スピード:67• スタミナ:70• 勝負根性:S• 瞬発力 :A• パワー :A• 柔軟性 :S• 賢さ :A• 精神力 :A• 健康 :A 適性• 距離適性:1800-3000m• 馬場適性:ダート• 脚質 :先行• 成長型 :覚醒• 気性 :普通• 走法 :普通• 成長力 :持続 特性• 大舞台• 交流重賞• 重ハンデ 史実での主な勝鞍・入着• 東京大賞典• 川崎記念 3回• 名古屋大賞典• 東海菊花賞• 新春盃• 東北優駿.

次の

【WP8】1981年産オススメ史実馬【完全攻略】

カウン テス アップ

この記事は「 旧馬齢表記」が採用されており、国際的な表記法や2001年以降の日本国内の表記とは異なっています。 詳しくはを参照してください。 グレートローマン 欧字表記 Great Roman 品種 性別 生誕 父 母 エイコーリーブス 生国 () 生産 上川廣(最終時) 本名信行(・最終時) 競走成績 生涯成績 37戦25勝 獲得賞金 9023万7000円 勝ち鞍 新潟ダービー(1984年) 新潟皐月賞(1984年) 新潟ジュニアカップ(1983年) ダイヤモンド特別(1985年) サマーハンデキャップ(1985年) 新春グランプリ(1986年) 東海大賞典(1986年) (1986年) (1986年) グレートローマン Great Roman とはの、。 主な勝ち鞍にの新潟ダービー、新潟皐月賞、の、など。 戦績 [ ]• 特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチ 3歳時のに旧・でデビューし、新潟ジュニアカップ優勝を含めて10戦6勝の成績を挙げる。 4歳となったは10戦して新潟皐月賞、新潟ダービーを含めた勝ち星を挙げ、でものの2着に入る。 のちに移籍。 新潟所属時の戦績は19戦13勝、「新潟の星」と呼ばれた。 愛知移籍後、は6勝を挙げ、重賞も4月にダイヤモンド特別、8月にサマーハンデキャップを制した。 は年初から新春グランプリを制し、9月28日の東海キングで2着になった以外はすべて勝利。 重賞も新春グランプリのほか4月の東海大賞典、11月の、12月のを勝って、名古屋大賞典が最後の競馬となった。 引退後 [ ] 引退後はとなり、のシーズンまで供用されて血統登録頭数150頭、出走頭数はそのうちの123頭を記録した。 主な産駒 [ ]• ボナンザーローマン()• エールランナー() 血統表 [ ] グレートローマンの (血統表の出典)• JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年6月29日閲覧。 JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年6月29日閲覧。 『優駿』1985年1月号、日本中央競馬会、158頁• - 新潟県競馬名馬館• JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年6月29日閲覧。 JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年6月29日閲覧。 JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年6月29日閲覧。 JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年6月29日閲覧。 JBIS-Search. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月26日閲覧。 netkeiba. Net Dreamers Co. , Ltd.. 2020年6月29日閲覧。 外部リンク [ ]• 競走馬成績と情報 、.

次の

カウンテスアップとは (カウンテスアップとは) [単語記事]

カウン テス アップ

出自 [編集 ] 父はの名馬()の仔で、当時としては珍しいとしてで出走したが大成はしなかった。 としてはカウンテスアップの他に、リバーストンキング、カズノタンポポなど地方競馬の活躍馬を出したが、コースを苦手としたための活躍馬はほとんどいなかった。 フドウゴールドは、の優勝馬で、その孫にがいる。 戦績 [編集 ] 以前のは旧表記を用いる。 当初はの千葉忠一厩舎に所属。 3歳の、でのデビュー戦は2着だったが、その後は年を挟んで11連勝。 1戦2着を挟んだのち特別戦を勝ってのへ駒を進めた。 迎え撃ったのを1馬身半差の2着に退け、東北4歳馬の頂点に立った。 その後も連勝を重ね、暮れのも相手に優勝 、岩手ナンバーワンとなった。 現在ならば地方競馬でも岩手に所属したまま南関東やの大レースを狙えるが、当時は移籍しなければならなかったため賞金の高い南関東のに移籍することとなった。 岩手競馬での戦績は18戦16勝(2着2回)。 年が明けて5歳となり、、の特別戦で転入緒戦を飾り、続くではを下して優勝した が、当時の南関東は他にもなどがおり、その後は3連敗したため、今度はのに移籍することとなった。 南関東での戦績は5戦2勝。 愛知で待ち受けていたのはグレートローマンであった。 彼も新潟から賞金の高い愛知に移籍していたのであった。 転入緒戦のゴールド争覇はのコースということもあり、2頭揃って惨敗したものの、に戻ってからは再びグレートローマンと名勝負を繰り広げた。 、を含む3連勝でこの年を終え、再び南関東に戻ることになった。 愛知での戦績は4戦3勝。 6歳となったは前年と同じようなローテーションで3連勝するも、同年から中央地方全国交流競走となったでは南関東の伏兵トムカウントの3着同着(デッドヒート)に敗れた。 次のも4着だったが、を勝って、中央競馬のに駒を進めたが芝は苦手だったため7着に敗れた。 その後は60を超えるとなり、苦しいレースが続いたが、56kgで出走できた暮れのを優勝した。 翌も緒戦の川崎記念を優勝したが(3連覇)、2戦目の帝王賞はテツノカチドキの3着に終わり、引退した。 2度目の南関東での戦績は14戦8勝。 競走成績 [編集 ]• 3歳()7戦6勝• 4歳()11戦10勝。 5歳()9戦5勝。 6歳()12戦7勝。 、川崎記念、、• 7歳()2戦1勝。 川崎記念• 通算成績:40戦29勝・1戦0勝 種牡馬 [編集 ] 引退後はとなり、3着のダッシュフドーなどを送り出した。 として南関東G2を優勝、3着と好走したキョウエイプライドがいる。 この時に騎乗していたのはカウンテスアップの南関東時代のでもあっただった。 血統表 [編集 ] カウンテスアップの (血統表の出典).

次の